カテゴリー:「対象条件 個人」一覧

助成掲載:1 週間以内

「庭野平和財団 公募助成」-2022 年度

by 公益財団法人 庭野平和財団

  • こども・子育て
  • 人権・平和
  • 国際協力交流

掲載:2022 年 9月 29日  

応募・申請期間

2022 年 10 月 22 日 (土)

 平和の実現は、私たち人類全ての願いです。 今日多くの国々で、多くの人々が平和への惜しみない努力を続けております。にもかかわらず、現実には依然として問題が山積しており、これらの問題にいかに対処していくかが現代における私たちの課題であります。 平和を阻害する要因には、個人、家庭、地域社会、国家のレベルから、自然環境の問題に至るまで様々な要因が存在します。しかし、いずれにせよ問題の根底には人間自身のあ

この助成情報を開く

アワード掲載:1 週間以内

第 18 回「エコツーリズム大賞」

by 一般社団法人 日本エコツーリズム協会

  • 環境保全

掲載:2022 年 9月 28日  

応募・申請期間

2022 年 11 月 30 日 (水)

エコツーリズムに取り組む事業者、団体、自治体などを対象に、優れた取組の団体・個人を表彰し、広く紹介するもので、全国のエコツーリズムに関連する活動の質的・量的向上及び、 情報交換等による関係者の連帯感の醸成を図ることを目的としています。2005 年から毎年実施され、今年で 18 回目を迎えました。これまでに 158 件が受賞されています。

このアワード情報を開く

助成

京都オムロン地域協力基金「京都ヒューマン賞」

by 公益財団法人 京都オムロン地域協力基金

  • 市民活動全般

掲載:2022 年 9月 19日  

応募・申請期間

2022 年 11 月 30 日 (水)

 地域における社会福祉、青少年の健全育成、男女共同参画の推進、生活環境や地球環境の整備などの分野において、社会に貢献されている京都と関わりのある個人や団体を顕彰するものです。 毎年 6 月頃に京都市内において贈呈式を開催しています。

この助成情報を開く

助成

ポーラ美術振興財団「美術に関する国際交流助成」 -2023 年度

by 公益財団法人ポーラ美術振興財団

  • 観光・文化・芸術
  • 国際協力交流

掲載:2022 年 9月 13日  

応募・申請期間

WEB 受付開始 2022 年 10 月 3 日 (月) 10:00 ~
WEB 応募締切 2022 年 11 月 14 日 (月) 17:00 まで

美術に関する国際的な活動を援助、助成し、文化交流の活性化に寄与しようとするものです。

この助成情報を開く

助成

「日本室内楽振興財団 助成」-2023 年度

by 公益財団法人 日本室内楽振興財団

  • 観光・文化・芸術

掲載:2022 年 9月 11日  

応募・申請期間

2022 年 10 月 31 日 (月)

日本室内楽振興財団では、わが国における室内楽の水準向上・普及を図り、もってわが国の芸術文化の充実に寄与することを目的として設立されました。当財団では、室内楽振興のために室内楽に関する各種の活動に助成を行います。

この助成情報を開く

助成

セゾン文化財団「現代演劇・舞踊対象公募プログラム ”国際プロジェクト支援” 」 -2023 年度

by 公益財団法人 セゾン文化財団

  • 観光・文化・芸術

掲載:2022 年 9月 9日  

応募・申請期間

申請書交付申し込み締切:2022 年 10 月 6 日 (木)
面談期間締切:2022 年 10 月 19 日 (水)
申請書類提出締切:2022 年 10 月 20 日 (木)

※ 面談ではこれまでの活動や申請内容のお話を伺い、また、相談も受けます。申請書類が完成する前にご予定ください。

海外のパートナーとの十分な相互理解に基づき実施内容や作品が発展していくプロジェクトを重視。準備段階にあたる会議、シンポジウム、レクチャー、リサーチ、ワークショップから成果発表となる公演等、プロジェクトに関わる全ての段階を対象として、現代演劇・舞踊の国際化を目的とした助成プログラム。※ 他のプログラムについては、下記リンクページをご確認ください。 ”次世代の芸術創造を活性化する研究助成” 次世代の芸

