カテゴリー:「分野 災害復興・支援」一覧

助成掲載:1 週間以内

「エキスパート福祉支援協会 助成」-2017 年度

by 特定非営利活動法人 エキスパート福祉支援協会

  • こども・子育て
  • 青少年
  • 福祉
  • 環境保全
  • 災害復興・支援

掲載:2017 年 9月 20日  

応募・申請期間

2017 年 4 月 1 日(土)~ 2018 年 2 月 28 日(水)

 当協会は、エキスパートアライアンス株式会社の社会貢献活動の実践のため団体として発足し、主に児童養護施設等を18歳で卒業する児童に対し、育英資金や進学資金を提供する事業を行ってきました。 2014年9月より事業目的を改定し、より広く社会貢献活動を行うため「児童養護、社会福祉、人道支援、環境保護支援の活動」に拡大し、助成金を必要としている団体に対し支援を行う活動を行うこととなりました。  当協会の社

この助成情報を開く

助成掲載:1 週間以内

Yahoo! 基金「東日本大震災復興支援”企画コース”助成プログラム」-2017 年度

by Yahoo! 基金

  • 災害復興・支援
  • その他

掲載:2017 年 9月 20日  

応募・申請期間

2017 年 11 月 19 日 (日)

東日本大震災から 7 年目となり、復興への課題も地域差が鮮明になってきました。 また、時間の経過とともに、被害が過去のものになりつつあり、風化が懸念されています。 震災で多くの命が奪われ、多くの被害があったこと、未だ行方不明者がいることを決して忘れてはなりません。 一方で、ただ忘れないだけではなく、そこで何が起こったのかを知り、 学ぶことは、今後起こるかもしれない自然災害に備えることにつなが ると

この助成情報を開く

助成掲載:1 週間以内

Yahoo! 基金「東日本大震災復興支援”展開コース”助成プログラム」-2017 年度

by Yahoo! 基金

  • 災害復興・支援

掲載:2017 年 9月 20日  

応募・申請期間

2017 年 11 月 19 日 (日)

東日本大震災から 7 年目となり、復興への課題も地域差が鮮明になってきました。 また、時間の経過とともに、被害が過去のものになりつつあり、風化が懸念されています。 震災で多くの命が奪われ、多くの被害があったこと、未だ行方不明者がいることを決して忘れてはなりません。 一方で、ただ忘れないだけではなく、そこで何が起こったのかを知り、 学ぶことは、今後起こるかもしれない自然災害に備えることにつながると

この助成情報を開く

助成

ジャパン・プラットホーム「“共に生きる”ファンド」- 2018 年度

by 特定非営利活動法人 ジャパン・プラットフォーム

  • 災害復興・支援

掲載:2017 年 9月 16日  

応募・申請期間

12 月 1 日(金)~ 12 月 7 日(木)

生活の糧や心の糧を生み、地域が主体となった「自立」した社会を支える。子ども、若者から高齢者まで、さまざまな世代が「共生」できる社会を支える。地域に根ざした伝統と文化を大切にした、「こころ」の復興を支える。ジャパン・プラットフォーム( JPF ) は、東日本大震災及び福島第一原発事故に起因する被災者の方々の「自立」、「共生」、「こころ」を支えることを目指し、東日本大震災の支援活動のためJPFへお寄せ

この助成情報を開く

助成

東日本大震災復興支援財団「子どもサポート基金」-2018 年度

by 公益財団法人 東日本大震災復興支援財団

  • こども・子育て
  • 福祉
  • 災害復興・支援

掲載:2017 年 9月 15日  

応募・申請期間

2017 年 10 月 10 日 (火)

公益財団法人東日本大震災復興支援財団(以下、「当財団」)は、東日本大震災で被災した地域の子どもたちが出来るだけ早く日常の生活を取り戻し、心身の健康を回復維持し、主体性を発揮して希望を持ってたくましく成長することをサポートするために、「子どもサポート基金」(以下、「本基金」)を設立し、東日本大震災で被災した子どもたちの支援活動等を行う団体への助成を行ってきました。本年も、被災した子どもたちを取り巻く

この助成情報を開く

助成

日本たばこ産業株式会社「JT NPO 助成事業”地域コミュニティの再生と活性化にむけて”」-2018 年度

by 日本たばこ産業株式会社

  • 環境保全
  • 市民活動全般
  • 災害復興・支援

掲載:2017 年 9月 14日  

応募・申請期間

2017 年 9 月 20 日 (水) ~ 2017 年 11 月 10 日 (金)

JT グループはより良い社会を築いていくためには、地域コミュニティの再生と活性化を推進することが重要と考えています。また、JT では、CSR の観点から、市民参加型の清掃活動「ひろえば街が好きになる運動」や森林保全活動「JT の森」等を通じて、環境美化や環境保全の取り組みを推進しています。NPO 助成にあたっては、地域社会を支えている人々や次世代の社会を担う人材を対象とし、地域と一体となって「地域

この助成情報を開く

助成

キリン福祉財団「キリン・地域のちから応援事業」-2018 年度

by 公益財団法人 キリン福祉財団

  • こども・子育て
  • 青少年
  • 社会教育
  • 福祉
  • まちづくり
  • スポーツ
  • 環境保全
  • 人権・平和
  • 観光・文化・芸術
  • 市民活動全般
  • 災害復興・支援
  • 地域安全
  • その他

