カテゴリー:「分野 まちづくり」一覧

コンテスト掲載:1 週間以内

国土交通省「水の里の旅コンテスト 2021」

by 国土交通省

  • まちづくり
  • 観光・文化・芸術

掲載:2021 年 7月 23日  

応募・申請期間

2021 年 9 月 30 日 (木)

 水の里 (*) は私たちにとってとても大切な「水」の出発点です。水の里には豊かな川の流れや満々と水を湛えるダムなどがあり、下流の多くの街や農地を潤す重要な地域です。しかし、水が安定して利用できるようになるにつれて、水の里は人々の意識から次第に遠くなりつつあります。水をめぐる私たちの生活が、水の里と人々との長く深いつながりの中で成り立っていることは忘れてはならないことです。 水の里には、きらめく湖

このコンテスト情報を開く

助成掲載:1 週間以内

福武財団「アートによる地域振興助成」-2022 年度

by 公益財団法人 福武財団

  • まちづくり
  • 観光・文化・芸術

掲載:2021 年 7月 21日  

応募・申請期間

2021 年 10 月 1 日 (金) ~ 2021 年 10 月 29 日 (金)

現代アートのもつメッセージ性を軸としながら、地域住民や行政と協働し、その土地の独自性を生かした地域文化の振興に資する事業を助成対象としています。日本国内におけるアートプロジェクトの立ち上げと継続的発展を目的として助成をしています。

この助成情報を開く

助成

日本財団「もう一つの “家” プロジェクト」-2021 年度

by 公益財団法人 日本財団

  • 福祉
  • 保健・医療
  • まちづくり

掲載:2021 年 7月 15日  

応募・申請期間

2021 年 8 月 31 日 (火)

 世界に先駆けて超高齢化社会を迎えている日本。人生の最期を迎える場所について考える世の中となってきました。 「人生の最期を迎える場所」は、時代と共に変化してきました。1951 年では 8 割以上の人が自宅で最期を迎えていましたが、医療技術の進歩や、家族構成の変化によって 1976 年には自宅死と病院死の割合が逆転し、2016 年以降、病院で最期を迎える人が 8 割近くを占めるようになりました。 日

この助成情報を開く

補助

JKA「補助事業 “公益事業振興補助事業”」-2022 年度

by 公益財団法人 JKA

  • 青少年
  • 社会教育
  • 福祉
  • まちづくり
  • スポーツ
  • 観光・文化・芸術
  • 国際協力交流
  • 市民活動全般
  • 男女共同参画
  • 災害復興・支援
  • 科学技術・学術

掲載:2021 年 7月 14日  

応募・申請期間

事業者登録:2021 年 9 月 22 日 (水) 15 時まで

申請期間:2021 年 9 月 24 日 (金) 15 時まで

別途要望書類の郵送期限: 10 月 4 日 (月) 17 時

 本財団は、自転車競技法に基づく競輪振興法人、小型自動車競走法に基づくオートレース振興法人として、競輪・オートレースの収益を広く社会に還元し、競輪・オートレースの持続的発展を通じ、社会貢献を果たすため、地方自治体が施行する競輪・オートレースの売上げの一部により、機械振興と公益事業振興に対する補助を行います。 2022 年度の補助事業にあたっては、機械・公益事業のそれぞれの分野において、これまで取組

この補助情報を開く

アワード

第 24 回「日本水大賞」

by 日本水大賞委員会 / 国土交通省

  • まちづくり
  • 環境保全

掲載:2021 年 7月 12日  

応募・申請期間

2021 年 10 月 31 日 (日)

 地球は水の惑星といわれており、水は自然界の中で循環し、その過程で災害により幾多の被害をもたらす一方で、人間を含む地球上の生命を育み、生存を支え、汚染を浄化してきました。 我が国は、高度成長期を通じて、都市への人口の集中と産業活動の集積、産業形態の変化等が進み、国民の生活も高度化が進んできました。この過程の中で降雨の流出および水利用の形態の変化による悪影響、水質の悪化、生物の多様性の喪失等、水循環

このアワード情報を開く

アワード

日本ファッション協会「日本クリエイション大賞」-2021 年度

by 一般財団法人 日本ファッション協会

  • 福祉
  • まちづくり
  • 環境保全
  • 観光・文化・芸術
  • 地域安全
  • その他

掲載:2021 年 7月 11日  

応募・申請期間

2021 年 10 月 15 日 (金)

