カテゴリー:「分野 災害復興・支援」一覧

Most Fresh

助成掲載:1 週間以内

JR 西日本あんしん社会財団「研究助成」-2020 年度

by 公益財団法人 JR 西日本あんしん社会財団

  • 災害復興・支援
  • 地域安全
  • その他

掲載:2019 年 8月 22日  

応募・申請期間

2019 年 10 月 1 日 (火) ~ 2019 年 11 月 14 日 (木)

当財団は、2005 年 4 月 25 日に発生した福知山線列車事故を契機に、「安全で安心できる社会」の実現に寄与することを目的に 2009 年に設立されました。これまで当財団では、その設立趣旨を踏まえ、事故や災害により被害に遭われた方々への心身のケアに関する支援をはじめ、様々な事業活動を展開しています。 事故、災害、不測の事態に対する備えや被害に遭われた方々への支援は多岐にわたります。グリーフケア

この助成情報を開く
Most Fresh

助成掲載:1 週間以内

「JR 西日本あんしん社会財団 活動助成」-2020 年度

by 公共財団法人 JR 西日本あんしん社会財団

  • まちづくり
  • 災害復興・支援
  • 地域安全

掲載:2019 年 8月 22日  

応募・申請期間

2019 年 10 月 1 日 (火) ~ 2019 年 11 月 14 日 (木)

当財団は、2005 年 4 月 25 日に発生した福知山線列車事故を契機に、「安全で安心できる社会」の実現に寄与することを目的に 2009 年に設立されました。これまで当財団では、その設立趣旨を踏まえ、事故や災害により被害に遭われた方々への心身のケアに関する支援をはじめ、様々な事業活動を展開しています。 事故、災害、不測の事態に対する備えや被害に遭われた方々への支援は多岐にわたります。グリーフケア

この助成情報を開く
Most Fresh

アワード掲載:1 週間以内

毎日新聞社 第 8 回「毎日地球未来賞」

by 毎日新聞社

  • 環境保全
  • 国際協力交流
  • 災害復興・支援
  • その他

掲載:2019 年 8月 22日  

応募・申請期間

2019 年 10 月 8 日 (火)

 「毎日地球未来賞」は、未来の子どもたちに良好な環境を残すため、「食料」「水」「環境」の分野で、国内外の問題解決のために地道に取り組んでいる草の根的な市民団体や、中高生・大学生など若い人たちの活動を表彰し、賞金を贈って活動を応援します。

このアワード情報を開く

助成

中央共同募金会 第 3 回「災害ボランティア・NPO 活動サポート募金 “ボラサポ・台風 21 号” 助成事業」

by 社会福祉法人 中央共同募金会

  • 災害復興・支援

掲載:2019 年 8月 3日  

応募・申請期間

2019 年 8 月 28 日 (水)

 中央共同募金会では、被災した人々を支援するボランティアや NPO 等が被災地の人々と協力しあうことで、被災地域の再興に向けた市民の力を高めることを目的として、「災害ボランティア・NPO 活動サポート募金 (ボラサポ・台風 21 号)」による助成事業を実施します。

この助成情報を開く

助成

JKA「非常災害の援護」-2019 年度

by 公益財団法人 JKA

  • 災害救助・救援
  • 災害復興・支援

掲載:2019 年 7月 26日  

応募・申請期間

2019 (平成 31) 年度内において随時受付けております。
(ただし、2019 (平成 31) 年度内に着手する必要があります。)

 本財団は、自転車競技法に基づく競輪振興法人、小型自動車競走法に基づくオートレース振興法人として、競輪・オートレースの収益を広く社会に還元し、社会貢献を果たすため、地方自治体が施行する競輪・オートレースの売上げの一部により、機械振興と公益事業振興に対する補助を行います。 2020 年度の補助事業にあたっては、機械・公益事業のそれぞれの分野において、これまで取組んできた補助事業の成果・効果、また自転

この助成情報を開く

助成

トヨタ財団「研究助成プログラム」-2019 年度

by 公益財団法人 トヨタ財団

  • 市民活動全般
  • 災害復興・支援
  • 科学技術・学術
  • その他

掲載:2019 年 7月 17日  

応募・申請期間

2019 年 9 月 13 日 (金)

 民主主義と市場経済を中心にした先進国の在り方は、格差の拡大、自国第一主義やポピュリズムの台頭、長期化する紛争と大量の難民受け入れ、移民・難民の排斥、強権的な政治、貿易紛争、SNS の普及に伴うフェイク・ニュースの拡散などによって、大きく揺らいでいます。これに加えて、食料価格高騰や頻発する自然災害などにより、市場の限界や気候変動といった地球規模の課題も、日常の暮らしにおいてひしひしと感じられるよう

