カテゴリー:「分野 環境保全」一覧

アワード掲載:1 週間以内

都市緑化機構 第 42 回「緑の都市賞」-2022 年度

by 公益財団法人 都市緑化機構

  • まちづくり
  • 環境保全

掲載:2022 年 5月 14日  

応募・申請期間

2022 年 6 月 30 日 (木)

 緑の保全と緑化の推進は、地球温暖化の抑制や生物多様性の保全等、持続的な環境の改善につながるとともに、人々の暮らしに潤いと安らぎを与え、健康の増進や次世代を担う子供達の育成など様々な効果をもたらします。 緑の都市賞は、樹木や花、水辺などの「みどり」を用いた環境の改善、景観の向上、地域社会の活性化、青少年の育成等に取組み、環境や社会に対する貢献の実績と成果をあげている市民団体、企業、公共団体等の団体

このアワード情報を開く

助成掲載:1 週間以内

第 18 期「 ナショナル・トラスト活動助成 “活動実践助成 ”」-2022 年度

by 公益社団法人 日本ナショナル・トラスト協会 / 公益財団法人 自然保護助成基金

  • 環境保全

掲載:2022 年 5月 13日  

応募・申請期間

2022 年 8 月 19 日 (金)

自然環境保全法や自然公園法、種の保存法等、自然を守るための様々な法制度が整備され、日本の豊かな自然が守られています。一方で、これらの法制度によって守られていない多くの地域では、希少な野生生物や優れた自然環境が盗掘、密漁、開発等によって次々と姿を消していっています。これ以上、日本の豊かな自然を失わせないためには、希少な野生生物のすみかとなっている土地など、自然保護の観点からみて重要な土地を購入や借り

この助成情報を開く

助成掲載:1 週間以内

第 18 期「 ナショナル・トラスト活動助成 “土地所有状況調査助成 ”」-2022 年度

by 公益社団法人 日本ナショナル・トラスト協会 / 公益財団法人 自然保護助成基金

  • 環境保全

掲載:2022 年 5月 13日  

応募・申請期間

2022 年 8 月 19 日(金)
※締切日までは随時受付

自然環境保全法や自然公園法、種の保存法等、自然を守るための様々な法制度が整備され、日本の豊かな自然が守られています。一方で、これらの法制度によって守られていない多くの地域では、希少な野生生物や優れた自然環境が盗掘、密漁、開発等によって次々と姿を消していっています。これ以上、日本の豊かな自然を失わせないためには、希少な野生生物のすみかとなっている土地など、自然保護の観点からみて重要な土地を購入や借り

この助成情報を開く

助成

コメリ緑育成財団「コメリ緑資金ボランティア助成」-2021 年度

by 公益財団法人コメリ緑育成財団

  • 環境保全

掲載:2022 年 5月 9日  

応募・申請期間

2022 年 5 月 31 日 (火)

 公益財団法人コメリ緑育成財団では、株式会社コメリとの連携で、地域の幼稚園・保育所・小中学校・特定施設の緑化活動を推進する「コメリ緑資金ボランティア」を1999年より実施しています。 コメリ従業員が参加・お手伝いする緑化活動に対して、活動で使用する花苗・プランター・土などの購入資金として助成金を贈呈いたします。最寄りのコメリ店舗従業員と打ち合わせの上、ご応募ください。

この助成情報を開く

助成

「京都オムロン地域協力基金 一般助成(イベント開催への助成)」-2022 年度

by 公益財団法人 京都オムロン地域協力基金

  • こども・子育て
  • 青少年
  • 福祉
  • 環境保全
  • 男女共同参画

掲載:2022 年 5月 4日  

応募・申請期間

2022 年 4 月 1 日 ~ 2023 年 3 月 31 日 (通年・都度受付)

オムロン基金では、地域福祉の向上や青少年の健全育成、男女共同参画の推進、環境整備等に関する社会貢献活動をされている団体や個人に対して、イベント等を開催される際の費用や、社会的課題 (ドメスティックバイオレンス、シングルマザーの育児の悩み等) の解決に向けて、経済的に困窮されている女性の方々が交流するための会合費用、配偶者や親の暴力から逃れるための民間シェルターの維持運営費用を助成しています。※ 子

この助成情報を開く

助成

マツダ財団 第 38 回「マツダ研究助成―青少年健全育成関係」- 2022 年度

by 公益財団法人 マツダ財団

  • 青少年
  • まちづくり
  • 環境保全
  • 国際協力交流

掲載:2022 年 4月 29日  

応募・申請期間

2022 年 6 月 15 日 (水) 締切

工業化社会、情報化社会の著しい進展による社会環境の変化は、国民の社会生活に多様な影響を及ぼしています。中でも青少年の健全な心身の発達を阻む面のあることを認めざるを得ません。マツダ財団では、青少年の健全な育成への支援を通して、心豊かに生きることの出来る社会の実現を願い、そのためのすぐれた研究に対し、一助として費用の一部もしくは全額を助成します。

この助成情報を開く

助成

そらべあ基金 第 80・81・82 基「そらべあスマイルプロジェクト」

by NPO 法人 そらべあ基金

  • こども・子育て
  • 環境保全

掲載:2022 年 4月 24日  

応募・申請期間

2022 年 5 月 30 日 (月)

