カテゴリー:「対象経費 車両・設備費」一覧

助成掲載:1 週間以内

愛恵福祉支援財団「社会福祉育成活動推進のための助成事業」-2018 年度

by 公益財団法人 愛恵福祉支援財団

  • 福祉

掲載:2018 年 7月 14日  

応募・申請期間

2018 年 9 月 15 日 (土)

 本助成事業は、各種社会福祉サービスがよりよく進められるように、施設等事業の活動を支援することを目的としているものです。

この助成情報を開く

助成

「日野自動車グリーンファンド助成事業」-2018 年度

by 公益財団法人 日野自動車グリーンファンド

  • 社会教育
  • まちづくり
  • 環境保全
  • 国際協力交流

掲載:2018 年 5月 30日  

応募・申請期間

2018 年 7 月 31 日 (火)

公益財団法人日野自動車グリーンファンド (HGF) は、「社会環境との調和」を基本理念として、平成 3 年に日野自動車株式会社の出資により設立されました。「地球規模で考え、行動は足元から」をモットーに、さまざまな環境緑化、自然保護にかかわる事業の実践、助成をおこなっています。

この助成情報を開く

助成

SBI 子ども希望財団 「施設充実事業に関する寄附申請」- 2018 年度

by 公益財団法人 SBI 子ども希望財団

  • こども・子育て
  • 福祉

掲載:2018 年 5月 27日  

応募・申請期間

2018 年 8 月 31 日 (金)

 SBI 子ども希望財団では、施設充実事業として、子ども達の入所施設の改善・充実を図るための支援を行っています。 本年度は、児童養護施設における「地域小規模児童養護施設」の新設および「分園型の小規模グループケア」の新設を対象とした支援を予定しています。

この助成情報を開く

アワード

「日本山岳遺産 候補地」-2018 年度

by 日本山岳遺産基金

  • 環境保全

掲載:2018 年 5月 27日  

応募・申請期間

2018 年 8 月 31 日 (金)

「日本山岳遺産」とは、次世代に伝えたい豊かな自然環境や、人と自然の関わりを有し、それらを守り、活用するような地元の活動が盛んな山や山岳エリアを、日本山岳遺産基金が認定するものです。 認定にあたっては、地域からの自薦にもとづき、日本山岳遺産基金事務局が外部有識者のアドバイザリー・ボードからの意見を参考にして、決定します。

このアワード情報を開く

助成

損保ジャパン日本興亜福祉財団「自動車購入費助成」-2018 年度

by 公益財団法人 損保ジャパン日本興亜福祉財団

  • 福祉

掲載:2018 年 5月 18日  

応募・申請期間

2018 年 6 月 1 日 (金) ~ 2018 年 7 月 13 日 (金)

公益財団法人損保ジャパン日本興亜福祉財団では、福祉および文化の向上に資することを目的に、主として障害児・者、高齢者などを対象として活動する NPO の支援、社会福祉の学術文献表彰、学術研究・文化活動の助成などを実施しています。 障害の有無にかかわらず、すべての人が地域の中でともに支えあいながら暮らすことのできる社会づくりの一助となるべく、2018 年度の「自動車購入費助成」を行います。

この助成情報を開く

助成

オリックス宮内財団「”子ども食堂”応援プロジェクト」 -2018 年度

by 公益財団法人 オリックス宮内財団

  • こども・子育て

掲載:2018 年 5月 2日  

応募・申請期間

<上半期>2018 年 5 月 1 日 (火) ~ 7 月 31 日 (火)
<下半期>2018 年 10 月 1 日 (月) ~ 11 月 30 日 (金)

さまざまな事情による、子どもの“孤食”や“欠食”を防ぎ、地域ぐるみで子どもを大事にする場となる「子ども食堂」の取り組みの充実にかかる経費の一部を助成するもの。このプロジェクトはオリックス宮内財団からの助成金をもとに、ご飯を食べたり、宿題をしたり、遊んだり、子どもたちが安心して過ごすことのできる居場所づくりの取り組みを広げるとともに、地域で子どもを見守る芽 (目) を育てていくことを目的とする。

この助成情報を開く

助成

ユニベール財団「特定活動助成 自然災害支援プログラム」

by 公益財団法人 ユニベール財団

  • 福祉
  • 災害復興・支援

掲載:2018 年 5月 2日  

応募・申請期間

2018 年 7 月 31 日 (火)

こころのケアのための “傾聴ボランティア” を応援します。 少子高齢化・人口減少が進むなかで、地域で孤立しがちな高齢者の話に真摯に耳を傾け、自立を見守る “傾聴ボランティア” に期待が寄せられています。災害時にも、被災者に寄り添い心の奥からこぼれ落ちてくる思いを受け止めるボランティアは、重要なサポート役として注目されています。 東日本大震災をはじめ熊本地震など、国内各地で自然災害が発生し、仮設住宅

