カテゴリー:「対象条件 個人」一覧

アワード掲載:1 週間以内

博報堂教育財団 第 53 回「博報賞」-2022 年度

by 公益財団法人 博報堂教育財団

  • こども・子育て
  • 社会教育

掲載:2022 年 5月 13日  

応募・申請期間

2022 年 6 月 30 日(木)

  • 書類不備などに関する修正受付も、 上記の期限といたしております。不備の内容によっては、審査に進められない場合がございます。ご注意ください。

「博報賞」は、児童教育現場の活性化と支援を目的として、財団創立とともにつくられました。「ことばの力を育むことで、子どもたちの成長に寄与したい」そんな想いを核として、日々教育現場で尽力されている学校・団体教育実践者の「波及効果が期待できる草の根的な活動と貢献」を顕彰しています。また、その成果の共有、地道な活動の継続と拡大の支援を行っています。

このアワード情報を開く

助成掲載:1 週間以内

第 18 期「 ナショナル・トラスト活動助成 “土地所有状況調査助成 ”」-2022 年度

by 公益社団法人 日本ナショナル・トラスト協会 / 公益財団法人 自然保護助成基金

  • 環境保全

掲載:2022 年 5月 13日  

応募・申請期間

2022 年 8 月 19 日(金)
※締切日までは随時受付

自然環境保全法や自然公園法、種の保存法等、自然を守るための様々な法制度が整備され、日本の豊かな自然が守られています。一方で、これらの法制度によって守られていない多くの地域では、希少な野生生物や優れた自然環境が盗掘、密漁、開発等によって次々と姿を消していっています。これ以上、日本の豊かな自然を失わせないためには、希少な野生生物のすみかとなっている土地など、自然保護の観点からみて重要な土地を購入や借り

この助成情報を開く

助成

伊藤忠記念財団「子ども文庫助成 “子どもの本購入費助成”」-2022 年度

by 公益財団法人 伊藤忠記念財団

  • こども・子育て
  • 社会教育

掲載:2022 年 5月 9日  

応募・申請期間

2022 年 6 月 20 日 (月)

子ども文庫助成事業は 1975 年度より、地域の子どもたちに本を届けることを目的に読書啓発活動を行っている団体・施設・個人で、今後も活動を継続する意思がある方を対象に、支援を続けております。2021 年度までに、海外を含む延べ 2,595 件、約 11 億円の助成を行っています。

この助成情報を開く

助成

北野生涯教育振興会「生涯教育研究助成金」-2022年度

by 公益財団法人 北野生涯教育振興会

  • 社会教育

掲載:2022 年 5月 9日  

応募・申請期間

2022 年 5 月 24 日 (火) まで

生涯教育の一層の充実をはかるため、生涯教育に関する調査・研究をする個人またはグループのうち資金援助を申請したものに対し、これに要する費用のうち一定額を助成する。

この助成情報を開く

助成

日本生命財団 (ニッセイ財団)「高齢社会助成 実践的研究助成 “若手実践的課題研究助成”」 -2022 年度

by 公益財団法人 日本生命財団 (ニッセイ財団)

  • 福祉
  • 保健・医療

掲載:2022 年 5月 9日  

応募・申請期間

2022 年 6 月 15 日 (水)

高齢社会助成の趣旨超高齢・人口減少社会を活力あふれる社会へ ご高承のとおり、国民の生活水準の向上、医療体制の整備、医療技術の進歩、健康増進などにより、平均寿命は世界のトップクラスの水準となり、世界のどの国も経験したことのない超高齢社会を迎えています。 また、少子化に伴う人口減少と、75 歳以上高齢者の急増による人口構造の不安定化、加えて長引く経済的停滞は深刻な社会保障財源の窮迫を招来しています。 

この助成情報を開く

助成

太陽生命厚生財団 「助成事業」-2022 年度

by 公益財団法人 太陽生命厚生財団

  • 福祉
  • 保健・医療

掲載:2022 年 5月 7日  

応募・申請期間

2022 年 6 月 30 日 (木)

