物品やサポーター関連募集情報

寄付金募集掲載:1 週間以内

災害 NPO ネットを寄付で支援してください

by 災害時連携 NPO 等ネットワーク (災害 NPO ネット)

  • 市民活動支援
  • 災害救助・救援

掲載:2018 年 11月 16日  

私たちの「支える」を、みなさまからの「支える」で応援してください

近年、増加傾向にある台風や大雨による大規模な自然災害に対応するため、さまざまな地域組織や NPO、企業や行政等の連携による中長期的な被災地支援の仕組みづくりが求められています。同時に、日々、様々な社会課題に取組む NPO による専門的な支援や、復旧から復興へと移行していく中での中長期的な支援など、NPO ならではの支援活動が着実に成果を上げています。大規模な自然災害による被害が府内に発生した場合、京都府内で活動する市民団体を含む広義の NPO 等が有する高度な専門性や豊富な現場経験を活かし、被災地において個別具体的かつ中長期的な支援活動ができる連絡・派遣と加盟団体が相互に助け合う仕組みとして「

この「寄付金募集」情報を開く

寄付金募集

障害学生の「学業」と「生活」の両面を支える事業にご寄付ください。

by 特定非営利活動法人 ゆに

  • 福祉

掲載:2018 年 11月 6日  

学びたくても学べない学生をなくし、支援の途切れない学校生活を実現するために

障害学生が学ぶためには、支援が必要ではあるものの、そのための制度が未整備で財源の裏付けがない「すきま分野」が多く残っています。例えば、肢体不自由学生の修学旅行や学校での食事・トイレ介助、通学といった支援です。こうした状況でも学ぶために、一部では利用者本人の負担によりなんとか支援を実現している場合もあります。しかし、長期にわたる授業の支援への負担は重く、十分に行えることは少なく、財源の不安は残っています。行政や大学等との交渉により、制度が整備されつつありますが、このような状況下で学びたくても学べない学生はまだまだいます。これら「すきま分野」を埋め、途切れのない「学校生活」を実現するために、制度が

この「寄付金募集」情報を開く

クラウドファンディング募集

京都に 100 年続く小劇場を

by 一般社団法人 アーツシード京都

  • 観光・文化・芸術

掲載:2018 年 11月 5日  

相次ぐ小劇場閉鎖の危機に立ち向かう。京都で新劇場設立へ!

「京都で生まれた舞台芸術の灯火を守りたい」その思いからこのプロジェクトははじまりました。京都と言えば古くから能や狂言といった数多くのが文化芸術が生まれ、華やかな歴史を歩んできた、そんな「アートのまち」だと思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか?しかし一方で、新たに生まれた文化芸術が成熟することなく、消えゆくことも多くあります とりわけ、「舞台芸術」の創造環境は危機を迎えようとしています。2015 年から 2017 年にかけて、所有者の高齢化(土地・建物売却の意向を受ける)や建物の老朽化が主な原因で、5 つの小劇場が閉鎖となります。 1984 年より、左京区で京都の舞台芸術を担ってきた劇場

この「クラウドファンディング募集」情報を開く

会員募集

認定 NPO 法人 花山星空ネットワーク 会員募集中

by 認定 NPO 法人 花山星空ネットワーク

  • 青少年
  • 社会教育
  • 科学技術・学術

掲載:2018 年 11月 1日  

会員になって、観望会で土星や月を みてみませんか?

特定非営利活動法人花山星空ネットワークは、京都大学花山天文台および飛騨天文台の施設と望遠鏡を開放して、皆様と共に、宇宙と自然について楽しみながら、学ぼうとしています。また、それによって青少年の理科教育に貢献しようとしています。事務局は京都大学花山天文台内に置かれています。■2018年のイベント春:3/25「太陽」、4/28 「月」、5/26「木星とガリレオ衛星」、6/10「講演会」夏:7/21「木星と月」、8/18「火星と土星」、 8/4~8/6「子ども飛騨天文台天体観測教室」秋:9/24「名月と名曲」10/6~10/8「飛騨天文台自然再発見ツアー」、11/3「花山天文台一般公開」冬:12/8

この「会員募集」情報を開く

寄付金募集

団体紹介パンフ・イベントチラシ印刷などを「きょうとプリント」で作る!

by 公益財団法人 京都地域創造基金

  • こども・子育て
  • 青少年
  • IT 情報化

掲載:2018 年 2月 4日  

京都の子どもたちのために募金できるよ!

