カテゴリー:アワード情報一覧

アワード掲載:1 週間以内

都市緑化機構 第 40 回「緑の都市賞」-2020 年度

by 公益財団法人 都市緑化機構

  • まちづくり
  • 環境保全

掲載:2020 年 4月 1日  

応募・申請期間

2020 年 6 月 30 日 (火)

緑の保全と緑化の推進は、地球温暖化の抑制や生物多様性の保全等、持続的な環境の改善につながるとともに、人々の暮らしに潤いと安らぎを与え、健康の増進や次世代を担う子供達の育成など様々な効果をもたらします。緑の都市賞は、樹木や花、水辺などの「みどり」を用いた環境の改善、景観の向上、地域社会の活性化、青少年の育成等に取組み、環境や社会に対する貢献の実績と成果をあげている市民団体、企業、公共団体等の団体を顕

このアワード情報を開く

アワード掲載:1 週間以内

博報堂教育財団 第 51 回「 博報賞」-2020 年度

by 公益財団法人 博報堂教育財団

  • こども・子育て
  • 社会教育

掲載:2020 年 3月 29日  

応募・申請期間

2020 年 6 月 30 日 (火)

「博報賞」は、児童教育現場の活性化と支援を目的として、財団創立とともにつくられました。「ことばの力を育むことで、子どもたちの成長に寄与したい」そんな想いを核として、日々教育現場で尽力されている学校・団体・教育実践者の「波及効果が期待できる草の根的な活動と貢献」を顕彰しています。また、その成果の共有、地道な活動の継続と拡大の支援を行っています。

このアワード情報を開く

アワード

「京都創造者大賞」-2020 年度

by 京都創造者大賞顕彰委員会

  • まちづくり
  • 観光・文化・芸術
  • 国際協力交流

掲載:2020 年 3月 21日  

応募・申請期間

2020 年 4 月 30 日 (木)

千二百年の歴史に培われた豊かな文化、四季折々の美しい自然。花鳥風月を愛でる繊細な心。このような京都独自の文化や風土、感性に育まれて、都びとは伝統を守りつつ革新を繰り返してきました。そして今も、京都には、守るべきものを守りながら、創造性に溢れた活動を続け、京都ブランドのイメージアップや京都の都市格向上への貢献はもとより、未来の京都へと引き継いでいくべき事例が多くあります。こうした取り組みの担い手を「

このアワード情報を開く

アワード

程ヶ谷基金「男女共同参画・少子化関連顕彰」 -2020 年度

by 公益社団法人 程ヶ谷基金

  • こども・子育て
  • 男女共同参画

掲載:2020 年 3月 12日  

応募・申請期間

2020 年 9 月 30 日 (水)

この顕彰は、男女共同参画社会の推進及び少子化対策が、わが国の健全なる発展において極めて重要な礎になるとの認識に鑑み、若手研究者等の研究・活動の一層の推進を目指すことを旨とします。

このアワード情報を開く

アワード

毎日新聞社会事業団 第 50 回「毎日社会福祉顕彰」-2020 年度

by 毎日新聞社会事業団

  • 福祉

掲載:2020 年 3月 4日  

応募・申請期間

2020 年 5 月 31 日 (日)

 この顕彰は 1971 (昭和 46) 年、毎日新聞社会事業団の創立 60 周年を記念して創設され、毎年実施しているものです。 全国の社会福祉関係者および団体のなかから、とくに優れた功績をあげ、社会福祉の発展向上に貢献している個人あるいは団体を顕彰し、新しい福祉国家の形成と進展に寄与することを目的としています。

このアワード情報を開く

アワード

第一生命保険株式会社 第 72 回「保健文化賞」-2020 年度

by 第一生命保険株式会社

  • 福祉
  • 保健・医療

掲載:2020 年 2月 7日  

応募・申請期間

2020 年 4 月 17 日 (金)

 戦後の衛生環境が悪化していた中、わが国の保健衛生の向上に取り組む団体・個人に感謝と敬意を捧げる賞として 1950 年に創設されました。厚生労働省などの後援を得て毎年実施しており、2019 年で 71 回を迎えた、当社において最も長い歴史をもつ社会貢献活動です。生活習慣病対策・高齢者や障がい者への福祉・海外での医療や疾病対策など、その時代におけるさまざまな課題に継続的に取り組んでこられた団体・個人

このアワード情報を開く

アワード

WNI 気象文化創造センター「気象文化大賞」-2020 年度

by WNI 気象文化創造センター

  • 環境保全

掲載:2020 年 2月 7日  

応募・申請期間

2020 年 4 月 29 日 (水)

「気象文化大賞」気象文化を広めるには、草の根で実践されている気象活動に関して、従来の発想にとらわれない知恵を、個人、企業、団体を問わず幅広く結集し、広げていく必要があります。そこで気象の減災・自助・共助、経済的利用、環境問題などへの対応における実用的な気象研究・活動について、新たなる研究・活動を行おうと計画している、または、これまで革新的な成果をあげた、「個人」および「団体」のこれからの発展を願い

このアワード情報を開く

アワード・コンテスト

「公園・夢プラン大賞」-2019 年度

by 一般財団法人 公園財団

  • こども・子育て
  • 青少年
  • 社会教育
  • 福祉
  • まちづくり
  • スポーツ
  • 環境保全
  • 地域安全

掲載:2019 年 5月 24日  

応募・申請期間

2019 年 9 月 30 日 (月)

「公園・夢プラン大賞」は、全国の公園緑地等を舞台に、市民による自由な発想で実施されたイベントや活動、これからやってみたいアイデア・プランを募集し、審査・表彰するもので、公園を楽しく使いこなす人々をさらに増やしてゆくことを目指しています。

このアワード・コンテスト情報を開く
上へ