カテゴリー:「分野 環境保全」一覧

助成掲載:1 週間以内

「京都オムロン地域協力基金 一般助成」-2021 年度

by 公益財団法人 京都オムロン地域協力基金

  • こども・子育て
  • 青少年
  • 福祉
  • 環境保全
  • 市民活動全般
  • 男女共同参画

掲載:2021 年 4月 11日  

応募・申請期間

2021 年 4 月 1 日 ~ 2022 年 3 月 31 日 (通年・都度受付)

 オムロン基金では、地域福祉の向上や青少年の健全育成、男女共同参画の推進、環境整備等に関する社会貢献活動をされている団体や個人に対して、イベント等を開催される際の費用や、社会的課題 (ドメスティックバイオレンス、シングルマザーの育児の悩み等) の解決に向けて、経済的に困窮されている女性の方々が交流するための会合費用、配偶者や親の暴力から逃れるための民間シェルターの維持運営費用を助成しています。

この助成情報を開く

補助掲載:1 週間以内

京都府「京の森林文化を守り育てる支援事業」-2021 年度

by 京都府農林水産部

  • 環境保全

掲載:2021 年 4月 8日  

応募・申請期間

2021 年 6 月 11 日 (金)

京都府では、豊かな森を育てる府民税活用事業の一環として、平成 29 年度に本事業を創設し、地域の文化と深く関わりのある社寺の森、文化・伝説の森、地域の伝統行事・伝統産業を支えてきた森の保全や地域のシンボルとなっている名木古木等の樹木の保全など、地域住民や保全団体などが行う活動を支援し、京の森林文化を将来の府民に伝える取組を推進しています。

この補助情報を開く

補助

山科区役所「笑顔と花いっぱいプロジェクト (春夏)」-2021 年度

by 山科区役所 地域力推進室

  • まちづくり
  • 環境保全

掲載:2021 年 4月 4日  

応募・申請期間

2021 年 4 月 20 日 (火) ~ 2021 年 6 月 15 日 (火)

 山科区役所では、「『世界一安心安全・おもてなしのまち京都 市民ぐるみ推進運動』山科区版運動プログラム」に基づき、まちを花でいっぱいにすることにより、犯罪が起こりにくい環境をつくり、安心で安全なまちを目指す取組として、平成 28 年度から「笑顔と花いっぱいプロジェクト」を行っています。

この補助情報を開く

助成

みなと総合研究財団「未来のみなとづくり助成 “港・海辺活動 / 調査研究助成” 」-2021 年度

by 一般財団法人 みなと総合研究財団

  • 環境保全

掲載:2021 年 4月 3日  

応募・申請期間

2021 年 4 月 23 日 (金)

 環境教育等に係る港や海辺の活動、港湾の利用促進や港湾・海域環境の保全・再生等に関する調査研究について、その費用 (定額以内) を助成することにより、環境と調和した港湾・海域の形成を図るための助成を行います。

この助成情報を開く

コンテスト

安藤スポーツ・食文化振興財団 第 20 回「トム・ソーヤースクール企画コンテスト」‐2021 年度

by 公益財団法人 安藤スポーツ・食文化振興財団

  • こども・子育て
  • 青少年
  • 環境保全

掲載:2021 年 3月 14日  

応募・申請期間

2021 年 5 月 17 日(月)

当財団では、「トム・ソーヤ―スクール企画コンテスト」を主催し、自然体験活動にとって大切な「企画力」の向上を図るために、全国からユニークで創造性に富んだ自然体験活動の企画案を公募しています。選考の上、 50 団体に例年実施支援金として 10 万円を贈呈していましたが、今年は第 20 回記念として実施支援金を 20 万円に増額し贈呈いたします。さらに、支援 50 団体から提出された実施報告書を審査し、

