カテゴリー:「分野 こども・子育て」一覧

助成掲載:1 週間以内

「庭野平和財団 公募助成」-2022 年度

by 公益財団法人 庭野平和財団

  • こども・子育て
  • 人権・平和
  • 国際協力交流

掲載:2022 年 9月 29日  

応募・申請期間

2022 年 10 月 22 日 (土)

 平和の実現は、私たち人類全ての願いです。 今日多くの国々で、多くの人々が平和への惜しみない努力を続けております。にもかかわらず、現実には依然として問題が山積しており、これらの問題にいかに対処していくかが現代における私たちの課題であります。 平和を阻害する要因には、個人、家庭、地域社会、国家のレベルから、自然環境の問題に至るまで様々な要因が存在します。しかし、いずれにせよ問題の根底には人間自身のあ

この助成情報を開く

助成掲載:1 週間以内

日本財団「海と日本 PROJECT」-2023 年度

by 公益財団法人 日本財団

  • こども・子育て
  • 青少年
  • スポーツ
  • 環境保全
  • 観光・文化・芸術
  • 市民活動全般

掲載:2022 年 9月 29日  

応募・申請期間

第 1 回:2022 年 10 月 3 日 (月) 12:00 ~ 2022 年 10 月 31 日 (月) 17:00
第 2 回:2023 年 1 月 (予定)

日本は、四方を海に囲まれた国。私たちの社会や文化は、海に囲まれた環境の中で形づくられてきており、食べ物や生活道具、名前や地名、文学、歌、暦、歳時、祭りなどさまざまなものが海と結びついています。また、国民の祝日としても「海の日」がある世界でも唯一の国、それが日本です。内陸・沿岸問わず、“地域”もさまざまな形で海とつながっています。あなたの地域では、海とのつながりを活かすことができているでしょうか?一

この助成情報を開く

助成掲載:1 週間以内

日本財団「子ども第三の居場所」‐2023 年度

by 公益財団法人 日本財団

  • こども・子育て
  • 青少年

掲載:2022 年 9月 29日  

応募・申請期間

2022 年 10 月 3 日 (月) 12:00 ~ 2022 年 10 月 31 日 (月)

すべての子どもたちが、未来への希望を持ち、これからの社会を生き抜く力を育むことのできる機会と環境を提供することは、大人世代の責任です。しかし現実には、家庭の抱える困難が複雑・深刻化し、地域のつながりも希薄になる中で、安心して過ごせる居場所がなく、孤立してしまう子どもも少なくありません。日本財団は、子どもたちが安心して過ごせる環境で、自己肯定感、人や社会と関わる力、生活習慣、学習習慣など、将来の自立

この助成情報を開く

助成

日母おぎゃー献金基金「什器・備品等助成金」-2022 年度

by 公益財団法人 日母おぎゃー献金基金

  • こども・子育て
  • 福祉

掲載:2022 年 9月 18日  

応募・申請期間

2022 年 11 月 30 日 (水)

心身障がいの予防と療育に寄与し児童福祉の増進を図ることを目的として、心身障がい児施設等を設置・運営する社会福祉法人等へ建物等の施設整備品や備品等の購入に対する助成と心身障がいの予防、療育等に関する研究に対し次のとおり助成を行う。【同団体の他の助成金】 「施設助成金」

この助成情報を開く

助成

日母おぎゃー献金基金「施設助成金」-2022 年度

by 公益財団法人 日母おぎゃー献金基金

  • こども・子育て
  • 福祉

掲載:2022 年 9月 18日  

応募・申請期間

2022 年 11 月 30 日 (水)

心身障がいの予防と療育に寄与し児童福祉の増進を図ることを目的として、心身障がい児童施設等を設置・運営する社会福祉法人等へ建物等の施設整備費や備品等の購入に対する助成と心身障がいの予防、療育等に関する研究に対し次のとおり助成を行う。【同団体の他の助成金】 「什器・備品等助成金」

