カテゴリー:「対象条件 個人」一覧

アワード・コンテスト掲載:1 週間以内

「公園・夢プラン大賞」 -2018 年度

by 一般財団法人 日本公園財団

  • こども・子育て
  • 青少年
  • 社会教育
  • 福祉
  • まちづくり
  • スポーツ
  • 環境保全
  • 地域安全

掲載:2018 年 6月 18日  

応募・申請期間

2018 年 9 月 30 日 (日)

「公園・夢プラン大賞」は、全国の公園緑地等を舞台に、市民による自由な発想で実施されたイベントや活動、これからやってみたいアイデア・プランを募集し、審査・表彰するもので、公園を楽しく使いこなす人々をさらに増やしてゆくことを目指しています。

このアワード・コンテスト情報を開く

アワード掲載:1 週間以内

パブリックリソース財団「” チャンピオン・オブ・チェンジ ” 日本大賞」-2018 年度

by 公益財団法人 パブリックリソース財団

  • こども・子育て
  • 青少年
  • 福祉
  • まちづくり
  • 人権・平和
  • 男女共同参画
  • その他

掲載:2018 年 6月 16日  

応募・申請期間

2018 年 7 月 2 日 (月)

本賞は、様々な社会問題に直面した際に、勇気を持って自ら行動し、地道に活動を続けることで地域社会の課題解決に貢献している女性に贈られます。

このアワード情報を開く

アワード掲載:1 週間以内

「国際交流基金地球市民賞」-2018 年度

by 独立行政法人 国際交流基金

  • 観光・文化・芸術
  • 国際協力交流

掲載:2018 年 6月 16日  

応募・申請期間

2018 年 7 月 31 日 (火)

地球市民賞は、1985 年に創設され、、本年度で 34 年目を迎えます。これまで 103 団体が受賞され、さらなる飛躍のきっかけとなっています。全国各地で、国際文化交流活動を通じて、日本と海外の市民同士の結びつきや連携を深め、互いの知恵やアイディアを交換し、ともに考える団体を応援します。

このアワード情報を開く

助成掲載:1 週間以内

第 15 回 「ソーシャルビジネスプランコンぺ edge」

by NPO 法人 edge

  • その他

掲載:2018 年 6月 15日  

応募・申請期間

2018 年 7 月 12 日 (木)

社会の課題を解決していくための事業を起こすことや、起業にチャレンジしようとする人々は「社会起業家」「ソーシャルアントレプレナー」などと呼ばれており、いま、世界の各地で活躍しているといわれています。日本でも 1995 年の阪神・淡路大震災をきっかけに NPO (非営利組織) が多く誕生し、「社会起業」という言葉が徐々に浸透してきました。そして 2011 年、東日本大震災からの復興に向けて歩む中、行政

この助成情報を開く

助成

第 16 回「生協総研賞 助成事業」

by 公益財団法人 生協総合研究所

  • まちづくり
  • 市民活動全般
  • 地域安全

掲載:2018 年 6月 6日  

応募・申請期間

2018 年 7 月 31 日 (火)

生協総研賞は、「表彰事業」(「研究賞」・「特別賞 、隔年) 及び「助成事業」(毎年) を行う事業です。本 事業は、人々のくらしをめぐる研究の発展と、生活協同組合運動に関する研究の発展を目的とします。本事業は、生活協同組合をめぐる諸研究、およびくらしの実態に関する研究、消費者や社会運動をめぐる研究、地域社会や社会政策、福祉政策、地球環境に関する研究の発展を主眼としています。「大規模災害後に被災地域が

この助成情報を開く

コンテスト

大阪 NPO センター 第 11 回「ソーシャルビジネスプランコンペ」

by 認定 NPO 法人 大阪 NPO センター

  • 市民活動全般
  • その他

掲載:2018 年 6月 6日  

応募・申請期間

2018 年 7 月 13 日 (金)

“ソーシャルビジネスプランコンペ”は、社会課題の解決につながるソーシャルビジネスの事業プランを応援・表彰し、サポートしていきます。当プランコンペの対象となるソーシャルビジネスとは、様々な社会に存在する課題を正当な対価を得て解決する事業であり、収入を得る経済活動と理想を実現する社会活動とを両立させ、事業を持続することが求められています。2008 年より実施している本事業は、今年で第 11 回を迎えま

このコンテスト情報を開く

アワード

「小林製薬青い鳥財団賞」-2018年度

by 公益財団法人 小林製薬青い鳥財団

  • こども・子育て
  • 社会教育
  • 福祉

掲載:2018 年 6月 5日  

応募・申請期間

2018 年 6 月 1 日(金)~ 2018 年 7 月 17 日(火)

