「NPO や市民活動団体等で活動するあなた」向け情報一覧

「もっとイイ社会をつくりたい!」と奮闘するあなたに役立ててほしい情報です。

助成掲載:1 週間以内

池田屋「子ども思いの森 生きるちからファンド」 -2017 年度

by 有限会社 池田屋

  • こども・子育て

掲載:2017 年 3月 25日  

応募・申請期間

2017 年 4 月 23 日(日)

未来を担う子どもたちが、今、身に付けるべき力とは何か。学校の勉強ができる、スポーツができる、それも確かに大切です。しかし、本当に大切なのは、子どもたちが自分の目で見て、感じて、判断し、自分たちの手で未来を切り拓くことができる「生きる力」ではないでしょうか。『子ども思いの森 生きるちからファンド』は、子どもたちの未来を真剣に考え、子どもたちの「生きる力」を育む様々な活動を展開している各種団体への支援

この助成情報を開く
アワード掲載:1 週間以内

スポーツ健康産業団体連合会 / 日本スポーツツーリズム推進機構 第 5 回「スポーツ振興賞」

by (公社)スポーツ健康産業団体連合会 / (一社)日本スポーツツーリズム推進機構

  • まちづくり
  • スポーツ
  • 経済活動の活性化

掲載:2017 年 3月 25日  

応募・申請期間

2017 年 5 月 15 日(月)

公益社団法人スポーツ健康産業団体連合会と一般社団法人日本スポーツツーリズム推進機構では、「第 5 回スポーツ振興賞」の募集を行っています。スポーツを通じて健康づくりをし、ツーリズムや産業振興、地域振興(まちづくり)に貢献されている団体、グループ、企業の方々の積極的なご応募をお待ちしています。表彰はスポーツ振興大賞 他 6 点です。※ 過去に受賞された方も大賞受賞者を除き応募対象となります。奮ってご

このアワード情報を開く
助成掲載:1 週間以内

キリン福祉財団「キリン・子ども“ 力 ”応援事業 公募助成」- 2017 年度

by 公益財団法人 キリン福祉財団

  • こども・子育て

掲載:2017 年 3月 25日  

応募・申請期間

2017 年 3 月 22 日(水) ~ 4 月 28日(金)

子どもは仲間と力を合わせて様々な活動に取り組むことで、大きく力を伸ばしていきます。少子高齢化が進む中、次代を担う子どもたちの健全な育成は、年を追うごとに大きな課題となっています。キリン福祉財団は平成 20 年度からキリン・子ども「力」応援事業として、子どもたちがコミュニケーション力や表現力をつけるための活動など、子どもの健全育成につながる活動を公募により支援してきました。本年度も下記のとおり募集い

この助成情報を開く
ワークショップ掲載:1 週間以内

NPO / NGO の組織基盤強化のためのワークショップ in 京都

by NPO 法人きょうと NPO センター

  • 市民活動支援

掲載:2017 年 3月 25日  

活躍している NPO / NGO の秘訣は組織づくりから!

分類 知る・学ぶ 考える 
対象 社会人対象 シニア対象 
参加方法 事前申し込み必須 
開催場所・日 ひと・まち交流館 京都 4 月 27 日(木)
費用 有料
割引特典
このワークショップ情報を開く
寄付ラボ (第 53 回) - 寄稿掲載:1 週間以内

「一人一円運動」によるファンドレイジングは誰が寄付者か?

※ この記事は、NPO組織基盤強化コンサルタント office musubimeの河合 将生さんによる寄稿記事です。

掲載:2017 年 3月 24日  

2002 年ノーベル物理学賞受賞者の小柴昌俊さんが、ノーベル賞の賞金と小柴さんのニュートリノ研究を支えた企業の経営者の個人献金の拠出によって億円の基本財産を用意して財団を設立。小柴さんが理事長を務め、梶田隆章さん(2015年同賞受賞)や小林 誠さん(2008 年同章受賞)、白川 英樹さん(2000 年ノーベル化学賞受賞)ら著名な学者、研究者が理事や評議員、監事に名を連ねる公益財団法人平成基礎科学財……

この寄付ラボ (第 53 回) を開く
講座

NPO の会計の基礎

by 京都市市民活動総合センター

  • 市民活動支援

掲載:2017 年 3月 17日  

活動計算書を中心にした NPO 法人の会計と、日々の会計の行い方などを専門家を招きお伝えします。

分類 知る・学ぶ 考える 
対象 大学生・専門学校生対象 
参加方法 事前申し込み推奨 
開催場所・日 京都市市民活動総合センター ミーティングルーム 2017 年 5 月 24 日 (水)
費用 無料
割引特典
この講座情報を開く
助成

