カテゴリー:「分野 環境保全」一覧

助成

自然保護助成基金 第 3 期「国際 NGO 助成」 -2018 年度

by 公益財団法人 自然保護助成基金

  • 環境保全
  • 国際協力交流

掲載:2017 年 12月 27日  

応募・申請期間

2018 年 2 月 2 日 (金)

 公益財団法人自然保護助成基金 (理事長 有賀 祐勝) では、わが国及び海外の自然環境の保全に資する活動の支援と、これらの活動の基礎となる調査研究の進展のため、助成事業を実施してまいりました。 本プログラムは、国際 NGO と当財団とが連携して、海外における自然保護問題の解決に取り組むことを目的とした助成事業です。 世界各地の自然保護問題の解決のため、海外において、現地住民や行政組織、民間企業、科

この助成情報を開く

助成

自然保護助成基金 第 3 期「国際的プログラムに関する助成」 -2018 年度

by 公益財団法人 自然保護助成基金

  • 環境保全
  • 国際協力交流

掲載:2017 年 12月 27日  

応募・申請期間

2018 年 2 月 2 日 (金)

 公益財団法人自然保護助成基金 (理事長 有賀 祐勝) では、わが国及び海外の自然環境の保全に資する活動の支援と、これらの活動の基礎となる調査研究の進展のため、助成事業を実施してまいりました。 本プログラムは、世界自然遺産やユネスコエコパーク、世界 / 日本ジオパーク、ラムサール条約登録湿地、世界 / 日本農業遺産といった、国際的な枠組みの中で自然環境を保全するプログラム (以下、国際プログラム)

この助成情報を開く

助成

自然保護助成基金 第 3 期「学協会助成」 -2018 年度

by 公益財団法人 自然保護助成基金

  • 環境保全

掲載:2017 年 12月 27日  

応募・申請期間

2018 年 2 月 2 日 (金)

 公益財団法人自然保護助成基金 (理事長 有賀 祐勝) では、わが国及び海外の自然環境の保全に資する活動の支援と、これらの活動の基礎となる調査研究の進展のため、助成事業を実施してまいりました。 本プログラムは、学協会の委員会等が行う自然保護活動に対し助成を実施いたします。 日本国内の学協会における、自然保護問題を取り扱う委員会およびワーキンググループ (以下、WG) に対し、その自然保護活動を支援

この助成情報を開く

助成

「連合・愛のカンパ“地域助成”」 -2018 年度

by 日本労働組合総連合会

  • こども・子育て
  • 福祉
  • 保健・医療
  • まちづくり
  • 環境保全
  • 人権・平和
  • 国際協力交流
  • 災害救助・救援

掲載:2017 年 12月 26日  

応募・申請期間

2018 年 1 月 1 日 (月) ~ 3 月 31 日 (土)

 「連合・愛のカンパ」は、「自由、平等、公正で平和な世界の実現」に向けた社会貢献活動として取り組むもので、NGO・NPO 団体などの事業・プログラムへの支援、および自然災害などによる被災者に対する救援・支援を目的としています。 毎年およそ 1 億円を超えるカンパ金が寄せられる「連合・愛のカンパ」を各団体・組織へと寄贈することで、ハンディキャップを持つ人たち、戦争・紛争による難民、大規模災害の被災者

この助成情報を開く

助成

「連合・愛のカンパ“中央助成”」 -2018 年度

by 日本労働組合総連合会

  • こども・子育て
  • 福祉
  • 保健・医療
  • まちづくり
  • 環境保全
  • 人権・平和
  • 国際協力交流
  • 災害救助・救援

掲載:2017 年 12月 26日  

応募・申請期間

2018 年 1 月 1 日 (月) ~ 3 月 31 日 (土)

 「連合・愛のカンパ」は、「自由、平等、公正で平和な世界の実現」に向けた社会貢献活動として取り組むもので、NGO・NPO 団体などの事業・プログラムへの支援、および自然災害などによる被災者に対する救援・支援を目的としています。 毎年およそ 1 億円を超えるカンパ金が寄せられる「連合・愛のカンパ」を各団体・組織へと寄贈することで、ハンディキャップを持つ人たち、戦争・紛争による難民、大規模災害の被災者

