カテゴリー:「分野 環境保全」一覧

Most Fresh

助成掲載:1 週間以内

サントリ-世界愛鳥基金「地域愛鳥活動助成部門」-2020 年度

by 公益信託 サントリ-世界愛鳥基金

  • こども・子育て
  • 青少年
  • 社会教育
  • 環境保全

掲載:2019 年 7月 17日  

応募・申請期間

2019 年 9 月 2 日 (月)~ 9 月 30 日 (月)

 地域に根ざした鳥類保護活動に対して助成を行うことを通じて、地球環境保全に貢献することを目的とします。

この助成情報を開く
Most Fresh

助成掲載:1 週間以内

サントリ-世界愛鳥基金「鳥類保護団体への活動助成部門」-2020 年度

by 公益信託 サントリ-世界愛鳥基金

  • 環境保全

掲載:2019 年 7月 17日  

応募・申請期間

2019 年 9 月 2 日 (月) ~ 2019 年 9 月 30 日 (月)

 サントリーは創業 90 周年記念活動の一環として愛鳥活動の一層の充実を図るため、1989 年に公益信託「サントリー世界愛鳥基金」を創設しました。これは、野鳥保護を通じて地球環境保全を推進するため、国内外の鳥類保護活動の活動資金を助成するものです。 鳥類保護団体の鳥類保護活動に対して助成を行うことを通じて、地球環境保全に貢献することを目的とします。

この助成情報を開く
Most Fresh

助成掲載:1 週間以内

サントリ-世界愛鳥基金「水辺の大型鳥類保護部門」-2020 年度

by 公益信託 サントリ-世界愛鳥基金

  • 環境保全

掲載:2019 年 7月 17日  

応募・申請期間

2019 年 9 月 2 日 (月) ~ 2019 年 9 月 30 日 (月)

 サントリーは創業 90 周年記念活動の一環として愛鳥活動の一層の充実を図るため、1989 年に公益信託「サントリー世界愛鳥基金」を創設しました。これは、野鳥保護を通じて地球環境保全を推進するため、国内外の鳥類保護活動の活動資金を助成するものです。 当部門は、「今日、鳥たちの身に起きていることは、明日は人間の問題になるかもしれない」という、基金設定趣旨でもある理念に鑑み、水と人と鳥が共存する生態系

この助成情報を開く
Most Fresh

助成掲載:1 週間以内

「公益財団法人 ALSOK ありがとう運動財団による福祉車両および活動助成金の寄贈」-2019 年度

by 公益財団法人 ALSOK ありがとう運動財団

  • こども・子育て
  • 青少年
  • 社会教育
  • 福祉
  • 環境保全
  • 地域安全
  • その他

掲載:2019 年 7月 17日  

応募・申請期間

2019 年 9 月 30 日 (月)

ALSOK (本社:東京都港区、社長:青山幸恭) が設立した「公益財団法人 ALSOK ありがとう運動財団は、財団の主たる事業としております社会福祉に貢献するため、社会福祉法人等の福祉関連法人への「福祉車両」および「活動助成金」」の寄贈を今年度も公募により行います。

この助成情報を開く

助成掲載:1 週間以内

「TOYO TIRE グループ環境保護基金」-2020 年度

by 公益社団法人 日本フィランソロピー協会

  • 環境保全

掲載:2019 年 7月 15日  

応募・申請期間

2019 年 9 月 30 日 (月)

 TOYO TIRE グループ環境保護基金は、環境保護活動を行う非営利団体を資金面で支援することを目的として 1992 年に設置され、これまで延べ 889 団体に対し、累計 5 億 4,500 万円 (2019 年 4 月末現在) の助成を行ってきました。 本基金は TOYO TIRE グループ従業員有志からの寄付金に会社が同額を上乗せして拠出するマッチングギフト方式をとっています。

この助成情報を開く

助成掲載:1 週間以内

日本環境協会「藤本倫子こども環境活動助成基金」-2019 年度

by 公益財団法人 日本環境協会

  • こども・子育て
  • 環境保全

掲載:2019 年 7月 13日  

応募・申請期間

第 2 期応募期間:2019 年 8 月 1 日 (木) ~ 2019 年 8 月 30 日 (土)
第 3 期応募期間:2020 年 1 月 1 日 (水) ~ 2020 年 1 月 31 日 (金)

 藤本倫子環境保全活動助成基金は、環境カウンセラーである藤本倫子氏からの寄附金をもとに 2002 年に設置されました。 藤本倫子さんの、子ども達に対する「たくさん輝いて欲しい。自然の大切さをいっぱい感じてもらいたい」という強い願いを受け、子ども達が身近な環境に親しみ、自ら環境について考え、行動することの手助けとなるべく、子ども達の環境活動に対し、活動費の助成を続けています。