この助成情報を開く

助成

セゾン文化財団「現代演劇・舞踏対象公募プログラム “次世代の芸術創造を活性化する研究助成”」 -2023 年度

by 公益財団法人 セゾン文化財団

  • 観光・文化・芸術

掲載:2022 年 9月 9日  

応募・申請期間

応募 (申請書交付) 締切:2022 年 10 月 6 日 (木)
申請書類提出締切:2022 年 10 月 13 日 (木)

次世代の芸術創造を活性化する提案や、政策提言を目的にした調査、研究活動を支援する助成プログラムです。※ 他のプログラムについては、下記リンクページをご確認ください。 ”創造環境イノベーション” 現代演劇・舞踊界が現在抱えている課題を明らかにし、その創造的解決を目指す事業に対する助成プログラム。 国際プロジェクト支援””海外のパートナーとの十分な相互理解に基づき実施内容や作品が発展していくプロジェク

この助成情報を開く

コンテスト

「防災教育チャレンジプラン」 -2023 年度

by 防災教育チャレンジプラン実行委員会

  • 社会教育
  • 地域安全

掲載:2022 年 9月 9日  

応募・申請期間

2022 年 11 月 18 日 (金)

 防災教育チャレンジプランでは、全国で取り組まれつつある防災教育の場の拡大や質の向上に役立つ共通の資産をつくることを目的に、新しいチャレンジをサポートいたします。 そのプランの準備・実践に当たって発生する経費を支援し、実現に向けた防災教育チャレンジプランアドバイザーによる対面・オンラインでのアドバイスなどの支援を行います。 応募の中から選ばれたプランは、活動計画について前年度の活動報告会で発表、さ

このコンテスト情報を開く

助成

野村財団 上期「芸術文化助成」-2023 年度

by 公益財団法人 野村財団

  • 観光・文化・芸術

掲載:2022 年 9月 6日  

応募・申請期間

2022 年 10 月 3 日 (月) ~ 2022 年 10 月 31 (月)

野村財団は若手芸術家の育成活動および公演会、展覧会、シンポジウムの開催など芸術文化の国際交流活動に対する助成を行っています。

この助成情報を開く

助成

生協総合研究所「アジア生協協力基金 一般公募助成」‐2023 年度

by 公益財団法人 生協総合研究所

  • 国際協力交流

掲載:2022 年 8月 30日  

応募・申請期間

2022 年 10 月 31 日 (月)

「アジア生協協力基金」は、アジアの生協・協同組合の発展への貢献を目的として、1987 年に、日本生活協同組合連合会 (日本生協連) とその会員生協の寄付金によって設立されました。2022 年 3 月現在の基金総額は、約 8.8 億円となっています。 アジア・太平洋地域は、ここ近年、経済開発がすすみ、人々の生活水準も飛躍的に向上してきました。しかし、その一方で貧富の格差の拡大をはじめ、とりわけ女性や

この助成情報を開く

助成

福武財団 「アートによる地域振興助成」-2023 年度

by 公益財団法人 福武財団

  • まちづくり
  • 観光・文化・芸術

掲載:2022 年 8月 30日  

応募・申請期間

2022 年 10 月 1 日 (土) ~ 2022 年 10 月 31日 (月)

現代アートのもつメッセージ性を軸としながら、地域住民や行政と協働し、その土地の独自性を生かした地域文化の振興に資する事業を助成対象としています。日本国内におけるアートプロジェクトの立ち上げと継続的発展を目的として助成をしています。

この助成情報を開く

助成

朝日新聞文化財団 「芸術活動助成金」-2022 年度

by 公益財団法人 朝日新聞文化財団

  • 観光・文化・芸術

掲載:2022 年 8月 30日  

応募・申請期間

2022 年 10 月 31 日 (月)

音楽会、美術展覧会等への助成を通じて、文化、芸術等の発展、向上に寄与することを目的とします。

この助成情報を開く

助成

全国税理士共栄会文化財団「助成 “地域文化の振興をめざして”」-2022 年度

by 公益財団法人 全国税理士共栄会文化財団

  • 観光・文化・芸術

掲載:2022 年 8月 30日  

応募・申請期間

2022 年 10 月 31 日 (月)