この助成情報を開く

助成

京都地域創造基金「城陽みどりのまちづくり基金」 -2018 年度

by 公益財団法人 京都地域創造基金

  • まちづくり
  • 環境保全

掲載:2017 年 12月 26日  

応募・申請期間

2018 年 2 月 16 日 (金)

 城陽みどりのまちづくり基金は 2009 年から、市民や企業からお預かりした寄付を、城陽市内で市民が主体になって「城陽のまちが豊かに続くための、みどりを取り入れた活動」に届けることで、豊かな地域社会の創造と発展を目指しています。 本基金は地域が豊かに育つためには人と人の繋がりが欠かせないと考えています。人間関係が豊かになることで城陽のまちを思う気持ちが広がり、さらに次世代へと続き、将来に渡り豊かな

この助成情報を開く

助成

日本財団「海と日本 PROJECT サポートプログラム」

by 公益財団法人 日本財団

  • 環境保全

掲載:2017 年 12月 26日  

応募・申請期間

第 1 回:2018 年 1 月 10 日 (水) 11:00 ~ 1 月 19 日 (金)
第 2 回:2018 年 3 月 1 日 (木) 11:00 ~ 3 月 9 日 (金)

日本は、四方を海に囲まれた国。私たちの社会や文化は、海に囲まれた環境の中で形づくられてきており、食べ物や生活道具、名前や地名、文学、歌、暦、歳時、祭りなどさまざまなものが海と結びついています。また、国民の祝日としても「海の日」がある世界でも唯一の国、それが日本です。内陸・沿岸問わず、“地域”もさまざまな形で海とつながっています。あなたの地域では、海とのつながりを活かすことができているでしょうか?一

この助成情報を開く

助成

アクト・ビヨンド・トラスト「ネオニコチノイド系農薬に関する企画」 -2018 年度

by 一般社団法人 アクト・ビヨンド・トラスト

  • 環境保全

掲載:2017 年 12月 13日  

応募・申請期間

2018 年 2 月 1 日 (木)

一般にはあまり知られないまま、お米から果物まで、ときには「減農薬」の切り札として用いられ、シロアリ駆除剤や防虫剤として身近な暮らしにも入り込んでいるネオニコチノイド系農薬 (フィプロニルなどを含めて「浸透性殺虫剤」とも総称) ――。有機リン系農薬の代替物として 1990 年代に開発されて以来、国内外を問わず使用が急拡大するネオニコチノイド系農薬は、その浸透性・残留性・神経毒性から、ミツバチの大量死

この助成情報を開く

助成

全日本冠婚葬祭互助協会 第 19 回「社会貢献基金助成」

by 一般社団法人 全日本冠婚葬祭互助協会

  • こども・子育て
  • 福祉
  • 環境保全
  • 観光・文化・芸術

掲載:2017 年 11月 27日  

応募・申請期間

2017 年 11 月 20 日 (月) ~ 2018 年 2 月 28 日 (水)

この基金は、地域の種々の災害の救済、社会福祉事業、環境保全事業、冠婚葬祭継承など社会貢献活動を行う各種団体等への助成、並びに社会貢献に資する調査・研究を目的とした事業に対する助成を行い、以て日本の生活文化と地域社会の発展に寄与することを目的としています。

この助成情報を開く

助成

平和堂財団「環境保全活動助成事業 夏原グラント」 -2018 年度

by 公益財団法人 平和堂財団

  • 環境保全

掲載:2017 年 11月 19日  

応募・申請期間

2017 年 12 月 1 日 (金) ~ 2018 年 1 月 31 日 (水)

