カテゴリー:「実績条件 特になし」一覧

助成掲載:1 週間以内

日韓文化交流基金「人物交流助成」-2019 年度

by 公益財団法人 日韓文化交流基金

  • 観光・文化・芸術
  • 国際協力交流
  • 科学技術・学術

掲載:2018 年 11月 17日  

応募・申請期間

2019 年 1 月 4 日 (金) ~ 1 月 25 日 (金)

 人物交流助成事業は、「日韓両国民間の人的・文化的交流を強化し、相互理解と信頼関係を深めることによって、日韓両国ひいてはアジアの安定と繁栄に寄与する」という基金の基本理念のもと、日韓が共同して実施する各種事業を支援し、日韓の交流をより活性化・多様化させ、両国の友好・協力関係を深めることを目的としています。 中でも日韓の知的分野における交流、日韓の共同作業による事業を支援の重点としています。

この助成情報を開く

助成掲載:1 週間以内

三菱財団 第 50 回「社会福祉事業並びに研究助成」-2019 年度

by 公益財団法人 三菱財団

  • 福祉

掲載:2018 年 11月 17日  

応募・申請期間

2018 年 12 月 27 日 (木) ~ 2019 年 1 月 24 日 (木)

現行制度上、公の援助を受け難い、開拓的ないし実験的な社会福祉を目的とする民間の事業 (原則として法人に限る) や、開拓的ないし実験的な社会福祉に関する科学的調査研究 (個人・法人いずれも可) に貢献するための助成を致します。

この助成情報を開く

助成掲載:1 週間以内

「三菱 UFJ 国際財団 公募助成」-2019 年度

by 公益財団法人 三菱 UFJ 国際財団

  • 国際協力交流

掲載:2018 年 11月 17日  

応募・申請期間

2018 年 12 月 10 日 (月) ~ 2019 年 1 月 28 日 (月)

国際交流の推進を通じて、国際的視野を備えた人材を養成し、わが国とアジア諸国を初めとする世界各国との相互理解促進に寄与することを目的とします。

この助成情報を開く

助成掲載:1 週間以内

スポーツ安全協会「スポーツ普及奨励助成事業」 -2019 年度

by 公益財団法人 スポーツ安全協会

  • スポーツ

掲載:2018 年 11月 15日  

応募・申請期間

2019 年 1 月 18 日 (金)

当事業は、法人格を有すスポーツ・レクリエーション等生涯スポーツ関係団体 (営利法人を除く。) が主催する、全国・ブロック単位で行われるスポーツ・レクリエーション大会等の開催費用の一部を助成するものです。

この助成情報を開く

助成掲載:1 週間以内

かけはし芸術文化振興財団「音楽活動・国際交流・研究等への助成」 -2019 年度

by 公益財団法人 かけはし芸術文化振興財団

  • 観光・文化・芸術

掲載:2018 年 11月 15日  

応募・申請期間

2019 年 1 月 11 日 (金)

当財団は、電子技術を応用した芸術文化の振興と普及を図るため、芸術文化に関する事業を行い、我が国芸術文化の発展に寄与することを目的としています。

この助成情報を開く

助成掲載:1 週間以内

さわやか福祉財団「”連合・愛のカンパ” 団体立ち上げ・新規事業立ち上げのための準備金支援」-2018 年度

by 公益財団法人 さわやか福祉財団

  • その他

掲載:2018 年 11月 14日  

応募・申請期間

2018 年 12 月 25 日 (火)

 さわやか福祉財団では、今年度も、日本労働組合総連合会 (連合)「連合・愛のカンパ」より資金を提供いただき、地域の助け合い活動の団体立ち上げや新規事業開始を支援するための助成を行ないます。新地域支援事業が始まって 3 年が経過しました。各市町村の生活支援コーディネーターと協議体が立ち上げた助け合い団体、地縁組織の活性化や共生による居場所等にもぜひ、ご活用ください。

この助成情報を開く

アワード掲載:1 週間以内

近畿労働金庫「近畿ろうきん NPO アワード」-2018 年度

by 近畿労働金庫

  • こども・子育て

掲載:2018 年 11月 14日  

応募・申請期間

2018 年 12 月 1 日 (土) ~ 2019 年 1 月 31 日 (木)

 近畿ろうきんでは、働く人のくらしと子どもたちの未来を応援することを目的に、教育ローンを取り扱っています。<ろうきん>融資の利用が地域貢献につながる仕組みを目指して、2018 年 4 月~ 2019 年 3 月の期間に、当金庫がご融資した教育ローン合計額の 0.05 % (最大 250 万円) を拠出し、「子育て支援活動」を進める NPO 法人やボランティア団体等に助成する「2018 年度近畿ろう

このアワード情報を開く

助成

明治安田クオリティオブライフ文化財団「地域の伝統文化助成」 -2019 年度

by 公益財団法人 明治安田クオリティオブライフ文化財団

  • 観光・文化・芸術

掲載:2018 年 11月 11日  

応募・申請期間

2019 年 1 月 31 日 (木)

