カテゴリー:「実績条件 1年以上の実績必要」一覧

Most Fresh

助成掲載:1 週間以内

「長谷福祉会助成事業」-2019 年度

by 公益財団法人 長谷福祉会

  • こども・子育て
  • 青少年
  • 福祉

掲載:2019 年 7月 18日  

応募・申請期間

2019 年 10 月 7 日 (月)

令和元年度も新しい公益法人法に基づき、38 年に亘る事業活動の歴史を踏まえつつ目的とする社会福祉の向上に寄与する為、公募に基づく助成先様の選考、助成支援の実施、実施後の実査検証という手順ルールを遵守する活動を実行したいと考えております。

この助成情報を開く
Most Fresh

助成掲載:1 週間以内

Yahoo!基金「夏休み “学生ボランティア” 被災地支援活動助成プログラム」-2019 年度 第 2 回

by Yahoo!基金

  • 青少年
  • 災害復興・支援

掲載:2019 年 7月 18日  

応募・申請期間

2019 年 7 月 22 日 (月) ~ 2019 年 8 月 4 日 (日)

被災地や被災者のために活動を続けている学生ボランティアを支援するためのプログラムです。

この助成情報を開く

助成掲載:1 週間以内

「TOYO TIRE グループ環境保護基金」-2020 年度

by 公益社団法人 日本フィランソロピー協会

  • 環境保全

掲載:2019 年 7月 15日  

応募・申請期間

2019 年 9 月 30 日 (月)

 TOYO TIRE グループ環境保護基金は、環境保護活動を行う非営利団体を資金面で支援することを目的として 1992 年に設置され、これまで延べ 889 団体に対し、累計 5 億 4,500 万円 (2019 年 4 月末現在) の助成を行ってきました。 本基金は TOYO TIRE グループ従業員有志からの寄付金に会社が同額を上乗せして拠出するマッチングギフト方式をとっています。

この助成情報を開く

助成

生命保険協会「元気シニア応援団体に対する助成活動」-2019 年度

by 一般社団法人 生命保険協会

  • 福祉
  • 保健・医療

掲載:2019 年 7月 5日  

応募・申請期間

2019 年 7 月 3 日 (水) ~ 2019 年 8 月 16 日 (金)

生命保険協会は、社会公共の福祉増進に努めるとともに、広く国民生活の安定に貢献したいと考えております。この活動はその一環として、地域社会において、高齢者を対象にした健康管理・増進、自立支援、生きがいづくり等の活動に取り組んでいる民間非営利の団体、ボランティアグループ、特定非営利活動法人 (NPO 法人) 等 (以下「団体」という) に対し、資金の助成を行うことで、高齢者が健やかで心豊かに生活できる地

この助成情報を開く

助成

つなぐいのち基金 「つなぐ助成事業」-2019 年度後期

by 公益財団法人 つなぐいのち基金

  • こども・子育て
  • 福祉

掲載:2019 年 7月 5日  

応募・申請期間

2019 年 7 月 5 日 (金) ~ 2019 年 9 月 2 日 (月)
仮エントリーは 8 月 31 日 (土)

本事業は、児童の社会的養護施設や養護施設に入居する児童、難病児、一人親・里親・貧困家庭の児童など、社会的ハンディキャップを抱える子どもたちを支援する団体や事業プロジェクト(以下、「児童支援団体」とする。)に助成を行うことにより、児童の心身の健全な育成に貢献することを目的としていこの目的に合致した、優れた活動及び、これを推進する団体機関を支援するための助成先募集を行います。

この助成情報を開く

助成

大和ハウスグループ「エンドレス募金 支援先団体公募」-2020 年度

by 大和ハウス工業株式会社

  • こども・子育て
  • 福祉
  • まちづくり
  • 経済活動の活性化
  • 地域安全
  • その他

掲載:2019 年 7月 2日  

応募・申請期間

2019 年 8 月 31 日 (土)

 大和ハウスグループでは、「共創共生」をキーワードに、全国各地で地域社会に密着した社会貢献活動を実施しています。その中で、従業員が気軽に参加できる社会貢献活動として「エンドレス・ハート募金」を運営しています。 「エンドレス募金」とは、従業員の任意により毎月の給与の一部を募金に充て、社会的課題の解決に向けた団体に寄付を行うプログラムです。2015 年より社会的課題の解決に取り組む団体の活動内容や弊社

この助成情報を開く

助成

公益推進協会「For Children 基金」-2019 年度

by 公益財団法人 公益推進協会

  • こども・子育て
  • 福祉
  • 保健・医療

掲載:2019 年 6月 22日  

応募・申請期間

2019 年 7 月 1 日 (月) ~ 2019 年 9 月 30 日 (月)

