カテゴリー:「実績条件 1年以上の実績必要」一覧

助成

「長谷福祉会 助成事業」 -2018 年度

by 公益財団法人 長谷福祉会

  • こども・子育て
  • 青少年
  • 福祉
  • 人権・平和

掲載:2018 年 7月 11日  

応募・申請期間

2018 年 10 月 11 日 (木)

当財団は「財団法人 長谷福祉会」として昭和 56 年 12 月 5 日発足し、以後 京都府内の社会福祉事業に対し、設備、環境等の整備に係る助成並びに運営支援を実施してまいりましたが、平成 24 年 3 月 29 日付けにて「公益法人」の認定を受け、これを以って同 4 月 1 日に「公益財団法人 長谷福祉会」と名称変更いたしました。平成 30 年度も新しい公益法人法に基づき、37 年に亘る事業活動の

この助成情報を開く

助成

公益推進協会「For Children 基金」-2018 年度

by 公益財団法人 公益推進協会

  • こども・子育て
  • 福祉
  • 保健・医療

掲載:2018 年 7月 10日  

応募・申請期間

2018 年 8 月 31 日 (金)

目的 難病の子どもとその家族は、重い障害やつらい治療に負けず今日も病気とたたかいつづけています。どんなに重い病気でも、どんな障害でも子どもは日々、成長・発達しています。 そして、そうした子どもたちや家族を支えたい、力になりたい、明日への希望と勇気になりたいという思いで、この助成金ができました。 難病の子どもたちとその家族に対して、社会医学的な実践、セルフヘルプ活動、又はボランティア活動を進めている

この助成情報を開く

助成

「日教弘本部奨励金」 -2019 年度

by 公益財団法人 日本教育公務員弘済会

  • 福祉
  • 環境保全
  • 観光・文化・芸術
  • 国際協力交流

掲載:2018 年 7月 7日  

応募・申請期間

2018 年 6 月 1 日 (金) ~ 2018 年 9 月 30 日 (日)

 日教弘本部奨励金は、日教弘本部及び各都道府県支部において、教育の向上発展に重要であり、特色ある研究や継続的な活動に対して奨励し助成を行う事業です。平成 30 年度は下記要項のとおり実施します。

この助成情報を開く

助成

大和ハウスグループ「エンドレス募金 支援先団体公募」-2019 年度

by 大和ハウス工業株式会社

  • こども・子育て
  • 福祉
  • まちづくり
  • 経済活動の活性化
  • 地域安全
  • その他

掲載:2018 年 7月 1日  

応募・申請期間

2018 年 8 月 31 日 (金)

 大和ハウスグループでは、「共創共生」をキーワードに、全国各地で地域社会に密着した社会貢献活動を実施しています。その中で、従業員が気軽に参加できる社会貢献活動として「エンドレス・ハート募金」を運営しています。「エンドレス募金」とは、従業員の任意により毎月の給与の一部を募金に充て、社会的課題の解決に向けた団体に寄付を行うプログラムです。2015 年より社会的課題の解決に取り組む団体の活動内容や弊社へ

この助成情報を開く

助成

イオン環境財団 第 28 回「環境活動助成」

by 公益財団法人 イオン環境財団

  • 環境保全

掲載:2018 年 6月 7日  

応募・申請期間

エントリー受付締切:2018 年 8 月 20 日 (月)
※ ホームページでのエントリー登録後、応募申請書類は 8 月 31 日 (金) 必着でご郵送ください。

イオン環境財団では、いのちあふれる美しい地球を次世代へ引き継ぐため環境保全活動に積極的に取り組んでいる団体に対し助成をいたします。 基本テーマは、「生物多様性の保全と持続可能な利用のために」です。

この助成情報を開く

アワード

第 16 回「京都環境賞」

by 京都市

  • 環境保全

掲載:2018 年 5月 24日  

応募・申請期間

2018 年 6 月 1 日 (金) ~ 8 月 31 日 (金)

京都市では,環境に関する市民の皆様の関心を高め,様々な実践活動の更なる推進を図ることを目的として,平成 15 年度に「京都環境賞」を創設し,地球温暖化の防止や循環型社会の形成をはじめとした環境の保全に貢献する活動を実践されている市民や事業者の皆様を顕彰しています。

このアワード情報を開く

助成

清水基金「海外研修事業」

by 社会福祉法人 清水基金

  • 福祉
  • 国際協力交流

掲載:2018 年 5月 10日  

応募・申請期間

2018 年 6 月 1 日 (金) ~ 7 月 31 日 (火)

社会福祉法人・NPO 法人において、障害児 ・者の処遇等に従事している者を海外に派遣して専門分野の研修を通じわが国社会福祉のサービスの向上を目的とする事業です。

この助成情報を開く

助成

ユニベール財団「特定活動助成 自然災害支援プログラム」

by 公益財団法人 ユニベール財団

  • 福祉
  • 災害復興・支援

掲載:2018 年 5月 2日  

応募・申請期間

2018 年 7 月 31 日 (火)

こころのケアのための “傾聴ボランティア” を応援します。 少子高齢化・人口減少が進むなかで、地域で孤立しがちな高齢者の話に真摯に耳を傾け、自立を見守る “傾聴ボランティア” に期待が寄せられています。災害時にも、被災者に寄り添い心の奥からこぼれ落ちてくる思いを受け止めるボランティアは、重要なサポート役として注目されています。 東日本大震災をはじめ熊本地震など、国内各地で自然災害が発生し、仮設住宅

この助成情報を開く

補助

中小企業庁「地域・まちなか商業活性化支援事業 (地域商業自立促進事業)」 -2018 年度

by 中小企業庁

  • まちづくり

掲載:2018 年 3月 26日  

応募・申請期間

2018 年 5 月 2 日 (水)

 商店街等は、商業者の集積として地域経済において重要な役割を担うとともに、買い物に来た地域住民の憩いの場であるほか、地域の祭礼・イベントや防犯・防災等の自治活動の主体を担うなど、商品やサービスの提供の場を超えて、地域に住む人々とともにコミュニティを形成し、地域の暮らしを支える生活基盤として、多様なコミュニティ機能や公共的機能も担ってきました。 近年は、郊外型商業施設の増加や少子・高齢化等の社会構造

この補助情報を開く

助成

日本郵便株式会社「年賀寄附金配分」-2018 年度

by 日本郵便株式会社

  • 青少年
  • 福祉
  • 環境保全
  • 人権・平和
  • 観光・文化・芸術
  • 国際協力交流
  • 災害救助・救援
  • 災害復興・支援
  • 地域安全

掲載:2017 年 9月 3日  

応募・申請期間

2017 年 9 月 11 日 (月) ~ 11 月 10 日 (金)

日本郵便株式会社 (東京都千代田区、代表取締役社長 横山 邦男) は、2018 年度年賀寄附金配分団体の公募を 2017 (平成 29 ) 年 9 月 11 日 (月)から開始します。寄附金付年賀葉書による年賀寄附金助成は、1949 (昭和24) 年に始まり、今年で 69 年目を迎え、この歴史を重ねる中で、日本固有の寄附文化に発展してきました。寄附金付年賀葉書は、戦後の社会経済の復興という時代背景

この助成情報を開く
上へ