 わが国において、古来、地域に伝承されてきた民族の遺産ともいえる固有の伝統的な文化が時代とともに消滅しつつある現在、こうした歴史的・文化的に価値ある地域の民俗芸能 (民俗行事、民俗音楽を含む。以下、同じ)・民俗技術 (伝統的製作技術、衣食住に関わる生活技術、伝統工芸を含む。以下、同じ) を正しく後世に残すことが時代の責務であるとの考えに立って、当財団は、これらの継承のための諸活動、とくに後継者育成

この助成情報を開く

助成

「お金をまわそう基金 助成」

by 公益財団法人 お金をまわそう基金

  • こども・子育て
  • まちづくり
  • スポーツ
  • 観光・文化・芸術
  • 市民活動全般
  • 経済活動の活性化
  • その他

掲載:2018 年 11月 10日  

応募・申請期間

2019 年 1 月 8 日 (火)

日本での寄付の文化をどんどん広めていけたら、どんなに素晴らしいことでしょうか。それが、お金をまわそう基金の設立目的と挑戦です。世の中には素晴らしい理念のもと活動に勤しむ団体があります。その行動の先には豊かな世の中がイメージできます。そういった、団体等の活動を広く世に知ってもらい、そして広く個人・法人が支援できる仕組みを創りたい。そのような想いから、「お金をまわそう基金」を設立しました。

この助成情報を開く

助成

キユーピーみらいたまご財団「助成プログラム B “食を通した居場所作り支援”」 -2019 年度

by 一般財団法人 キユーピーみらいたまご財団

  • こども・子育て
  • まちづくり

掲載:2018 年 11月 8日  

応募・申請期間

2018 年 11 月 30 日 (金)

 当財団は『食』に関わる社会課題の解決に向けて、食育活動および子どもの貧困対策などに取り組む団体への寄付を中心とした助成活動を行っています。 ここでいう「貧困」とは、「経済」だけでなく、「体験」、「交流」の乏しさから生まれる課題を意味します。 当助成プログラムB「食を通した居場所作り支援」では、地域における共食や食周りの様々な体験を通した子どもの心と身体の成長そして自立の支援を行うため、「子ども食

この助成情報を開く

助成

キユーピーみらいたまご財団「助成プログラム A ” 食育活動 “」-2019 年度

by 一般財団法人 キユーピーみらいたまご財団

  • こども・子育て
  • 福祉
  • その他

掲載:2018 年 11月 8日  

応募・申請期間

2018 年 11 月 30 日 (金)

 食には、体を作る、体の調子を整えるなどの栄養機能だけでなく、興味・関心や意欲の向上など、健全な心を育む重要な役割があります。近年ライフスタイルが多様化する一方、栄養バランスの崩れからくる生活習慣病の増加、調理スキルの低下、若い世代の食への興味・関心の低下など、食を取り巻く社会課題はますます大きくなっています。(2016 年 3 月策定「第三次食育推進基本計画」参照) 当財団では、それら課題の解決

この助成情報を開く

助成

アサヒグループ芸術文化財団「芸術文化活動助成」-2019 年度

by 公益財団法人 アサヒグループ芸術文化財団

  • 観光・文化・芸術

掲載:2018 年 11月 4日  

応募・申請期間

2018 年 11 月 30 日 (金)

 当財団は、芸術文化活動を総合的に支援振興することにより、創造的で豊かな市民社会の実現に寄与するために、芸術文化の創造性の発展を図り、芸術文化の創造性による地域の振興、国内外の交流の促進、多様な社会的課題との連携を図ることを目指しており、この目的に合致した優れた芸術活動及び芸術活動を促進する活動を支援します。

この助成情報を開く

助成

高木仁三郎市民科学基金 第 18 期「国内枠助成」-2019 年度

by 認定 NPO 法人 高木仁三郎市民科学基金

  • 科学技術・学術
  • 政策提言・行政監視

掲載:2018 年 11月 1日  

応募・申請期間

2018 年 12 月 10 日 (月)

 高木基金の目的は、現代科学がもたらす問題や脅威に対して、専門的考察に裏付けられた批判を行える「市民科学者」を育成・支援することです。 未来を切り拓く科学は、政府や産業界の出資と管理のもとで進められる科学者の職業的営みからではなく、真の公共性、公益性を体現した市民の自発的活動の中からこそ生まれてくるはずだという期待を込めて、高木基金では、NPO・NGO や市民グループで活動しながら「市民科学者」を

この助成情報を開く

助成

トヨタ財団「先端技術と共創する新たな人間社会」 -2018 年度

by 公益財団法人 トヨタ財団

  • 科学技術・学術

掲載:2018 年 10月 26日  

応募・申請期間

2018 年 12 月 21 日 (金)

トヨタ財団は、1974 年、トヨタ自動車によって設立された助成財団です。財団は、世界的な視野に立ち、しかも長期的かつ幅広く社会活動に寄与するため、生活・自然環境、社会福祉、教育文化などの領域にわたって時代のニーズに対応した課題をとりあげ、その研究ならびに事業に対して助成を行います。

この助成情報を開く

アワード

杉浦記念財団 第 8 回「杉浦地域医療振興賞」 -2019 年度

by 公益財団法人 杉浦記念財団

  • 保健・医療

掲載:2018 年 10月 21日  

応募・申請期間

2018 年 12 月 31 日 (月)

