カテゴリー:「対象経費 旅費」一覧

Most Fresh

助成掲載:1 週間以内

「浄土宗ともいき財団 助成金」-2018 年度 第 2 回

by 公益財団法人 浄土宗ともいき財団

  • 社会教育
  • 福祉
  • まちづくり
  • 国際協力交流
  • 災害復興・支援
  • その他

掲載:2018 年 8月 20日  

応募・申請期間

2018 年 10 月 5 日 (金)

 浄土宗ともいき財団は、仏教精神に基づいた社会貢献活動の推進、支援、助成を事業のひとつとしており、その一環として、浄土宗教師が中心的役割を担う団体(寺院・活動団体)が、自ら企画し実施する公益性のある事業に助成金を交付しております。 これは、僧侶の行う取り組みが地域社会をよりよいものにし、地域のすべての方々に提供されることを願うとともに、寺院の公益性の高まりを目指すものです。 なお、助成の採否、助成

この助成情報を開く

助成掲載:1 週間以内

第 14 回「TOTO 水環境基金」

by TOTO 株式会社

  • 環境保全
  • 国際協力交流

掲載:2018 年 8月 13日  

応募・申請期間

2018 年 10 月 20 日 (土)

TOTO グループは、水まわりを中心とした、豊かで快適な生活文化を創造することで、社会の発展に貢献する企業を目指しています。持続可能な世界の実現のためには、TOTO グループの果たすべき役割である節水技術の追求とともに地域の事情に精通し、地域を支える団体の活動が欠かせません。そこで、TOTO グループは 2005 年度に「TOTO 水環境基金」を設立し、水にかかわる環境活動に継続して取り組む団体へ

この助成情報を開く

助成

自治体国際化協会 (クレア)「多文化共生のまちづくり促進事業」-2019 年度

by 一般財団法人 自治体国際化協会 (クレア)

  • まちづくり
  • 観光・文化・芸術

掲載:2018 年 8月 11日  

応募・申請期間

2018 年 9 月 28 日 (金)

 一般財団法人自治体国際化協会 (以下「協会」という。) は、グローバル化が進展し、日本に居住する外国人住民が定住傾向にある中で、文化的背景を異にする人々が共生・協働する社会の構築を推進するために、地方公共団体及び総務大臣に認定を受けた地域国際化協会 (以下「地域国際化協会」という。) 等が行う多文化共生施策に要する経費について、予算の範囲内において地方公共団体及び地域国際化協会等に対し、多文化共

この助成情報を開く

助成

福祉医療機構 NPO リソースセンター 子供の未来応援基金 第 3 回「未来応援ネットワーク事業」

by 独立行政法人 福祉医療機構 NPO リソースセンター

  • こども・子育て
  • 福祉

掲載:2018 年 8月 7日  

応募・申請期間

2018 年 9 月 21 日 (金)

 貧困の状況にある子供たちの抱える困難やニーズは様々であり、貧困の連鎖を解消するためには、制度等の枠を越えて、一人ひとりの困難に寄り添ったきめ細かな支援を弾力的に行うことが必要です。 そのため、貧困の状況にある子供たちの実態を把握しやすい草の根で支援活動を行う NPO 法人等の存在が重要ですが、そうした NPO 法人等の多くは、財政的に厳しい運営状態にあり、行政や民間企業等との連携や支援を求められ

この助成情報を開く

助成

損保ジャパン日本興亜福祉財団「NPO 基盤強化資金助成 “認定 NPO 法人取得資金” の助成」-2018 年度

by 公益財団法人 損保ジャパン日本興亜福祉財団

  • 福祉

掲載:2018 年 8月 6日  

応募・申請期間

2018 年 9 月 3 日 (月) ~ 10 月 12 日 (金)

 公益財団法人損保ジャパン日本興亜福祉財団では、福祉及び文化の向上に資することを目的に、主として障害児・者、高齢者などを対象として活動する NPO の支援、社会福祉の学術文献表彰、学術研究・文化活動の助成などを実施しています。 「NPO 基盤強化資金助成」では、地域の中核となり、持続的に活動する質の高い NPO 法人づくりを支援し、「認定 NPO 法人」の取得に必要な資金を助成します。