 この助成金は、公益財団法人平和堂財団が主催し、財団基本財産出捐者の名を冠して「環境保全活動助成事業 夏原グラント」と称します。豊かな環境の保全および創造のために市民活動団体または学生団体が主体的に行う活動で、先進的で他のモデルとなる事業に対して、その経費の全部または一部を助成します。 助成金に応募される団体は、以下の要件及び手続等をご確認の上、必要書類をご提出ください。説明会・相談会 (京都会場

この助成情報を開く

助成

「世界の人びとのための JICA 基金」-2018 年度

by 独立行政法人 国際協力機構 (JICA)

  • こども・子育て
  • 福祉
  • 環境保全
  • 国際協力交流
  • 災害復興・支援

掲載:2017 年 11月 8日  

応募・申請期間

2018 年 1 月 19 日 (金)

JICA では国際協力にご関心のある市民の皆様、法人・団体の皆様からの寄附金の受付けを行っております。JICA が行う政府開発援助 (ODA) は国からの交付金によって実施されますが、加えて、途上国の人びとに直接届く支援を皆様からお預かりした寄附金を財源に実施し、皆様の想いを途上国の人びとに届けたいと考えています。貧困削減を通じた平和で豊かな世界の実現に向け、ともに貢献していくことを目的にしていま

この助成情報を開く

助成

瀬戸内オリーブ基金「ゆたかなふるさとを作る”スタートアップ助成”」-2017 年度

by NPO 法人 瀬戸内オリーブ基金

  • 環境保全

掲載:2017 年 10月 29日  

応募・申請期間

2018 年 1 月 31 日 (水)

瀬戸内オリーブ基金の助成制度は、全国のみなさまからのご寄付を、瀬戸内海一帯で活動している環境活動団体に届け、その活動成果を瀬戸内海地域に還元するものです。瀬戸内海は、世界でも有数な閉鎖性海域であり、日本一広大な国立公園です。この土地が本来もつ、海と森との絶妙な関係や自然が共存できる環境は、日本を象徴する美しいふるさとです。瀬戸内海の豊かな自然、ふるさとを子どもたちに残すために活動している環境活動、

この助成情報を開く

補助

京都市「京都市木質ペレットストーブ購入補助金」-2018 年度

by 京都市

  • まちづくり
  • 環境保全
  • その他

掲載:2017 年 10月 28日  

応募・申請期間

2018 年 2 月 28 日 (水)

この要綱は,木質ペレットストーブの普及を促進し,間伐材等を活用した木質資源のエネルギー化を推進し,本市の健全な森林整備につなげ,環境モデル都市である本市が目指す低炭素社会を実現するため,木質ペレットストーブを購入する者に対し,その経費の一部を補助することに関し,京都市補助金等の交付等に関する条例 (以下「条例」という。) 及び京都市補助金等の交付等に関する条例施行規則に定めるもののほか,必要な事項

この補助情報を開く

助成

「パタゴニア環境助成金プログラム」 -2017 年度

by パタゴニア

  • 環境保全

掲載:2017 年 9月 27日  

応募・申請期間

パタゴニア日本支社では年 3 回申請の締め切りを設けています。

  1. 毎年 4 月 30 日 (毎年 7 月以降に実施されるプロジェクト)
  2. 毎年 8 月 31 日 (毎年 10 月以降に実施されるプロジェクト)
  3. 毎年 12 月 31 日 (毎年 2 月以降に実施されるプロジェクト)

パタゴニアは、具体的な環境保護活動にのみ助成を行います。私たちが支援するグループは、問題の根本的な原因を見極め、働きかけ、そして長期的な視点で問題解決のアプローチを行なっているグループです。真の問題解決は力強い草の根活動を通じてのみ実現しうると信じており、私たちの助成金は市民のサポートによる強い基盤を創りだしているグループにフォーカスしています。私たちは、直接行動する課題を持った、草の根で活動する

この助成情報を開く

助成

「エキスパート福祉支援協会 助成」-2017 年度

by 特定非営利活動法人 エキスパート福祉支援協会

  • こども・子育て
  • 青少年
  • 福祉
  • 環境保全
  • 災害復興・支援

掲載:2017 年 9月 20日  

応募・申請期間

2017 年 4 月 1 日(土)~ 2018 年 2 月 28 日(水)

