ボランティア活動やイベント情報など、あなたの市民活動に役立つ盛りだくさんの情報をお届けします。



助成掲載:1 週間以内

池田屋「子ども思いの森 生きるちからファンド」 -2017 年度

by 有限会社 池田屋

  • こども・子育て

掲載:2017 年 3月 25日  

応募・申請期間

2017 年 4 月 23 日(日)

未来を担う子どもたちが、今、身に付けるべき力とは何か。学校の勉強ができる、スポーツができる、それも確かに大切です。しかし、本当に大切なのは、子どもたちが自分の目で見て、感じて、判断し、自分たちの手で未来を切り拓くことができる「生きる力」ではないでしょうか。『子ども思いの森 生きるちからファンド』は、子どもたちの未来を真剣に考え、子どもたちの「生きる力」を育む様々な活動を展開している各種団体への支援

この助成情報を開く
アワード掲載:1 週間以内

スポーツ健康産業団体連合会 / 日本スポーツツーリズム推進機構 第 5 回「スポーツ振興賞」

by (公社)スポーツ健康産業団体連合会 / (一社)日本スポーツツーリズム推進機構

  • まちづくり
  • スポーツ
  • 経済活動の活性化

掲載:2017 年 3月 25日  

応募・申請期間

2017 年 5 月 15 日(月)

公益社団法人スポーツ健康産業団体連合会と一般社団法人日本スポーツツーリズム推進機構では、「第 5 回スポーツ振興賞」の募集を行っています。スポーツを通じて健康づくりをし、ツーリズムや産業振興、地域振興(まちづくり)に貢献されている団体、グループ、企業の方々の積極的なご応募をお待ちしています。表彰はスポーツ振興大賞 他 6 点です。※ 過去に受賞された方も大賞受賞者を除き応募対象となります。奮ってご

このアワード情報を開く
助成掲載:1 週間以内

キリン福祉財団「キリン・子ども“ 力 ”応援事業 公募助成」- 2017 年度

by 公益財団法人 キリン福祉財団

  • こども・子育て

掲載:2017 年 3月 25日  

応募・申請期間

2017 年 3 月 22 日(水) ~ 4 月 28日(金)

子どもは仲間と力を合わせて様々な活動に取り組むことで、大きく力を伸ばしていきます。少子高齢化が進む中、次代を担う子どもたちの健全な育成は、年を追うごとに大きな課題となっています。キリン福祉財団は平成 20 年度からキリン・子ども「力」応援事業として、子どもたちがコミュニケーション力や表現力をつけるための活動など、子どもの健全育成につながる活動を公募により支援してきました。本年度も下記のとおり募集い

この助成情報を開く
ワークショップ掲載:1 週間以内

NPO / NGO の組織基盤強化のためのワークショップ in 京都

by NPO 法人きょうと NPO センター

  • 市民活動支援

掲載:2017 年 3月 25日  

活躍している NPO / NGO の秘訣は組織づくりから!

分類 知る・学ぶ 考える 
対象 社会人対象 シニア対象 
参加方法 事前申し込み必須 
開催場所・日 ひと・まち交流館 京都 4 月 27 日(木)
費用 有料
割引特典
このワークショップ情報を開く
寄付ラボ (第 53 回) - 寄稿掲載:1 週間以内

「一人一円運動」によるファンドレイジングは誰が寄付者か?

※ この記事は、NPO組織基盤強化コンサルタント office musubimeの河合 将生さんによる寄稿記事です。

掲載:2017 年 3月 24日  

2002 年ノーベル物理学賞受賞者の小柴昌俊さんが、ノーベル賞の賞金と小柴さんのニュートリノ研究を支えた企業の経営者の個人献金の拠出によって億円の基本財産を用意して財団を設立。小柴さんが理事長を務め、梶田隆章さん(2015年同賞受賞)や小林 誠さん(2008 年同章受賞)、白川 英樹さん(2000 年ノーベル化学賞受賞)ら著名な学者、研究者が理事や評議員、監事に名を連ねる公益財団法人平成基礎科学財……

この寄付ラボ (第 53 回) を開く
イベント掲載:1 週間以内

第 7 回 わかちあい祭り!