掲載:2017 年 9月 12日  

応募・申請期間

2017 年 10 月 31 日 (火)

弊財団では、地域に根づく小さな福祉活動として実施してきた「キリン・子育て応援事業」「キリン・シルバー『力 (ちから)』応援事業」「キリン・子ども『力 (ちから)』応援事業」の 3 種類の公募助成を終了し、平成 30 年度より新たに 2 種類の公募助成を実施することにいたしました。今回、地域やコミュニティを元気にするさまざまなボランティア活動を応援する、「キリン・地域のちから応援事業」の募集要綱が決

この助成情報を開く

助成

「JR 西日本あんしん社会財団 活動助成」-2018 年度

by 公共財団法人 JR 西日本あんしん社会財団

  • 災害復興・支援
  • 地域安全

掲載:2017 年 9月 4日  

応募・申請期間

10 月 1 日(日) ~ 11 月 15 日(水)

 当財団は、平成 17 年 4 月 25 日に発生した福知山線列車事故を契機に、「安全で安心できる社会」の実現に寄与することを目的に平成 21 年に設立されました。これまで当財団では、その設立趣旨を踏まえ、事故や災害により被害に遭われた方々への心身のケアに関する支援をはじめ、様々な事業活動を展開しています。 事故、災害、不測の事態に対する備えや被害に遭われた方々への支援は多岐にわたります。グリーフ

この助成情報を開く

助成

日本郵便株式会社「年賀寄附金配分」-2018 年度

by 日本郵便株式会社

  • 青少年
  • 福祉
  • 環境保全
  • 人権・平和
  • 観光・文化・芸術
  • 国際協力交流
  • 災害救助・救援
  • 災害復興・支援
  • 地域安全

掲載:2017 年 9月 3日  

応募・申請期間

2017 年 9 月 11 日 (月) ~ 11 月 10 日 (金)

日本郵便株式会社 (東京都千代田区、代表取締役社長 横山 邦男) は、2018 年度年賀寄附金配分団体の公募を 2017 (平成 29 ) 年 9 月 11 日 (月)から開始します。寄附金付年賀葉書による年賀寄附金助成は、1949 (昭和24) 年に始まり、今年で 69 年目を迎え、この歴史を重ねる中で、日本固有の寄附文化に発展してきました。寄附金付年賀葉書は、戦後の社会経済の復興という時代背景

この助成情報を開く

コンテスト

「防災教育チャレンジプラン募集」-2018 年度

by 防災教育チャレンジプラン実行委員会

  • 災害救助・救援
  • 災害復興・支援

掲載:2017 年 8月 25日  

応募・申請期間

2017 年 11 月 24 日 (金)

防災教育チャレンジプランでは、全国で取り組まれつつある防災教育の場の拡大や質の向上に役立つ共通の資産をつくることを目的に、新しいチャレンジをサポートいたします。 そのプランの準備・実践に当たって発生する経費を支援し、実現に向けて防災教育チャレンジプランアドバイザーが伺うなどして相談などの支援を行います。 応募の中から選ばれたプランは、活動計画について前年度の活動報告会(最終報告会)で発表、さらに

このコンテスト情報を開く

助成

日本たばこ産業株式会社 現地 NPO 応援基金 第 3 期「特定助成 ” 東日本大震災復興支援 JT NPO 応援プロジェクト ” 」

by 認定 NPO 法人 日本 NPO センター / 日本たばこ産業株式会社

  • 災害救助・救援
  • 災害復興・支援

掲載:2017 年 7月 19日  

応募・申請期間
  1. 第 1 回 2016 年 9 月 12 日 (月) ~ 9 月 26 日 (月)
  2. 第 2 回 2017 年 2 月 14 日 (火) ~ 2 月 28 日 (火)
  3. 第 3 回 2017 年 8 月 17 日 (木) ~ 8 月 31 日 (木)
  4. 第 4 回 2018 年 2 月 14 日 (水) ~ 2 月 28 日 (水)

 東日本大震災の地震・津波・原発事故により、東北の各地域は甚大な被害を受けました。東北の未来をつくるのは、被災した住民ひとり一人の想いであり、これからは地域の復興、地域の未来について共通する想いや考え、経験を持つ人々が集まる「コミュニティづくり」が重要となります。 このコミュニティづくりを支えるのは、政府や自治体、企業では扱いにくいニーズや社会の課題に、自発的に取り組んでいる民間の非営利組織です。

この助成情報を開く

助成

ラッシュジャパン「LUSH FunD」

by 株式会社 ラッシュジャパン

  • こども・子育て
  • 災害復興・支援

掲載:2016 年 11月 11日  

応募・申請期間

3 か月に 1 回、3 月末、6 月末、9 月末、12 月末

ラッシュジャパンでは、2007 年 9 月より、小規模かつさまざまな社会課題に対して直接的に活動している草の根団体を支援してまいりました。そして、2011 年 3 月 11 日に発生した東日本大震災の被害状況に鑑みて、3 月 13 日以降、被災地で活動を行っている団体への支援を継続的に行っております。2012 年 11 月 20 日からは、クレイソープ『Fun』の販売 1 個につき 20 円を、福

この助成情報を開く
上へ