カメイ社会教育振興財団「助成」 -2017 年度

by 公益財団法人 カメイ社会教育振興財団

  • 青少年
  • 観光・文化・芸術

掲載:2017 年 3月 16日  

応募・申請期間

2017 年 4 月 14 日(金)

当財団の目的は、“鱗翅生物、伝統的民芸作品及び絵画等に係る博物館の運営を行うことにより、文化及び芸術の振興に寄与し、博物館学芸員等の資質の向上のための助成及び青少年の社会教育活動に対する助成等を行うことにより、もって我が国の社会教育の振興に寄与する”ことであります。前述の目的を達成するために、美術館の運営と助成事業という公益性の高い二つの事業を継続実施して参りたいと思っております。

この助成情報を開く
講座

NPO 法人の事業年度終了後の手続き

by 京都市市民活動総合センター

  • 市民活動支援

掲載:2017 年 3月 16日  

年度末から総会・事業報告書の提出まで、必要な手続きを総復習。

分類 知る・学ぶ 
対象
参加方法 事前申し込み推奨 
開催場所・日 京都市市民活動総合センター ミーティングルーム 2017 年 4 月 11 日(火)
費用
割引特典
この講座情報を開く
助成

日本生命財団(ニッセイ財団)「高齢社会助成 実践的研究助成“若手実践的課題研究助成”」 -2017 年度

by 公益財団法人 日本生命財団(ニッセイ財団)

  • 福祉
  • 保健・医療

掲載:2017 年 3月 16日  

応募・申請期間

2017 年 6 月 15 日(木)

高齢社会助成の趣旨超高齢・人口減少社会を活力あふれる社会へ ご高承のとおり、国民の生活水準の向上、医療体制の整備、医療技術の進歩、健康増進などにより、平均寿命は世界のトップクラスの水準となり、世界のどの国も経験したことのない超高齢社会を迎えています。 また、少子化に伴う人口減少と、75 歳以上高齢者の急増による人口構造の不安定化、加えて長引く経済的停滞は深刻な社会保障財源の窮迫を招来しています。 

この助成情報を開く
助成

日本生命財団(ニッセイ財団)「高齢社会助成 実践的研究助成“実践的課題研究助成”」 -2017 年度

by 公益財団法人 日本生命財団(ニッセイ財団)

  • 福祉
  • 保健・医療

掲載:2017 年 3月 16日  

応募・申請期間

2017 年 6 月 15 日(木)

高齢社会助成の趣旨超高齢・人口減少社会を活力あふれる社会へ ご高承のとおり、国民の生活水準の向上、医療体制の整備、医療技術の進歩、健康増進などにより、平均寿命は世界のトップクラスの水準となり、世界のどの国も経験したことのない超高齢社会を迎えています。 また、少子化に伴う人口減少と、75 歳以上高齢者の急増による人口構造の不安定化、加えて長引く経済的停滞は深刻な社会保障財源の窮迫を招来しています。 

この助成情報を開く
助成

日本生命財団(ニッセイ財団)「高齢社会助成 地域福祉チャレンジ活動助成」 -2017 年度

by 公益財団法人 日本生命財団(ニッセイ財団)

  • 福祉
  • 保健・医療

掲載:2017 年 3月 16日  

応募・申請期間

2017 年 5 月 31 日(水)

高齢社会助成の趣旨超高齢・人口減少社会を活力あふれる社会へ ご高承のとおり、国民の生活水準の向上、医療体制の整備、医療技術の進歩、健康増進などにより、平均寿命は世界のトップクラスの水準となり、世界のどの国も経験したことのない超高齢社会を迎えています。 また、少子化に伴う人口減少と、75 歳以上高齢者の急増による人口構造の不安定化、加えて長引く経済的停滞は深刻な社会保障財源の窮迫を招来しています。 

この助成情報を開く
補助

「京都知恵産業支援共同事業」 -2017 年度

by 京都府 / 京都市 / 公益財団法人 京都産業 21 / 京都産業育成コンソーシアム

  • まちづくり
  • 経済活動の活性化

掲載:2017 年 3月 13日  

応募・申請期間

2017 年 4 月 3 日 (月)~ 4 月 14 日 (金) 17 時

京都府、京都市、公益財団法人 京都産業 21、京都産業育成コンソーシアムでは、自社の強みと知恵を活かし、成長と発展を図る京都企業を支援するため、「京都知恵産業支援共同事業」として助成 (補助) を行っています。京都知恵産業支援共同事業の助成金 (補助金) は、公益財団法人京都産業 21 「きょうと元気な地域づくり応援ファンド支援事業助成金」と京都市「「知恵産業の森」京都創生事業補助金」の 2 つの