この助成情報を開く

助成

生協総合研究所「アジア生協協力基金 一般公募助成」 -2019 年度

by 公益財団法人 生協総合研究所

  • 国際協力交流

掲載:2018 年 8月 4日  

応募・申請期間

2018 年 9 月 1 日 (土) ~ 10 月 31 日 (水)

アジア生協協力基金とは 「アジア生協協力基金」は、アジアにおける生協開発に協力することを目的として、1987 年に、日本各地の生活協同組合(生協)と日本生活協同組合連合会 (日本生協連) の出捐 (寄付) によって設立されました。2018 年 3 月現在の基金総額は、約 8 億 8 千万円となっています。 アジア・太平洋地域はこの 30 年の間に経済開発がすすみ、人びとの生活水準も飛躍的に向上して

この助成情報を開く

助成

住友生命健康財団「スミセイ コミュニティスポーツ推進助成プログラム “新規助成”」-2018 年度

by 公益財団法人 住友生命健康財団

  • 福祉
  • まちづくり
  • スポーツ

掲載:2018 年 8月 4日  

応募・申請期間

2018 年 9 月 10 日 (月) ~ 2018 年 10 月 10 日 (水)

 住友生命健康財団では、2010 年に財団設立 25 周年を記念し、多様性のある健やかな社会の実現をめざし「スミセイ コミュニティスポーツ推進助成プログラム」を開始しました。 私たちは、コミュニティスポーツを「地域に根ざした市民・NPO・専門家が協力し、スポーツを通じて一人ひとりの健やかな暮らしの実現をめざす取り組み」と捉えています。本プログラムでは、コミュニティスポーツを楽しむ文化が暮らしの中に

この助成情報を開く

助成

「花王・みんなの森づくり活動助成」-2018 年度

by 花王株式会社 / 公益財団法人 都市緑化機構

  • 環境保全

掲載:2018 年 8月 4日  

応募・申請期間

2018 年 10 月 14 日 (日)

 緑や自然との触れ合いは、子どもたちの豊かな心を育み、人々に安らぎを与えてくれます。 「花王・みんなの森づくり」は、次の世代の子どもたちに緑豊かな環境を継承することを目的に、市民による緑を守り育てる活動を支援するものとして 2000 年から実施しています。 緑や自然との触れ合いは、子どもたちの豊かな心を育み、人々に安らぎを与えてくれます。より良い環境を引き継いでいくためには、緑豊かな環境づくりと、

この助成情報を開く

助成

中央共同募金会 第 1 回「ボラサポ・豪雨災害 (2018 年 7 月豪雨災害 ボランティア・NPO 活動サポート募金) 助成事業」

by 社会福祉法人 中央共同募金会

  • 災害救助・救援

掲載:2018 年 8月 4日  

応募・申請期間

2018 年 8 月 20 日 (月)

 平成 30 年 7 月 5 日から続いた平成 30 年 7 月豪雨災害では、広範囲に渡り甚大な被害が生じ、非常に広範な地域で河川の氾濫や洪水、土砂災害など、人的被害を伴う被害が多数発生しました。 被災した地域では、これまで 12 府県の 59 市町村で災害ボランティアセンターが開設され、現在もボランティアグループ、NPO 等により救援・復旧・復興のための支援活動が行われています。 こうした状況を

この助成情報を開く

助成

「真如苑 子どもの生活支援基金 助成事業」-2018 年度

by 公益財団法人 京都地域創造基金

  • こども・子育て
  • 福祉

掲載:2018 年 8月 3日  

応募・申請期間

2018 年 9 月 14 日 (金)

 昨今、全国的に児童虐待に関する相談、いじめの報告が増加し、子どもの貧困の状況についての調査などでも生活実態が徐々にあきらかになるなかで、子ども・若者の支援についても早急に対応していかなければいけない状況にあります。 京都府内においても、児童虐待の相談件数は増加傾向にあり、また、いくつかの子どもの貧困率に関する都道府県別の研究においても、他県に比べて高い傾向にあります。このような状況にある子ども・

