寄付ラボ

寄付ラボ (第 80 回) - 寄稿

みんなでよってたかって「共感」のインパクトを!

※ この記事は、榊田 隆之さんによる寄稿記事です。

掲載:2018 年 12月 14日  

いま世界(社会)は、転換期を迎えています。VUCA 時代への突入が叫ばれ、働き方改革、休み方改革、新たなリーダーのスキルが日々刻々と更新される時代です。  SDGsでも謳われている「持続可能性」、「共感のインパクト」そして「創発(コラボレーション)」の 3 つが、社会の変化の波をしなやかにとらえ、自ら変化を先導できる人になるヒントだと私はとらえています。  課題先進国日本、これは世界からみた大きな……
寄付ラボ (第 80 回)を読む

寄付ラボ (第 79 回) - インタビュー

問題解決を呼びかける寄付になっているか?

※ この記事は、有森 裕子さんへのインタビュー記事です。

掲載:2018 年 11月 30日  

■寄付への考え方について教えてください。  高額の寄付をした人が新聞に載っていることがよくありますが、私は寄付額の多い、少ないにあまり重きを置いていません。寄付額の多少で価値をつけるものでは全くないと思うんです。例えば寄付をしたことを新聞に載せることで周りに寄付を促す効果もあると言われていますが、財布に 50 円しかない人に 300 円の寄付を促すことはできません。  自分の足元が整っていない中で……
寄付ラボ (第 79 回)を読む

寄付ラボ (第 78 回) - 寄稿

イタリア 寄付事情について

※ この記事は、大石 尚子さんによる寄稿記事です。

掲載:2018 年 11月 9日  

現在、研究員としてイタリア南部、最大の商業都市バーリに滞在しています。この街の守護聖人はサンタクロースの起源と言われるサン・ニコラ。子どもや女性など無実の罪に苦しむ人々を救った逸話が多く、慈悲の神様のようなイメージです。だからか、暮らしの中で強く感じるのは、市民の宗教心の高さ。毎朝夕行われるミサには結構な数の市民が参加しています。また、若手社会的起業家にインタビューする中で、活動のきっかけが神父や……
寄付ラボ (第 78 回)を読む

寄付ラボ (第 77 回) - 寄稿

寄付を集める者の責務 ?

※ この記事は、岡本 仁宏さんによる寄稿記事です。

掲載:2018 年 10月 26日  

寄付を呼び掛けること、そして寄付すること、ともにもっと自然にできればいいと思っている。けれど、僕は、相変わらず、寄付を集める時には、緊張してしまう。  (1) 社会的目的の重要さ  寄付には、自分にお金を請うのと違って、社会的目的が必要である。しかし、本当に重要な社会的目的であれば、寄付に頼らず租税として強制的に集めるべきだ、という議論は正当だろう。重要な社会問題を解決するためにこそ、私たちは租税……
寄付ラボ (第 77 回)を読む

寄付ラボ (第 76 回) - 寄稿

寄付者をもっと喜ばせよう

※ この記事は、片山 正夫さんによる寄稿記事です。

掲載:2018 年 10月 12日  

寄付といえば、災害時などの「緊急支援型」や、いわゆる「社会課題解決型」のものをイメージする人が多いだろう。だが寄付にはこれ以外に、「価値創造型」とでも呼ぶべきタイプがある。私が関わっている分野である芸術や文化に対する寄付などは、その代表選手だ。美術館や劇場、あるいはオーケストラや劇団は、社会課題を解決するというより、(解決することもあるが)現在の、そして未来の価値を創出する主体といった方がしっくり……
寄付ラボ (第 76 回)を読む

寄付ラボ (第 75 回) - 寄稿

寄附を増やすための提言 ― 組織の健全性こそ最重要 ―

※ この記事は、太田 達男さんによる寄稿記事です。

掲載:2018 年 9月 28日  

わが国の寄附金控除の対象となった非営利組織等への個人からの寄附金総額は、大雑把に 2000 億円、これに相当する米国の個人寄附金は 28 兆ドル (30 兆円)、GDP 比で見ても 0.03% 対 1.5% と彼我の差にはため息をつくのみだ。  その原因はどこから来ているのか、従来からよく言われていることは、米国ではキリスト教の博愛精神(フィランソロピー)や利他主義が寄附文化を支えているのに対し、……
寄付ラボ (第 75 回)を読む

寄付ラボ (第 74 回) - 寄稿

小学校と寄付

※ この記事は、京都市学校歴史博物館の和崎 光太郎さんによる寄稿記事です。

掲載:2018 年 8月 24日  

小学校の運営資金がどこから出ているのか、と聞かれると、多くの人が「税金」と答えます。では、この税金を払っているのは誰か?と聞かれると、国民」や「市民」、「府民」などと答えが返ってくるのではないでしょうか。 しかし、日本初の学区制小学校が誕生した明治 2(1869)年には、「国民」「市民」「府民」という考え方も、「公」という考え方すらも、まだありませんでした。あったのは、江戸時代的な「お上」や「京都……
寄付ラボ (第 74 回)を読む