 太陽生命厚生財団は、1984 年に太陽生命の創業 90 周年を記念して設立され、2009 年 12 月に公益財団法人へ移行いたしました。 これからも、「公益法人」として認定を受けた法人として、設立時の趣意である「わが国の社会福祉の向上に寄与する」ために、社会福祉に関する事業や調査研究に対して助成事業を行ってまいります。 2022 年度も、財団設立の趣旨・目的である社会福祉の向上に寄与するために、

この助成情報を開く

助成

「京都オムロン地域協力基金 一般助成(イベント開催への助成)」-2022 年度

by 公益財団法人 京都オムロン地域協力基金

  • こども・子育て
  • 青少年
  • 福祉
  • 環境保全
  • 男女共同参画

掲載:2022 年 5月 4日  

応募・申請期間

2022 年 4 月 1 日 ~ 2023 年 3 月 31 日 (通年・都度受付)

オムロン基金では、地域福祉の向上や青少年の健全育成、男女共同参画の推進、環境整備等に関する社会貢献活動をされている団体や個人に対して、イベント等を開催される際の費用や、社会的課題 (ドメスティックバイオレンス、シングルマザーの育児の悩み等) の解決に向けて、経済的に困窮されている女性の方々が交流するための会合費用、配偶者や親の暴力から逃れるための民間シェルターの維持運営費用を助成しています。※ 子

この助成情報を開く

助成

日本生命財団 (ニッセイ財団) 「高齢社会助成 実践的研究助成 “実践的課題研究助成” 」-2022 年度

by 公益財団法人 日本生命財団 (ニッセイ財団)

  • 福祉
  • 保健・医療

掲載:2022 年 5月 2日  

応募・申請期間

2022 年 6 月 15 日 (水)

高齢社会助成の趣旨超高齢・人口減少社会を活力あふれる社会へ  ご高承のとおり、国民の生活水準の向上、医療体制の整備、医療技術の進歩、健康増進などにより、平均寿命は世界のトップクラスの水準となり、世界のどの国も経験したことのない超高齢社会を迎えています。 また、少子化に伴う人口減少と、75 歳以上高齢者の急増による人口構造の不安定化、加えて長引く経済的停滞は深刻な社会保障財源の窮迫を招来しています。

この助成情報を開く

助成

トヨタ財団「研究助成プログラム」-2022 年度

by 公益財団法人 トヨタ財団

  • 市民活動全般

掲載:2022 年 4月 30日  

応募・申請期間

2022 年 6 月 10 日 (金)

 未曾有の事態となった新型コロナウイルス感染症 (COVID-19)の世界的蔓延による影響が続くなか、これを契機として、これまでの社会の在り方を問い直し、「ニューノーマル」へと歩み出そうとする動きが広まっています。デジタル技術を活用したオンライン授業やテレワークなどは身近な例であり、そうした新しい生活様式に向けた人と人との新たな「つながり」がはじまりつつあります。 COVID-19 との対峙は、私

この助成情報を開く

助成

在宅医療助成 勇美記念財団「在宅医療推進のための研究」-2022 年度 (前期)

by 公益財団法人 在宅医療助成 勇美記念財団

  • 福祉
  • 保健・医療

掲載:2022 年 4月 29日  

応募・申請期間

2022 年 5 月 31 日 (火)

助成の基本的な考え方は、当財団の設立目的である「個人の尊厳を尊重した利用者本位の在宅医療を始め医療・福祉・介護に関する各種地域サービスの提供を推進するため、先駆的かつモデル的な在宅医療等に関する事業に対する助成等を行うことにより、地域における医療福祉及び公衆衛生の向上に寄与すること」により、技術的な調査研究に留まらず、提供者側・利用者側双方の視点から在宅医療の課題を明確化したり、これからの在宅医療

この助成情報を開く

補助

京都府「女性活躍応援塾事業に係る地域塾運営事業」-2022年度

by 京都府

  • まちづくり
  • 男女共同参画

掲載:2022 年 4月 24日  

応募・申請期間

2022 年 5 月 20 日 (金) 締切
以下の 1・2 両方でご提出ください。

  1. 持参 (平日の午前 9 時 ~ 午後 5 時まで) 又は郵送
  2. メール (danjokyodo@pref.kyoto.lg.jp あて)