この助成情報を開く

助成

セゾン文化財団「現代演劇・舞踊対象公募プログラム “芸術家への直接支援 (サバティカル) ” 」 -2019 年度

by 公益財団法人 セゾン文化財団

  • 観光・文化・芸術

掲載:2018 年 8月 3日  

応募・申請期間

応募 (申請書交付) 締切:2018 年 10 月 11 日(木)
申請書類提出締切:2018 年 10 月 18 日(木)

継続的に作品を発表し、一定の評価を受けている劇作家、演出家または振付家がサバティカル (休暇・充電) 期間を設け、海外の文化や様々な芸術に触れてもらうことを目的としたプログラムです。※ 2019 年 4 月 1 日~ 2020 年 3 月 31 日の間に、サバティカル期間を設け、これまでの活動を振り返り、今後の展開のヒントを得たいと考えている方を優先します。

この助成情報を開く

補助

JKA「補助事業 ”公益事業振興” 」 -2019 年度

by 公益財団法人 JKA

  • 市民活動全般

掲載:2018 年 8月 2日  

応募・申請期間

2018 年 9 月 14 日 (金)

  • 別途、申請書類の郵送提出が必要となります。(必着期限:9 月 20 日 (木) 17 時)

 本財団は、自転車競技法に基づく競輪振興法人、小型自動車競走法に基づくオートレース振興法人として、競輪・オートレースの収益を広く社会に還元し、社会貢献を果たすため、地方自治体が施行する競輪・オートレースの売上げの一部により、機械振興と公益事業振興に対する補助を行います。 平成 31 年度の補助事業にあたっては、機械・公益事業のそれぞれの分野において、これまで取組んできた補助事業の成果・効果、また自

この補助情報を開く

補助

JKA「補助事業 ”機械振興補助事業” 」 -2019 年度

by 公益財団法人 JKA

  • 科学技術・学術

掲載:2018 年 8月 2日  

応募・申請期間

2018 年 9 月 14 日 (金)

 本財団は、自転車競技法に基づく競輪振興法人、小型自動車競走法に基づくオートレース振興法人として、競輪・オートレースの収益を広く社会に還元し、社会貢献を果たすため、地方自治体が施行する競輪・オートレースの売上げの一部により、機械振興と公益事業振興に対する補助を行います。 2019 年度の補助事業にあたっては、機械・公益事業のそれぞれの分野において、これまで取組んできた補助事業の成果・効果、また自転

この補助情報を開く

助成

サントリ-世界愛鳥基金「水辺の大型鳥類保護部門」 -2019 年度

by 公益信託 サントリ-世界愛鳥基金

  • 社会教育
  • 環境保全

掲載:2018 年 7月 24日  

応募・申請期間

2018 年 9 月 1 日 (土)~ 9 月 30 日 (日)

 当部門は、「今日、鳥たちの身に起きていることは、明日は人間の問題になるかもしれない」という、基金設定趣旨でもある理念に鑑み、水と人と鳥が共存する生態系の再生を目指し、そのシンボルとして、誰もが知っている大型の鳥類でありながら、現在では殆ど見ることのできないコウノトリ・トキ・ツル等の保護、生息環境の整備等の活動で、当基金の助成がその後の継続的活動の突破口となるような助成を行います。

この助成情報を開く

助成

「大和証券福祉財団 第 1 回 子ども支援活動助成」-2018 年度

by 公益財団法人 大和証券福祉財団

  • こども・子育て

掲載:2018 年 7月 24日  

応募・申請期間

2018 年 8 月 1 日 (水) ~ 9 月 15 日 (土)

当財団は、高齢者・障がい児者・子ども等への支援活動、並びに大規模自然災害による被災者への支援活動に対する、助成事業を行っております。

この助成情報を開く

助成

トヨタ財団「国内助成プログラム」 -2018 年度

by 公益財団法人 トヨタ財団

  • まちづくり
  • 市民活動全般
  • その他

掲載:2018 年 7月 24日  

応募・申請期間

2018 年 9 月 1 日 (土) 9:00 ~ 10 月 10 日 (水) 15:00

 2018 年度国内助成プログラムは、昨年度に引き続き「未来の担い手と創造する持続可能なコミュニティ― 地域に開かれた仕事づくりを通じて―」を基本テーマとします。プロジェクト実施に向けた調査活動の支援を目的とする「しらべる助成」と、プロジェクト支援(事業支援)を目的とする「そだてる助成」の二つの領域を設定します。 私たちの暮らしの場である地域社会は、地方・大都市圏を問わず、高齢化や人口変動に伴いコ

