カテゴリー:研究助成情報一覧

助成掲載:1 週間以内

大同生命厚生事業団「地域保健福祉研究助成」-2020 年度

by 公益財団法人 大同生命厚生事業団

  • 福祉
  • 保健・医療
  • 科学技術・学術

掲載:2020 年 3月 30日  

応募・申請期間

2020 年 4 月 1 日 (水) ~ 2020 年 5 月 25 日 (月)

地域で保健・医療および福祉の活動に従事されている方々の研究を支援することにより、わが国の保健・医療および福祉の向上に寄与することを目的とする。

この助成情報を開く

助成

全国社会福祉協議会「植山つる児童福祉研究奨励基金」-2020 年度

by 社会福祉法人 全国社会福祉協議会

  • こども・子育て
  • 福祉

掲載:2020 年 3月 15日  

応募・申請期間

2020 年 8 月 7 日 (金)

児童福祉の実践処遇の仕事に情熱をもやし、自らの技術と専門性を高めるために積極的に研究活動に励む保育士等職員の研究活動を奨励するために、研究費の一部を助成する (研究期間は 1 年間とする)。

この助成情報を開く

助成

「公益信託 富士フイルム・グリーンファンド」-2020 年度

by 公益信託 富士フイルム・グリーンファンド

  • 環境保全
  • 科学技術・学術

掲載:2020 年 3月 9日  

応募・申請期間

2020 年 5 月 7 日 (木)

公益信託富士フイルム・グリーンファンドは、自然保護をテーマとした日本初の民間企業による公益信託として 1983 年に設立され、これまでの間に 183 件の活動及び研究助成事業を行ってきました。本年も引き続き、活動及び研究助成事業を行います。

この助成情報を開く

助成

児童健全育成推進財団「健全育成研究助成」-2020 年度

by 一般財団法人 児童健全育成推進財団

  • こども・子育て
  • 科学技術・学術

掲載:2020 年 2月 25日  

応募・申請期間

2020 年 4 月 15 日 (水)

児童の健全育成に寄与する研究に携わる研究者に対し、有望な研究テーマを選抜し、研究費の一部を補助する。助成は、一般助成ならびに児童厚生員養成校特定助成の 2 つとする。

この助成情報を開く

助成

サントリー文化財団「研究助成 “地域文化活動の継承と発展を考える”」-2020 年度

by 公益財団法人 サントリー文化財団

  • 観光・文化・芸術
  • 科学技術・学術

掲載:2020 年 2月 24日  

応募・申請期間

2020 年 4 月 10 日 (金)

 日本の各地では、地域に暮らす人々によって力強く育まれてきた文化活動が多彩に展開されています。こうした文化活動のなかには、それに携わる人々のみならず、地域全体を活き活きとさせる力を持つものも数多く存在しています。地域文化活動は、地域から日本を元気にする原動力ともなっています。 当財団では、そうした地域文化活動に対して、1979 年の財団設立当初から「サントリー地域文化賞」を贈呈し、顕彰してきました

この助成情報を開く

助成

フランスベッド・メディカルホームケア研究・助成財団 第 31 回「研究助成・事業助成・ボランティア活動助成」-2020 年度

by 公益財団法人 フランスベッド・メディカルホームケア研究・助成財団

  • 福祉
  • 保健・医療
  • 科学技術・学術

掲載:2020 年 2月 14日  

応募・申請期間

2020 年 4 月 15 日 (水)

公益財団法人 フランスベッド・メディカルホームケア研究・助成財団は、在宅ケア推進に資する事を目的とした研究・事業に対し、研究助成・事業助成を行い、もって国民医療・福祉の向上に寄与するものです。

この助成情報を開く

助成

水源地環境センター「WEC 応用生態研究助成」-2020 年度

by 一般財団法人 水源地環境センター

  • 環境保全
  • 科学技術・学術

掲載:2020 年 2月 11日  

応募・申請期間

2020 年 4 月 6 日 (月)

 ダムに係わる応用生態工学について調査・研究の促進を図り、その研究成果を発表し、社会へ還元するために研究助成を行います。

この助成情報を開く

助成

日本生命財団 (ニッセイ財団)「高齢社会助成 実践的研究助成 “実践的課題研究助成” 」-2020 年度

by 公益財団法人 日本生命財団 (ニッセイ財団)

  • 福祉
  • 保健・医療

掲載:2020 年 2月 8日  

応募・申請期間

2020 年 6 月 15 日 (月)

高齢社会助成の趣旨超高齢・人口減少社会を活力あふれる社会へ ご高承のとおり、国民の生活水準の向上、医療体制の整備、医療技術の進歩、健康増進などにより、平均寿命は世界のトップクラスの水準となり、世界のどの国も経験したことのない超高齢社会を迎えています。 また、少子化に伴う人口減少と、75 歳以上高齢者の急増による人口構造の不安定化、加えて長引く経済的停滞は深刻な社会保障財源の窮迫を招来しています。 

この助成情報を開く

助成

日本生命財団 (ニッセイ財団)「高齢社会助成 実践的研究助成 “若手実践的課題研究助成”」 -2020 年度

by 公益財団法人 日本生命財団 (ニッセイ財団)

  • 福祉
  • 保健・医療

掲載:2020 年 2月 8日  

応募・申請期間

2020 年 6 月 15 日 (月)

高齢社会助成の趣旨超高齢・人口減少社会を活力あふれる社会へ ご高承のとおり、国民の生活水準の向上、医療体制の整備、医療技術の進歩、健康増進などにより、平均寿命は世界のトップクラスの水準となり、世界のどの国も経験したことのない超高齢社会を迎えています。 また、少子化に伴う人口減少と、75 歳以上高齢者の急増による人口構造の不安定化、加えて長引く経済的停滞は深刻な社会保障財源の窮迫を招来しています。 

この助成情報を開く

研究助成

日本生命財団 (ニッセイ財団)「環境問題研究助成」-2020 年度

by 公益財団法人 日本生命財団 (ニッセイ財団)

  • 環境保全
  • その他

掲載:2020 年 2月 7日  

応募・申請期間

2020 年 4 月 6 日 (月)

 ニッセイ財団では、21 世紀の社会が活力あふれる真に豊かな社会となるためには、調和のとれた社会・自然環境に支えられた、活力と創造性ある人間性豊かな生活環境を一層確立していくことが重要と考え、豊かな人間生活にとって欠かせない基盤の一つである環境の改善・充実に資する研究に対し、助成を行います。

この研究助成情報を開く
上へ