一人ひとりが暮らす地域社会の文化は、人々にとって生きる自信や誇りを与えるものであり、その主体性を確立していく必要があります。特に心のふるさとを求めて地域文化の再認識が現在各地で求められているところです。本財団はこのような考え方のなかから、地域文化の活動に対し助成を行うものです。

この助成情報を開く

助成

第 33 回「コメリ緑資金 助成」-2022 年度

by 公益財団法人 コメリ緑育成財団

  • 環境保全

掲載:2022 年 8月 30日  

応募・申請期間

2022 年 10 月 31 日 (月)

公益財団法人コメリ緑育成財団は、コメリの利益の 1% 還元事業として 1990 年より毎年地域の緑化活動に助成を続けてきた「コメリ緑資金の会」と園芸農業分野の研究開発交流事業を支援する「財団法人緑育成財団(1996年設立)」の事業を統合し、2012 年、新たにスタートしました。花や緑に囲まれた美しいふるさとづくりを進め、地域産業の振興並びに地域社会の発展のために取り組んでまいります。

この助成情報を開く

助成

日本科学協会「笹川科学研究助成 “実践研究部門”」-2023 年度

by 公益財団法人 日本科学協会

  • こども・子育て
  • 社会教育
  • 福祉
  • まちづくり
  • 市民活動全般
  • 科学技術・学術

掲載:2022 年 8月 27日  

応募・申請期間

2022 年 9 月 15 日 (木)10:00 ~ 2022 年 10 月 17 日 (月) 23:59 まで

 本助成制度は、課題の設定が独創性・萌芽性をもつ研究、発想や着眼点が従来にない新規性をもつ研究を支援します。 とりわけ実践研究部門においては、急速な社会構造の変化に伴って生じる様々な問題の解決に向けた、実践を伴う研究を支援するものです。その中でも、実践研究に関する『海に関係する研究』は重点テーマとして支援します。 毎年度の研究期間終了後、審査選考を行い、優れた研究成果を挙げた方や、厳しい研究環境の

この助成情報を開く

助成

吉野石膏美術振興財団「美術に関する国際交流の助成」-2022 年度

by 公益財団法人 吉野石膏美術振興財団

  • 観光・文化・芸術

掲載:2022 年 8月 26日  

応募・申請期間

2022 年 9 月 5 日 (月)~2022 年 10 月 21 日 (金)

日本の美術家が、海外において開催する個展や共同展、ならびに国内で開催される美術に関する国際会議等の活動を助成し、他国との文化交流の活性化に寄与しようとするものです。

この助成情報を開く

助成

齋藤茂昭記念財団 「助成事業」-2022 年度

by 一般財団法人 齋藤茂昭記念財団

  • 福祉
  • 人権・平和

掲載:2022 年 8月 21日  

応募・申請期間

2022 年 10 月 31 日 (月)

一般財団法人齋藤茂昭記念財団では、障害者、発達障害、LGBTQ を初めとする社会的マイノリティの能力発揮と QOL ※1 (クオリティ・オブ・ライフ) の向上に関する活動に対する支援、並びに医薬の進歩、発展及びヘルスケアの増進に関する活動に対する支援のため、助成を行います。※1:QOL とは、クオリティ・オブ・ライフの略称で、「生活の質」「人生の質」「生命の質」という意味で、いかに自分らしい生活を

この助成情報を開く

助成

企業メセナ協議会 2022 年第 4 回「助成認定制度」

by 公益社団法人 企業メセナ協議会

  • 観光・文化・芸術

掲載:2022 年 8月 21日  

応募・申請期間

2022 年 10 月 20 日 (木)

支援者は寄付しやすく、芸術団体は寄付を集めやすく企業メセナ協議会では、1994 年より芸術・文化活動等への民間寄付を税制面から促進する目的で「助成認定制度」を運営しています。事業費総額が 3,000 万円以下、または当該活動に対する寄付金総額が 1,000 万円以下の場合、本制度の対象となります。本制度を利用するには、芸術・文化活動をする団体・個人が活動ごとに申請を行い、「助成認定」を受ける必要が