 地域医療を振興し、国民の健康と福祉の向上に優れた成果をおさめ、住み慣れた地域で安心して、その人らしく住み続けることを支援する活動を行った団体・個人の取り組みについて、その主体者である団体・個人を対象に表彰をいたします。 地域医療に貢献をした人々の活動に光を当てることで、全国の活動の機運が広がること、また奨励、促進する環境を醸成することを目的といたします。

このアワード情報を開く

助成

「森村豊明会 助成金」

by 公益財団法人 森村豊明会

  • 社会教育
  • 福祉
  • 保健・医療

掲載:2018 年 10月 20日  

応募・申請期間

2018 年 12 月 13 日 (木)

公益財団法人 森村豊明会は、創立の初志を礎として、わが国の公益事業の先駆者の一つであることを自覚し、教育、学術、文化、福祉、その他の公益事業を行うものに協賛、助成し、その発展に寄与する事を目的としており、その目的を達成するために以下の事業を行っています。奨励・奨学事業学校法人、研究機関、福祉施設などを通じて、選抜、推薦されたものに対して、奨励金・奨学金を授与する。協賛事業福祉、教育、医療、その他の

この助成情報を開く

助成

全日本社会貢献団体機構「社会貢献活動支援のための助成」

by 全日本社会貢献団体機構

  • こども・子育て
  • 災害復興・支援

掲載:2018 年 10月 19日  

応募・申請期間

2018 年 11 月 12 日 (月) ~ 12 月 14 日 (金)

子どもの健全育成支援少子高齢化が進む中、21 世紀の社会が活力ある豊かな社会となることを目的に、次代を担う子どもたちがたくましく健やかに成長することを願う。災害復興コミュニティ支援 (地震・水害などの大規模災害等)東日本大震災、熊本地震や、九州北部豪雨による大規模災害被災地で、安定した生活を取り戻すことを願う。

この助成情報を開く

助成

電気通信普及財団「ネット社会課題対応援助」 -2018 年度

by 公益財団法人 電気通信普及財団

  • IT 情報化

掲載:2018 年 10月 19日  

応募・申請期間

2018 年 11 月 1 日 (木) ~ 11 月 30 日 (金)

電気通信普及財団では、2017 年度から、情報通信の普及、利活用の振興を図る視点から、利用者の情報リテラシー、スキルの向上をはじめとする情報社会の進展に伴い生じている社会的な課題に取り組まれている非営利の活動や、地域や社会の課題の解決に貢献するため、オープンデータを活用するなど社会的な課題への対応に情報通信の利用を適切に組み合わせ、その取組の効果を高めようとする非営利の活動を支援するため、これらを

この助成情報を開く

助成

電気通信普及財団「国際交流人材育成援助」 -2018 年度

by 公益財団法人 電気通信普及財団

  • IT 情報化

掲載:2018 年 10月 19日  

応募・申請期間

2018 年 11 月 1 日 (木) ~ 11 月 30 日 (金)

 情報社会の進展に伴い、インターネット、スマートフォン等情報通信の利活用が拡大し、我が国と開発途上国との様々な交流が促進されている。これらを背景として行われる、開発途上国における情報通信サービスの利活用、情報通信分野の人材育成に貢献する我が国の非営利団体の活動プロジェクトを支援する。

この助成情報を開く

助成

電気通信普及財団「情報通信に関するシンポジウム・セミナー等開催援助」 -2018 年度

by 公益財団法人 電気通信普及財団

  • IT 情報化

掲載:2018 年 10月 19日  

応募・申請期間

2018 年 11 月 1 日 (木) ~ 11 月 30 日 (金)

電気通信普及財団では、情報化社会の進展や情報通信の普及・振興に資するため、1. 情報通信の研究、普及・振興に関して学術的に寄与する会議等、2. 情報通信の普及、利活用の振興に社会的に寄与するシンポジウム・セミナー等のイベントの開催について、開催経費の一部を援助する必要があると認められるものに援助を行っています。

この助成情報を開く

助成

日本社会福祉弘済会「社会福祉助成事業」-2019 年度

by 公益財団法人 日本社会福祉弘済会

  • 福祉

掲載:2018 年 10月 8日  

応募・申請期間

2018 年 11 月 1 日 (木) ~ 12 月 15 日 (土)

 公益財団法人日本社会福祉弘済会は、少子高齢化が進展し、多様化する福祉需要のなかで社会福祉の向上を目指した“研修事業”や“研究事業”に助成することにより、豊かな福祉社会の実現に寄与することを目的といたします。 2019 年度も下記の通り、社会福祉関係者 (社会福祉施設等社会福祉事業に従事する方々等) に係る研修・研究事業に対して、公募による助成事業の募集を行います。

この助成情報を開く

助成

日本国際協力財団「国際協力 NPO 助成」-2019 年度

by 公益財団法人 日本国際協力財団

  • 国際協力交流

掲載:2018 年 10月 7日  

応募・申請期間

2018 年 11 月 1 日 (木) ~ 12 月 3 日 (月)

 この助成は、発展途上国における農業、教育、医療、福祉等の問題解決のために、現地の人々とともに活動している NPO に対して、プロジェクト費用の一部を助成してその活動を支援し、もって発展途上国の自立的発展及び福祉の増進に寄与することを目的としています。