この助成情報を開く

助成

「浄土宗ともいき財団 助成金」-2019 年度

by 公益財団法人 浄土宗ともいき財団

  • 社会教育
  • 福祉
  • まちづくり
  • 国際協力交流
  • 市民活動全般
  • 災害復興・支援
  • その他

掲載:2019 年 6月 22日  

応募・申請期間

2019 年 9 月 6 日 (金)

 浄土宗ともいき財団は、仏教精神に基づいた社会貢献活動の推進、支援、助成を事業のひとつとしており、その一環として、浄土宗教師が中心的役割を担う団体 (寺院・活動団体) が、自ら企画し実施する公益性のある事業に助成金を交付しております。 これは、僧侶の行う取り組みが地域社会をよりよいものにし、地域のすべての方々に提供されることを願うとともに、寺院の公益性の高まりを目指すものです。 なお、助成の採否、

この助成情報を開く

助成

ベネッセこども基金「被災した子どもの学びや育ちの支援活動助成」-2019 年度

by 公益財団法人 ベネッセこども基金

  • こども・子育て
  • 災害復興・支援

掲載:2019 年 6月 8日  

応募・申請期間

助成対象となる災害・地域決定後~ 2 か月間

  • 助成の予定総額に達した時点で、公募を締め切らせていただきます。

 日本国内の災害で被災した地域で、学びや育ちに困難を抱える子どもたちを、その支援活動に取り組む団体への助成を通して支援します。 近年では、地震、台風、水害などの災害がさまざまな地域で多発するようになってきています。災害を起因として困難な課題を抱える子どもたちの支援をより迅速かつタイムリーに行っていくことを目指し、緊急支援をベースとした助成のしくみをスタートします。

この助成情報を開く

助成

ラッシュジャパン「LUSH FunD」

by 株式会社 ラッシュジャパン

  • こども・子育て
  • 災害復興・支援

掲載:2019 年 6月 1日  

応募・申請期間

2 ヶ月に 1 度、以下の月末を応募締め切りとします。
※応募締め切り日:2 月末日、4 月末、6 月末日、8 月末日、10 月末、12 月末日

ラッシュジャパンでは、2007 年 9 月より、小規模かつさまざまな社会課題に対して直接的に活動している草の根団体を支援してまいりました。そして、2011 年 3 月 11 日に発生した東日本大震災の被害状況に鑑みて、3 月 13 日以降、被災地で活動を行っている団体への支援を継続的に行っております。2012 年 11 月 20 日からは、クレイソープ『Fun』の販売 1 個につき 20 円を、福

この助成情報を開く

助成

ラッシュジャパン「チャリティバンク」

by 株式会社ラッシュジャパン

  • 環境保全
  • 人権・平和
  • 災害復興・支援

掲載:2019 年 6月 1日  

応募・申請期間

2 ヶ月に 1 度、以下の月末を応募締め切りとします。
※ 応募締め切り日:2 月末日、4 月末、6 月末日、8 月末日、10 月末、12 月末日

ラッシュでは、小規模な草の根団体に寄付をしています。より良い社会を目指して、社会にポジティブな変化をもたらすため、社会や環境を気にかけ活動している団体を気にかけたいと考えているためです。ラッシュは次のような分野で活動する小規模な草の根団体を支援しています。自然環境の保護活動動物の権利擁護活動人権擁護/人道支援/復興支援活動

この助成情報を開く

補助

国土交通省「住宅確保要配慮者専用賃貸住宅改修事業」-2019 年度

by 国土交通省

  • こども・子育て
  • 福祉
  • 人権・平和
  • 災害復興・支援
  • その他

掲載:2019 年 5月 29日  

応募・申請期間

2020 年 2 月 28 日 (金)

 「住宅確保要配慮者専用賃貸住宅改修事業」は、住宅に困窮する子育て世帯や高齢者世帯等の住宅確保要配慮者の増加に対応するため、民間賃貸住宅や空き家を活用した住宅確保要配慮者円滑入居賃貸住宅の登録制度等を内容とする新たな住宅セーフティネット制度の創設に合わせ、緊急的な供給促進を図るため、住宅確保要配慮者専用賃貸住宅の整備に係る事業を公募し、予算の範囲内において、本整備に要する費用の一部を補助するもので

この補助情報を開く

助成

Yahoo! 基金「東日本大震災復興支援助成プログラム」-2018 年度

by Yahoo! 基金

  • 災害復興・支援

掲載:2018 年 10月 18日  

応募・申請期間

2018 年 11 月 25 日 (日)

東日本大震災から 8 年目となり、復興への課題も地域差が鮮明になってきました。また、時間の経過とともに、風化が懸念されています。 震災で多くの命が奪われ、多くの被害があったこと、未だ行方不明者がいることを決して忘れてはなりません。 一方で、2018 年は日本各地で地震や豪雨、台風などの災害が起こりま したが、東日本大震災での教訓が活かされていないケースも見受けられます。私たちにとって、東日本大震災

この助成情報を開く
上へ