 本制度は、「より豊かな生活文化の創造に貢献したクリエイション・ワーク」を顕彰するもので、製品、技術、芸術・文化活動、地域振興、環境、福祉などジャンルを問わずクリエイティブな視点で、新たな時代を切り拓いた人物や事象を表彰し、その素晴らしさを広く知らしめていくことを目的としています。日本クリエイション大賞について 1980 年代の半ばに日本・東京両商工会議所の五島昇会頭 (1916 –

このアワード情報を開く

助成

日本財団「日本財団みらいの福祉施設建築プロジェクト」

by 公益財団法人 日本財団

  • 福祉
  • まちづくり

掲載:2021 年 7月 11日  

応募・申請期間

2021 年 10 月 15 日 (金) 17:00 まで

 近年、少子高齢化や多様性の尊重、コミュニティの希薄化といった社会背景の変化に伴い、社会福祉施設は多機能化や地域貢献への動きが活発となり、地域福祉を担う拠点としての役割が求められています。 社会福祉施設が、地域社会に開かれた魅力ある場所として認知され、まちづくりの核となっていくためには、建築デザインが重要な要素となってきます。デザインは環境をつくり、環境はサービスやケアと密接に結びついているからで

この助成情報を開く

融資

近畿労働金庫「障害者市民活動支援融資制度”ゆめのたね”」

by 近畿労働金庫

  • 福祉
  • まちづくり

掲載:2021 年 7月 1日  

応募・申請期間

この制度は、NPO 法人ゆめ風基金と近畿ろうきんが提携して創った新しいカタチの融資制度で、NPO 法人ならびに社会福祉法人の事業を資金面からサポートします。阪神・淡路大震災を機に、ゆめ風基金へ全国から寄せられた資金の一部を近畿ろうきんに預入れることで、提携融資制度を創りました。両者の協働によって包括的な保証のしくみを作ることで、事業歴の短い団体にも広くご利用していただける制度となっています。ご融資

この融資情報を開く

助成

さわやか福祉財団「地域助け合い基金」

by 公益財団法人 さわやか福祉財団

  • こども・子育て
  • 福祉
  • 保健・医療
  • まちづくり
  • 男女共同参画
  • その他

掲載:2021 年 7月 1日  

応募・申請期間

随時受付
ただし、当分の間、「コロナ禍対応助成」を優先して決定します。

つながろう、心で 広げよう、笑顔の助け合い! 「地域助け合い基金」でコロナ禍を乗り越えて共生社会へ 新型コロナウイルスの感染拡大により、私たちは当たり前にあった人と人との交流を遮断することが求められました。支援が必要な方の地域における孤立はさらに深刻となり、これまでにも増して助け合い活動が必要という声が全国で挙がっています。こうした状況に様々な工夫で応え、その助け合いを今後につなげて、さらに発展さ

この助成情報を開く

助成

民間都市開発推進 (MINTO) 機構「クラウドファンディング活用型まちづくりファンド」-2021 年度

by 一般財団法人 民間都市開発推進 (MINTO) 機構

  • まちづくり
  • 市民活動全般

掲載:2021 年 7月 1日  

応募・申請期間

事前相談を随時受け付けております。

クラウドファンディング等を通じて広く個人等の賛同を頂ける魅力的な「住民等によるまちづくり事業」を支援します。地方公共団体と MINTO 機構の資金拠出により、まちづくりファンドを組成します。まちづくり事業者 (住民等) はクラウドファンディング (※ 1) により個人等から資金提供を受けます。クラウドファンディングで、調達目標額(総事業費から自己資金等を除いた額)の 1/2 以上調達できた場合、原

この助成情報を開く

助成

右京区役所「右京区まちづくり支援制度 “スタートアップ枠”」-2021 年度

by 右京区役所

  • まちづくり

掲載:2021 年 7月 1日  

応募・申請期間

2021 年 4 月 20 日 (火) から随時

 右京区では、区民の皆様の参加と協働によるまちづくりを推進するため、右京区まちづくり支援制度により、自発的・主体的なまちづくり活動を支援しています。【右京区まちづくり支援制度とは…】 右京区内で取り組むまちづくり活動を助成金などで支援します。地域課題の解決や、地域の魅力向上につながるまちづくり活動を新たにやってみたい、これまでの活動の幅を広げたい。そんな思いをお持ちの団体・グループに、ぜひ活用して