この助成情報を開く

助成

ゆうちょ財団「金融相談等活動助成事業 」-2019 年度

by 一般財団法人 ゆうちょ財団

  • 福祉
  • 経済活動の活性化

掲載:2018 年 10月 7日  

応募・申請期間

2018 年 12 月 10 日(月)

 ゆうちょ財団では、高齢者及び大規模災害の被災者ならびに障がいのある人等向けに金融相談事業や金融教育事業等を行う NPO 等団体を対象に、その活動費の一部を助成します。

この助成情報を開く

助成

「公益信託 経団連自然保護基金」 -2019 年度

by 公益信託 経団連自然保護基金

  • 環境保全

掲載:2018 年 10月 7日  

応募・申請期間

2018 年 12 月 3 日 (月)

アジア太平洋地域を主とする開発途上地域における自然環境の保全に関する非営利の民間組織 (外国の組織を含む。) が行うプロジェクトに対する助成わが国のすぐれた自然環境保全のために行う保護活動、及び持続可能な活用に関するプロジェクトに対する助成

この助成情報を開く

助成

環境再生保全機構「地球環境基金助成金」-2019 年度

by 独立行政法人 環境再生保全機構

  • 環境保全
  • 災害復興・支援

掲載:2018 年 10月 6日  

応募・申請期間

2018 年 11 月 5 日 (月) ~ 2018 年 12 月 5 日 (水)

地球環境基金のミッション環境 NGO・NPO 活動の質的、量的な充実のための支援をします。 環境 NGO・NPO 活動の組織機能の強化のための支援をします。 環境 NGO・NPO 活動の地域での連携・協働を支援します。 環境 NGO・NPO 活動の国際的な展開を支援します。 環境 NGO・NPO は、持続可能な社会づくり、環境保全に欠かせない存在となってきました。今後、さらに資金力の強化及び、専門

この助成情報を開く

助成

在宅医療助成 勇美記念財団「在宅医療推進のための学会等への共催」-2018 年度 (後期)

by 公益財団法人 在宅医療助成 勇美記念財団

  • 保健・医療

掲載:2018 年 10月 5日  

応募・申請期間

2018 年 12 月 7 日 (金)

本財団は、個人の尊厳を尊重した利用者本位の在宅医療を始め医療・福祉・介護に関する各種地域サービスの提供を推進するため、先駆的かつモデル的な在宅医療等に関する事業に対する助成等を行うことにより、もって地域における医療福祉及び公衆衛生の向上に寄与することを目的とします。

この助成情報を開く

助成

在宅医療助成 勇美記念財団「成人の在宅医・訪問看護師に対する小児在宅医療講習への助成」-2018 年度 (後期)

by 公益財団法人 在宅医療助成 勇美記念財団

  • 保健・医療

掲載:2018 年 10月 5日  

応募・申請期間

2018 年 12 月 7 日 (金)

小児在宅医療推進のため、成人の在宅医師および訪問看護師に小児在宅医療の講習をすることによって、小児在宅医療を推進することを目的とします。

この助成情報を開く

助成

在宅医療助成 勇美記念財団「地元医師会、行政を交えた顔の見える多職種連携研修会への助成」-2018 年度 (後期)

by 公益財団法人 在宅医療助成 勇美記念財団

  • 保健・医療

掲載:2018 年 10月 5日  

応募・申請期間

2018 年 12 月 7 日 (金)

市区町村において在宅医療推進のための多職種のネットワークづくりを目的とします。医療系、介護系、行政の参加を基本とし、そのための研修会費用の助成です。

この助成情報を開く

助成

在宅医療助成 勇美記念財団「市民の集い開催への助成」-2018 年度 (後期)

by 公益財団法人 在宅医療助成 勇美記念財団

  • 保健・医療

掲載:2018 年 10月 5日  

応募・申請期間

2018 年 12 月 7 日 (金)

在宅医療に関する市民の集い (市民公開講座など) を開催することにより、一般市民の皆さまに、より医療を知っていただくことを目的としています。

この助成情報を開く

助成

在宅医療助成 勇美記念財団「在宅医療研究への助成」-2018 年度 (後期)

by 公益財団法人 在宅医療助成 勇美記念財団

  • 保健・医療

掲載:2018 年 10月 5日  

応募・申請期間

2018 年 12 月 7 日 (金)

本財団は、個人の尊厳を尊重した利用者本位の在宅医療を始め医療・福祉・介護び関する各種地域のサービスの提供を推進するため、先駆的かつモデル的な在宅医療等に関する事業に対する助成等を行うことにより、地域における医療福祉及び公衆衛生の向上に寄与することを目的としております。

この助成情報を開く

研究助成

河川財団「河川基金 “研究者・研究機関部門” 」-2019 年度

by 公益財団法人 河川財団

  • 環境保全

掲載:2018 年 9月 29日  

応募・申請期間

2018 年 11 月 30 日 (金)

 研究機関が行う、流出・流水・流砂のメカニズムの解明等の工学的な研究、治水対策に関する研究、水資源の確保に関する研究、河川環境の整備と保全に関する研究、地域との連携に関する研究、河川に関する歴史・文化・伝統等に関する研究など、内容、手段、方法も含め、助成事業者の方々の自由な発想に基づき実施される、「川づくり」や河川管理に貢献するための様々な課題の調査・研究について助成します。