by NPO 法人ドネーションシップわかちあい

  • こども・子育て
  • 青少年
  • 社会教育
  • 福祉
  • 人権・平和
  • 国際協力交流
  • 市民活動支援
  • 災害復興・支援

掲載:2017 年 3月 21日  

手をつなごう!困った時はお互いさま

分類 体験する 観る・聞く 
対象 小学校低学年対象 一般 社会人対象 シニア対象 小学校中学年対象 幼児対象 小学校高学年対象 子育て中の方対象 中学生対象 親子対象 高校生対象 大学生・専門学校生対象 
参加方法 当日自由参加 
開催場所・日 京都市役所前地下街「ゼスト御池」河原町広場 2017 年 5 月 4 日(木・祝)
費用 無料
割引特典
このイベント情報を開く
イベント掲載:1 週間以内

レイチェル・カーソン生誕 110 年記念のつどい

by レイチェル・カーソン日本協会 関西フォーラム

  • 環境保全

掲載:2017 年 3月 20日  

私たちは、いまや分かれ道にいる。どちらの道をとるのか、きめなければならないのは私たちなのだ。

分類 知る・学ぶ 観る・聞く 
対象 一般 社会人対象 シニア対象 子育て中の方対象 大学生・専門学校生対象 
参加方法 事前申し込み推奨 
開催場所・日 ハートピア京都 (京都府立総合社会福祉会館) 2017 年 5 月 14 日(日)
費用 有料
割引特典
このイベント情報を開く
講座

NPO の会計の基礎

by 京都市市民活動総合センター

  • 市民活動支援

掲載:2017 年 3月 17日  

活動計算書を中心にした NPO 法人の会計と、日々の会計の行い方などを専門家を招きお伝えします。

分類 知る・学ぶ 考える 
対象 大学生・専門学校生対象 
参加方法 事前申し込み推奨 
開催場所・日 京都市市民活動総合センター ミーティングルーム 2017 年 5 月 24 日 (水)
費用 無料
割引特典
この講座情報を開く
助成

カメイ社会教育振興財団「助成」 -2017 年度

by 公益財団法人 カメイ社会教育振興財団

  • 青少年
  • 観光・文化・芸術

掲載:2017 年 3月 16日  

応募・申請期間

2017 年 4 月 14 日(金)

当財団の目的は、“鱗翅生物、伝統的民芸作品及び絵画等に係る博物館の運営を行うことにより、文化及び芸術の振興に寄与し、博物館学芸員等の資質の向上のための助成及び青少年の社会教育活動に対する助成等を行うことにより、もって我が国の社会教育の振興に寄与する”ことであります。前述の目的を達成するために、美術館の運営と助成事業という公益性の高い二つの事業を継続実施して参りたいと思っております。

この助成情報を開く
講座

NPO 法人の事業年度終了後の手続き

by 京都市市民活動総合センター

  • 市民活動支援

掲載:2017 年 3月 16日  

年度末から総会・事業報告書の提出まで、必要な手続きを総復習。

分類 知る・学ぶ 
対象
参加方法 事前申し込み推奨 
開催場所・日 京都市市民活動総合センター ミーティングルーム 2017 年 4 月 11 日(火)
費用
割引特典
この講座情報を開く
助成

日本生命財団(ニッセイ財団)「高齢社会助成 実践的研究助成“若手実践的課題研究助成”」 -2017 年度

by 公益財団法人 日本生命財団(ニッセイ財団)

  • 福祉
  • 保健・医療

掲載:2017 年 3月 16日  

応募・申請期間

2017 年 6 月 15 日(木)

高齢社会助成の趣旨超高齢・人口減少社会を活力あふれる社会へ ご高承のとおり、国民の生活水準の向上、医療体制の整備、医療技術の進歩、健康増進などにより、平均寿命は世界のトップクラスの水準となり、世界のどの国も経験したことのない超高齢社会を迎えています。 また、少子化に伴う人口減少と、75 歳以上高齢者の急増による人口構造の不安定化、加えて長引く経済的停滞は深刻な社会保障財源の窮迫を招来しています。 

この助成情報を開く
助成

日本生命財団(ニッセイ財団)「高齢社会助成 実践的研究助成“実践的課題研究助成”」 -2017 年度

by 公益財団法人 日本生命財団(ニッセイ財団)