この助成情報を開く

助成

国際花と緑の博覧会記念協会「花博自然環境助成事業」-2020 年度

by 公益財団法人 国際花と緑の博覧会記念協会

  • 環境保全

掲載:2019 年 7月 5日  

応募・申請期間

2019 年 8 月 1 日 (木) ~ 2019 年 9 月 13 日 (金)

公益財団法人 国際花と緑の博覧会記念協会は、1990 年 (平成 2 年) に大阪・鶴見緑地で開催された国際花と緑の博覧会の「自然と人間との共生」という理念の継承発展・普及啓発につながる調査研究や活動並びに被災地復興を支援し、潤いのある豊かな社会の創造に寄与することを目的として、以下による 2020 年度に実施する助成事業の公募を行います。

この助成情報を開く

助成

緑の地球防衛基金「”地球にやさしいカード” による助成事業」-2020 年度

by 公益財団法人 緑の地球防衛基金

  • 環境保全

掲載:2019 年 6月 28日  

応募・申請期間

2019 年 8 月 1 日 (木) ~ 9 月 30 日 (月)

公益財団法人 緑の地球防衛基金は、株式会社セディナと協力して環境問題に関する活動や研究に携わる団体への助成を行っています。当基金ではこの助成事業に関して、助成対象となる団体を募集いたします。

この助成情報を開く

助成

食品容器環境美化協会「 アダプト・プログラム特別助成事業 “海と日本 PROJECT”」-2019 年度

by 公益社団法人 食品容器環境美化協会

  • 環境保全

掲載:2019 年 6月 22日  

応募・申請期間

2019 年 8 月 15 日 (木)

当協会が推進している、市民と行政が協働で進めるまち美化手法「アダプト・プログラム」は、ごみを拾い、物理的にきれいにするという効果のみならず、その清掃活動の周囲の人々への環境美化意識の醸成にも資するものであり、海洋ごみ問題に向け、広く国民参加を進める際の一つの有効なツールとなり得ると考えています。そこで対象を海・川・湖等の水辺でアダプト活動を行っている団体に特化し、清掃活動の際に使用するグッズを助成

この助成情報を開く

助成

「瀬戸内オリーブ基金助成事業」‐2019 年度

by NPO 法人 瀬戸内オリーブ基金

  • 環境保全

掲載:2019 年 6月 21日  

応募・申請期間

2019 年 8 月 31 日 (土)

 瀬戸内オリーブ基金の助成制度は、全国のみなさまからのご寄付を、瀬戸内海一帯で活動している環境活動団体に届け、その活動成果を瀬戸内海地域に還元するものです。 瀬戸内海は、世界でも有数な閉鎖性海域であり、日本一広大な国立公園です。この土地が本来もつ、海と森との絶妙な関係や自然が共存できる環境は、日本を象徴する美しいふるさとです。瀬戸内海の豊かな自然、ふるさとを子どもたちに残すために活動している環境活

この助成情報を開く

コンテスト

環境省 第 14 回「”みどり香るまちづくり” 企画コンテスト募集」

by 環境省

  • 環境保全

掲載:2019 年 6月 12日  

応募・申請期間

2019 年 9 月 13 日 (金)

「みどり香るまちづくり」企画コンテストは、住みよいかおり環境を創出しようとする地域の取組を支援するため、「かおりの樹木・草花」を用いた、優れたまちづくりの企画を選定しようとするものです。 また、本年度は「特別賞」を創設し、上記に加えて東京 2020 オリンピック・パラリンピックに向けた香り植物を用いた様々なまちづくりのアイデアを含めた企画を選定します。この特別賞の創設は、東京 2020 公認プログ

このコンテスト情報を開く

コンテスト

第 13 回「日本都市計画家協会賞」

by NPO 法人 日本都市計画家協会

  • 環境保全

掲載:2019 年 6月 9日  

応募・申請期間

2019 年 7 月 31 日 (水)

日本都市計画家協会賞は、全国の都市や地域で実践されている様々な分野やテーマの「草の根まちづくり活動」を応援し優れた理念や活動を全国に発信・波及することを目的に、2003 年にスタートしました。これまでに 95 団体が受賞しています。第 13 回の 2019 年は、9 月 7 日・8 日に開催する「全国まちづくり会議 in 東京」と連動して実施します。本賞と全国まちづくり会議を通して、全国各地で多彩

このコンテスト情報を開く

助成

イオン環境財団 第 29 回「環境活動助成」

by 公益財団法人 イオン環境財団

  • 環境保全

掲載:2019 年 6月 4日  

応募・申請期間

エントリー受付締切:2019 年 8 月 20 日 (火)

※ ホームページでのエントリー登録後、応募申請書類は 8 月 31 日 (土) 必着でご郵送ください。

豊かな自然環境を次代へ引き継ぐため、自然共生社会の実現や持続可能な社会を目指し、世界各地で活動している団体に対して、活動費の一部を支援することを目的としております。【基本テーマ】「人と自然が育むゆたかな森づくり」

