カテゴリー:「分野 人権・平和」一覧

助成掲載:1 週間以内

「大塚商会ハートフル基金」-2022年

by 株式会社 大塚商会

  • 人権・平和
  • 国際協力交流

掲載:2022 年 6月 26日  

応募・申請期間

2022 年 7 月 15 日 (金)

「大塚商会ハートフル基金」制度は、2003 年に誕生した社員と会社のマッチングギフト制度です。加入者の給与から毎月 100 円を積み立て、同額を会社が上乗せして基金とし、支援のテーマを決めて助成を行っています。2022 年 2 月のロシアによるウクライナへの軍事侵攻により、多くのウクライナ国民が犠牲になり、緊張と不安の中過ごしています。大塚商会ハートフル基金では、この困難な状況を乗り切る一助となる

この助成情報を開く

助成

日本財団「ウクライナ避難民支援 助成プログラム」

by 公益財団法人 日本財団

  • 福祉
  • 人権・平和
  • 国際協力交流

掲載:2022 年 5月 6日  

応募・申請期間

2022 年 12 月 31 日 (土)

 2022 年 2 月のロシアによるウクライナへの侵攻により、多くのウクライナ国民が戦禍を逃れて他国への避難を余儀なくされています。我が国においても、既に 300 人近い避難民が来日しており (2022 年 3 月 29 日現在)、今後さらに多くの避難民が来日することが見込まれています。一方で、各地域においてこれらの避難民の受け入れる態勢は十分とは言えません。 本助成プログラムは、各地域におけるウ

この助成情報を開く

助成

京都地域創造基金「猫基金 助成事業」

by 公益財団法人 京都地域創造基金

  • 人権・平和
  • 地域安全

掲載:2022 年 2月 18日  

応募・申請期間

随時

 現在、猫・犬の推計飼育頭数全国合計は、1,857万頭を超え、犬の飼育世帯率は 12 ~ 3%、猫の飼育世帯率は 9% 後半と言われています (一般社団法人ペットフード協会 2019)。ペットの殺処分 0 を目指す自治体や民間団体もあり、統計上、殺処分を減少させることができている自治体もあります。 現在のペットに関する民間活動は、保護活動や避妊去勢、また譲渡会などが主流です。それぞれの活動は必要性

この助成情報を開く

助成

「笹川日仏財団 助成金」

by 公益法人 笹川日仏財団

  • 人権・平和
  • 国際協力交流

掲載:2022 年 2月 18日  

応募・申請期間

申請の締め切りは、

  • 7 月の 最終月曜日 (翌年前期に実施予定の事業が対象)
  • および、

  • 1 月の最終月曜日 (当年後期に実施予定の事業が対象)

です。

笹川日仏財団は、1990 年 3 月 23 日の首相政令によってフランスの公益法人として認可されました。民間非営利の組織で、「日本とフランスの間の文化及び友好関係を発展させること」をその使命としています。

この助成情報を開く
上へ