この研究助成情報を開く

助成

河川財団「河川基金 “川づくり団体部門” 」-2019 年度

by 公益財団法人 河川財団

  • 環境保全

掲載:2018 年 9月 28日  

応募・申請期間

2018 年 11 月 30 日 (金)

 「川づくり」の活動を実施あるいは支援する市民団体等 (以下、「川づくり団体」という) に対し、その活動への助成を行います。 「川づくり」団体部門は、川づくり団体の活動を支援する「流域川づくり団体」「全国川づくり団体」と設立されて 5 年以内の自立を支援する「新設川づくり団体」があります。 川づくりに貢献する広範な活動の中でも、次世代を担う人づくりの活動に対しては重点的に助成を行います。 また、新

この助成情報を開く

助成

国際交流基金日米センター「一般公募助成事業 ” 知的交流分野:政策指向型事業 “」-2019 年度

by 国際交流基金日米センター

  • 国際協力交流

掲載:2018 年 9月 27日  

応募・申請期間

2018 年 12 月 3 日 (月)

 日米の非営利団体 (大学、シンクタンク、NPO 等) が共同して実施する取組で、社会科学分野における現代のグローバルな課題解決に向けた日米共同の政策研究 / 対話プロジェクトを支援します。 社会科学分野の研究者・実務家に加え、解決すべき課題に関連する科学技術分野の専門家の参加も歓迎します。また、具体的な成果や効果的な成果普及が見込まれるプロジェクトを重視します。

この助成情報を開く

助成

国際交流基金「知的交流会議助成プログラム」 -2019 年度

by 独立行政法人 国際交流基金

  • 国際協力交流

掲載:2018 年 9月 26日  

応募・申請期間

2018 年 12 月 3 日 (月)

日本と諸外国との相互理解の促進とより緊密な関係の構築、世界の知的交流の推進を目的とした知的共同事業に対し経費の一部を助成します。日本との二国間における事業のみならず、参加者が日本を含む多国間に及ぶ事業も対象となります。

この助成情報を開く

助成

国際交流基金「アジア・文化創造協働助成プログラム」-2019 年度

by 独立行政法人 国際交流基金

  • 国際協力交流

掲載:2018 年 9月 26日  

応募・申請期間

第 1 回募集:2018 年 12 月 3 日 (月)
第 2 回募集:2019 年 6 月 3 日 (月)

 日本と ASEAN 諸国を中心としたアジアの人々のアイデンティティと多様性を尊重しあい、ともにアジアの新たな文化を創造していくことを目指し、さまざまな分野の専門家・専門機関が取り組む協働事業を支援します。

この助成情報を開く

助成

国際交流基金「アジア・市民交流助成プログラム」 -2019 年度

by 独立行政法人 国際交流基金

  • 国際協力交流

掲載:2018 年 9月 26日  

応募・申請期間

第 1 回募集:2018 年 12 月 3 日 (月)
第 2 回募集:2019 年 6 月 3 日 (月)

日本と ASEAN 諸国を中心とするアジアとの交流の裾野を広げ、相互理解や友好親善を促進するために、市民レベル・地域レベルの交流事業を企画、運営、実施する日本国内の団体を対象に、経費の一部を助成します。

この助成情報を開く

助成

国際交流基金「海外派遣助成プログラム」-2019 年度

by 独立行政法人 国際交流基金

  • 観光・文化・芸術
  • 国際協力交流

掲載:2018 年 9月 26日  

応募・申請期間

第 1 回応募:2018 年 12 月 3 日 (月)
第 2 回応募:2019 年 6 月 3 日 (月)

 日本の芸術や文化の海外への紹介や文化芸術分野における国際的な貢献を目的として、海外において舞台公演、講演、デモンストレーション、ワークショップ等の文化芸術事業を実施するため、海外に渡航する芸術家や日本文化諸分野の専門家等に対し、経費の一部を助成します。

この助成情報を開く

助成

マリア財団「研究助成」

by 公益財団法人 マリア財団

  • こども・子育て

掲載:2018 年 9月 25日  

応募・申請期間

2018 年 11 月 30 日 (金)

この法人が、幼児・児童教育について研究する個人・団体の活動を援助・助成することを目的として制定した「公益財団法人マリア財団助成金交付規定」に基づき、発展的・先験的・独創的な研究活動を奨励することで幼児・児童教育の質の向上に寄与しようとするものです。

この助成情報を開く

助成

国立青少年教育振興機構「子どもゆめ基金 “ 体験活動・読書活動 ”」-2019 年度

by 独立行政法人 国立青少年教育振興機構

  • こども・子育て

掲載:2018 年 9月 14日  

応募・申請期間
  • 一次募集
    • 郵送申請:2018 年 10 月 1 日 (月) ~ 11 月 13 日 (火)
    • 電子申請:2018 年 10 月 1 日 (水) ~ 11 月 27 日 (火)
  • 二次募集
    • 郵送申請:2019 年 5 月 1 日 (水) ~ 6 月 4 日 (火)
    • 電子申請2019 年 5 月 1 日 (水) ~ 6 月 18 日 (火)