地域で主導的な役割を担うことができる女性の育成、地域活動への女性の新たな参画、女性の活躍に資する知識の習得を目指し、女性活躍応援塾事業を実施します。女性活躍応援塾事業において、地域で実際に活動をしながら、必要な知識の習得や新たな仲間づくりを行う取組 (以下、「地域塾」という。) を、個人又は団体から募集し、選定の上、京都府の委託事業として推進します。【女性活躍応援塾とは】あなたの地域活動を京都府が

この補助情報を開く

助成

在宅医療助成 勇美記念財団「市民の集い開催への助成」-2022 年度 (前期)

by 公益財団法人 在宅医療助成 勇美記念財団

  • 福祉
  • 保健・医療

掲載:2022 年 4月 24日  

応募・申請期間

2022 年 5 月 31 日 (火)

助成の基本的な考え方は、当財団の設立目的である「個人の尊厳を尊重した利用者本位の在宅医療を始め医療・福祉・介護に関する各種地域サービスの提供を推進するため、先駆的かつモデル的な在宅医療等に関する事業に対する助成等を行うことにより、地域における医療福祉及び公衆衛生の向上に寄与すること」により、技術的な調査研究に留まらず、提供者側・利用者側双方の視点から在宅医療の課題を明確化したり、これからの在宅医療

この助成情報を開く

助成

在宅医療助成 勇美記念財団「在宅医療推進のための多職種連携研修会への助成」-2022 年度 (前期)

by 公益財団法人 在宅医療助成 勇美記念財団

  • 福祉
  • 保健・医療

掲載:2022 年 4月 24日  

応募・申請期間

2022 年 5 月 31 日 (火)

助成の基本的な考え方は、当財団の設立目的である「個人の尊厳を尊重した利用者本位の在宅医療を始め医療・福祉・介護に関する各種地域サービスの提供を推進するため、先駆的かつモデル的な在宅医療等に関する事業に対する助成等を行うことにより、地域における医療福祉及び公衆衛生の向上に寄与すること」により、技術的な調査研究に留まらず、提供者側・利用者側双方の視点から在宅医療の課題を明確化したり、これからの在宅医療

この助成情報を開く

助成

在宅医療助成 勇美記念財団「在宅医療における感染症対策の教育および啓発等への助成」-2022 年度 (前期)

by 公益財団法人 在宅医療助成 勇美記念財団

  • 福祉
  • 保健・医療

掲載:2022 年 4月 24日  

応募・申請期間

2022 年 5 月 31 日 (火)

助成の基本的な考え方は、当財団の設立目的である「個人の尊厳を尊重した利用者本位の在宅医療を始め医療・福祉・介護に関する各種地域サービスの提供を推進するため、先駆的かつモデル的な在宅医療等に関する事業に対する助成等を行うことにより、地域における医療福祉及び公衆衛生の向上に寄与すること」により、技術的な調査研究に留まらず、提供者側・利用者側双方の視点から在宅医療の課題を明確化したり、これからの在宅医療

この助成情報を開く

補助

山科区役所「笑顔と花いっぱいプロジェクト (春夏)」-2022 年度

by 山科区役所 地域力推進室

  • まちづくり
  • 環境保全
  • 地域安全

掲載:2022 年 4月 23日  

応募・申請期間

2022 年 4 月 20 日 (水) ~ 2022 年 6 月 15 日 (水)

 山科区役所では、「『世界一安心安全・おもてなしのまち京都市民ぐるみ推進運動』山科区版運動プログラム」に基づき、まちを花でいっぱいにるとともに、“ながら見守り・見せる防犯”を推進し、犯罪が起こりにくい、安心で安全なまちを目指す取組として、平成 28 年度から「笑顔と花いっぱいプロジェクト」を行っています。

この補助情報を開く

助成

ブルーシー・アンド・グリーンランド財団「B&G 海洋クラブ登録の募集」

by 公益財団法人 ブルーシー・アンド・グリーンランド財団

  • 青少年
  • スポーツ

掲載:2022 年 4月 22日  

応募・申請期間

2022 年 5 月 31 日 (火)