  • 福祉
  • 保健・医療

掲載:2017 年 3月 16日  

応募・申請期間

2017 年 6 月 15 日(木)

高齢社会助成の趣旨超高齢・人口減少社会を活力あふれる社会へ ご高承のとおり、国民の生活水準の向上、医療体制の整備、医療技術の進歩、健康増進などにより、平均寿命は世界のトップクラスの水準となり、世界のどの国も経験したことのない超高齢社会を迎えています。 また、少子化に伴う人口減少と、75 歳以上高齢者の急増による人口構造の不安定化、加えて長引く経済的停滞は深刻な社会保障財源の窮迫を招来しています。 

この助成情報を開く
助成

日本生命財団(ニッセイ財団)「高齢社会助成 地域福祉チャレンジ活動助成」 -2017 年度

by 公益財団法人 日本生命財団(ニッセイ財団)

  • 福祉
  • 保健・医療

掲載:2017 年 3月 16日  

応募・申請期間

2017 年 5 月 31 日(水)

高齢社会助成の趣旨超高齢・人口減少社会を活力あふれる社会へ ご高承のとおり、国民の生活水準の向上、医療体制の整備、医療技術の進歩、健康増進などにより、平均寿命は世界のトップクラスの水準となり、世界のどの国も経験したことのない超高齢社会を迎えています。 また、少子化に伴う人口減少と、75 歳以上高齢者の急増による人口構造の不安定化、加えて長引く経済的停滞は深刻な社会保障財源の窮迫を招来しています。 

この助成情報を開く
セミナー

第 33 回エコネット・カフェ「農からの再生」

by NPO 法人 近畿環境市民活動相互支援センター

  • 環境保全
  • 市民活動支援
  • 経済活動の活性化

掲載:2017 年 3月 15日  

農と向き合うことで見えてくる新たな世界!

分類 考える 
対象 社会人対象 シニア対象 高校生対象 大学生・専門学校生対象 
参加方法 事前申し込み推奨 
開催場所・日 会場 2017 年 5 月 27 日(土)
費用 有料
割引特典
このセミナー情報を開く
補助

「京都知恵産業支援共同事業」 -2017 年度

by 京都府 / 京都市 / 公益財団法人 京都産業 21 / 京都産業育成コンソーシアム

  • まちづくり
  • 経済活動の活性化

掲載:2017 年 3月 13日  

応募・申請期間

2017 年 4 月 3 日 (月)~ 4 月 14 日 (金) 17 時

京都府、京都市、公益財団法人 京都産業 21、京都産業育成コンソーシアムでは、自社の強みと知恵を活かし、成長と発展を図る京都企業を支援するため、「京都知恵産業支援共同事業」として助成 (補助) を行っています。京都知恵産業支援共同事業の助成金 (補助金) は、公益財団法人京都産業 21 「きょうと元気な地域づくり応援ファンド支援事業助成金」と京都市「「知恵産業の森」京都創生事業補助金」の 2 つの

この補助情報を開く
助成

「庭野平和財団 公募助成」 (前期) -2017 年度

by 公益財団法人 庭野平和財団

  • 人権・平和

掲載:2017 年 3月 13日  

応募・申請期間

2017 年 3 月 15 日 (水) ~ 4 月 30 日 (日)

平和の実現は、私たち人類全ての願いです。今日多くの国々で、多くの人々が平和への惜しみない努力を続けております。にもかかわらず、現実には依然として問題が山積しており、これらの問題にいかに対処していくかが現代における私たちの課題であります。平和を阻害する要因には、個人、家庭、地域社会、国家のレベルから、自然環境の問題に至るまで様々な要因が存在します。しかし、いずれにせよ問題の根底には人間自身のあり方が

この助成情報を開く
助成

三菱 UFJ リサーチ&コンサルティング (株)「ソーシャルビジネス支援プログラム」 -2017 年度

by 三菱 UFJ リサーチ&コンサルティング (株)

  • 市民活動全般

掲載:2017 年 3月 13日  

応募・申請期間

2017 年 4 月 24 日 (月)