 この基金は、未来を担う夢を持った子どもの健全育成を推進するため、自然に触れ親しむ活動、科学実験などの科学体験活動、異年齢間の交流を促進する活動、絵本の読み聞かせ会などの読書活動といった地域の草の根団体が実施する様々な体験活動や特色ある新たな取り組み、体験活動等の裾野を広げるような活動を中心に、様々な体験活動や読書活動等への支援を行っています。 「子どもゆめ基金」は、衆議院・参議院の超党派の国会議

この助成情報を開く

助成

日母おぎゃー献金基金「什器・備品等助成金」- 2018 年度

by 公益財団法人 日母おぎゃー献金基金

  • 福祉
  • 保健・医療

掲載:2018 年 8月 29日  

応募・申請期間

2018 年 11 月 30 日 (金)

 心身障害の予防と療育に寄与し児童福祉の増進を図ることを目的として、心身障害児施設等を設置・運営する社会福祉法人等へ建物等の施設整備費や備品等の購入に対する助成と心身障害の予防、療育等に関する研究に対し次のとおり助成を行います。

この助成情報を開く

助成

日母おぎゃー献金基金「施設助成金」- 2018 年度

by 公益財団法人 日母おぎゃー献金基金

  • 福祉
  • 保健・医療

掲載:2018 年 8月 29日  

応募・申請期間

2018 年 11 月 30 日 (金)

心身障害の予防と療育に寄与し児童福祉の増進を図ることを目的として、心身障害児施設等を設置・運営する社会福祉法人等へ建物等の施設整備費や備品等の購入に対する助成と心身障害の予防、療育等に関する研究に対し次のとおり助成を行います。

この助成情報を開く

助成

朝日新聞文化財団「芸術活動助成金」-2019 年度

by 公益財団法人 朝日新聞文化財団

  • 観光・文化・芸術

掲載:2018 年 8月 29日  

応募・申請期間

2018 年 11 月 28 日 (木) (WEB 申請手続きが完了していること)

音楽会、美術展覧会等への助成を通じて、文化、芸術等の発展、向上に寄与することを目的とします。

この助成情報を開く

助成

第 36 回「市川房枝女性の政治参画基金 “男女共同参画社会の形成・推進活動助成”」-2018 年度

by 公益財団法人 市川房枝記念会女性と政治センター

  • 男女共同参画

掲載:2018 年 7月 28日  

応募・申請期間

2018 年 9 月 15 日 (土)

「市川房枝女性の政治参画基金」は、(公財) 市川房枝記念会女性と政治センター事業の一環として、女性の政治参画の推進や選挙と政治の浄化など、女性が意思決定に主体的に関わり、民主的ガバナンスの担い手となるための活動や調査研究等への助成を行うものです。当財団の創設者市川房枝 (1893-1981) は婦人参政権運動を生涯貫きました。1953 年、参議院議員に初当選以来、歳費・手当の増加分を当財団に寄託し

この助成情報を開く

アワード

京都オムロン地域協力基金「京都ヒューマン賞」

by 公益財団法人 京都オムロン地域協力基金

  • 市民活動全般

掲載:2018 年 7月 25日  

応募・申請期間

2018 年 9 月 1 日 (土) ~ 11 月 30 日 (金)

地域における社会福祉、青少年の健全育成、男女共同参画の推進、生活環境や地球環境の整備等の分野において、社会に貢献されている京都と関わりのある個人や団体を顕彰するものです。毎年 6 月頃に京都市内において贈呈式を開催しています。

このアワード情報を開く

助成

民間都市開発推進 (MINTO) 機構「クラウドファンディング活用型まちづくりファンド」-2018 年度

by 一般財団法人 民間都市開発推進 (MINTO) 機構

  • まちづくり
  • 市民活動全般

掲載:2018 年 7月 14日  

応募・申請期間

通年とし随時受け付けます。

地方公共団体と MINTO 機構の資金拠出によりまちづくりファンドを組成し、まちづくり事業者 (住民等) クラウドファンディング (寄付型・購入型に限る) により個人等から資金提供を受けます。制度の特徴まちづくりファンド (基金) の新設・既設は問いません。まちづくりに資するハード事業であれば、幅広く助成の対象となります。(ハード事業と一体となるソフト事業も助成等の対象となります。)MINTO 機

この助成情報を開く

助成

JKA 「非常災害の援護」-2018 年度

by 公益財団法人 JKA

  • 災害救助・救援
  • 災害復興・支援

掲載:2018 年 7月 12日  

応募・申請期間

2018 年度内随時受付

本財団は、自転車競技法に基づく競輪振興法人、小型自動車競走法に基づくオートレース振興法人として、競輪・オートレースの収益を広く社会に還元し、社会貢献を果たすため、地方自治体が施行する競輪・オートレースの売上げの一部により、機械振興と公益事業振興に対する補助を行います。2018 年度の補助事業にあたっては、機械・公益事業のそれぞれの分野において、これまで取組んできた補助事業の成果・効果や自転車活用推

