カテゴリー:「実績条件 1年以上の実績必要」一覧

助成掲載:1 週間以内

りそなアジア・オセアニア財団「りそな環境助成」-2023 年度

by 公益財団法人 りそなアジア・オセアニア財団

  • 環境保全

掲載:2022 年 6月 26日  

応募・申請期間

2022 年 8 月 31 日 (水)

「自然と人とのつながりを求めて」 当財団は、アジア・オセアニア諸国における環境事業 (プロジェクト) をおこなう方へ助成を行っています。 環境事業は多岐にわたりますが、そのなかでも地道な小さな事業を応援してきました。環境問題は地球規模の大きな課題ですが、その解決はごく普通の人のちょっとした創意と工夫による活動の積み重ねで達成できると考えているからです。 10年の助成活動を経て、「つながり」を重視し

この助成情報を開く

助成

中央共同募金会 / 清水育英会「経済的困窮や社会的孤立の状態にある子どもの学習と生活を一体的に応援する助成」

by 一般財団法人 清水育英会 / 社会福祉法人 中央共同募金会

  • こども・子育て

掲載:2022 年 6月 12日  

応募・申請期間

2022 年 7 月 15 日 (金)

この助成事業は、長期化する新型感染症の影響下において、経済的困窮や社会的孤立の状態にある子どもたちの学習と生活を一体的に応援することを目的として実施します。なお、本助成は、一般財団法人清水育英会からの資金を原資に、清水育英会・中央共同募金会の共同助成として、赤い羽根福祉基金助成の一プログラムの中で実施するものです。

この助成情報を開く

助成

自然保護助成基金 第 33 期「プロ・ナトゥーラ・ファンド助成”海外助成”」-2022 年度

by 公益財団法人 自然保護助成基金

  • 環境保全
  • 国際協力交流

掲載:2022 年 6月 12日  

応募・申請期間

2022 年 7 月 14 日 (木)

プロ・ナトゥーラ・ファンド助成では、日本や海外の自然保護のための、フィールドワークに基づいた基礎的な研究や、地域に根ざした自然保護活動、そして当財団が年度ごとに定める特定のテーマに取り組むプロジェクトに対して助成を行います。海外助成では、海外の地域における、自然環境の保全を目的とした調査・研究および活動に対し資金を助成します。このページでは海外助成プログラムについて紹介しています。他にも下記助成プ

この助成情報を開く

助成

ユニベール財団 「特定活動助成 “一人ひとりの心に寄り添う傾聴ボランティアを応援します”」-2022 年度

by 公益財団法人 ユニベール財団

  • こども・子育て
  • 青少年
  • 福祉
  • 災害復興・支援

掲載:2022 年 5月 24日  

応募・申請期間

2022 年 7 月 29 日 (金)

近年、国内では地震や豪雨などの自然災害が相次いで発生し、地域の復興や生活再建とともに、被災した人々の心のケアの必要性が指摘されています。また、少子高齢化・人口減少が進む現代は、高齢者の孤立や、青年・壮年の引きこもり、孤立した育児や介護など特有の課題があり、新型コロナウイルス感染症の発生は状況をさらに深刻化させています。さまざまな困難に直面する人々の話を親身に聴き、心の奥からこぼれてくる思いを受け止

この助成情報を開く

助成

朝日新聞文化財団「文化財保護活動への助成」-2022 年度

by 公益財団法人 朝日新聞文化財団

  • 観光・文化・芸術

掲載:2022 年 5月 13日  

応募・申請期間
  • 郵送による受付:2022 年 6 月 1 日 (水) ~ 2022 年 6 月 30 日 (木)
  • ウェブによる受付:2022 年 5 月 15 日 (日) ~ 2022 年 7 月 5 日 (火)

指定文化財を中心とする人類共有の文化遺産を、将来の世代に継承していくために実施します。

この助成情報を開く

助成

清水基金「社会福祉法人助成事業」-2022年度

by 社会福祉法人 清水基金

  • 福祉

掲載:2022 年 5月 9日  

応募・申請期間

■助成申込書の請求期間
2022 年 7 月 20 日 (水)
■助成申込受付期間
2022 年 6 月 1 日 (水) ~ 2022 年 7 月 31 日 (日)

障害者の施設を運営し、社会的自立支援・地域移行を図る社会福祉法人に対し、各種の助成を行うことにより、障害者福祉の増進に寄与することを目的とする。

この助成情報を開く

助成

真如苑「子ども食堂支援助成」‐2022年度

by 真如苑

  • こども・子育て

掲載:2022 年 5月 6日  

応募・申請期間

2022 年 5 月 25 日 (水)

 私たち真如苑は、「すべての“いのち”に希望ある未来(あした)を」をテーマに、志を同じくする多くの方々とともに社会貢献活動を進めてまいりました。 2020 年 3 月、新型コロナウイルス感染拡大にともなう突然の臨時休校を機に実施した、こども食堂等への助成事業では、様々な困難を抱える家庭やその子どもたちのために活動する多くの団体の皆様と出会うことができました。「食べる」ことは人が生きていくために必要

この助成情報を開く
上へ