この助成情報を開く

助成

「”日本山岳遺産”候補地申請」-2019 年度

by 日本山岳遺産基金

  • 環境保全

掲載:2019 年 6月 3日  

応募・申請期間

2019 年 8 月 31 日 (土)

日本山岳遺産基金では、次世代に伝えたい「豊かな自然環境」や「人と自然の関わり」があり、それらを守り、活用するような地元の活動が盛んな山や山岳エリアを「日本山岳遺産」として認定し、その地域で山岳環境保全・安全登山啓発などの活動を行う団体に一定額を助成しています。設立から 9 年間で、全国 30 箇所の山や山岳エリアを「日本山岳遺産」として認定し、合計約 1576 万円を助成してまいりました。今年度も

この助成情報を開く

助成

信頼資本財団「共感助成」

by 公益財団法人 信頼資本財団

  • 社会教育
  • 福祉
  • 保健・医療
  • 環境保全
  • 市民活動全般

掲載:2019 年 6月 1日  

応募・申請期間

随時

1. 市民の皆さまからの寄付金が、助成金の原資です。市民の皆さまが指定した団体への寄付金を、信頼資本財団がお預かりし、指定先団体への助成金としてお届けします。その際、集まった寄付金から 10% を信頼資本財団の運営費として頂戴いたします。また、その他クレジット決済手数料等を除いた金額を、助成金として交付します。そのため、その元となる寄付金が申請助成額相当分に達しない場合には、集まった寄付金から運営

この助成情報を開く

助成

ラッシュジャパン「チャリティバンク」

by 株式会社ラッシュジャパン

  • 環境保全
  • 人権・平和
  • 災害復興・支援

掲載:2019 年 6月 1日  

応募・申請期間

2 ヶ月に 1 度、以下の月末を応募締め切りとします。
※ 応募締め切り日:2 月末日、4 月末、6 月末日、8 月末日、10 月末、12 月末日

ラッシュでは、小規模な草の根団体に寄付をしています。より良い社会を目指して、社会にポジティブな変化をもたらすため、社会や環境を気にかけ活動している団体を気にかけたいと考えているためです。ラッシュは次のような分野で活動する小規模な草の根団体を支援しています。自然環境の保護活動動物の権利擁護活動人権擁護/人道支援/復興支援活動

この助成情報を開く

助成

「京都オムロン地域協力基金 一般助成」

by 公益財団法人 京都オムロン地域協力基金

  • こども・子育て
  • 青少年
  • 福祉
  • 環境保全
  • 市民活動全般
  • 男女共同参画

掲載:2019 年 6月 1日  

応募・申請期間

2019 年 4 月 1 日~ 2020 年 3 月 31 日 (通年・都度受付)

オムロン基金では、地域福祉の向上や青少年の健全育成、男女共同参画の推進、環境整備等に関する社会貢献活動をされている団体や個人に対して、イベント等を開催される際の費用助成を行っています。この他、環境整備のために必要な機材・備品の購入費用、社会的課題 (ドメスティックバイオレンス、シングルマザーの育児の悩み等) の解決に向けて、経済的に困窮されている女性の方々が交流するための会合などの費用、配偶者や親

この助成情報を開く

助成

りそなアジア・オセアニア財団「環境プロジェクト助成」-2019 年度

by 公益財団法人 りそなアジア・オセアニア財団

  • 環境保全
  • 国際協力交流

掲載:2019 年 5月 28日  

応募・申請期間

2019 年 6 月 10 日 (月) ~ 2019 年 8 月 31 日 (土)

テーマ:アジア・オセアニア諸国・地域における水や緑をテーマにした自然環境の保護や整備を目的とする支援事業当財団は、アジア・オセアニア諸国における水や緑をテーマにした自然環境の保護・整備などの事業(プロジェクト)をおこなう方へ助成を行っています。自然環境の保護・整備というと、大がかりな事業を考えがちですが、ちょっとした創意と工夫で、小さな活動でも大きな成果を生む事があります。地域の人たちを活動に巻き

この助成情報を開く

アワード・コンテスト

「公園・夢プラン大賞」-2019 年度

by 一般財団法人 公園財団

  • こども・子育て
  • 青少年
  • 社会教育
  • 福祉
  • まちづくり
  • スポーツ
  • 環境保全
  • 地域安全

掲載:2019 年 5月 24日  

応募・申請期間

2019 年 9 月 30 日 (月)

「公園・夢プラン大賞」は、全国の公園緑地等を舞台に、市民による自由な発想で実施されたイベントや活動、これからやってみたいアイデア・プランを募集し、審査・表彰するもので、公園を楽しく使いこなす人々をさらに増やしてゆくことを目指しています。