この助成情報を開く

助成

企業メセナ協議会「助成認定制度」

by 公益社団法人 企業メセナ協議会

  • 観光・文化・芸術

掲載:2018 年 7月 11日  

応募・申請期間

年 4 回 (1 月 20 日、4 月 20 日、7 月 20 日、10 月 20 日)

支援者は寄付しやすく、芸術団体は寄付を集めやすく企業メセナ協議会では、1994 年より芸術・文化活動等への民間寄付を税制面から促進する目的で「助成認定制度」を運営しています。事業費総額が 3,000 万円以下、または当該活動に対する寄付金総額が 1,000 万円以下の場合、本制度の対象となります。本制度を利用するには、芸術・文化活動をする団体・個人が活動ごとに申請を行い、「助成認定」を受ける必要が

この助成情報を開く

助成

企業メセナ協議会「 2021 芸術・文化による社会創造ファンド -2021 Arts Fund- 」

by 公益社団法人 企業メセナ協議会

  • 観光・文化・芸術

掲載:2018 年 7月 11日  

応募・申請期間

年 4 回 (1 月 20 日、4 月 20 日、7 月 20 日、10 月 20 日)

2020 年、日本はスポーツの祭典によって世界からの注目を集めます。それと同時に、日本各地の多彩な文化にも人々の関心が寄せられ、地域独自の文化の魅力を発信し、新たな芸術活動や国際的な文化交流をはかる機会ともなります。企業メセナ協議会では、2020 年を一つの節目と捉え、その先の未来を創造する芸術・文化の振興に向けて、「 2021 芸術・文化による社会創造ファンド」(略称:2021 Arts Fun

この助成情報を開く

助成

正力厚生会「がん患者団体助成事業」 -2019 年度

by 公益財団法人 正力厚生会

  • 福祉
  • 保健・医療

掲載:2018 年 6月 8日  

応募・申請期間

2018 年 9 月 28 日 (金)

正力厚生会は、全国のがん患者会、サポートグループなどで、資金不足からイベントやプロジェクト、研究などができない団体を公募し、活動資金を助成しています。

この助成情報を開く

補助

右京区役所「右京区まちづくり支援制度 “大学・学生枠 (学生支援型)” 」-2018 年度

by 京都市右京区役所

  • まちづくり

掲載:2018 年 5月 27日  

応募・申請期間

2018 年 6 月 25 日 (月) ~ 2018 年 8 月 24 日 (金)

右京区では、区民の皆様の参加と協働によるまちづくりを推進するため、「右京区まちづくり支援制度」により、自発的、主体的なまちづくり活動を支援しています。この度、2018 年度の支援事業を下記のとおり募集しますので、お知らせします。なお、今年度は、新たに「地域に根付く暮らしの文化」や「明治 150 年に関連する右京区の歴史・文化」を発掘し、継承・発展させる事業を重点テーマとして設定し、交付率を嵩上げす

この補助情報を開く

助成

コンサベーション・アライアンス・ジャパン「アウトドア環境保護基金」- 2018 年度

by コンサベーション・アライアンス・ジャパン

  • 環境保全

掲載:2018 年 5月 26日  

応募・申請期間

前期:2018 年 8 月 15 日 (水)
後期:2019 年 2 月 15 日 (金)

 私たちは、ビジネスで得た利益の一部を、フィールドの環境保護しているグループに活動資金として援助いたします。これは、間接的に私たちのお客様が、自然保護のために資金援助することになります。

この助成情報を開く

助成

損保ジャパン日本興亜福祉財団「自動車購入費助成」-2018 年度

by 公益財団法人 損保ジャパン日本興亜福祉財団

  • 福祉

掲載:2018 年 5月 18日  

応募・申請期間

2018 年 6 月 1 日 (金) ~ 2018 年 7 月 13 日 (金)

公益財団法人損保ジャパン日本興亜福祉財団では、福祉および文化の向上に資することを目的に、主として障害児・者、高齢者などを対象として活動する NPO の支援、社会福祉の学術文献表彰、学術研究・文化活動の助成などを実施しています。 障害の有無にかかわらず、すべての人が地域の中でともに支えあいながら暮らすことのできる社会づくりの一助となるべく、2018 年度の「自動車購入費助成」を行います。

この助成情報を開く

助成

「ライフキッズスポーツクラブ助成金」-2018 年度

by 公益財団法人 ライフスポーツ財団

  • こども・子育て
  • スポーツ

掲載:2018 年 5月 5日  

応募・申請期間

2018 年 12 月 20 日 (木)

公益財団法人ライフスポーツ財団共催「ライフキッズスポーツクラブ」とし、「幼児期における親子スポーツ事業」として 位置づけ、財団の推進事業とする。 

この助成情報を開く

助成

オリックス宮内財団「”子ども食堂”応援プロジェクト」 -2018 年度

by 公益財団法人 オリックス宮内財団

  • こども・子育て

掲載:2018 年 5月 2日  

応募・申請期間

<上半期>2018 年 5 月 1 日 (火) ~ 7 月 31 日 (火)
<下半期>2018 年 10 月 1 日 (月) ~ 11 月 30 日 (金)