この助成情報を開く

補助

中小企業庁「地域・まちなか商業活性化支援事業 (地域商業自立促進事業)」 -2018 年度

by 中小企業庁

  • まちづくり

掲載:2018 年 3月 26日  

応募・申請期間

2018 年 5 月 2 日 (水)

 商店街等は、商業者の集積として地域経済において重要な役割を担うとともに、買い物に来た地域住民の憩いの場であるほか、地域の祭礼・イベントや防犯・防災等の自治活動の主体を担うなど、商品やサービスの提供の場を超えて、地域に住む人々とともにコミュニティを形成し、地域の暮らしを支える生活基盤として、多様なコミュニティ機能や公共的機能も担ってきました。 近年は、郊外型商業施設の増加や少子・高齢化等の社会構造

この補助情報を開く

助成

「日本メイスン財団 助成事業」

by 一般財団法人 日本メイスン財団

  • こども・子育て
  • 福祉

掲載:2017 年 12月 9日  

応募・申請期間

随時

日本メイスン財団は、フリーメイスンの精神のもと、各種の慈善救済事業を行い、同様の目的を持つ団体の事業を助成し、また天災、戦争等の被災者・被害者および孤児寡婦を救済することを目的としています。財団が行うこうした支援は、日本国内はもとより、世界各地の社会福祉・救援活動にまで広がっています。

この助成情報を開く

融資

京都地域創造基金「きょうと NPO 支援連携融資制度」

by 公益財団法人 京都地域創造基金

  • 市民活動全般

掲載:2017 年 12月 1日  

応募・申請期間

京都府内で活動する NPO 法人の活動資金を支援するために、当財団は、京都府・京都市及び京都信用金庫、京都北都信用金庫、京都銀行、京都中央信用金庫との協働により、「きょうと NPO 支援連携融資制度」(300 万円まで無利子/それ以上 500 万円まで利子半額助成)を実施しています。法人設立後の運転資金や事業拡大などで資金が必要な NPO 法人の方は当財団までご相談ください。※ 本制度は、2009

この融資情報を開く

融資

近畿労働金庫「障害者市民活動支援融資制度”ゆめのたね”」

by 近畿労働金庫

  • 福祉
  • まちづくり

掲載:2017 年 9月 27日  

応募・申請期間

この制度は、NPO 法人ゆめ風基金と近畿ろうきんが提携して創った新しいカタチの融資制度で、NPO 法人ならびに社会福祉法人の事業を資金面からサポートします。阪神・淡路大震災を機に、ゆめ風基金へ全国から寄せられた資金の一部を近畿ろうきんに預入れることで、提携融資制度を創りました。両者の協働によって包括的な保証のしくみを作ることで、事業歴の短い団体にも広くご利用していただける制度となっています。ご融資

この融資情報を開く

助成

日本郵便株式会社「年賀寄附金配分」-2018 年度

by 日本郵便株式会社

  • 青少年
  • 福祉
  • 環境保全
  • 人権・平和
  • 観光・文化・芸術
  • 国際協力交流
  • 災害救助・救援
  • 災害復興・支援
  • 地域安全

掲載:2017 年 9月 3日  

応募・申請期間

2017 年 9 月 11 日 (月) ~ 11 月 10 日 (金)

日本郵便株式会社 (東京都千代田区、代表取締役社長 横山 邦男) は、2018 年度年賀寄附金配分団体の公募を 2017 (平成 29 ) 年 9 月 11 日 (月)から開始します。寄附金付年賀葉書による年賀寄附金助成は、1949 (昭和24) 年に始まり、今年で 69 年目を迎え、この歴史を重ねる中で、日本固有の寄附文化に発展してきました。寄附金付年賀葉書は、戦後の社会経済の復興という時代背景

この助成情報を開く

助成

日本 NPO センター「PC ソフトウェア寄贈プログラム」

by 認定特定非営利活動法人 日本 NPO センター

掲載:2016 年 11月 11日  

応募・申請期間

随時

TechSoup(テックスープ)は、NPO 法人、公益法人、社会福祉法人を対象としたソフトウェア寄贈プログラムです。社会問題の解決のために活動する民間の非営利団体が最大限の力を発揮できるよう、ソフトウェアを市場価格の 4% ~ 10% 程度の手数料で寄贈仲介します。また、「テックスープの集い」として、NPO が IT 活用における工夫を共有できる場を設けています。

この助成情報を開く
上へ