B&G 財団とは?B&G 財団とは、海洋性レクリエーションをはじめとする自然体験活動などを通じて、次代を担う青少年の健全育成と幼児から高齢者までの”心とからだの健康づくり”を推進している団体です。1973 年に設立され、ボートレースの収益金により、全国 480 市町村に地域海洋センター (プール・ボートハウス・体育館) を建設し、地元自治体に無償譲渡しま

この助成情報を開く

助成

24 時間テレビチャリティー委員会 第 45 回「福祉車両寄贈」

by 公益財団法人 24 時間テレビチャリティー委員会

  • 福祉

掲載:2022 年 4月 17日  

応募・申請期間

2022 年 5 月 20 日 (金)

第 1 回より贈呈を続けてきた福祉車両。昨年までの贈呈台数は、11,836 台となりました。24 時間テレビチャリティー委員会では、毎年車両メーカーと贈呈車両の研究、改良を続けています。2013 年からは従来、贈呈を行ってきた車いす移送車両や訪問入浴車に加え、就労支援や訪問介護など団体のニーズに応えることができるオーダーメイドの車両「福祉サポート車」の贈呈も行っています。

この助成情報を開く

助成

大同生命厚生事業団「地域保健福祉研究助成」-2022 年度

by 公益財団法人 大同生命厚生事業団

  • 福祉
  • 保健・医療

掲載:2022 年 3月 30日  

応募・申請期間

2022 年 4 月 1 日 (金)~ 2022 年 5 月 25 日 (水)

地域で保健・医療および福祉の活動に従事されている方々の研究を支援することにより、わが国の保健・医療および福祉の向上に寄与することを目的とする。

この助成情報を開く

助成

信頼資本財団「共感助成」

by 公益財団法人 信頼資本財団

  • 市民活動全般

掲載:2022 年 3月 19日  

応募・申請期間

随時

市民の皆さまからの寄付金が、助成金の原資です。市民の皆さまが指定した団体への寄付金を、信頼資本財団がお預かりし、指定先団体への助成金としてお届けします。その際、集まった寄付金から 10% を信頼資本財団の運営費として頂戴いたします。また、その他クレジット決済手数料等を除いた金額を、助成金として交付します。

この助成情報を開く

アワード

ジャーナリズム支援市民基金 第 3 回「ジャーナリズム X (エックス) アワード」

by ジャーナリズム支援市民基金

  • その他

掲載:2022 年 3月 14日  

応募・申請期間

2022 年 4 月 17 日 (日)

 私たちジャーナリズム支援市民基金は、健全なジャーナリズムが力をつけていくためには、その中身 (内容・コンテンツ) と器 (媒体やプラットフォーム) の両面で進化 / 深化が必要不可欠と考え、それら両面のいずれか、あるいは両面のシナジー (相乗効果) を実現した取り組みを応援するため、「第 3 回ジャーナリズム X (エックス) アワード」を公募します (エックスは未知の X、Next の X、C

このアワード情報を開く

助成

アイヌ民族文化財団「伝統工芸複製助成」-2022 年度

by 公益財団法人 アイヌ民族文化財団

  • 観光・文化・芸術

掲載:2022 年 2月 20日  

応募・申請期間

2022 年 2 月 28 日 (月)

アイヌ語やアイヌ文化の体験・鑑賞、アイヌの人々との交流事業を行う事業に対して、公益財団法人アイヌ民族文化財団 (以下「財団」という。) が事業に助成する場合に必要な事項を定め、アイヌ文化を直接体験できる交流活動を推進し、アイヌの人々やアイヌの文化についての理解の促進を図ることを目的とします。

この助成情報を開く

助成

「京都オムロン地域協力基金 一般助成」-2021 年度

by 公益財団法人 京都オムロン地域協力基金

  • こども・子育て
  • 青少年
  • 福祉
  • 環境保全
  • 市民活動全般
  • 男女共同参画

掲載:2022 年 2月 18日  

応募・申請期間

2021 年 4 月 1 日 ~ 2022 年 3 月 31 日 (通年・都度受付)