小林製薬株式会社は、人と社会に素晴らしい「快」を提供する、という経営理念に基づき、“あったらいいな”をカタチにする、をスローガンに事業活動を行っております。設立後第 2 期を迎えた公益財団法人小林製薬青い鳥財団では、引き続き、障がいや病気を抱える子どもたちとそのご家族にとって“あったらいいな”をカタチにされており、著しい成果を収められた個人又は団体に対し、顕彰事業を実施してまいります。

このアワード情報を開く

助成

「日野自動車グリーンファンド助成事業」-2018 年度

by 公益財団法人 日野自動車グリーンファンド

  • 社会教育
  • まちづくり
  • 環境保全
  • 国際協力交流

掲載:2018 年 5月 30日  

応募・申請期間

2018 年 7 月 31 日 (火)

公益財団法人日野自動車グリーンファンド (HGF) は、「社会環境との調和」を基本理念として、平成 3 年に日野自動車株式会社の出資により設立されました。「地球規模で考え、行動は足元から」をモットーに、さまざまな環境緑化、自然保護にかかわる事業の実践、助成をおこなっています。

この助成情報を開く

アワード

第 16 回「京都環境賞」

by 京都市

  • 環境保全

掲載:2018 年 5月 24日  

応募・申請期間

2018 年 6 月 1 日 (金) ~ 8 月 31 日 (金)

京都市では,環境に関する市民の皆様の関心を高め,様々な実践活動の更なる推進を図ることを目的として,平成 15 年度に「京都環境賞」を創設し,地球温暖化の防止や循環型社会の形成をはじめとした環境の保全に貢献する活動を実践されている市民や事業者の皆様を顕彰しています。

このアワード情報を開く

補助

国土交通省「スマートウェルネス拠点整備事業」 -2018 年度

by 国土交通省

  • 福祉
  • まちづくり

掲載:2018 年 5月 14日  

応募・申請期間

2018 年 9 月 28 日 (金)

 スマートウェルネス拠点整備事業は、住宅団地、共同住宅及び住宅地 (以下「住宅団地等」) における高齢者生活支援施設等の「拠点施設」(1.3 別表に定める施設をいう。以下同じ。) の整備により、高齢者、障害者又は子育て世帯(以下「高齢者等」) の多様な世代が交流し、安心して健康に暮らすことができる環境の整備を図ることを目的としております。 本交付申請要領の対象とするスマートウェルネス拠点整備事業に

この補助情報を開く

補助

国土交通省「サービス付き高齢者向け住宅整備事業」-2018 年度

by 国土交通省

  • 福祉

掲載:2018 年 5月 14日  

応募・申請期間

2019 年 2 月 28 日 (木)

「サービス付き高齢者向け住宅整備事業」は、高齢者が住み慣れた地域で安心して暮らすことができる住まいの確保を図るため、バリアフリー構造等の高齢者にふさわしいハードと安心できる見守りサービスを備えた「サービス付き高齢者向け住宅」や当該住宅と併設される高齢者生活支援施設(以下「サービス付き高齢者向け住宅等」という。)の整備に係る事業を公募し、予算の範囲内において、当該整備に要する費用の一部を補助するもの

この補助情報を開く

助成

第 14 期「 ナショナル・トラスト活動助成 “土地所有状況調査助成 ”」- 2018 年度

by 公益社団法人 日本ナショナル・トラスト協会 / 公益財団法人 自然保護助成基金

  • 環境保全

掲載:2018 年 5月 10日  

応募・申請期間

2018 年 8 月 24 日 (金)
※ 緊急案件は随時受け付けますのでご相談ください。

 自然環境保全法や自然公園法、種の保存法等、自然を守るための様々な法制度が整備され、日本の豊かな自然が守られています。一方で、これらの法制度によって守られていない多くの地域では、希少な野生生物や優れた自然環境が盗掘、密漁、開発等によって次々と姿を消していっています。これ以上、日本の豊かな自然を失わせないためには、希少な野生生物のすみかとなっている土地など、自然保護の観点からみて重要な土地を購入や借

この助成情報を開く

助成

清水基金「海外研修事業」

by 社会福祉法人 清水基金

  • 福祉
  • 国際協力交流

掲載:2018 年 5月 10日  

応募・申請期間

2018 年 6 月 1 日 (金) ~ 7 月 31 日 (火)

社会福祉法人・NPO 法人において、障害児 ・者の処遇等に従事している者を海外に派遣して専門分野の研修を通じわが国社会福祉のサービスの向上を目的とする事業です。

この助成情報を開く

助成

ノーマライゼーション住宅財団 第 30 回「福祉住宅・福祉小規模集合住宅 バリアフリー建築助成」 -2018 年度

by 公益財団法人 ノーマライゼーション住宅財団

  • 福祉

掲載:2018 年 5月 6日  

応募・申請期間

2018 年 5 月 1 日 (火)~ 2018 年 11 月 30 日 (金)