この助成情報を開く

補助

国土交通省「住まい環境整備モデル事業 “人生 100 年時代を支える住まい環境整備モデル事業”」-2021 年度

by 国土交通省

  • まちづくり
  • その他

掲載:2021 年 6月 30日  

応募・申請期間
  • 第 1 回応募締切:2021 年 7 月 26 日 (月)
  • 第 2 回応募締切:2021 年 9 月 30 日 (木)

 人生 100 年時代を迎える現代において、高齢期の長期化を支える住まい・環境や多様な世帯が地域で暮らせる住まい・環境の整備等が求められています。しかし一方で地域ごとに状況や課題等が大きく異なるため、定型的な解決策ではなく、それぞれの課題に応じた取組を進めていくことも必要です。 このため、「住まい環境整備モデル事業 (人生 100 年時代を支える住まい環境整備モデル事業)」では、ライフステージに応

この補助情報を開く

アワード

国土交通省「手づくり郷土賞」-2021 年度

by 国土交通省

  • まちづくり

掲載:2021 年 6月 23日  

応募・申請期間

2021 年 8 月 31 日 (火)

日本の各地で、地域特有の自然や歴史、伝統、文化や地場産業等を貴重な地域資源として見直し積極的に利活用した、魅力ある地域づくりの事例が数多く生まれてきています。「手づくりふるさと郷土賞」は、このような地域活動によって地域の魅力や個性を生み出している良質な社会資本とそれに関わった団体のご努力を表彰するものです。また、これらの好事例を広く紹介することで、各地で個性的で魅力ある郷土づくりに向けた取組が一層

このアワード情報を開く

助成

「前川報恩会 地域振興助成」-2021 年度

by 公益財団法人 前川報恩会

  • まちづくり

掲載:2021 年 6月 18日  

応募・申請期間

2021 年 7 月 1 日 (木) ~ 2021 年 8 月 31 日 (火)

 公益財団法人前川報恩会は、株式会社前川製作所の創立者である故前川喜作が、私財 2 億円を基金として拠出し、昭和 42 年 12 月 22 日に設立されました。その後昭和61年より前川正雄が、平成 25 年からは宮野忠夫が、平成 27 年からは前川正が当財団の理事長として創立者の意思を受け継ぎ、現在に至るまで総資産約 37 億円より生じた果実を助成の原資として学術振興及び社会福祉の充実を目的とする

この助成情報を開く

アワード

住宅生産振興財団 第 17 回「住まいのまちなみコンクール」

by 一般財団法人 住宅生産振興財団

  • まちづくり

掲載:2021 年 6月 13日  

応募・申請期間

2021 年 8 月 31 日 (火)

人口減少社会の中、まちの価値の落ちない、選ばれる地域づくりが求められています。「住まいのまちなみ」は、地域の方々が積極的に維持管理、運営することで、豊かな暮らしの場へと育まれていきます。また、高齢化や防災・防犯、低炭素化などの社会的課題に対応しながら、多世代がともにまちの価値を守り育て、住み継ぐことができるまちとしていくことが大切です。このためには、地域の管理や交流活動のほか、空家の利活用等による

このアワード情報を開く

助成

都市緑化機構 / 第一生命財団 第 32 回「緑の環境プラン大賞 シンボル・ガーデン部門」 -2021 年度

by 公益財団法人 都市緑化機構 / 一般財団法人 第一生命財団

  • まちづくり
  • 環境保全

掲載:2021 年 5月 27日  

応募・申請期間

2021 年 6 月 30 日 (水)

緑の持つ環境保全機能 (ヒートアイランド緩和効果、生物多様性保全効果等) を取り入れることにより、人と自然が共生する都市環境の形成や地域コミュニティの活性化に寄与するアイデアを盛り込んだ地域のシンボル的な緑地プランを募集し、その実現のための設備費を助成します。

この助成情報を開く

補助

右京区役所「右京区まちづくり支援制度 “大学・学生枠” 」-2021 年度

by 京都市右京区役所

  • まちづくり

掲載:2021 年 4月 4日  

応募・申請期間

2021 年 6 月 21 日 (月) ~ 2021 年 8 月 20 日 (金)

 右京区では、区民の皆様の参加と協働によるまちづくりを推進するため、右京区まちづくり支援制度により、自発的・主体的なまちづくり活動を支援しています。【右京区まちづくり支援制度とは…】 右京区内で取り組むまちづくり活動を助成金などで支援します。地域課題の解決や、地域の魅力向上につながるまちづくり活動を新たにやってみたい、これまでの活動の幅を広げたい。そんな思いをお持ちの団体・グループに、ぜひ活用して

この補助情報を開く
上へ