 オムロン基金では、地域福祉の向上や青少年の健全育成、男女共同参画の推進、環境整備等に関する社会貢献活動をされている団体や個人に対して、イベント等を開催される際の費用や、社会的課題 (ドメスティックバイオレンス、シングルマザーの育児の悩み等) の解決に向けて、経済的に困窮されている女性の方々が交流するための会合費用、配偶者や親の暴力から逃れるための民間シェルターの維持運営費用を助成しています。

この助成情報を開く

助成

「原田積善会 助成金」

by 公益財団法人 原田積善会

  • 市民活動全般

掲載:2022 年 2月 18日  

応募・申請期間

随時

 原田積善会は、社会事業分野、学芸・科学分野等、多岐にわたり助成による支援を行っています。現在は子どもや若者を対象に、格差拡大による子どもの貧困や虐待対策、難病に苦しむ子どもと家族など次代を担う若者への支援を目的とした活動への助成に重点を置いています。助成金の使途が一般運営資金というよりも、応募者の行う社会事業にとって必要不可欠と認められる具体的な物品購入とか特定のプロジェクト資金といったほうが望

この助成情報を開く

助成

「笹川日仏財団 助成金」

by 公益法人 笹川日仏財団

  • 人権・平和
  • 国際協力交流

掲載:2022 年 2月 18日  

応募・申請期間

申請の締め切りは、

  • 7 月の 最終月曜日 (翌年前期に実施予定の事業が対象)
  • および、

  • 1 月の最終月曜日 (当年後期に実施予定の事業が対象)

です。

笹川日仏財団は、1990 年 3 月 23 日の首相政令によってフランスの公益法人として認可されました。民間非営利の組織で、「日本とフランスの間の文化及び友好関係を発展させること」をその使命としています。

この助成情報を開く

助成

企業メセナ協議会「助成認定制度」

by 公益社団法人 企業メセナ協議会

  • 観光・文化・芸術

掲載:2022 年 1月 11日  

応募・申請期間

年 4 回 (1 月 20 日、4 月 20 日、7 月 20 日、10 月 20 日)

支援者は寄付しやすく、芸術団体は寄付を集めやすく企業メセナ協議会では、1994 年より芸術・文化活動等への民間寄付を税制面から促進する目的で「助成認定制度」を運営しています。事業費総額が 3,000 万円以下、または当該活動に対する寄付金総額が 1,000 万円以下の場合、本制度の対象となります。本制度を利用するには、芸術・文化活動をする団体・個人が活動ごとに申請を行い、「助成認定」を受ける必要が

この助成情報を開く

助成

国際交流基金「文化芸術交流 “海外派遣助成”」-2022 年度

by 独立行政法人 国際交流基金

  • 観光・文化・芸術
  • 国際協力交流

掲載:2021 年 11月 1日  

応募・申請期間

第 1 回:2021 年 12 月 1 日 (水)
第 2 回:2022 年 6 月 1 日 (水)

 日本の芸術や文化の海外への紹介や文化芸術分野における国際的な貢献を目的として、海外において公演、講演、デモンストレーション、ワークショップ等の文化芸術事業を実施するため、海外に渡航する芸術家や日本文化諸分野の専門家等に対し、経費の一部を助成します。

この助成情報を開く

補助

京都市「みやこユニバーサル上映補助金」

by 京都市

  • 福祉

掲載:2021 年 7月 1日  

応募・申請期間

随時受付をしております。

この補助金は,京都市が,映画の字幕及び副音声付き上映 (以下「ユニバーサル上映」という。)をしようとする団体又は個人に対し,当該上映に要する経費の一部を交付することにより,障害の有無や年齢に関わらず,映画鑑賞においてすべての人の利便の向上を図るとともに,ユニバーサルデザインに対する市民の理解を促進することを目的とする。

この補助情報を開く

助成

「大竹財団助成金」

by 一般財団法人 大竹財団

  • 市民活動全般

掲載:2019 年 6月 1日  

応募・申請期間

助成金の詳細は下記財団 HP をご確認ください。

この助成情報を開く
上へ