この助成情報を開く

助成金

キリン福祉財団「キリン・福祉のちから開拓事業」-2023 年度

by 公益財団法人 キリン福祉財団

  • こども・子育て
  • 青少年
  • 福祉

掲載:2022 年 9月 10日  

応募・申請期間

2022 年 10 月 31 日 (月)

公益財団法人キリン福祉財団 (理事長 三宅 占二) は、長期的な視点で全国や広域にまたがる社会的な課題の解決に取り組むボランティアを応援する「キリン・福祉のちから開拓事業」の募集要綱を決定しましたので、下記の通りご案内申し上げます。なお、本公募は全国や広域(複数の都道府県)にまたがる取り組みが対象となります。地域内 (一つの都道府県内) での活動は、 「キリン・地域のちから応援事業」にてお申し込み

この助成金情報を開く

助成

キリン福祉財団「キリン・地域のちから応援事業」-2023 年度

by 公益財団法人 キリン福祉財団

  • こども・子育て
  • 福祉
  • まちづくり
  • 市民活動全般

掲載:2022 年 9月 10日  

応募・申請期間

2022 年 10 月 31 日 (月)

障害があってもなくても、高齢者でも子どもでも、日本人でも外国人でも、同じ地域やコミュニティで生活する一員として、共に理解し合い・支え合う共生社会の実現を願い、地域における障害児・者、高齢者、子どもなどの福祉向上に関わる、次のような幅広いボランティア活動を実施する団体に対して助成します。災害の復興応援および防災や公衆衛生(新型コロナウィルス感染拡大防止への取り組み)に関しても広く募集します。

この助成情報を開く

助成

子どもゆめ基金「体験活動・読書活動」 -2023 年度

by 独立行政法人 国立青少年教育振興機構

  • こども・子育て
  • 市民活動全般

掲載:2022 年 9月 10日  

応募・申請期間

一次募集: 2022 年 10 月 1 日 (土) ~ 2022 年 11 月 29 日 (火)
二次募集: 2023 年 5 月 1 日 (月) ~ 2023 年 6 月 27 日 (火)

この基金は、未来を担う夢を持った子供の健全育成を推進するため、自然に触れ親しむ活動、科学実験などの科学体験活動、異年齢間の交流を促進する活動、絵本の読み聞かせ会などの読書活動といった地域の草の根団体が実施する様々な体験活動や特色ある新たな取り組み、体験活動等の裾野を広げるような活動を中心に、様々な体験活動や読書活動等への支援を行っています。「子どもゆめ基金」は、衆議院・参議院の超党派の国会議員によ

この助成情報を開く

助成

第 14 回「阪急阪神 未来のゆめ・まち基金 市民団体助成プログラム」

by 阪急阪神ホールディングス グループ

  • こども・子育て
  • 青少年
  • 社会教育
  • まちづくり

掲載:2022 年 9月 9日  

応募・申請期間

2022 年 10 月 14 日 (金)

「阪急阪神 未来のゆめ・まち基金」では、当社グループの社会貢献活動「阪急阪神 未来のゆめ・まちプロジェクト」が目指す、「未来にわたり住みたいまち」づくりを共に推進してくださるパートナーとして、阪急阪神沿線の市町で活動する市民団体への助成を行っています。 一方で、2015 年 9 月の国連サミットで採択され、2030 年までの達成を目指す持続可能な開発目標「Sustainable Developme

この助成情報を開く

助成

JR 西日本あんしん社会財団「活動助成」-2023 年度

by 公益財団法人 JR 西日本あんしん社会財団

  • こども・子育て
  • 福祉
  • まちづくり
  • 災害復興・支援
  • 地域安全

掲載:2022 年 9月 9日  

応募・申請期間

2022 年 10 月 1 日 (土) ~ 2022 年 11 月 15 日 (火)

 当財団は、2005 年 4 月 25 日に発生した福知山線列車事故を契機に、「安全で安心できる社会」の実現に寄与することを目的に 2009 年に設立されました。これまで当財団では、その設立趣旨を踏まえ、事故や災害により被害に遭われた方々への心身のケアに関する支援をはじめ、様々な事業活動を展開しています。 事故、災害、不測の事態に対する備えや被害に遭われた方々への支援は多岐にわたります。グリーフケ