この助成情報を開く

補助

国際協力機構「草の根技術協力事業 “ 草の根協力支援型 ” 」 -2018 年度

by 独立行政法人 国際協力機構

  • 国際協力交流

掲載:2018 年 7月 23日  

応募・申請期間

2018 年 10 月 29 日 (月)

草の根技術協力事業の目的  草の根技術協力事業は、国際協力の意志のある日本の NGO/CSO、地方自治体、大学、民間企業1等の団体が、これまでの活動を通じて蓄積した知見や経験に基づいて提案する国際協力活動を、JICA が提案団体に業務委託して JICA と団体の協力関係のもとに実施する共同事業です。 JICA が政府開発援助 (ODA) の一環として行うものであり、開発途上国の地域住民の経済・社会

この補助情報を開く

補助

京都府「ひきこもり状態にある者のための社会参加支援事業補助金 “二次募集”」

by 京都府

  • 青少年
  • 社会教育
  • 福祉
  • 保健・医療
  • 雇用・労働
  • その他

掲載:2018 年 7月 22日  

応募・申請期間

2018 年 8 月 31 日 (金)

京都府では、2017 年度から脱ひきこもり支援センターを設置し、ひきこもり状態にある方の支援に取り組んでいるところであり、その一環として、ひきこもり状態の方の社会参加を促すため、社会参加支援事業を行う民間団体に対して、補助金を交付しています。

この補助情報を開く

補助

国際協力機構 「草の根技術協力事業 (草の根パートナー型)」 -2018 年度

by 独立行政法人 国際協力機構

  • 国際協力交流

掲載:2018 年 7月 21日  

応募・申請期間

2018 年 11 月 30 日 (金)

 草の根技術協力事業は、国際協力の意志のある日本の NGO / CSO、地方自治体、大学、民間企業等の団体が、これまでの活動を通じて蓄積した知見や経験に基づいて提案する国際協力活動を、JICA が提案団体に業務委託して団体との協力関係のもとに実施する共同事業です。 JICA が政府開発援助 (ODA) の一環として行うものであり、開発途上国の地域住民の経済・社会の開発または復興に寄与することを目的

この補助情報を開く

助成

生命保険協会「元気シニア応援団体に対する助成活動」-2018 年度

by 一般社団法人 生命保険協会

  • 福祉

掲載:2018 年 7月 19日  

応募・申請期間

2018 年 9 月 7 日 (金)

生命保険協会は、社会公共の福祉増進に努めるとともに、広く国民生活の安定に貢献したいと考えております。この活動はその一環として、地域社会において、高齢者を対象にした健康管理・増進、自立支援、生きがいづくり等の活動に取り組んでいる民間非営利の団体、ボランティアグループ、特定非営利活動法人 (NPO 法人) 等 (以下「団体」という) に対し、資金の助成を行うことで、高齢者が健やかで心豊かに生活できる地

この助成情報を開く

助成

緑の地球防衛基金「”地球にやさしいカード”による助成事業」

by 公益財団法人 緑の地球防衛基金

  • 環境保全

掲載:2018 年 7月 8日  

応募・申請期間

2018 年 8 月 1 日 (水) ~ 9 月 30 日 (日)

公益財団法人 緑の地球防衛基金は、株式会社セディナと協力して環境問題に関する活動や研究に携わる団体への助成を行っています。当基金ではこの助成事業に関して、以下の要領にて助成対象となる団体を募集いたします。

この助成情報を開く

助成

「日教弘本部奨励金」 -2019 年度

by 公益財団法人 日本教育公務員弘済会

  • 福祉
  • 環境保全
  • 観光・文化・芸術
  • 国際協力交流

掲載:2018 年 7月 7日  

応募・申請期間

2018 年 6 月 1 日 (金) ~ 2018 年 9 月 30 日 (日)