「すべての人が共に暮らし共に生きることがノーマル (正常) である」というノーマライゼーション理念に基づき、高齢者や障がい者にとっても安全・安心して快適に暮らせる住生活環境の整備・向上のため、助成金により福祉住宅の建築を支援いたします。

この助成情報を開く

助成

「京都オムロン地域協力基金 一般助成」 -2018 年度

by 公益財団法人 京都オムロン地域協力基金

  • こども・子育て
  • 青少年
  • 福祉
  • 環境保全
  • 市民活動全般
  • 男女共同参画

掲載:2018 年 4月 24日  

応募・申請期間

2018 年 4 月 1 日~ 2019 年 3 月 31 日 (通年・都度受付)

当基金では、京都府内において、地域福祉の向上や青少年の健全育成、男女共同参画の推進、環境保全等に関する社会貢献活動をされている団体や個人の皆様が、イベントを開催される際の費用支援として、少額助成を行っています。また、環境保全活動のために必要な機材・備品の購入費用や、社会的課題 (ドメスティックバイオレンス (DV)、シングルマザーの育児の悩み等) の解決に向けて、経済的に困窮されている女性の方々が

この助成情報を開く

助成

公益推進協会「横寺敏夫 患者と家族の支援基金」

by 公益財団法人 公益推進協会

  • 福祉
  • 保健・医療

掲載:2018 年 4月 21日  

応募・申請期間

2018 年 6 月 30 日 (土)

この助成事業は、療養中の患者さんやご家族のサポートを積極的に行う団体及び個人に対し、その活動を側面から支援して活動成果の助長奨励の一助とすることで、患者さんやご家族の不安や苦しみが少しでも減り、笑顔が増えることを目的とします。ご応募の程、どうぞよろしくお願いします。

この助成情報を開く

アワード

第 49 回「博報賞」

by 公益財団法人 博報児童教育振興会

  • こども・子育て
  • 社会教育

掲載:2018 年 4月 21日  

応募・申請期間

2018 年 6 月 29 日 (金)

博報賞は、児童・生徒に対し日頃、教育現場で尽力されている教育実践者・学校・団体の顕彰を通して、児童教育の現場を活性化させることを目的としています。スタートから 40 年以上の歴史を持ち、対象部門も拡大、すぐれた教育実践の輪を広げています。私達は「豊かな人間性」を育むには、「ことばの教育」の担う役割が大きいと考えます。「ことば」は、知識を吸収し、物事を理解し、考え、説明するために欠かせないものです。

このアワード情報を開く

助成

「太陽生命厚生財団 助成事業」 -2018 年度

by 公益財団法人 太陽生命厚生財団

  • 福祉
  • 保健・医療

掲載:2018 年 4月 21日  

応募・申請期間

2018 年 6 月 30 日 (土)

 太陽生命厚生財団は、昭和 59 年に太陽生命の創業 90 周年を記念して設立され、平成 21 年 12 月に公益財団法人へ移行いたしました。 これからも、「公益法人」として認定を受けた法人として、設立時の趣意である「わが国の社会福祉の向上に寄与する」ために、社会福祉に関する事業や研究に対して助成事業を行ってまいります。 平成 30 年度も、財団設立の趣旨・目的である社会福祉の向上に寄与するために

この助成情報を開く

コンクール

都市緑化機構 第 17 回「 屋上・壁面緑化技術コンクール」

by 公益財団法人 都市緑化機構

  • 環境保全
  • 地域安全

掲載:2018 年 4月 19日  

応募・申請期間

2018 年 6 月 30 日 (土)

建築の屋上等特殊空間(通常の方法では緑化が困難とされ、緑化に高度な技術を要する空間)の緑化は、都市におけるヒートアイランド現象の緩和、省エネルギーの推進、生物多様性の確保、景観の向上等都市環境の改善に非常に有効であり、積極的に取り組み優れた成果をあげている民間企業、公共団体、個人等を顕彰することにより、屋上等特殊緑化技術の一層の普及推進を図り、もって都市環境の改善を進め、豊かな都市生活の実現を寄与

このコンクール情報を開く

助成

京都市景観・まちづくりセンター「京町家まちづくりファンド改修助成事業」 -2018 年度

by 公益財団法人 京都市景観・まちづくりセンター

  • まちづくり
  • 観光・文化・芸術

掲載:2018 年 4月 16日  

応募・申請期間

2018 年 6 月 29 日 (金) 17:00 までに持参

京町家まちづくりファンドは、京町家の保全、再生を支援するための基金です。平成 17 年に、篤志家の方からのご寄附と京都市、国からの支援をもとに設立し、京町家を愛する皆さまのご寄附をいただきながら運営しています。

