カテゴリー:「実績条件 1年以上の実績必要」一覧

助成掲載:1 週間以内

「TOYO TIRE グループ環境保護基金」-2020 年度

by 公益社団法人 日本フィランソロピー協会

  • 環境保全

掲載:2020 年 7月 3日  

応募・申請期間

2020 年 9 月 30 日 (水)

 TOYO TIRE グループ環境保護基金は、環境保護活動を行う非営利団体を資金面で支援することを目的として 1992 年に設置され、これまで延べ 911 団体に対し、累計 5 億 7,410 万円 (2020 年 6 月末現在) の助成を行ってきました。 本基金は TOYO TIRE グループ従業員有志からの寄付金に会社が同額を上乗せして拠出するマッチングギフト方式を採っています。

この助成情報を開く

助成掲載:1 週間以内

イオン環境財団 第 30 回「環境活動助成」-2021 年度

by 公益財団法人 イオン環境財団

  • 環境保全

掲載:2020 年 7月 3日  

応募・申請期間

エントリー受付締切:2020 年 8 月 20 日 (木)

※ ホームページでのエントリー登録後、応募申請書類は 2020 年 8 月 31 日 (月) 必着でご郵送ください。

イオン環境財団は、持続可能な社会を目指し、豊かな自然環境を次代へ引き継ぐため、世界各地で環境活動を実施している団体に対し、毎年総額 1 億円の助成を行っております【基本テーマ】「人と自然が育む豊かな森づくり」

この助成情報を開く

助成

「長谷福祉会 助成事業」-2020 年度

by 公益財団法人 長谷福祉会

  • こども・子育て
  • 青少年
  • 福祉

掲載:2020 年 6月 27日  

応募・申請期間

2020 年 10 月 8 日 (木)

令和 2 年度も新しい公益法人法に基づき、39 年に亘る事業活動の歴史を踏まえつつ目的とする社会福祉の向上に寄与する為、公募に基づく助成先様の選考、助成支援の実施、実施後の実査検証という手順ルールを遵守する活動を実行したいと考えております。

この助成情報を開く

助成

京都新聞社会福祉事業団「京都新聞 障害のある人のレクリエーション活動を応援」-2020 年度

by 公益財団法人 京都新聞社会福祉事業団

  • こども・子育て
  • 福祉

掲載:2020 年 6月 25日  

応募・申請期間

2020 年 7 月 30 日 (木)

京都、滋賀の障害のある人たちの活動の場を広げ、余暇活動の充実と支援を目的としたレクリエーションを応援します。京都新聞社会福祉事業団へ寄せられた善意の寄付金をもとに助成します。

この助成情報を開く

助成

ユニベール財団 「自然災害支援プログラム」-2020 年度

by 公益財団法人 ユニベール財団

  • 福祉
  • 災害復興・支援

掲載:2020 年 5月 16日  

応募・申請期間

2020 年 7 月 31 日 (金)

被災者に寄り添う “傾聴ボランティア” を応援します 近年、地震や豪雨などの自然災害が相次いで発生し、地域の復興や生活再建とともに、被災した方々の心のケアの必要性が指摘されています。⼀人ひとりに寄り添い、心の奥からこぼれてくる思いを受け止める傾聴ボランティアは、自⽴を⾒守るサポート役として注⽬されています。 被災者を対象に傾聴ボランティアを⾏う全国の団体に助成致します。

この助成情報を開く

助成

ウェスレー財団「新型コロナウイルス感染拡大による特別活動支援金」

by 公益財団法人 ウェスレー財団

  • こども・子育て
  • 福祉

掲載:2020 年 4月 20日  

応募・申請期間

2020 年 6 月 6 日 (土)

 ウェスレー財団の設立目的である「キリストの博愛の精神に基づき、国際相互理解を深め、教育を通して国民の心身の健全な発達に寄与し、社会福祉の増進に寄与する」ため、支援金事業を行っています。新型コロナウイルスの感染拡大により、今回特別に緊急救援ならびに人道支援活動に対して支援金を交付いたします。

この助成情報を開く

助成

J.POSH (日本乳がんピンクリボン運動)「ピンクリボン啓発活動助成金」- 2020 年度

by 認定 NPO 法人 J.POSH (日本乳がんピンクリボン運動)

  • 福祉

掲載:2020 年 2月 8日  

応募・申請期間

2020 年 5 月 31 日 (日) まで
※昨年と日程が変わっています。

全国にピンクリボン運動を目的とした多くの啓発団体・患者会様がいらっしゃいますが、啓発活動費用の捻出にご苦労されているお話を伺うことが増えてまいりました。そのような中、同じ目的をもって活動している J.POSH として何かご協力できることはないかと考え 2018 年度より、啓発活動を行って頂くために役立てて頂ければと、わずかですが助成金による支援を決定いたしました。今年度は支給団体を昨年の 30 団

この助成情報を開く
上へ