概要本プログラムは、ソーシャルビジネスに取り組む事業者の皆さまを対象に「資金支援」と「人的支援」を実施するものです。選考の結果採択された団体に対して、「資金支援」とともに「人的支援(プロボノ活動)」を行うことが、本プログラムの特徴です。研究員、コンサルタントらが本業で培った知見やスキルを活かしながら、様々な社会問題の解決を目指して協働を図ります。当社の役職員で構成されたプロボノチームが伴走者となり

この助成情報を開く
アワード

スポーツ健康産業団体連合会 / 日本スポーツツーリズム推進機構 第 5 回「スポーツ振興賞」

by 公益社団法人 スポーツ健康産業団体連合会 / 一般社団法人 日本スポーツツーリズム推進機構

  • まちづくり
  • スポーツ

掲載:2017 年 3月 13日  

応募・申請期間

2017 年 5 月 15 日 (月)

公益社団法人スポーツ健康産業団体連合会と一般社団法人日本スポーツツーリズム推進機構では、「第 5 回スポーツ振興賞」の募集を行っています。スポーツを通じて健康づくりをし、ツーリズムや産業振興、地域振興(まちづくり)に貢献されている団体、グループ、企業の方々の積極的なご応募をお待ちしています。表彰はスポーツ振興大賞 他 6 点です。

このアワード情報を開く
ボランティア募集

「大宮グッドフェスティバル」企画・運営ボランティア募集

短期ボランティア募集 by 大宮フェス実行委員会

  • まちづくり
  • 観光・文化・芸術

掲載:2017 年 3月 12日  動画あり

フェススタッフとして一緒にフェスを作っていきませんか!

特徴 初心者歓迎 学生歓迎 スキルが活かせる 
募集対象 年齢等を問わない 社会人 大学生 専門学校生 
頻度・時間帯 随時  / 応相談 
活動エリア 市内中央エリア 京都市 
実施期間・日 随時~2017 年 5 月 4 日まで
技能カテゴリ 技能を問わない 演出・表現 撮影 イベント等の運営 編集・デザイン・発信 
このボランティア募集情報を開く
ワークショップ

「わたしの研究テーマをつくろう」~ママの”わたしらしさ”をつくる場所~

by 一般社団法人こころ館

  • こども・子育て
  • 社会教育

掲載:2017 年 3月 11日  

“わたしらしい生き方” ができる "おとな"になりませんか?

分類 知る・学ぶ 考える 
対象
参加方法 事前申し込み必須 
開催場所・日 mumokuteki (ムモクテキ) ホール 2017 年 3 月 31 日(金)
費用 無料有料
割引特典
このワークショップ情報を開く
イベント

Nehan Lab. 昼の部:こども体験教室

by こども芸術教室 KidzLab. (キッズラボ)

  • こども・子育て
  • 観光・文化・芸術

掲載:2017 年 3月 11日  

お寺 × アート × こども。アーティストがじっくり教えるこどもたちのための特別な体験教室。

分類 遊ぶ 体験する 
対象 小学校低学年対象 一般 小学校中学年対象 幼児対象 小学校高学年対象 中学生対象 親子対象 
参加方法 事前申し込み必須 
開催場所・日 東寺・真言宗総本山 教王護国寺, 2017 年 4 月 22 日(土)
費用 無料
割引特典
このイベント情報を開く
助成

木口福祉財団「地域福祉振興助成」 -2017 年度

by 公益財団法人 木口福祉財団

  • 福祉

掲載:2017 年 3月 10日  

応募・申請期間

2017 年 3 月 13 日 (月) ~ 4 月 20 日 (木)

市民参加型福祉の促進と地域振興をはかり、障がい者等の社会的に弱い立場におかれている方々にやさしく明るく住みやすい地域社会の創造に資することを目的に、地域福祉の振興に関わる開拓的・先駆的な事業を優先して助成申込みを受付けます。

この助成情報を開く
アワード

毎日新聞社会事業団 第 47 回「毎日社会福祉顕彰」 -2017 年度

by 毎日新聞社会事業団

  • 福祉
  • 科学技術・学術

掲載:2017 年 3月 10日  

応募・申請期間

2017 年 5 月 31 日 (水)

この顕彰は 1971(昭和 46)年、毎日新聞社会事業団の創立 60 周年を記念して設定し、毎年実施しているものです。全国の社会福祉関係者および団体のなかから、とくに優れた功績をあげ、社会福祉の発展向上に貢献している個人あるいは団体を顕彰し、新しい福祉国家の形成と進展に寄与するねらいです。