この助成情報を開く

助成

企業メセナ協議会 2022年第 4 回「2021 芸術・文化による社会創造ファンド -2021 Arts Fund- 」

by 公益社団法人 企業メセナ協議会

  • 観光・文化・芸術

掲載:2022 年 8月 21日  

応募・申請期間

2022 年 10 月 20 日 (木)

2020 年、日本はスポーツの祭典によって世界からの注目を集めます。それと同時に、日本各地の多彩な文化にも人々の関心が寄せられ、地域独自の文化の魅力を発信し、新たな芸術活動や国際的な文化交流をはかる機会ともなります。企業メセナ協議会では、2020 年を一つの節目と捉え、その先の未来を創造する芸術・文化の振興に向けて、「 2021 芸術・文化による社会創造ファンド」 (略称:2021 Arts Fu

この助成情報を開く

助成

冲永文化振興財団「地域文化活動事業助成」-2022 年度

by 一般財団法人 冲永文化振興財団

  • 観光・文化・芸術

掲載:2022 年 8月 9日  

応募・申請期間

随時

最近における我が国の現状は、経済的には高度な繁栄を得たものの、一方文化的な地域社会づくりの面については未だしの感は否めず、それらに対する国民の期待は益々高まってきている。しかしながら、住民自らが文化活動に参加し、あるいは優れた文化に接する機会は依然として多くは望めず、多面これらに対する国又は地方公共団体の施策も、昨今の財政的制約から、希望する程には及び得ないでいるのが現状であろう。当財団は、この様

この助成情報を開く

アワード

第 25 回「日本水大賞」

by 日本水大賞委員会 / 国土交通省

  • 社会教育
  • まちづくり
  • 環境保全
  • 観光・文化・芸術
  • 災害救助・救援
  • 災害復興・支援
  • 地域安全

掲載:2022 年 8月 8日  

応募・申請期間

2022 年 10 月 31 日 (月)

地球は水の惑星といわれており、水は自然界の中で循環し、その過程で災害により幾多の被害をもたらす一方で、人間を含む地球上の生命を育み、生存を支え、汚染を浄化してきました。悪ば我が国は、高度成長期を通じて、都市への人口の集中と産業活動の集積、産業形態の変化が進み、国民の生活も高度化が進んできました。この過程の中で降雨の流出および水利用の形態の変化による悪影響、水質の悪化、生物の多様性の喪失等、水循環系

このアワード情報を開く

助成

京都モデルフォレスト協会「ふるさとの里山林保全活動推進事業」-2022 年度

by 公益社団法人京都モデルフォレスト協会

  • 環境保全

掲載:2022 年 7月 23日  

応募・申請期間

第 1 期 :2022 年 7 月15 日
第 2 期 :2022 年 9 月15 日
第 3 期 :2022 年 11 月15 日

ふるさとの里山林保全活動推進事業(旧事業名:府民参加型里山ふれあい事業)は、京都府「豊かな森を育てる府民税」を原資として、放置され荒廃した森林において、自治会等の地域の団体・ボランティア団体・NPO 法人(以下、「地域住民等」という。)が下刈りや間伐などの里山林保全活動に取り組めるよう事前に行う基盤整備事業で、平成 28 年度から実施しています。要望いただいた箇所について森林組合等の専門事業体によ

この助成情報を開く

助成

企業メセナ協議会「助成認定制度」

by 公益社団法人 企業メセナ協議会

  • 観光・文化・芸術

掲載:2022 年 6月 5日  

応募・申請期間

年 4 回 (1 月 20 日、4 月 20 日、7 月 20 日、10 月 20 日)

支援者は寄付しやすく、芸術団体は寄付を集めやすく企業メセナ協議会では、1994 年より芸術・文化活動等への民間寄付を税制面から促進する目的で「助成認定制度」を運営しています。事業費総額が 3,000 万円以下、または当該活動に対する寄付金総額が 1,000 万円以下の場合、本制度の対象となります。本制度を利用するには、芸術・文化活動をする団体・個人が活動ごとに申請を行い、「助成認定」を受ける必要が