 日教弘本部奨励金は、日教弘本部及び各都道府県支部において、教育の向上発展に重要であり、特色ある研究や継続的な活動に対して奨励し助成を行う事業です。平成 30 年度は下記要項のとおり実施します。

この助成情報を開く

助成

「1more Baby 応援団 公募助成」-2018 年度

by 公益財団法人 1more Baby 応援団

  • こども・子育て

掲載:2018 年 7月 1日  

応募・申請期間

2018 年 8 月 24 日 (金)

「日本をもっともっと子育てしやすい社会に変えていく」そんな想いをもった皆さんの活動やアイデアを応援するために、私たち1more Baby応援団は、助成事業を募集いたします。この助成事業では、社会を変える活動を資金面で支えるだけではなく、皆さんの活動を世の中に広めるための情報発信も行っていきます。日本が「理想の数だけ子どもを産み育てられる社会」になるように……

この助成情報を開く

助成

瀬戸内オリーブ基金「植樹・環境教育等助成」‐2018年度

by NPO法人 瀬戸内オリーブ基金

  • 環境保全

掲載:2018 年 6月 9日  

応募・申請期間

2018 年 8 月 31 日 (金)

瀬戸内オリーブ基金の助成制度は、全国のみなさまからのご寄付を、瀬戸内海一帯で活動している環境活動団体に届け、その活動成果を瀬戸内海地域に還元するものです。瀬戸内海は、世界でも有数な閉鎖性海域であり、日本一広大な国立公園です。この土地が本来もつ、海と森との絶妙な関係や自然が共存できる環境は、日本を象徴する美しいふるさとです。瀬戸内海の豊かな自然、ふるさとを子どもたちに残すために活動している環境活動、

この助成情報を開く

補助

右京区役所「右京区まちづくり支援制度 “大学・学生枠 (学生支援型)” 」-2018 年度

by 京都市右京区役所

  • まちづくり

掲載:2018 年 5月 27日  

応募・申請期間

2018 年 6 月 25 日 (月) ~ 2018 年 8 月 24 日 (金)

右京区では、区民の皆様の参加と協働によるまちづくりを推進するため、「右京区まちづくり支援制度」により、自発的、主体的なまちづくり活動を支援しています。この度、2018 年度の支援事業を下記のとおり募集しますので、お知らせします。なお、今年度は、新たに「地域に根付く暮らしの文化」や「明治 150 年に関連する右京区の歴史・文化」を発掘し、継承・発展させる事業を重点テーマとして設定し、交付率を嵩上げす

この補助情報を開く

アワード

「日本山岳遺産 候補地」-2018 年度

by 日本山岳遺産基金

  • 環境保全

掲載:2018 年 5月 27日  

応募・申請期間

2018 年 8 月 31 日 (金)

「日本山岳遺産」とは、次世代に伝えたい豊かな自然環境や、人と自然の関わりを有し、それらを守り、活用するような地元の活動が盛んな山や山岳エリアを、日本山岳遺産基金が認定するものです。 認定にあたっては、地域からの自薦にもとづき、日本山岳遺産基金事務局が外部有識者のアドバイザリー・ボードからの意見を参考にして、決定します。

このアワード情報を開く

助成

オリックス宮内財団「”子ども食堂”応援プロジェクト」 -2018 年度

by 公益財団法人 オリックス宮内財団

  • こども・子育て

掲載:2018 年 5月 2日  

応募・申請期間

<上半期>2018 年 5 月 1 日 (火) ~ 7 月 31 日 (火)
<下半期>2018 年 10 月 1 日 (月) ~ 11 月 30 日 (金)

さまざまな事情による、子どもの“孤食”や“欠食”を防ぎ、地域ぐるみで子どもを大事にする場となる「子ども食堂」の取り組みの充実にかかる経費の一部を助成するもの。このプロジェクトはオリックス宮内財団からの助成金をもとに、ご飯を食べたり、宿題をしたり、遊んだり、子どもたちが安心して過ごすことのできる居場所づくりの取り組みを広げるとともに、地域で子どもを見守る芽 (目) を育てていくことを目的とする。