このアワード情報を開く
助成

「公益信託 富士フイルム・グリーンファンド」 -2017 年度

by 一般財団法人 自然環境研究センター

  • 環境保全
  • 科学技術・学術

掲載:2017 年 3月 10日  

応募・申請期間

2017 年 5 月 8 日 (月)

公益信託富士フイルム・グリーンファンドは、自然保護をテーマとした日本初の民間企業による公益信託として 1983 年に設立され、これまでの間に 157 件の活動及び研究助成事業を行ってきました。本年も引き続き、活動及び研究助成事業を行います。

この助成情報を開く
寄付ラボ (第 52 回) - 寄稿

寄付を「コミュニケーション-交流」活動として考える

※ この記事は、山本 真一さんによる寄稿記事です。

掲載:2017 年 3月 10日  

私の専門は公共経済学です。私はこれまで、市民や個人がコミュニティで活動をするときに、寄付がどのような役割を果たしているか、そして寄付がもつ可能性について研究してきました。ここでは、寄付の行動指針について考えてみましょう。 人びとが寄付をするかどうか、またいくら寄付をするかを決めるときのポイントがいくつかあります。第 1 に、町内会などのコミュニティや NPO などの団体が取り組んでいる社会課題に共……

この寄付ラボ (第 52 回) を開く
ボランティア募集

京都自死・自殺相談センター 2017 年度 ボランティア養成講座

継続ボランティア募集 by NPO 法人京都自死・自殺相談センター(愛称 Sotto)

  • 社会教育
  • 福祉
  • 保健・医療

掲載:2017 年 3月 9日  

電話相談対応・グリーフサポートなどの「専門的なボランティア」の養成講座です。

特徴 初心者歓迎 
募集対象 社会人 
頻度・時間帯 定期  /
活動エリア 京都市 下京区 
実施期間・日 4 月 17,24,29,30日/ 5月 8,15,22,27,29 日 / 6月 5,12日
技能カテゴリ 技能を問わない 
このボランティア募集情報を開く
講座

型破り僧侶と教育 NPO で考えるイライラしない子育て

by NPO法人 D.Live

  • こども・子育て

掲載:2017 年 3月 9日  

どうしていつも子どもにイライラしてしまうのか。その答えはお坊さんが教えてくれる!? 子育てで大事にしたいことをお話しから見つめ直す会です。

分類 考える 
対象
参加方法 事前申し込み必須 
開催場所・日 ウイングス京都 2017 年 4 月 9 日(日)
費用 有料
割引特典
この講座情報を開く
助成

みずほ教育福祉財団 第 15 回「配食用小型電気自動車寄贈事業」 -2017 年度

by 公益財団法人 みずほ教育福祉財団

  • 福祉

掲載:2017 年 3月 8日  

応募・申請期間

2017 年 6 月 9 日(金)

 高齢化社会を迎え、地域の住民による主体的な福祉活動の重要性が、一段と高まっています。とりわけ、高齢者を対象とした配食サービスは、声掛けを通じた友愛活動を兼ねていることから、極めて意義深いものがあります。 みずほ教育福祉財団では、高齢者を対象とした福祉活動を支援するため、みずほフィナンシャル・グループ役職員方の募金を主な財源として、高齢者向けに配食サービスを行っている民間団体に対し、配食用小型電気

この助成情報を開く
助成

みずほ教育福祉財団 第 34 回「老後を豊かにするボランティア活動資金助成事業」 -2017 年度

by 公益財団法人 みずほ教育福祉財団

  • 福祉
  • まちづくり

掲載:2017 年 3月 8日  

応募・申請期間

2017 年 5 月 31 日(水)

 高齢化社会を迎え、高齢者が住み慣れた街で安心して生活するための、地域住民・ボランティアによる主体的かつ活発な福祉活動に対するニーズが、一段と高まっています。 本助成事業は、地域に根差したボランティアグループで、高齢者を主な対象とする活動およびスタッフの中核が高齢者である活動の支援を目的として、継続的に使用される用具・機器類の取得資金を助成します。