この助成情報を開く

助成

「京都オムロン地域協力基金 一般助成(イベント開催への助成)」-2022 年度

by 公益財団法人 京都オムロン地域協力基金

  • こども・子育て
  • 青少年
  • 福祉
  • 環境保全
  • 男女共同参画

掲載:2022 年 5月 4日  

応募・申請期間

2022 年 4 月 1 日 ~ 2023 年 3 月 31 日 (通年・都度受付)

オムロン基金では、地域福祉の向上や青少年の健全育成、男女共同参画の推進、環境整備等に関する社会貢献活動をされている団体や個人に対して、イベント等を開催される際の費用や、社会的課題 (ドメスティックバイオレンス、シングルマザーの育児の悩み等) の解決に向けて、経済的に困窮されている女性の方々が交流するための会合費用、配偶者や親の暴力から逃れるための民間シェルターの維持運営費用を助成しています。※ 子

この助成情報を開く

助成

信頼資本財団「共感助成」

by 公益財団法人 信頼資本財団

  • 市民活動全般

掲載:2022 年 3月 19日  

応募・申請期間

随時

市民の皆さまからの寄付金が、助成金の原資です。市民の皆さまが指定した団体への寄付金を、信頼資本財団がお預かりし、指定先団体への助成金としてお届けします。その際、集まった寄付金から 10% を信頼資本財団の運営費として頂戴いたします。また、その他クレジット決済手数料等を除いた金額を、助成金として交付します。

この助成情報を開く

助成

「京都オムロン地域協力基金 一般助成」-2022 年度

by 公益財団法人 京都オムロン地域協力基金

  • こども・子育て
  • 青少年
  • 福祉
  • 環境保全
  • 市民活動全般
  • 男女共同参画

掲載:2022 年 2月 18日  

応募・申請期間

2022 年 4 月 1 日 ~ 2023 年 3 月 31 日 (通年・都度受付)

 オムロン基金では、地域福祉の向上や青少年の健全育成、男女共同参画の推進、環境整備等に関する社会貢献活動をされている団体や個人に対して、イベント等を開催される際の費用や、社会的課題 (ドメスティックバイオレンス、シングルマザーの育児の悩み等) の解決に向けて、経済的に困窮されている女性の方々が交流するための会合費用、配偶者や親の暴力から逃れるための民間シェルターの維持運営費用を助成しています。

この助成情報を開く

助成

「原田積善会 助成金」

by 公益財団法人 原田積善会

  • 市民活動全般

掲載:2022 年 2月 18日  

応募・申請期間

随時

 原田積善会は、社会事業分野、学芸・科学分野等、多岐にわたり助成による支援を行っています。現在は子どもや若者を対象に、格差拡大による子どもの貧困や虐待対策、難病に苦しむ子どもと家族など次代を担う若者への支援を目的とした活動への助成に重点を置いています。助成金の使途が一般運営資金というよりも、応募者の行う社会事業にとって必要不可欠と認められる具体的な物品購入とか特定のプロジェクト資金といったほうが望

この助成情報を開く

助成

「笹川日仏財団 助成金」

by 公益法人 笹川日仏財団

  • 人権・平和
  • 国際協力交流

掲載:2022 年 2月 18日  

応募・申請期間

申請の締め切りは、

  • 7 月の 最終月曜日 (翌年前期に実施予定の事業が対象)
  • および、

  • 1 月の最終月曜日 (当年後期に実施予定の事業が対象)

です。

笹川日仏財団は、1990 年 3 月 23 日の首相政令によってフランスの公益法人として認可されました。民間非営利の組織で、「日本とフランスの間の文化及び友好関係を発展させること」をその使命としています。

この助成情報を開く

補助

京都市「みやこユニバーサル上映補助金」

by 京都市

  • 福祉

掲載:2021 年 7月 1日  

応募・申請期間

随時受付をしております。

この補助金は,京都市が,映画の字幕及び副音声付き上映 (以下「ユニバーサル上映」という。)をしようとする団体又は個人に対し,当該上映に要する経費の一部を交付することにより,障害の有無や年齢に関わらず,映画鑑賞においてすべての人の利便の向上を図るとともに,ユニバーサルデザインに対する市民の理解を促進することを目的とする。

この補助情報を開く
上へ