この助成情報を開く

補助

京都府「地域力再生プロジェクト支援事業交付金」 -2018 年度

by 京都府

  • まちづくり
  • 市民活動全般

掲載:2018 年 4月 2日  

応募・申請期間

第 1 回:2018 年 4 月 2 日 (月) ~ 5 月 31 日 (木)
第 2 回:2018 年 9 月 3 日 (月) ~ 10 月 1 日 (月)

 地域に暮らす皆さんが協力して自主的に、暮らしやすく魅力的な地域にしようと取り組まれる「地域力再生活動」を京都府と市町村が連携して応援しています。地域力再生プロジェクト支援事業交付金とは… 府民の皆さんが、お互いの信頼と絆の下に協働して地域社会が直面する諸課題の解決に取り組む「地域力」を再生し、温かい地域社会を築いていくため、地域住民が主体的に参画する団体が行う事業に対して支援を行うものです。

この補助情報を開く

補助

中小企業庁「地域・まちなか商業活性化支援事業 (地域商業自立促進事業)」 -2018 年度

by 中小企業庁

  • まちづくり

掲載:2018 年 3月 26日  

応募・申請期間

2018 年 5 月 2 日 (水)

 商店街等は、商業者の集積として地域経済において重要な役割を担うとともに、買い物に来た地域住民の憩いの場であるほか、地域の祭礼・イベントや防犯・防災等の自治活動の主体を担うなど、商品やサービスの提供の場を超えて、地域に住む人々とともにコミュニティを形成し、地域の暮らしを支える生活基盤として、多様なコミュニティ機能や公共的機能も担ってきました。 近年は、郊外型商業施設の増加や少子・高齢化等の社会構造

この補助情報を開く

助成

日本郵便株式会社「年賀寄附金配分」-2018 年度

by 日本郵便株式会社

  • 青少年
  • 福祉
  • 環境保全
  • 人権・平和
  • 観光・文化・芸術
  • 国際協力交流
  • 災害救助・救援
  • 災害復興・支援
  • 地域安全

掲載:2017 年 9月 3日  

応募・申請期間

2017 年 9 月 11 日 (月) ~ 11 月 10 日 (金)

日本郵便株式会社 (東京都千代田区、代表取締役社長 横山 邦男) は、2018 年度年賀寄附金配分団体の公募を 2017 (平成 29 ) 年 9 月 11 日 (月)から開始します。寄附金付年賀葉書による年賀寄附金助成は、1949 (昭和24) 年に始まり、今年で 69 年目を迎え、この歴史を重ねる中で、日本固有の寄附文化に発展してきました。寄附金付年賀葉書は、戦後の社会経済の復興という時代背景

この助成情報を開く

助成

損保ジャパン日本興亜福祉財団「住民参加型福祉活動資金助成」-2017 年度

by 公益財団法人 損保ジャパン日本興亜福祉財団

  • 市民活動全般

掲載:2017 年 8月 2日  

応募・申請期間

2017 年 9 月 1 日 (金) ~ 10 月 20 日 (金)

 公益財団法人損保ジャパン日本興亜福祉財団では、福祉及び文化の向上に資することを目的に、 主として障害児・者、高齢者などを対象として活動する NPO の支援、社会福祉の学術文献表彰、 学術研究・文化活動の助成などを実施しています。 「住民参加型福祉活動資金助成」では、地域における高齢者・障害者・子ども等に関する複合的な生活課題に、地域住民が主体となって、包括的な支援を行なう活動に必要な資金を助成し

この助成情報を開く

助成

日本財団 第 2 回「海と日本 PROJECT サポートプログラム」

by 公益財団法人 日本財団

  • 環境保全

掲載:2017 年 1月 11日  

応募・申請期間

2017 年 3 月 1 日(水) 11:00 ~ 3 月 10 日(金)

日本は、四方を海に囲まれた国。私たちの社会や文化は、海に囲まれた環境の中で形づくられてきており、食べ物や生活道具、名前や地名、文学、歌、暦、歳時、祭りなどさまざまなものが海と結びついています。また、国民の祝日としても「海の日」がある世界でも唯一の国、それが日本です。内陸・沿岸問わず、“地域”もさまざまな形で海とつながっています。あなたの地域では、海とのつながりを活かすことができているでしょうか?一

この助成情報を開く
上へ