目的 難病の子どもとその家族は、重い障害やつらい治療に負けず今日も病気とたたかいつづけています。どんなに重い病気でも、どんな障害でも子どもは日々、成長・発達しています。 そして、そうした子どもたちや家族を支えたい、力になりたい、明日への希望と勇気になりたいという思いで、この助成金ができました。 難病の子どもたちとその家族に対して、社会医学的な実践、セルフヘルプ活動、又はボランティア活動を進めている

この助成情報を開く

助成

イオン環境財団 第 29 回「環境活動助成」

by 公益財団法人 イオン環境財団

  • 環境保全

掲載:2019 年 6月 4日  

応募・申請期間

エントリー受付締切:2019 年 8 月 20 日 (火)

※ ホームページでのエントリー登録後、応募申請書類は 8 月 31 日 (土) 必着でご郵送ください。

豊かな自然環境を次代へ引き継ぐため、自然共生社会の実現や持続可能な社会を目指し、世界各地で活動している団体に対して、活動費の一部を支援することを目的としております。【基本テーマ】「人と自然が育むゆたかな森づくり」

この助成情報を開く

アワード

京都市 第 17 回「京都環境賞」

by 京都市

  • 環境保全

掲載:2019 年 5月 23日  

応募・申請期間

2019 年 6 月 1 日 (土) ~ 2019 年 8 月 30 日 (金)

 京都市では、市民や事業者の皆様の環境に関する関心を高め、様々な実践活動の更なる推進を図ることを目的として、平成 15 年度に京都環境賞を創設し、地球温暖化の防止や循環型社会の形成,生物多様性の保全等の環境保全に貢献する活動 (以下「活動」という。) を実践されている方を顕彰しています。

このアワード情報を開く

助成

清水基金「海外研修事業」

by 社会福祉法人 清水基金

  • 福祉

掲載:2019 年 5月 18日  

応募・申請期間

2019 年 6 月 1 日 (土) ~ 7 月 31 日 (水)

社会福祉法人・NPO 法人に所属し、障害福祉サービスに従事している方を海外に派遣して専門分野の研修を通じわが国の社会福祉のサービスの向上を目的とする事業です。

この助成情報を開く

助成

ユニベール財団 「自然災害支援プログラム」-2019 年度

by 公益財団法人 ユニベール財団

  • 福祉

掲載:2019 年 5月 2日  

応募・申請期間

2019 年 7 月 31 日 (水) 迄

 近年、東日本大震災や熊本地震、さらには日本列島の各地で豪雨や地震などの自然災害が相次ぎ発生しております。被災後の仮設住宅や復興住宅、あるいは転居先での生活再建の課題とともに、被災した方々の“こころのケア”の必要性が指摘されています。被災者に寄り添い、心の奥からこぼれ落ちてくる思いを受け止め、自立を見守り続けるサポート役として、“傾聴ボランティア”に期待が寄せられ、その果たす役割に大きな注目が集ま

この助成情報を開く

助成

清水基金「社会福祉法人助成事業」-2019 年度

by 社会福祉法人 清水基金

  • 福祉

掲載:2019 年 4月 30日  

応募・申請期間

助成申込書の請求期間
2019 年 7 月 19 日 (金)
助成申込受付期間
2019 年 6 月 1 日 (土) ~ 2019 年 7 月 31 日 (水)

障害者の施設を運営し、社会的自立支援・地域移行を図る社会福祉法人に対し、各種の助成を行うことにより、障害者福祉の増進に寄与することを目的とする。

この助成情報を開く

補助

中小企業庁「商店街活性化・観光消費創出事業」-2019 年度

by 中小企業庁

  • まちづくり

掲載:2019 年 4月 14日  

応募・申請期間

一次締切:2019 年 5 月 17 日 (金)
二次締切:2019 年 7 月 12 日 (金)
三次締切:2019 年 9 月 13 日 (金)

※ 二次締切又は三次締切までの間に予算額に達した場合には、予告なく募集を打ち切らせていただくことがあります。募集を打ち切る際には、経済産業省のホームページにてお知らせします。

「商店街活性化・観光消費創出事業」は、地域外や日常の需要以外から新たな需要を効果的に取り込み、消費の喚起につながる商店街等の取組を支援する事業です。商店街は多種多様な店舗が集積していることから、消費者に対して面的に魅力を働きかけることが可能です。一方で、地域の需要や消費者ニーズの変化といった構造的な課題に直面するなど、商店街をとりまく経営環境等は厳しさを増しており、地域と連携した対応の必要性が増加

この補助情報を開く
上へ