この助成情報を開く

助成

日工組社会安全研究財団「県域安全事業」 -2023 年度

by 公益財団法人 日工組社会安全研究財団

  • こども・子育て
  • 青少年
  • 地域安全

掲載:2022 年 8月 30日  

応募・申請期間

2022 年 10 月 14 日 (金)

公益財団法人日工組社会安全研究財団(以下「当財団」という。)は、人々が犯罪と関わりなく安全かつ安心して生活できる社会の実現を目指しています。そのため、同じ目的を有する団体の活動を助成によって支援します。助成は、犯罪の予防活動を中心に、少年非行防止・被害者支援等の活動を対象とします。

この助成情報を開く

助成

日本科学協会「笹川科学研究助成 “実践研究部門”」-2023 年度

by 公益財団法人 日本科学協会

  • こども・子育て
  • 社会教育
  • 福祉
  • まちづくり
  • 市民活動全般
  • 科学技術・学術

掲載:2022 年 8月 27日  

応募・申請期間

2022 年 9 月 15 日 (木)10:00 ~ 2022 年 10 月 17 日 (月) 23:59 まで

 本助成制度は、課題の設定が独創性・萌芽性をもつ研究、発想や着眼点が従来にない新規性をもつ研究を支援します。 とりわけ実践研究部門においては、急速な社会構造の変化に伴って生じる様々な問題の解決に向けた、実践を伴う研究を支援するものです。その中でも、実践研究に関する『海に関係する研究』は重点テーマとして支援します。 毎年度の研究期間終了後、審査選考を行い、優れた研究成果を挙げた方や、厳しい研究環境の

この助成情報を開く

助成

あしたの日本を創る協会「地域活動団体への助成 ”生活学校助成”」

by 公益財団法人 あしたの日本を創る協会

  • こども・子育て
  • 市民活動全般

掲載:2022 年 8月 26日  

応募・申請期間

2022 年 10 月 31 日 (月)

 近所の一人暮らしのお年寄りや子どもたちの見守り、ごみの収集や資源リサイクル活動など、身近な地域や暮らしの問題に取り組むグループの皆さま、生活学校に参加してみませんか? 生活学校の趣旨に賛同し、参加を希望する地域活動団体の募集を行い、当協会から活動経費の助成を行います。【生活学校とは?】 身近な地域や暮らしの様々な課題について、学び、調べ、話し合い、他のグループとも協力し合いながら、実践活動のなか

この助成情報を開く

助成

「長谷福祉会 助成事業」-2022 年度

by 公益財団法人 長谷福祉会

  • こども・子育て
  • 青少年
  • 福祉
  • 人権・平和

掲載:2022 年 8月 12日  

応募・申請期間

2022 年 10 月 6 日 (木)

当財団は「財団法人 長谷福祉会」として昭和 56 年 12 月 5 日発足し、以後京都府内の社会福祉事業に対し、設備、環境等の整備に係る助成並びに運営支援を実施してまいりましたが、平成 24 年 3 月 29 日付けにて「公益法人」の認定を受け、これを以って同 4 月 1 日に「公益財団法人 長谷福祉会」と名称変更いたしました。令和 4 年度も新しい公益法人法に基づき、41 期に亘る事業活動の歴史

この助成情報を開く

補助

京都市「子どもの居場所づくり支援事業補助金」-2022 年度

by 京都市

  • こども・子育て
  • 青少年

掲載:2022 年 8月 9日  

応募・申請期間

2023 年 3 月 31 日 (金)

京都市では、子ども達が安心して過ごせ、地域の大人や社会とつながれる取組を支援するため、「子どもの居場所づくり」に新たに取り組まれる団体等に対し、初期費用の一部を補助する事業を実施しています。このたび、令和 4 年度の募集を開始しますので、子ども食堂や、学習支援、生活支援等に新たに取り組みたいと考えられている場合は、是非、本補助金をご活用ください。