このアワード・コンテスト情報を開く

アワード

京都市 第 17 回「京都環境賞」

by 京都市

  • 環境保全

掲載:2019 年 5月 23日  

応募・申請期間

2019 年 6 月 1 日 (土) ~ 2019 年 8 月 30 日 (金)

 京都市では、市民や事業者の皆様の環境に関する関心を高め、様々な実践活動の更なる推進を図ることを目的として、平成 15 年度に京都環境賞を創設し、地球温暖化の防止や循環型社会の形成,生物多様性の保全等の環境保全に貢献する活動 (以下「活動」という。) を実践されている方を顕彰しています。

このアワード情報を開く

助成

第 15 期「ナショナル・トラスト助成」-2019 年度

by 公益財団法人 日本ナショナル・トラスト協会

  • 環境保全

掲載:2019 年 5月 22日  

応募・申請期間

2019 年 8 月 23 日 (金)

 自然環境保全法や自然公園法、種の保存法等、自然を守るための様々な法制度が整備され、日本の豊かな自然が守られています。一方で、これらの法制度によって守られていない多くの地域では、希少な野生生物や優れた自然環境が盗掘、密漁、開発等によって次々と姿を消していっています。これ以上、日本の豊かな自然を失わせないためには、希少な野生生物のすみかとなっている土地など、自然保護の観点からみて重要な土地を購入や借

この助成情報を開く

助成

「日野自動車グリーンファンド助成事業」-2019 年度

by 公益財団法人 日野自動車グリーンファンド

  • 環境保全

掲載:2019 年 5月 20日  

応募・申請期間

2019 年 7 月 31 日 (水)

 公益財団法人日野自動車グリーンファンド (HGF) は、「社会環境との調和」を基本理念として、平成 3 年に日野自動車株式会社の出資により設立されました。「地球規模で考え、行動は足元から」をモットーに、さまざまな環境緑化、自然保護にかかわる事業の実践、助成をおこなっています。

この助成情報を開く

助成

コンサベーション・アライアンス・ジャパン「アウトドア環境保護基金」-2019 年度

by コンサベーション・アライアンス・ジャパン

  • 環境保全

掲載:2019 年 5月 19日  

応募・申請期間

前期:2019 年 8 月 15 日 (木)
後期:2020 年 2 月 15 日 (土)(予定)

 私たちは、ビジネスで得た利益の一部を、フィールドの環境保護しているグループに活動資金として援助いたします。これは、間接的に私たちのお客様が、自然保護のために資金援助することになります。

この助成情報を開く

アワード

日本ユネスコ協会連盟 第 9 回「プロジェクト未来遺産」

by 公益社団法人 日本ユネスコ協会連盟

  • 社会教育
  • 環境保全
  • 観光・文化・芸術
  • 災害復興・支援

掲載:2019 年 5月 19日  

応募・申請期間

2019 年 8 月 5 日 (月)

日本の素晴らしい文化や自然は、長い歴史の中で先人たちの知恵や工夫によって育まれてきた、今の時代を生きる私たち日本人一人一人の財産です。その大切な財産を子どもたちへ残し、未来へ向けて文化や自然を守り、継承していく市民の活動が “未来遺産” です。 公益社団法人日本ユネスコ協会連盟では、失われつつある豊かな自然や文化を、子どもたちの未来に残そうとする活動を『プロジェクト未来遺産

このアワード情報を開く

助成

「公益信託 大成建設自然・歴史環境基金」 -2019 年度

by 大成建設株式会社

  • 環境保全

掲載:2019 年 5月 15日  

応募・申請期間

2019 年 7 月 31 日 (水)

これからの地球社会の健全で持続的な発展のためには、自然環境の保全や再生、歴史的建造物等の歴史的・文化的な環境の保存や活用が必要とされています。本基金は、“人がいきいきとする環境を創造する”という大成建設グループの理念を踏まえ、こうした活動や研究を応援することを目的に設立されました。

この助成情報を開く

助成

日本財団 第 2 回「海と日本 PROJECT サポートプログラム」

by 公益財団法人 日本財団

  • 環境保全

掲載:2017 年 1月 11日  

応募・申請期間

2017 年 3 月 1 日(水) 11:00 ~ 3 月 10 日(金)

日本は、四方を海に囲まれた国。私たちの社会や文化は、海に囲まれた環境の中で形づくられてきており、食べ物や生活道具、名前や地名、文学、歌、暦、歳時、祭りなどさまざまなものが海と結びついています。また、国民の祝日としても「海の日」がある世界でも唯一の国、それが日本です。内陸・沿岸問わず、“地域”もさまざまな形で海とつながっています。あなたの地域では、海とのつながりを活かすことができているでしょうか?一

この助成情報を開く
上へ