この助成情報を開く
助成

児童健全育成推進財団 第 3 回「健全育成研究助成」

by 一般財団法人 児童健全育成推進財団

  • こども・子育て
  • 科学技術・学術

掲載:2017 年 3月 6日  

応募・申請期間

2017 年 4 月 6 日 (木)

児童の健全育成に寄与する研究に携わる研究者に対し、有望な研究テーマを選抜し、研究費の一部を補助する。助成は、一般助成ならびに児童厚生員養成校特定助成の二つとする。

この助成情報を開く
助成

「大塚商会ハートフル基金 復興応援プロジェクト」 -2017 年度

by 大塚商会

  • 災害復興・支援

掲載:2017 年 3月 3日  

応募・申請期間
  • 申請書請求期間
    2017 年 3 月 1 日(水) ~ 3 月 31 日(金)
  • 応募期間
    2017 年 3 月 1 日(水) ~ 4 月 9 日(日)

間もなく東日本大震災発生から 6 年となりますが、被災地では息の長い支援が求められています。大塚商会では今年も「大塚商会ハートフル基金 復興応援プロジェクト」による支援を実施します。「大塚商会ハートフル基金 復興応援プロジェクト」は、社員と会社のマッチングギフトとして長年さまざまな支援活動に活用してきた「大塚商会ハートフル基金」から、被災地の復興につながる活動をしている非営利団体に支援金を贈ろうと

この助成情報を開く
助成

共生社会を創る愛の基金 / 南高愛隣会「共生社会を創る愛の基金」 -2017 年度

by 共生社会を創る愛の基金 / 社会福祉法人 南高愛隣会

  • 福祉
  • 人権・平和

掲載:2017 年 2月 27日  

応募・申請期間

2017 年 2 月中旬~ 4 月 7 日(金)

『共生社会を創る愛の基金』について 「罪に問われた障がい者」の取調べや、裁判、罪を償う矯正やその後の社会復帰という刑事司法の分野については、これまでは「特殊な人たち」の世界と考えられ、あまり光が当てられてきませんでした。しかし、実際には、受刑者の 4 分の 1 に知的障がいの疑いがあること、社会に受け入れられるすべを知らず犯罪を繰り返し刑務所への出入りを繰り返す「累犯障がい者」が数多くいること、コ

この助成情報を開く
助成

科学技術振興機構(JST)「科学技術コミュニケーション推進事業 未来狂創イノベーション活動支援」 -2017 年度

by 独立行政法人 科学技術振興機構(JST)

  • 科学技術・学術

掲載:2017 年 2月 27日  

応募・申請期間

2017 年 2 月 3 日(金) ~ 4 月 3 日(月)
※ 企画提案書等は、電子媒体と紙媒体両方を郵送し、応募していただきます(両方とも 4 月 3 日(月)正午必着とします)。

 各地で行われている未来共創イノベーション※ 【社会とのビジョンの共有や社会の期待・顕在化していない社会課題を発掘し、基礎研究の段階から社会・未来を見据え、取組みにおける協働を図りながら、新しい知を経済的・社会的価値に転換していくこと。】に向けた科学技術コミュニケーション活動を支援します。ここでいう共創とは、国内外の様々なステークホルダーによる対話・協働をいいます。活動の中核にいる人材のビジョンと

この助成情報を開く
助成

有限会社池田屋「子ども思いの森 生きるちからファンド」 -2017 年度

by 有限会社池田屋

  • こども・子育て

掲載:2017 年 2月 24日  

応募・申請期間

2017 年 4 月 23 日 (日)

未来を担う子どもたちが、今、身に付けるべき力とは何か。学校の勉強ができる、スポーツができる、それも確かに大切です。しかし、本当に大切なのは、子どもたちが自分の目で見て、感じて、判断し、自分たちの手で未来を切り拓くことができる「生きる力」ではないでしょうか。『子ども思いの森 生きるちからファンド』は、子どもたちの未来を真剣に考え、子どもたちの「生きる力」を育む様々な活動を展開している各種団体への支援