さまざまな事情による、子どもの“孤食”や“欠食”を防ぎ、地域ぐるみで子どもを大事にする場となる「子ども食堂」の取り組みの充実にかかる経費の一部を助成するもの。このプロジェクトはオリックス宮内財団からの助成金をもとに、ご飯を食べたり、宿題をしたり、遊んだり、子どもたちが安心して過ごすことのできる居場所づくりの取り組みを広げるとともに、地域で子どもを見守る芽 (目) を育てていくことを目的とする。

この助成情報を開く

助成

あしたの日本を創る協会「食品ロス削減全国運動 活動助成」

by 公益財団法人 あしたの日本を創る協会

  • 福祉
  • 人権・平和
  • その他

掲載:2018 年 4月 28日  

応募・申請期間

平成 30 年度の全国運動は「食品ロス削減」がテーマです。全国運動に参加していただいた団体に対して、あしたの日本を創る協会では、下記のとおり助成を実施しています。ぜひ、この食品ロス削減全国運動にご参加ください。

この助成情報を開く

助成

「京都オムロン地域協力基金 一般助成」 -2018 年度

by 公益財団法人 京都オムロン地域協力基金

  • こども・子育て
  • 青少年
  • 福祉
  • 環境保全
  • 市民活動全般
  • 男女共同参画

掲載:2018 年 4月 24日  

応募・申請期間

2018 年 4 月 1 日~ 2019 年 3 月 31 日 (通年・都度受付)

当基金では、京都府内において、地域福祉の向上や青少年の健全育成、男女共同参画の推進、環境保全等に関する社会貢献活動をされている団体や個人の皆様が、イベントを開催される際の費用支援として、少額助成を行っています。また、環境保全活動のために必要な機材・備品の購入費用や、社会的課題 (ドメスティックバイオレンス (DV)、シングルマザーの育児の悩み等) の解決に向けて、経済的に困窮されている女性の方々が

この助成情報を開く

アワード

第 49 回「博報賞」

by 公益財団法人 博報児童教育振興会

  • こども・子育て
  • 社会教育

掲載:2018 年 4月 21日  

応募・申請期間

2018 年 6 月 29 日 (金)

博報賞は、児童・生徒に対し日頃、教育現場で尽力されている教育実践者・学校・団体の顕彰を通して、児童教育の現場を活性化させることを目的としています。スタートから 40 年以上の歴史を持ち、対象部門も拡大、すぐれた教育実践の輪を広げています。私達は「豊かな人間性」を育むには、「ことばの教育」の担う役割が大きいと考えます。「ことば」は、知識を吸収し、物事を理解し、考え、説明するために欠かせないものです。

このアワード情報を開く

助成

ラッシュジャパン「チャリティバンク」

by 株式会社ラッシュジャパン

  • 環境保全
  • 人権・平和
  • 災害復興・支援

掲載:2018 年 4月 4日  

応募・申請期間

3 ヶ月に 1 度、以下の月末を応募締め切りとします。
※ 応募締め切り日:3 月末日、6 月末日、9 月末日、12 月末日

ラッシュでは、小規模な草の根団体に寄付をしています。より良い社会を目指して、社会にポジティブな変化をもたらすため、社会や環境を気にかけ活動している団体を気にかけたいと考えているためです。ラッシュは次のような分野で活動する小規模な草の根団体を支援しています。自然環境の保護活動動物の権利擁護活動人権擁護/人道支援/復興支援活動

この助成情報を開く

融資

近畿労働金庫「障害者市民活動支援融資制度”ゆめのたね”」

by 近畿労働金庫

  • 福祉
  • まちづくり

掲載:2017 年 9月 27日  

応募・申請期間

この制度は、NPO 法人ゆめ風基金と近畿ろうきんが提携して創った新しいカタチの融資制度で、NPO 法人ならびに社会福祉法人の事業を資金面からサポートします。阪神・淡路大震災を機に、ゆめ風基金へ全国から寄せられた資金の一部を近畿ろうきんに預入れることで、提携融資制度を創りました。両者の協働によって包括的な保証のしくみを作ることで、事業歴の短い団体にも広くご利用していただける制度となっています。ご融資

この融資情報を開く

助成

損保ジャパン日本興亜福祉財団「住民参加型福祉活動資金助成」-2017 年度

by 公益財団法人 損保ジャパン日本興亜福祉財団

  • 市民活動全般

掲載:2017 年 8月 2日  

応募・申請期間

2017 年 9 月 1 日 (金) ~ 10 月 20 日 (金)

 公益財団法人損保ジャパン日本興亜福祉財団では、福祉及び文化の向上に資することを目的に、 主として障害児・者、高齢者などを対象として活動する NPO の支援、社会福祉の学術文献表彰、 学術研究・文化活動の助成などを実施しています。 「住民参加型福祉活動資金助成」では、地域における高齢者・障害者・子ども等に関する複合的な生活課題に、地域住民が主体となって、包括的な支援を行なう活動に必要な資金を助成し

この助成情報を開く

助成

「関西 NGO 助成プログラム」

by (特活) 関西 NGO 協議会 / (宗) 真如苑

  • 国際協力交流

掲載:2017 年 5月 4日  

応募・申請期間

本助成プログラムは、関西地域を主なる活動拠点としている国際協力 NGO、特に小規模、比較的経験の浅い NGO の活動を支援するため、組織力強化を目的としています。

この助成情報を開く
上へ