カテゴリー:「実績条件 2年以上の実績必要」一覧

助成

損保ジャパン日本興亜環境財団「環境保全プロジェクト助成」-2019 年度

by 公益財団法人 損保ジャパン日本興亜環境財団

  • 環境保全

掲載:2019 年 9月 7日  

応募・申請期間

2019 年 10 月 31 日 (木)

損保ジャパン日本興亜環境財団では、環境問題に取組む NPO・NGO や任意団体の環境保全プロジェクトが、より充実したものとなるよう資金助成を行います。

この助成情報を開く

助成

生協総合研究所「アジア生協協力基金 一般公募助成」-2020 年度

by 公益財団法人 生協総合研究所

  • 国際協力交流

掲載:2019 年 8月 22日  

応募・申請期間

2019 年 9 月 1 日 (日) ~ 2019 年 10 月 31 日 (木)

 「アジア生協協力基金」は、アジアの生協・協同組合の発展への貢献を目的として、1987 年に、日本各地の生活協同組合 (生協) と日本生活協同組合連合会 (日本生協連) の寄付金によって設立されました。2019 年 3 月現在の基金総額は、約 8.8 億円となっています。 アジア・太平洋地域はこの 30 年の間に経済開発がすすみ、人々の生活水準も飛躍的に向上してきました。しかし、その一方で貧富の格

この助成情報を開く

助成

味の素ファンデーション「AIN プログラム ” 食と栄養支援事業 ”」-2020 年度

by 公益財団法人 味の素ファンデーション

  • こども・子育て
  • 社会教育
  • 福祉
  • 国際協力交流

掲載:2019 年 8月 16日  

応募・申請期間

2019 年 9 月 30 日 (月)

 AIN (Ajinomoto Foundation International program for Nutrition) は、開発途上国の「食と栄養」の国際協力の現地活動支援を通して、開発途上国の人々の生活の質の向上を目指す助成プログラムです。 地域固有の環境 (自然、社会・経済、文化等) に根ざした「食と栄養」への取り組みは、日々の暮らしの中でくり返し営まれることにより、一人ひとりの栄養改

この助成情報を開く

助成

日本科学協会「笹川科学研究助成 “実践研究部門”」-2020 年度

by 公益財団法人 日本科学協会

  • こども・子育て
  • 福祉
  • まちづくり
  • 環境保全
  • 科学技術・学術
  • その他

掲載:2019 年 8月 6日  

応募・申請期間

2019 年 9 月 17 日 (火) ~ 2019 年 10 月 16 日 (水)

 本助成制度は、課題の設定が独創性・萌芽性をもつ研究、発想や着眼点が従来にない新規性をもつ研究を支援します。 とりわけ実践研究部門においては、急速な社会構造の変化に伴って生じる様々な問題の解決に向けた、実践を伴う研究を支援するものです。その中でも、実践研究に関する『海に関係する研究』は重点テーマとして支援します。 毎年度の研究期間終了後、審査選考を行い、優れた研究成果を挙げた方や、厳しい研究環境の

この助成情報を開く

助成

学生サポートセンター 第 17 回「学生ボランティア団体助成事業」-2019 年度

by 一般財団法人 学生サポートセンター

  • 市民活動全般

掲載:2019 年 6月 22日  

応募・申請期間

2019 年 9 月 2 日 (月) ~ 2019 年 10 月 15 日 (火)

 他者への「おもいやり」は、社会生活の基本と位置付けるとともに、学生のボランティア活動を社会参加の第一歩と位置付け「自由な発想と行動力」によって、社会貢献を計画・実行している学生の団体を対象に、団体組織の活性化やネットワーク作りなどを経済的に支援し、社会貢献活動を応援します。また、併せて学生のリーダーシップの涵養と育成の効果を期待します。

この助成情報を開く

助成

「日本メイスン財団 助成事業」

by 一般財団法人 日本メイスン財団

  • こども・子育て
  • 福祉

掲載:2019 年 6月 1日  

応募・申請期間

随時

日本メイスン財団は、フリーメイスンの精神のもと、各種の慈善救済事業を行い、同様の目的を持つ団体の事業を助成し、また天災、戦争等の被災者・被害者および孤児寡婦を救済することを目的としています。財団が行うこうした支援は、日本国内はもとより、世界各地の社会福祉・救援活動にまで広がっています。

この助成情報を開く

助成

楽天 未来のつばさ「団体向け支援事業」-2019 年度

by 公益財団法人 楽天 未来のつばさ

  • こども・子育て
  • 福祉

掲載:2019 年 4月 19日  

応募・申請期間
  • 前期 2019 年 5 月 31 日 (金) まで
  • 後期 2019 年 9 月 2 日 (月) ~ 2019 年 10 月 31 日 (木)

 児童養護施設や里親委託家庭で生活する子ども達は、家庭復帰や高校卒業などを機に施設を退所し、社会へ巣立っていきますが、今日の厳しい社会経済状況においては、社会的養護のもとで育った子どもが、次代を担う一員として自立していくためには、家庭で育った子どもと同じスタートラインに立って自立していけるように支援していくことが必要です。 また、社会的養護を必要とする子どもを減らし、本来的な家庭の温かさを感じ、よ

この助成情報を開く
上へ