この補助情報を開く

助成

日工組社会安全研究財団「広域安全事業」 -2023 年度

by 公益財団法人 日工組社会安全研究財団

  • こども・子育て
  • 青少年
  • 地域安全
  • その他

掲載:2022 年 8月 8日  

応募・申請期間

2022 年 9 月 1 日 (木) ~ 10 月 14 日 (金) まで

公益財団法人日工組社会安全研究財団は、人々が犯罪と関わりなく安全かつ安心して生活できる社会の実現を目指しています。そのため、同じ目的を有する団体の活動を助成によって支援します。

この助成情報を開く

アワード

程ヶ谷基金「男女共同参画・少子化関連顕彰」‐2022 年度

by 公益社団法人 程ヶ谷基金

  • こども・子育て
  • 男女共同参画

掲載:2022 年 8月 8日  

応募・申請期間

2022 年 9 月 30 日(金)

この顕彰は、男女共同参画社会の推進及び少子化対策がわが国の健全なる発展において極めて重要な礎になるとの認識に鑑み、若手研究者等の研究・活動の一層の推進を目指すことを旨とします。

このアワード情報を開く

コンテスト

「公園・夢プラン大賞」-2022 年度

by 一般財団法人 公園財団

  • こども・子育て
  • 青少年
  • 社会教育
  • 福祉
  • 市民活動全般

掲載:2022 年 8月 8日  

応募・申請期間

2022 年 9 月 30 日 (金)

「公園・夢プラン大賞」は、全国の公園緑地等を舞台に、市民による自由な発想で実施されたイベントや活動、これからやってみたいアイデア・プランを募集し、審査・表彰するもので、公園を楽しく使いこなす人々をさらに増やしてゆくことを目指しています。

このコンテスト情報を開く

助成

京都市「子ども食堂及び子育て世帯への食品配送事業に対する支援金の支給」-2022 年度

by 京都市

  • こども・子育て
  • 福祉

掲載:2022 年 7月 25日  

応募・申請期間

2022 年 12 月 28 日 (水) まで
※ただし、今後新たに実施する事業については、2023 年 3 月 31 日 (金) まで

長引くコロナ禍に引き続く原油価格や物価が高騰する状況下においても、子ども食堂や子育て家庭への食品配送に取り組む団体が安定的に取組を実施していただけるよう、子ども食堂及び子育て世帯への食品配送事業に対する支援金の支給を実施します。

この助成情報を開く

助成

「ソニー音楽財団 子ども音楽基金」-2023 年度

by 公益財団法人 ソニー音楽財団

  • こども・子育て
  • 観光・文化・芸術

掲載:2022 年 7月 16日  

応募・申請期間

2022 年 8 月 1 日 (月)

公益財団法人ソニー音楽財団では、子どもたちが豊かな感性・すこやかに生きる力をはぐくむためには、音楽を通じた体験や活動が重要であると考えております。先進国でも相対性貧困などに起因する教育格差が社会問題となるなか、地域・環境・経済状況などに左右されることなく音楽に触れることのできる社会であることを目指して、当財団は 2019 年 (令和元年) に「ソニー音楽財団 子ども音楽基金」を設立し、これまでに合

この助成情報を開く

補助

京都府「きょうとこどもの城づくり事業 (きょうと子ども食堂) 開設・運営支援事業 (第 2 次募集)」-2022 年度

by 京都府

  • こども・子育て
  • 福祉

掲載:2022 年 7月 16日  

応募・申請期間

2022 年 6 月 30 日 (木) ~ 2022 年 12 月 23 日 (金)

京都府では、様々な課題 (生活困窮世帯・ひとり親家庭等) を抱える子どもとその保護者を広く受け入れ、子どもが将来の希望や夢を持つきっかけとなる場をつくるため、食事や相談等を通じて、居場所やその他の福祉施策に繋ぐ入口となる「きょうと子ども食堂」の開設及び運営をされる民間の団体の取組を支援します。