この補助情報を開く
助成

「庭野平和財団 公募助成」 (前期) -2017 年度

by 公益財団法人 庭野平和財団

  • 人権・平和

掲載:2017 年 3月 13日  

応募・申請期間

2017 年 3 月 15 日 (水) ~ 4 月 30 日 (日)

平和の実現は、私たち人類全ての願いです。今日多くの国々で、多くの人々が平和への惜しみない努力を続けております。にもかかわらず、現実には依然として問題が山積しており、これらの問題にいかに対処していくかが現代における私たちの課題であります。平和を阻害する要因には、個人、家庭、地域社会、国家のレベルから、自然環境の問題に至るまで様々な要因が存在します。しかし、いずれにせよ問題の根底には人間自身のあり方が

この助成情報を開く
助成

三菱 UFJ リサーチ&コンサルティング (株)「ソーシャルビジネス支援プログラム」 -2017 年度

by 三菱 UFJ リサーチ&コンサルティング (株)

  • 市民活動全般

掲載:2017 年 3月 13日  

応募・申請期間

2017 年 4 月 24 日 (月)

概要本プログラムは、ソーシャルビジネスに取り組む事業者の皆さまを対象に「資金支援」と「人的支援」を実施するものです。選考の結果採択された団体に対して、「資金支援」とともに「人的支援(プロボノ活動)」を行うことが、本プログラムの特徴です。研究員、コンサルタントらが本業で培った知見やスキルを活かしながら、様々な社会問題の解決を目指して協働を図ります。当社の役職員で構成されたプロボノチームが伴走者となり

この助成情報を開く
アワード

スポーツ健康産業団体連合会 / 日本スポーツツーリズム推進機構 第 5 回「スポーツ振興賞」

by 公益社団法人 スポーツ健康産業団体連合会 / 一般社団法人 日本スポーツツーリズム推進機構

  • まちづくり
  • スポーツ

掲載:2017 年 3月 13日  

応募・申請期間

2017 年 5 月 15 日 (月)

公益社団法人スポーツ健康産業団体連合会と一般社団法人日本スポーツツーリズム推進機構では、「第 5 回スポーツ振興賞」の募集を行っています。スポーツを通じて健康づくりをし、ツーリズムや産業振興、地域振興(まちづくり)に貢献されている団体、グループ、企業の方々の積極的なご応募をお待ちしています。表彰はスポーツ振興大賞 他 6 点です。

このアワード情報を開く
助成

木口福祉財団「地域福祉振興助成」 -2017 年度

by 公益財団法人 木口福祉財団

  • 福祉

掲載:2017 年 3月 10日  

応募・申請期間

2017 年 3 月 13 日 (月) ~ 4 月 20 日 (木)

市民参加型福祉の促進と地域振興をはかり、障がい者等の社会的に弱い立場におかれている方々にやさしく明るく住みやすい地域社会の創造に資することを目的に、地域福祉の振興に関わる開拓的・先駆的な事業を優先して助成申込みを受付けます。

この助成情報を開く
アワード

毎日新聞社会事業団 第 47 回「毎日社会福祉顕彰」 -2017 年度

by 毎日新聞社会事業団

  • 福祉
  • 科学技術・学術

掲載:2017 年 3月 10日  

応募・申請期間

2017 年 5 月 31 日 (水)

この顕彰は 1971(昭和 46)年、毎日新聞社会事業団の創立 60 周年を記念して設定し、毎年実施しているものです。全国の社会福祉関係者および団体のなかから、とくに優れた功績をあげ、社会福祉の発展向上に貢献している個人あるいは団体を顕彰し、新しい福祉国家の形成と進展に寄与するねらいです。

このアワード情報を開く
助成

「公益信託 富士フイルム・グリーンファンド」 -2017 年度

by 一般財団法人 自然環境研究センター

  • 環境保全
  • 科学技術・学術

掲載:2017 年 3月 10日  

応募・申請期間

2017 年 5 月 8 日 (月)

公益信託富士フイルム・グリーンファンドは、自然保護をテーマとした日本初の民間企業による公益信託として 1983 年に設立され、これまでの間に 157 件の活動及び研究助成事業を行ってきました。本年も引き続き、活動及び研究助成事業を行います。

この助成情報を開く
寄付ラボ (第 52 回) - 寄稿

寄付を「コミュニケーション-交流」活動として考える

※ この記事は、山本 真一さんによる寄稿記事です。

掲載:2017 年 3月 10日  

私の専門は公共経済学です。私はこれまで、市民や個人がコミュニティで活動をするときに、寄付がどのような役割を果たしているか、そして寄付がもつ可能性について研究してきました。ここでは、寄付の行動指針について考えてみましょう。 人びとが寄付をするかどうか、またいくら寄付をするかを決めるときのポイントがいくつかあります。第 1 に、町内会などのコミュニティや NPO などの団体が取り組んでいる社会課題に共……