このコンテスト情報を開く

助成

高原環境財団「子どもたちの環境学習活動に対する助成事業」-2021 年度

by 公益財団法人 高原環境財団

  • こども・子育て
  • 環境保全

掲載:2021 年 3月 14日  

応募・申請期間

2021 年 5 月 7 日 (金)

緑化や自然体験などの環境学習活動の実践を通じて、自然環境の保全と改善について、地域の子どもたちの意識向上を図ることを目的として、以下の事業を行う。都会の子供たちの環境学習活動に対する助成事業

この助成情報を開く

助成

高原環境財団「緑化を伴うヒートアイランド対策に関する助成事業」-2021 年度

by 公益財団法人 高原環境財団

  • 環境保全

掲載:2021 年 3月 14日  

応募・申請期間

2021 年 5 月 7 日 (金) まで

自然環境 (緑・水・大気) の破壊が急速に進んでいる現代、環境の悪化防止と再生を目指して緑化を推進することにより、ヒートアイランド対策の一環となることを目的とする。

この助成情報を開く

助成

「公益信託 富士フイルム・グリーンファンド」-2021 年度

by 公益信託 富士フイルム・グリーンファンド

  • 環境保全
  • 科学技術・学術

掲載:2021 年 3月 10日  

応募・申請期間

2021 年 5 月 6 日 (木)

公益信託富士フイルム・グリーンファンドは、自然保護をテーマとした日本発の民間企業による公益信託として 1983 年に設立され、これまでの間に 183 件の活動及び研究助成事業を行ってきました。本年も引き続き、活動及び研究助成事業を行います。

この助成情報を開く

助成

「パタゴニア環境助成金プログラム」

by パタゴニア

  • 環境保全

掲載:2021 年 3月 8日  

応募・申請期間

年 2 回申請の締め切りを設けています。

  1. 毎年 4 月 30 日 (毎年 7 月以降に実施されるプロジェクト)
  2. 毎年 8 月 31 日 (毎年 10 月以降に実施されるプロジェクト)

※ 1 団体からの申請受付は 1 年(毎年 5 月~翌年 4 月)に 1 回のみとなります。

パタゴニアは環境保護活動にのみ助成を行います。私たちが支援するグループは、問題の根本的な原因を見極め、働きかけ、そして長期的な視点で問題解決のアプローチを行なっているグループです。真の問題解決は力強い草の根活動を通じてのみ実現しうると信じており、私たちの助成金は市民のサポートによる強い基盤を創りだしているグループにフォーカスしています。パタゴニアは株式を公開しておりませんので、株主に縛られることな

この助成情報を開く

助成金

WNI 気象文化創造センター「気象文化大賞」-2021 年度

by 一般財団法人 WNI 気象文化創造センター

  • 環境保全
  • その他

掲載:2021 年 3月 8日  

応募・申請期間

2021 年 4 月 30 日 (金)

WNI 気象文化創造センターの助成・表彰事業について 昨今の気候変動による気象災害による被害の増加と共に、気象を実用的に利用することの重要性が増しつつあります。とりわけアジア・太平洋地域では、今後の発展が期待される国・地域が多く存在すると同時に、気象による大きな被害が多いのも事実です。こうした中、減災、経済的利用、環境問題への対応における気象の実用や実践に関して、従来の発想にとらわれない知恵を、個

この助成金情報を開く

助成

ラッシュジャパン「チャリティバンク」

by 株式会社 ラッシュジャパン

  • 環境保全
  • 人権・平和
  • 災害復興・支援
  • その他

掲載:2021 年 2月 27日  

応募・申請期間

3 ヶ月に 1 度、以下の月末を応募締め切りとします。
※ 応募締め切り日:2021 年 3 月 15 日 (月)、6 月末日、9 月末日、12 月末日

ラッシュでは、小規模な草の根団体に寄付をしています。より良い社会を目指して、社会にポジティブな変化をもたらすため、社会や環境を気にかけ活動している団体を気にかけたいと考えているためです。ラッシュは次のような分野で活動する小規模な草の根団体を支援しています。自然環境の保護活動動物の権利擁護活動人権擁護/人道支援/復興支援活動