寄付ラボ (第 73 回) - 寄稿

『小旦那になろう!』

※ この記事は、茂山 あきらさんによる寄稿記事です。

掲載:2018 年 8月 10日  

ぼくの生業は狂言です。狂言を演じ、狂言を教え、狂言を素材として現代のいろいろの芸能と関わりを持っています。一般にぼくの職業は狂言師と言われています。狂言師?「師」?、師って先生のことですね。教師、医師、牧師、これはその通り師匠です。陰陽師、傀儡師、相場師、少し怪しくなってきました。如何様師!、これはかなり危ないですね!  種々の芸能のうちでも「師」が付く職業はあまり多く有りません。なぜ、狂言や能楽……
寄付ラボ (第 73 回)を読む

寄付ラボ (第 72 回) - 寄稿

寄付について

※ この記事は、湯浅 誠さんによる寄稿記事です。

掲載:2018 年 7月 27日  

「寄付頼みでは続かない」という言い方にずっと違和感を覚えてきた。寄付だけで、ずいぶんたくさんの活動を立ち上げ、そして 10 年以上続いている取組みもあるのに、と。 だんだんわかってきた。そう言う人は「寄付頼み」を「人々の善意をアテにする」という意味で使っている。「頼み」という言い方がすでに「他力本願」というイメージを織り込んでいる。 しかし、やっている人たちはわかると思うが、寄付は頼むものだが、寄……
寄付ラボ (第 72 回)を読む

寄付ラボ (第 71 回) - 寄稿

ソーシャルビジネスと寄付

※ この記事は、下澤 嶽さんによる寄稿記事です。

掲載:2018 年 7月 6日  

近年のソーシャルビジネスの隆盛は、多くの人が知るところだ。私の教える学生たちも「寄付をくださいというのは、正義の味方みたいで恥ずかしい」「ビジネスならクールで対等な感じがする」「ビジネスなら持続的だ」といったわかりやすい反応が返ってくる。  東京での NGO 経営の仕事を辞めて静岡県浜松市の大学に職をかえ、地域の NPO に触れるたび、地方都市の寄付市場の厳しさを改めて感じることが多い。ゆえに、ビ……
寄付ラボ (第 71 回)を読む

寄付ラボ (第 70 回) - コラム

現在の日本の寄付市場と行動経済学の視点~「寄付白書 2017」を読んで~

※ この記事は、京都市市民活動総合センターの真鍋 拓司さんによるコラム記事です。

掲載:2018 年 3月 23日  

日本の寄付文化発展のために、日本の“寄付市場”全体を示すレポートとして 2010 年から毎年発行されている「寄付白書*注 1」。その「寄付白書 2017」から、現在の寄付市場の現状と、寄付を募るにあたっての行動経済学の視点について紹介したいと思います。 寄付白書が初めて発行された 2010 年から日本の寄付を取り巻く状況は大きく変化しています。寄付白書によると、東日本大震災があった 2011 年に……
寄付ラボ (第 70 回)を読む

寄付ラボ (第 69 回) - 寄稿

2 つの達成感を味わえる大阪マラソン

※ この記事は、NPO 法人プール・ボランティアの織田 智子さんによる寄稿記事です。

掲載:2018 年 3月 9日  

NPO 法人プール・ボランティアは、障がい者にマンツーマンで水泳指導をしている団体です。2018 年で設立して 20 年目になります。私たちがめざすのは「障がいがあっても健常者と同じようにプールを楽しめる社会」です。 私たちが活動を始めた 1999 年の頃は障がい者と一緒にプールに行くと「障がい者専用プールに行ってください。」と言われた時代でした。それから 20 年。今ではプールの中で障がい児達の……
寄付ラボ (第 69 回)を読む

寄付ラボ (第 68 回) - 寄稿

誰でも NPO のファンドレイザーになれる仕組み

※ この記事は、大阪マラソンチャリティ事務局の河合 将生さんによる寄稿記事です。

掲載:2018 年 2月 23日  

大阪マラソンは「みんなでかける虹。」を大会スローガンに「チャリティ文化」の普及を呼びかけるチャリティマラソンとして 2011 年に開始。第 7 回大会(2017 年)は 3 万 2,008 人がランナーとして参加。1 億 6,700 万円を超える寄付金が寄せられた。沿道の観客 130 万人の声援、1 万人のボランティアなど、走る人・支える人・応援する人が、それぞれのカタチで楽しみながらチャリティに……
寄付ラボ (第 68 回)を読む
上へ