そらべあ基金では、個人や企業の皆様からのご支援により、全国の幼稚園・保育園・こども園に太陽光発電設備「そらべあ発電所」を寄贈する「そらべあスマイルプロジェクト」に取り組んでいます。このプロジェクトは、環境教育の観点で再生可能エネルギーを導入し、環境の大切さを子どもたちに伝え、より良い環境の循環により地球温暖化を防ぎ未来を変えていくことを目指しています。2008 年からこれまでに、北海道から九州まで

この助成情報を開く

補助

山科区役所「笑顔と花いっぱいプロジェクト (春夏)」-2022 年度

by 山科区役所 地域力推進室

  • まちづくり
  • 環境保全
  • 地域安全

掲載:2022 年 4月 23日  

応募・申請期間

2022 年 4 月 20 日 (水) ~ 2022 年 6 月 15 日 (水)

 山科区役所では、「『世界一安心安全・おもてなしのまち京都市民ぐるみ推進運動』山科区版運動プログラム」に基づき、まちを花でいっぱいにるとともに、“ながら見守り・見せる防犯”を推進し、犯罪が起こりにくい、安心で安全なまちを目指す取組として、平成 28 年度から「笑顔と花いっぱいプロジェクト」を行っています。

この補助情報を開く

補助

京都府「京の森林文化を守り育てる支援事業」-2022 年度

by 京都府

  • 環境保全

掲載:2022 年 3月 26日  

応募・申請期間

2022 年 6 月 10 日 (金)

京都府では、豊かな森を育てる府民税活用事業の一環として、平成 29 年度に本事業を創設し、地域の文化と深く関わりのある社寺の森、文化・伝説の森、地域の伝統行事・伝統産業を支えてきた森の保全や地域のシンボルとなっている名木古木等の樹木の保全など、地域住民や保全団体などが行う活動を支援し、京の森林文化を将来の府民に伝える取組を推進しています。

この補助情報を開く

助成

「京都オムロン地域協力基金 一般助成」-2021 年度

by 公益財団法人 京都オムロン地域協力基金

  • こども・子育て
  • 青少年
  • 福祉
  • 環境保全
  • 市民活動全般
  • 男女共同参画

掲載:2022 年 2月 18日  

応募・申請期間

2021 年 4 月 1 日 ~ 2022 年 3 月 31 日 (通年・都度受付)

 オムロン基金では、地域福祉の向上や青少年の健全育成、男女共同参画の推進、環境整備等に関する社会貢献活動をされている団体や個人に対して、イベント等を開催される際の費用や、社会的課題 (ドメスティックバイオレンス、シングルマザーの育児の悩み等) の解決に向けて、経済的に困窮されている女性の方々が交流するための会合費用、配偶者や親の暴力から逃れるための民間シェルターの維持運営費用を助成しています。

この助成情報を開く

助成

日本財団「海と日本 PROJECT」-2022 年度

by 公益財団法人 日本財団

  • こども・子育て
  • 青少年
  • 社会教育
  • スポーツ
  • 環境保全
  • 観光・文化・芸術

掲載:2021 年 10月 5日  

応募・申請期間

第 1 回:2021 年 10 月 29 日 (金)
第 2 回:2022 年 1 月 (予定)

 日本は、四方を海に囲まれた国。私たちの社会や文化は、海に囲まれた環境の中で形づくられてきており、食べ物や生活道具、名前や地名、文学、歌、暦、歳時、祭りなどさまざまなものが海と結びついています。また、国民の祝日としても「海の日」がある世界でも唯一の国、それが日本です。内陸・沿岸問わず、“地域”もさまざまな形で海とつながっています。あなたの地域では、海とのつながりを活かすことができているでしょうか?

この助成情報を開く

助成

国立青少年教育振興機構「子どもゆめ基金 “体験活動・読書活動”」 -2022 年度

by 独立行政法人 国立青少年教育振興機構

  • こども・子育て
  • 社会教育
  • 環境保全
  • 雇用・労働

掲載:2021 年 9月 12日  

応募・申請期間

一次募集

  • 郵送申請:2021 年 10 月 1 日 (金) ~ 2021 年 11 月 16 日 (火)
  • 電子申請:2021 年 10 月 1 日 (金) ~ 2021 年 11 月 30 日 (火)

二次募集

  • 郵送申請:2022 年 5 月 1 日 (日) ~ 2022 年 6 月 14 日 (火)
  • 電子申請:2022 年 5 月 1 日 (日) ~ 2022 年 6 月 28 日 (火)

 この基金は、未来を担う夢を持った子どもの健全育成を推進するため、自然に触れ親しむ活動、科学実験などの科学体験活動、異年齢間の交流を促進する活動、絵本の読み聞かせ会などの読書活動といった地域の草の根団体が実施する様々な体験活動や特色ある新たな取り組み、体験活動等の裾野広げるような活動を中心に、様々な体験活動や読書活動等への支援を行っています。 「子どもゆめ基金」は、衆議院・参議院の超党派の国会議員

この助成情報を開く
上へ