カテゴリー:「分野 災害復興・支援」一覧

アワード

日本ユネスコ協会連盟「プロジェクト未来遺産 2018」

by 公益社団法人 日本ユネスコ協会連盟

  • 社会教育
  • 環境保全
  • 観光・文化・芸術
  • 災害復興・支援

掲載:2018 年 6月 4日  

応募・申請期間

2018 年 7 月 20 日 (金)

 日本の素晴らしい文化や自然は、長い歴史の中で先人たちの知恵や工夫によって育まれてきた、今の時代を生きる私たち日本人一人一人の財産です。その大切な財産を子どもたちへ残し、未来へ向けて文化や自然を守り、継承していく市民の活動が”未来遺産”です。 公益社団法人日本ユネスコ協会連盟では、失われつつある豊かな自然や文化を、子どもたちの未来に残そうとする活動を『プロジェクト未来遺産』

このアワード情報を開く

助成

ユニベール財団「特定活動助成 自然災害支援プログラム」

by 公益財団法人 ユニベール財団

  • 福祉
  • 災害復興・支援

掲載:2018 年 5月 2日  

応募・申請期間

2018 年 7 月 31 日 (火)

こころのケアのための “傾聴ボランティア” を応援します。 少子高齢化・人口減少が進むなかで、地域で孤立しがちな高齢者の話に真摯に耳を傾け、自立を見守る “傾聴ボランティア” に期待が寄せられています。災害時にも、被災者に寄り添い心の奥からこぼれ落ちてくる思いを受け止めるボランティアは、重要なサポート役として注目されています。 東日本大震災をはじめ熊本地震など、国内各地で自然災害が発生し、仮設住宅

この助成情報を開く

助成

ラッシュジャパン「チャリティバンク」

by 株式会社ラッシュジャパン

  • 環境保全
  • 人権・平和
  • 災害復興・支援

掲載:2018 年 4月 4日  

応募・申請期間

3 ヶ月に 1 度、以下の月末を応募締め切りとします。
※ 応募締め切り日:3 月末日、6 月末日、9 月末日、12 月末日

ラッシュでは、小規模な草の根団体に寄付をしています。より良い社会を目指して、社会にポジティブな変化をもたらすため、社会や環境を気にかけ活動している団体を気にかけたいと考えているためです。ラッシュは次のような分野で活動する小規模な草の根団体を支援しています。自然環境の保護活動動物の権利擁護活動人権擁護/人道支援/復興支援活動

この助成情報を開く

助成

ラッシュジャパン「LUSH FunD」

by 株式会社 ラッシュジャパン

  • こども・子育て
  • 災害復興・支援

掲載:2018 年 4月 2日  

応募・申請期間

3 か月に 1 回、3 月末、6 月末、9 月末、12 月末

ラッシュジャパンでは、2007 年 9 月より、小規模かつさまざまな社会課題に対して直接的に活動している草の根団体を支援してまいりました。そして、2011 年 3 月 11 日に発生した東日本大震災の被害状況に鑑みて、3 月 13 日以降、被災地で活動を行っている団体への支援を継続的に行っております。2012 年 11 月 20 日からは、クレイソープ『Fun』の販売 1 個につき 20 円を、福

この助成情報を開く

助成

日本郵便株式会社「年賀寄附金配分」-2018 年度

by 日本郵便株式会社

  • 青少年
  • 福祉
  • 環境保全
  • 人権・平和
  • 観光・文化・芸術
  • 国際協力交流
  • 災害救助・救援
  • 災害復興・支援
  • 地域安全

掲載:2017 年 9月 3日  

応募・申請期間

2017 年 9 月 11 日 (月) ~ 11 月 10 日 (金)

日本郵便株式会社 (東京都千代田区、代表取締役社長 横山 邦男) は、2018 年度年賀寄附金配分団体の公募を 2017 (平成 29 ) 年 9 月 11 日 (月)から開始します。寄附金付年賀葉書による年賀寄附金助成は、1949 (昭和24) 年に始まり、今年で 69 年目を迎え、この歴史を重ねる中で、日本固有の寄附文化に発展してきました。寄附金付年賀葉書は、戦後の社会経済の復興という時代背景

この助成情報を開く
上へ