この助成情報を開く
寄付ラボ (第 51 回) - 寄稿

寄付者の名前公開 ―寄付者は子どもたちにとってのロールモデルー

※ この記事は、日本フィランソロピー協会の高橋 陽子さんによる寄稿記事です。

掲載:2017 年 2月 24日  

20 数年前、アメリカ・ロサンゼルスのホームレス支援の団体を視察したことがあります。 建物の前に立って驚きました。看板に大きく「カーク・ダグラス ハウス」(英語で) と書かれているのです。ハリウッドの名優が寄付して建てたものです。日本だと、さしずめ「杉良太郎ハウス」と言うところでしょうか。日本でもいつかこんなことができれば、と思ったことを思い出します。寄付で思いつくのは、日本の美徳とされる“ 陰徳……

この寄付ラボ (第 51 回) を開く
助成

国土緑化推進機構「緑と水の森林ファンド」 -2017 年度

by 公益社団法人 国土緑化推進機構

  • 社会教育
  • 環境保全

掲載:2017 年 2月 23日  

応募・申請期間

2017 年 2 月 15 日(水) ~ 3 月 31 日(金)

 社会環境の変化に伴い、国民の森林・みどりに対する関心はますます高まっており、具体的な「国民参加の森林づくり運動」を一層推進することが課題となっています。 平成 24 年 12 月「国際森林デー」の制定、平成 25 年 11 月「国連持続可能な開発のための教育 10 年(ESD)」世界会議等の意義を念頭に、森林の重要性に対する理解の推進を図るとともに、森の幼稚園など新たな森林の利用や森林環境教育の

この助成情報を開く
助成

区画整理促進機構「街なか再生助成金」 -2017 年度

by 区画整理促進機構

  • まちづくり

掲載:2017 年 2月 22日  

応募・申請期間

2017 年 3 月 31 日 (金)

当機構が街なかにおける市街地整備や街なかの再生に資する取り組みを行う民間団体を資金面で助成し、その事業等の活動を支援することで、賑わいのあるまちづくりを促進することを目的としています。

この助成情報を開く
ボランティア募集

アースキャラバン 2017 京都 事前準備ボランティア/当日ボランティア募集

短期ボランティア募集 by NPO 法人アースキャラバン

  • こども・子育て
  • 青少年
  • 社会教育
  • 福祉
  • 環境保全
  • 人権・平和
  • 観光・文化・芸術
  • 国際協力交流
  • 災害復興・支援

掲載:2017 年 2月 22日  動画あり

いっしょにチャリティイベントを創ってくれる仲間を大募集!

特徴 初心者歓迎 学生歓迎 シニア歓迎 幼児連れOK 小学生連れOK 託児施設・遊興スペースあり 
募集対象 年齢等を問わない 社会人 高校生 大学生 専門学校生 
頻度・時間帯 短期間限定  / 全日 応相談 
活動エリア 京都市 下京区 東山区 
実施期間・日
技能カテゴリ 技能を問わない 撮影 イベント等の運営 編集・デザイン・発信 力仕事 
このボランティア募集情報を開く
補助

環境省「地域活性化に向けた協働取組の加速化事業」 -2017 年度

by 環境省

  • 環境保全

掲載:2017 年 2月 20日  

応募・申請期間

2017 年 3 月 31 日 (金)

地域における課題解決や地域活性化のためには、異なる主体が適切な役割分担をしつつ対等な立場において相互に協力して行う協働取組が重要になります。「環境教育等による環境保全の取組の促進に関する法律」(以下、「法」という。)に基づく協働取組を推進するために、具体的取組や法に基づく協定の締結などの事業を実施し、さらに、参考となる先導的な事例を形成し、そのノウハウを全国的に普及・共有することが重要です。本事業

この補助情報を開く
助成

「公益信託アドラ国際援助基金」 -2017 年度

by みずほ信託銀行株式会社

  • こども・子育て
  • 保健・医療
  • 人権・平和
  • 国際協力交流
  • 災害救助・救援

掲載:2017 年 2月 20日  

応募・申請期間

2017 年 3 月 31 日 (金)

開発途上国において援助団体等が行う国民の生活水準の向上に資するための事業に対する資金助成を行い、開発途上国の安定と発展に寄与する。ADRAとは“ADVENTIST DEVELOPMENT AND RELIEF AGENCY”の略称で、セブンスデーアドベンチスト教団を支持母体とする博愛的で人種、宗教、政治の区別のない活動を行う国際援助機構です。

この助成情報を開く
上へ