 当協会は、エキスパートアライアンス株式会社の社会貢献活動の実践のため団体として発足し、主に児童養護施設等を18歳で卒業する児童に対し、育英資金や進学資金を提供する事業を行ってきました。 2014年9月より事業目的を改定し、より広く社会貢献活動を行うため「児童養護、社会福祉、人道支援、環境保護支援の活動」に拡大し、助成金を必要としている団体に対し支援を行う活動を行うこととなりました。  当協会の社

この助成情報を開く

助成

「京都オムロン地域協力基金 一般助成」 -2017 年度

by 公益財団法人 京都オムロン地域協力基金

  • こども・子育て
  • 青少年
  • 福祉
  • 環境保全
  • 市民活動全般
  • 男女共同参画

掲載:2017 年 9月 14日  

応募・申請期間

2016 年 4 月 1 日~ 2017 年 3 月 31 日 (通年・都度受付)

当基金では、京都府内において、地域福祉の向上や青少年の健全育成、男女共同参画の推進、環境保全等に関する社会貢献活動をされている団体や個人に対して、イベントを開催される際の費用支援として、少額助成を行っています。また、環境保全活動のために必要な機材・備品の購入費用や、社会的課題 (ドメスティックバイオレンス (DV)、シングルマザーの育児の悩み等) の解決に向けて、経済的に困窮されている女性の方々が

この助成情報を開く

助成

日本郵便株式会社「年賀寄附金配分」-2018 年度

by 日本郵便株式会社

  • 青少年
  • 福祉
  • 環境保全
  • 人権・平和
  • 観光・文化・芸術
  • 国際協力交流
  • 災害救助・救援
  • 災害復興・支援
  • 地域安全

掲載:2017 年 9月 3日  

応募・申請期間

2017 年 9 月 11 日 (月) ~ 11 月 10 日 (金)

日本郵便株式会社 (東京都千代田区、代表取締役社長 横山 邦男) は、2018 年度年賀寄附金配分団体の公募を 2017 (平成 29 ) 年 9 月 11 日 (月)から開始します。寄附金付年賀葉書による年賀寄附金助成は、1949 (昭和24) 年に始まり、今年で 69 年目を迎え、この歴史を重ねる中で、日本固有の寄附文化に発展してきました。寄附金付年賀葉書は、戦後の社会経済の復興という時代背景

この助成情報を開く

助成

「コメリ緑資金 ボランティア助成」

by 公益財団法人 コメリ緑育成財団

  • まちづくり
  • 環境保全

掲載:2017 年 7月 10日  

応募・申請期間

2018 年 5 月 31 日 (水)

 公益財団法人コメリ緑育成財団では、株式会社コメリとの連携で、地域の幼稚園・保育所・小中学校・特定施設の緑化活動を推進する「コメリ緑資金ボランティア」を平成 11 年より実施しています。 コメリ従業員が活動に参加しお手伝いさせていただきますので、下記のとおりご案内いたします。 コメリ従業員が参加・お手伝いする緑化活動に対して、活動で使用する花苗・プランター・土などの 購入資金として助成金を贈呈いた

この助成情報を開く

助成

日本財団 第 2 回「海と日本 PROJECT サポートプログラム」

by 公益財団法人 日本財団

  • 環境保全

掲載:2017 年 1月 11日  

応募・申請期間

2017 年 3 月 1 日(水) 11:00 ~ 3 月 10 日(金)

日本は、四方を海に囲まれた国。私たちの社会や文化は、海に囲まれた環境の中で形づくられてきており、食べ物や生活道具、名前や地名、文学、歌、暦、歳時、祭りなどさまざまなものが海と結びついています。また、国民の祝日としても「海の日」がある世界でも唯一の国、それが日本です。内陸・沿岸問わず、“地域”もさまざまな形で海とつながっています。あなたの地域では、海とのつながりを活かすことができているでしょうか?一

この助成情報を開く
上へ