この補助情報を開く

補助金

山科区役所「~やましな輝きプロジェクト~山科区における子どもへの食事提供支援事業補助金」

by 山科区役所

  • こども・子育て
  • 福祉

掲載:2022 年 7月 16日  

応募・申請期間

2022 年 6 月 1 日 (水) ~ 2023 年 2 月 28 日 (火)

この度、やましな輝きプロジェクト実行委員会では、新型コロナウイルス感染症等の影響により貧困等の困難を抱える子どもたちの健康や生活習慣の向上を図ることを目的として、地域団体等が行う子どもへの食事提供の活動を支援する「山科区における子どもへの食事提供支援事業補助金」の対象事業を募集します。

この補助金情報を開く

補助金

京都府「京都府子どもの未来づくりサポーター活動支援事業」

by 京都府

  • こども・子育て
  • 青少年

掲載:2022 年 6月 12日  

応募・申請期間

2022 年 6 月 30 日 (木)

京都府では、「京都府子どもの貧困対策推進計画」に基づき、すべての子どもが生まれ育つ環境に左右されることなく、その将来に夢や希望を持って成長していける社会の実現を目指すこととしています。低所得世帯の子どもの多くは、生活習慣の確立や学習習慣の定着が図られていないことから、大学生などの若い世代が中心となって取り組む子どもの貧困対策に係る取り組みを応援します。

この補助金情報を開く

助成

ユニベール財団 「特定活動助成 “一人ひとりの心に寄り添う傾聴ボランティアを応援します”」-2022 年度

by 公益財団法人 ユニベール財団

  • こども・子育て
  • 青少年
  • 福祉
  • 災害復興・支援

掲載:2022 年 5月 24日  

応募・申請期間

2022 年 7 月 29 日 (金)

近年、国内では地震や豪雨などの自然災害が相次いで発生し、地域の復興や生活再建とともに、被災した人々の心のケアの必要性が指摘されています。また、少子高齢化・人口減少が進む現代は、高齢者の孤立や、青年・壮年の引きこもり、孤立した育児や介護など特有の課題があり、新型コロナウイルス感染症の発生は状況をさらに深刻化させています。さまざまな困難に直面する人々の話を親身に聴き、心の奥からこぼれてくる思いを受け止

この助成情報を開く

助成

伊藤忠記念財団「子ども文庫助成 ”子どもの本 100 冊助成”」-2022 年度

by 公益財団法人 伊藤忠記念財団

  • こども・子育て
  • 社会教育

掲載:2022 年 5月 9日  

応募・申請期間

2022 年 6 月 20 日 (月)

子ども文庫助成事業は 1975 年度より、地域の子どもたちに本を届けることを目的に読書啓発活動を行っている団体・施設・個人で、今後も活動を継続する意思がある方を対象に、支援を続けております。2021 年度までに、海外を含む延べ 2,595 件、約 11 億円の助成を行っています。

この助成情報を開く

助成

伊藤忠記念財団「子ども文庫助成 “病院・施設子ども読書活動費助成”」-2022 年度

by 公益財団法人 伊藤忠記念財団

  • こども・子育て
  • 社会教育

掲載:2022 年 5月 9日  

応募・申請期間

2022 年 6 月 20 日 (月)

子ども文庫助成事業は 1975 年度より、地域の子どもたちに本を届けることを目的に読書啓発活動を行っている団体・施設・個人で、今後も活動を継続する意思がある方を対象に、支援を続けております。2021 年度までに、海外を含む延べ 2,595 件、約 11 億円の助成を行っています。

この助成情報を開く

助成

真如苑「子ども食堂支援助成」‐2022年度

by 真如苑

  • こども・子育て

掲載:2022 年 5月 6日  

応募・申請期間

2022 年 5 月 25 日 (水)

 私たち真如苑は、「すべての“いのち”に希望ある未来(あした)を」をテーマに、志を同じくする多くの方々とともに社会貢献活動を進めてまいりました。 2020 年 3 月、新型コロナウイルス感染拡大にともなう突然の臨時休校を機に実施した、こども食堂等への助成事業では、様々な困難を抱える家庭やその子どもたちのために活動する多くの団体の皆様と出会うことができました。「食べる」ことは人が生きていくために必要