それっていいね来月のイベントのチラシ作らなきゃ・・・だったらきょうとプリントがおススメよ!A4 が 100 枚 980 円~でカラーコピーより安いし印刷費の 2 % が京都のこどものために使われるしね

この「寄付金募集」情報を開く

物品募集

活動をご支援ください (物品寄贈)

by NPO 法人 京都教育サポートセンター

  • こども・子育て

掲載:2018 年 1月 27日  

生きていくための勇気と自信を、青少年の心に育むために。

当所学習サポートで利用赤本・問題集・教科書・参考書・辞書・過去問題・資格教材当所フリースペースで利用カードゲーム・ボードゲーム・マンガ・書籍ものづくりかふぇ活動で使用ビーズ・羊毛フェルト・接着剤・他手芸品や手芸用工具当所活動またはフリマバザー活動で使用衣類・雑貨・書籍・食器・文具・日用品 (一部バザー不可のもの有)当所にて利用 (できるもののみ)家具類・AV 機器類

この「物品募集」情報を開く

食品募集

食品の寄付

by NPO 法人 セカンドハーベスト京都

  • こども・子育て
  • 福祉
  • 環境保全

掲載:2017 年 9月 18日  

あなたの「もったいない」は、誰かの「ありがとうに」にかえることができます。

6 人に 1 人の方が食費を削って生活をしている状況があり、こどもの世帯でも 7 人に 1 人の子ども達がそのような中で暮らしています。一方で、日本では安全に食べられるにも関わらず、廃棄されている食品 (食品ロス) が数百万トンあります。それらの食品ロスを寄付して頂き、無償でそれを必要とする方々を支援される団体を通じお届けしています。緊急支援の要請に漏れなく応えるためにはもっと多くの支援が必要です。「沢山もらったけど使い切れないなぁ」とか「買ってみたけど口に合わなかった」や「沢山あるからこれは寄付してもいいかな」というような食品をぜひご寄付ください。あなたの善意が誰かを笑顔にできます。

この「食品募集」情報を開く

寄付募集

おひさま基金~みんなでつくろう「おひさま発電所」~

by 認定 NPO 法人きょうとグリーンファンド

  • こども・子育て
  • 環境保全

掲載:2017 年 2月 6日  

省エネを進め、自然エネルギーを普及させる「おひさまプロジェクト」。キーワードは市民参加。みんなが少しずつ力を出し合って、未来を変えていきたい。

保育園・幼稚園に太陽光発電所があることで、自然に子ども達の環境意識や行動が変わっていきます。【おひさま発電所のある暮らし - あけぼの保育園のケースから】京都市にあるあけぼの保育園では 2002 年から「おひさま発電所」を設置しています。事業費はあけぼの保育園の資金や補助金の他、きょうとグリーンファンドの「おひさま基金」で賄われています。子ども達と一緒にエコロジーを考えるということは少し難しいことかもしれません。けれども園内におひさま発電所があることで「電気や、水などはみんな自然からの恵みなのだ」ということを子ども達なりに感じてくれているようです。■ 皆さんの声保育士:「あけぼの保育園のお部屋

この「寄付募集」情報を開く

寄付(外国紙幣)募集

ペソ・ドル紙幣を子どもたちの力に

by 認定特定非営利活動法人 アクセス-共生社会をめざす地球市民の会

  • 国際協力交流

掲載:2016 年 8月 15日  

自宅で眠っている紙幣、ご寄付ください!

アクセスは、フィリピンと日本で貧困問題に取り組む、京都生まれの、国際協力 NGO です。「10 人に 3 人が、小学校を卒業できない」と言われるフィリピンで、「子どもに教育、女性に仕事」を提供する活動を続けています。フィリピンの貧しい人々も日本で暮らす人々も、ともに地球市民として「貧困を始めとする私たちが抱える社会的な課題を、 1 人 1 人が主体となって解決し、より良い社会を作っていく」ことを目指しています。フィリピンのスラムや農村部で暮らす子どもたちや女性に、貧困から抜け出す力をつけることが、アクセスの仕事です。2009 年~ 2015 年の 7 年間で、農村のとある村の就学率を 100

この「寄付(外国紙幣)募集」情報を開く

寄付募集

あなたの寄付でフィリピンの子どもや女性の自立を応援してください

by 認定特定非営利活動法人 アクセス-共生社会をめざす地球市民の会

  • 国際協力交流

掲載:2016 年 8月 11日  

好きな時に、好きな金額で、フィリピンの子どもたちや女性に、貧困から抜け出すチカラを。

アクセスは、フィリピンと日本で貧困問題に取り組む、京都生まれの、国際協力 NGO です。「10 人に 3 人が、小学校を卒業できない」と言われるフィリピンで、「子どもに教育、女性に仕事」を提供する活動を続けています。フィリピンの貧しい人々も日本で暮らす人々も、ともに地球市民として「貧困を始めとする私たちが抱える社会的な課題を、 1 人 1 人が主体となって解決し、より良い社会を作っていく」ことを目指しています。フィリピンのスラムや農村部で暮らす子どもたちや女性に、貧困から抜け出す力をつけることが、アクセスの仕事です。2009 年~ 2015 年の 7 年間で、農村のとある村の就学率を 100

この「寄付募集」情報を開く
上へ