この助成情報を開く

助成

伊藤忠記念財団「子ども文庫助成”子どもの本 100 冊助成”」 -2018 年度

by 公益財団法人 伊藤忠記念財団

  • こども・子育て

掲載:2018 年 4月 10日  

応募・申請期間

2018 年 6 月 22 日 (金)

「子ども文庫助成事業」は、地域の子どもたちに対し、篤志をもって読書啓発活動を行っている民間団体及び個人を対象に、公益財団法人伊藤忠記念財団が行う助成です。1975 (昭和 50) 年から、子ども文庫等でボランティア活動を行う皆様を支援してきました。時代の変化に対応しながら、図書セットなどのプログラムを加え、充実を図ってまいりました。2017 (平成 29) 年度までに、延べ 2,255 件 (海外

この助成情報を開く

助成

伊藤忠記念財団「子ども文庫助成”病院・施設子ども読書活動費助成”」 -2018 年度

by 公益財団法人 伊藤忠記念財団

  • こども・子育て

掲載:2018 年 4月 10日  

応募・申請期間

2018 年 6 月 22 日 (金)

「子ども文庫助成事業」は、地域の子どもたちに対し、篤志をもって読書啓発活動を行っている民間団体及び個人を対象に、公益財団法人伊藤忠記念財団が行う助成です。1975 (昭和 50) 年から、子ども文庫等でボランティア活動を行う皆様を支援してきました。時代の変化に対応しながら、図書セットなどのプログラムを加え、充実を図ってまいりました。2017 (平成 29) 年度までに、延べ 2,255 件 (海外

この助成情報を開く

助成

伊藤忠記念財団「子ども文庫助成”子どもの本購入費助成”」 -2018 年度

by 公益財団法人 伊藤忠記念財団

  • こども・子育て

掲載:2018 年 4月 10日  

応募・申請期間

2018 年 6 月 22 日 (金)

「子ども文庫助成事業」は、地域の子どもたちに対し、篤志をもって読書啓発活動を行っている民間団体及び個人を対象に、公益財団法人伊藤忠記念財団が行う助成です。1975 (昭和 50) 年から、子ども文庫等でボランティア活動を行う皆様を支援してきました。時代の変化に対応しながら、図書セットなどのプログラムを加え、充実を図ってまいりました。2017 (平成 29) 年度までに、延べ 2,255 件 (海外

この助成情報を開く

助成

企業メセナ協議会「助成認定制度」

by 公益社団法人 企業メセナ協議会

  • 観光・文化・芸術

掲載:2018 年 2月 10日  

応募・申請期間

年 4 回 (1 月 20 日、4 月 20 日、7 月 20 日、10 月 20 日)

企業メセナ協議会は 1990 年の設立以来、芸術文化振興のための基盤整備に努め、創造的で活力にあふれた社会、多様性を尊重する豊かな社会の実現を目指し、さまざまな公益目的事業を展開しています。当協議会では 1994 年より、芸術・文化活動等への民間寄付を税制面から促進すべく「助成認定制度」を運営しています。「助成認定制度」は、当協議会への寄付金を芸術・文化活動への助成金として交付する仕組みです。ぜひ

この助成情報を開く

助成

ポーラ美術振興財団「美術に関する国際交流助成」 -2018 年度

by 公益財団法人 ポーラ美術振興財団

  • 観光・文化・芸術

掲載:2017 年 8月 8日  

応募・申請期間

2017 年 10 月 2 日 (月) ~ 2017 年 11 月 10 日 (金)

美術に関する国際的な活動を援助、助成し、文化交流の活性化に寄与しようとするものです。

この助成情報を開く

助成

「大竹財団助成金」

by 一般財団法人 大竹財団

  • 市民活動全般

掲載:2016 年 11月 24日  

応募・申請期間

通年。年間を通じて申請を受け付けています。
なお、ご申請から可否の決定に至るまでには通常 1 ヶ月ほどのご猶予をいただいております。事業の開始時期を考慮し、余裕をもってご申請ください。
※ なお、事業開始時期が直前に迫っている事業(1 カ月未満)や既に始まっている事業は助成対象外ですのでご注意ください。ゴールデンウィークや年末年始などの時期は1 カ月よりもさらに余裕をもってご申請ください。

大竹財団は、「地球に平和を」を理念に、戦争の原因となる人口問題、食糧問題や人類の存続を脅かす環境、エネルギー問題などの調査研究、国内外の個人、およびNGO、NPO との情報交換や活動支援をおこなっている公益法人です。大竹財団では、主旨、活動目的を共にし、社会問題解決に取り組む個人、NGO、NPO に助成金を給付しています。助成金を必要とされる方は、当財団の主旨や活動目的等をご理解いただいた上で、下

この助成情報を開く
上へ