この助成情報を開く

アワード・コンテスト

「公園・夢プラン大賞」-2020 年度

by 一般財団法人 公園財団

  • こども・子育て
  • 青少年
  • 社会教育
  • 福祉
  • まちづくり
  • スポーツ
  • 環境保全
  • 市民活動全般
  • 地域安全

掲載:2020 年 6月 9日  

応募・申請期間

2020 年 9 月 30 日 (水)

「公園・夢プラン大賞」は、全国の公園緑地等を舞台に、市民による自由な発想で実施されたイベントや活動、これからやってみたいアイデア・プランを募集し、審査・表彰するもので、公園を楽しく使いこなす人々をさらに増やしてゆくことを目指しています。

このアワード・コンテスト情報を開く

助成

第 31 回「緑の環境プラン大賞 ポケット・ガーデン部門」 -2020 年度

by 公益財団法人 都市緑化機構 / 一般財団法人 第一生命財団

  • まちづくり
  • 環境保全

掲載:2020 年 4月 1日  

応募・申請期間

2020 年 6 月 30 日 (火)

日常的な花や緑の活動およびクールスポットの創出を通して、地域交流やコミュニティの活性化・子どもの遊び場作り、保育園・幼稚園、学校、福祉施設等での情操教育や身近な環境の改善等のアイデアを盛り込んだプランを募集し、緑地の整備、資材購入等の費用を助成します。

この助成情報を開く

助成

第 31 回「緑の環境プラン大賞 シンボル・ガーデン部門」 -2020 年度

by 公益財団法人 都市緑化機構 / 一般財団法人 第一生命財団

  • まちづくり
  • 環境保全

掲載:2020 年 4月 1日  

応募・申請期間

2020 年 6 月 30 日 (火)

地域のシンボル的な緑地として、緑の持つ環境保全機能 (ヒートアイランド緩和効果・生物多様性保全効果等) を積極的に取り入れることにより、人と自然が共生する都市環境の形成や地域コミュニティの活性化に寄与するアイデアを盛り込んだ緑地のプランを募集し、プラン実現のための整備費を助成します。

この助成情報を開く

アワード

都市緑化機構 第 40 回「緑の都市賞」-2020 年度

by 公益財団法人 都市緑化機構

  • まちづくり
  • 環境保全

掲載:2020 年 4月 1日  

応募・申請期間

2020 年 6 月 30 日 (火)

緑の保全と緑化の推進は、地球温暖化の抑制や生物多様性の保全等、持続的な環境の改善につながるとともに、人々の暮らしに潤いと安らぎを与え、健康の増進や次世代を担う子供達の育成など様々な効果をもたらします。緑の都市賞は、樹木や花、水辺などの「みどり」を用いた環境の改善、景観の向上、地域社会の活性化、青少年の育成等に取組み、環境や社会に対する貢献の実績と成果をあげている市民団体、企業、公共団体等の団体を顕

このアワード情報を開く

助成

日本財団 第 2 回「海と日本 PROJECT サポートプログラム」

by 公益財団法人 日本財団

  • 環境保全

掲載:2017 年 1月 11日  

応募・申請期間

2017 年 3 月 1 日(水) 11:00 ~ 3 月 10 日(金)

日本は、四方を海に囲まれた国。私たちの社会や文化は、海に囲まれた環境の中で形づくられてきており、食べ物や生活道具、名前や地名、文学、歌、暦、歳時、祭りなどさまざまなものが海と結びついています。また、国民の祝日としても「海の日」がある世界でも唯一の国、それが日本です。内陸・沿岸問わず、“地域”もさまざまな形で海とつながっています。あなたの地域では、海とのつながりを活かすことができているでしょうか?一

この助成情報を開く
上へ