この助成情報を開く

助成

「京都オムロン地域協力基金 一般助成(イベント開催への助成)」-2022 年度

by 公益財団法人 京都オムロン地域協力基金

  • こども・子育て
  • 青少年
  • 福祉
  • 環境保全
  • 男女共同参画

掲載:2022 年 5月 4日  

応募・申請期間

2022 年 4 月 1 日 ~ 2023 年 3 月 31 日 (通年・都度受付)

オムロン基金では、地域福祉の向上や青少年の健全育成、男女共同参画の推進、環境整備等に関する社会貢献活動をされている団体や個人に対して、イベント等を開催される際の費用や、社会的課題 (ドメスティックバイオレンス、シングルマザーの育児の悩み等) の解決に向けて、経済的に困窮されている女性の方々が交流するための会合費用、配偶者や親の暴力から逃れるための民間シェルターの維持運営費用を助成しています。※ 子

この助成情報を開く

助成

そらべあ基金 第 80・81・82 基「そらべあスマイルプロジェクト」

by NPO 法人 そらべあ基金

  • こども・子育て
  • 環境保全

掲載:2022 年 4月 24日  

応募・申請期間

2022 年 5 月 30 日 (月)

そらべあ基金では、個人や企業の皆様からのご支援により、全国の幼稚園・保育園・こども園に太陽光発電設備「そらべあ発電所」を寄贈する「そらべあスマイルプロジェクト」に取り組んでいます。このプロジェクトは、環境教育の観点で再生可能エネルギーを導入し、環境の大切さを子どもたちに伝え、より良い環境の循環により地球温暖化を防ぎ未来を変えていくことを目指しています。2008 年からこれまでに、北海道から九州まで

この助成情報を開く

助成

日本おもちゃ図書館財団「【新設】老人福祉施設・老人ホーム等におもちゃセット助成事業」-2022 年度

by 一般財団法人 日本おもちゃ図書館財団

  • こども・子育て
  • 福祉

掲載:2022 年 4月 20日  

応募・申請期間

2022 年 5 月 20 日 (水)

 当財団は、障害のある子ども達が健やかに成長することを願い「おもちゃ図書館」のボランティア活動を支援するために、株式会社バンダイの創業者である山科直治氏故人が私財を基金として拠出し、1984 年に設立されました。 ボランティアが運営する全国の「おもちゃ図書館」や、老人福祉施設・老人ホーム等に開設する「おもちゃ図書館」におもちゃの助成を行っています。 「おもちゃの図書館」とは、障害のある子どもたちが

この助成情報を開く

助成

京都オムロン地域協力基金「オムロン基金 子ども食堂助成制度」-2022 年度

by 公益財団法人 京都オムロン地域協力基金

  • こども・子育て
  • 青少年

掲載:2022 年 4月 18日  

応募・申請期間

2022 年 4 月 1 日 ~ 2023 年 3 月 31 日 (通年・都度受付)

公益財団法人 京都オムロン地域協力基金 (オムロン基金) は、様々な事情から食事の問題を抱える子どもたちやその保護者等のために、子ども食堂を開設または運営するための費用の一部を助成します。 京都府や京都市などから子ども食堂の開設および運営費用に対する補助金や助成金を受給している、または受給予定である子ども食堂もオムロン基金の助成制度に申し込むことができます。助成対象経費運営費助成: 調理用消耗品購

この助成情報を開く

コンテスト

安藤スポーツ・食文化振興財団 第 21 回「トム・ソーヤースクール企画コンテスト」‐2022 年度

by 公益財団法人 安藤スポーツ・食文化振興財団

  • こども・子育て
  • 青少年
  • 社会教育

掲載:2022 年 3月 25日  

応募・申請期間

2022 年 5 月 27 日(金)

当財団では、「トム・ソーヤ―スクール企画コンテスト」を主催し、自然体験活動にとって大切な「企画力」の向上を図るために、全国からユニークで創造性に富んだ自然体験活動の企画案を公募しています。選考の上、 50 団体に例年実施支援金として 10 万円を贈呈しています。さらに、支援 50 団体から提出された実施報告書を審査し、学校部門には文部科学大臣賞と優秀賞を、一般部門には安藤百福賞と優秀賞を授与し表彰

このコンテスト情報を開く

助成

「日本メイスン財団 助成事業」

by 一般財団法人 日本メイスン財団

  • こども・子育て
  • 福祉

掲載:2022 年 3月 19日  

応募・申請期間

随時

日本メイスン財団は、フリーメイスンの精神のもと、各種の慈善救済事業を行い、同様の目的を持つ団体の事業を助成し、また天災、戦争等の被災者・被害者および孤児寡婦を救済することを目的としています。財団が行うこうした支援は、日本国内はもとより、世界各地の社会福祉・救援活動にまで広がっています。

この助成情報を開く

融資

日本政策金融公庫「ソーシャルビジネス支援資金」

by 株式会社 日本政策金融公庫

  • こども・子育て
  • 福祉
  • 市民活動全般

掲載:2022 年 3月 19日  

応募・申請期間

随時

「ソーシャルビジネス支援資金(企業活力強化貸付)」のご融資を通じて、社会的課題の解決を目的とする事業を営むみなさまのお手伝いをさせていただいております。

この融資情報を開く

助成

「京都オムロン地域協力基金 一般助成」-2021 年度

by 公益財団法人 京都オムロン地域協力基金

  • こども・子育て
  • 青少年
  • 福祉
  • 環境保全
  • 市民活動全般
  • 男女共同参画

掲載:2022 年 2月 18日  

応募・申請期間

2021 年 4 月 1 日 ~ 2022 年 3 月 31 日 (通年・都度受付)

 オムロン基金では、地域福祉の向上や青少年の健全育成、男女共同参画の推進、環境整備等に関する社会貢献活動をされている団体や個人に対して、イベント等を開催される際の費用や、社会的課題 (ドメスティックバイオレンス、シングルマザーの育児の悩み等) の解決に向けて、経済的に困窮されている女性の方々が交流するための会合費用、配偶者や親の暴力から逃れるための民間シェルターの維持運営費用を助成しています。

この助成情報を開く

助成

日本財団「海と日本 PROJECT」-2022 年度

by 公益財団法人 日本財団

  • こども・子育て
  • 青少年
  • 社会教育
  • スポーツ
  • 環境保全
  • 観光・文化・芸術

掲載:2021 年 10月 5日  

応募・申請期間

第 1 回:2021 年 10 月 29 日 (金)
第 2 回:2022 年 1 月 (予定)

 日本は、四方を海に囲まれた国。私たちの社会や文化は、海に囲まれた環境の中で形づくられてきており、食べ物や生活道具、名前や地名、文学、歌、暦、歳時、祭りなどさまざまなものが海と結びついています。また、国民の祝日としても「海の日」がある世界でも唯一の国、それが日本です。内陸・沿岸問わず、“地域”もさまざまな形で海とつながっています。あなたの地域では、海とのつながりを活かすことができているでしょうか?

この助成情報を開く

助成

さわやか福祉財団「地域助け合い基金」

by 公益財団法人 さわやか福祉財団

  • こども・子育て
  • 福祉
  • 保健・医療
  • まちづくり
  • 男女共同参画
  • その他

掲載:2021 年 7月 1日  

応募・申請期間

随時受付
ただし、当分の間、「コロナ禍対応助成」を優先して決定します。

つながろう、心で 広げよう、笑顔の助け合い! 「地域助け合い基金」でコロナ禍を乗り越えて共生社会へ 新型コロナウイルスの感染拡大により、私たちは当たり前にあった人と人との交流を遮断することが求められました。支援が必要な方の地域における孤立はさらに深刻となり、これまでにも増して助け合い活動が必要という声が全国で挙がっています。こうした状況に様々な工夫で応え、その助け合いを今後につなげて、さらに発展さ

この助成情報を開く
上へ