この寄付ラボ (第 52 回) を開く
助成

みずほ教育福祉財団 第 15 回「配食用小型電気自動車寄贈事業」 -2017 年度

by 公益財団法人 みずほ教育福祉財団

  • 福祉

掲載:2017 年 3月 8日  

応募・申請期間

2017 年 6 月 9 日(金)

 高齢化社会を迎え、地域の住民による主体的な福祉活動の重要性が、一段と高まっています。とりわけ、高齢者を対象とした配食サービスは、声掛けを通じた友愛活動を兼ねていることから、極めて意義深いものがあります。 みずほ教育福祉財団では、高齢者を対象とした福祉活動を支援するため、みずほフィナンシャル・グループ役職員方の募金を主な財源として、高齢者向けに配食サービスを行っている民間団体に対し、配食用小型電気

この助成情報を開く
助成

みずほ教育福祉財団 第 34 回「老後を豊かにするボランティア活動資金助成事業」 -2017 年度

by 公益財団法人 みずほ教育福祉財団

  • 福祉
  • まちづくり

掲載:2017 年 3月 8日  

応募・申請期間

2017 年 5 月 31 日(水)

 高齢化社会を迎え、高齢者が住み慣れた街で安心して生活するための、地域住民・ボランティアによる主体的かつ活発な福祉活動に対するニーズが、一段と高まっています。 本助成事業は、地域に根差したボランティアグループで、高齢者を主な対象とする活動およびスタッフの中核が高齢者である活動の支援を目的として、継続的に使用される用具・機器類の取得資金を助成します。

この助成情報を開く
助成

児童健全育成推進財団 第 3 回「健全育成研究助成」

by 一般財団法人 児童健全育成推進財団

  • こども・子育て
  • 科学技術・学術

掲載:2017 年 3月 6日  

応募・申請期間

2017 年 4 月 6 日 (木)

児童の健全育成に寄与する研究に携わる研究者に対し、有望な研究テーマを選抜し、研究費の一部を補助する。助成は、一般助成ならびに児童厚生員養成校特定助成の二つとする。

この助成情報を開く
助成

「大塚商会ハートフル基金 復興応援プロジェクト」 -2017 年度

by 大塚商会

  • 災害復興・支援

掲載:2017 年 3月 3日  

応募・申請期間
  • 申請書請求期間
    2017 年 3 月 1 日(水) ~ 3 月 31 日(金)
  • 応募期間
    2017 年 3 月 1 日(水) ~ 4 月 9 日(日)

間もなく東日本大震災発生から 6 年となりますが、被災地では息の長い支援が求められています。大塚商会では今年も「大塚商会ハートフル基金 復興応援プロジェクト」による支援を実施します。「大塚商会ハートフル基金 復興応援プロジェクト」は、社員と会社のマッチングギフトとして長年さまざまな支援活動に活用してきた「大塚商会ハートフル基金」から、被災地の復興につながる活動をしている非営利団体に支援金を贈ろうと

この助成情報を開く
助成

共生社会を創る愛の基金 / 南高愛隣会「共生社会を創る愛の基金」 -2017 年度

by 共生社会を創る愛の基金 / 社会福祉法人 南高愛隣会

  • 福祉
  • 人権・平和

掲載:2017 年 2月 27日  

応募・申請期間

2017 年 2 月中旬~ 4 月 7 日(金)

『共生社会を創る愛の基金』について 「罪に問われた障がい者」の取調べや、裁判、罪を償う矯正やその後の社会復帰という刑事司法の分野については、これまでは「特殊な人たち」の世界と考えられ、あまり光が当てられてきませんでした。しかし、実際には、受刑者の 4 分の 1 に知的障がいの疑いがあること、社会に受け入れられるすべを知らず犯罪を繰り返し刑務所への出入りを繰り返す「累犯障がい者」が数多くいること、コ

この助成情報を開く
助成

科学技術振興機構(JST)「科学技術コミュニケーション推進事業 未来狂創イノベーション活動支援」 -2017 年度

by 独立行政法人 科学技術振興機構(JST)

  • 科学技術・学術

掲載:2017 年 2月 27日  

応募・申請期間

2017 年 2 月 3 日(金) ~ 4 月 3 日(月)
※ 企画提案書等は、電子媒体と紙媒体両方を郵送し、応募していただきます(両方とも 4 月 3 日(月)正午必着とします)。

 各地で行われている未来共創イノベーション※ 【社会とのビジョンの共有や社会の期待・顕在化していない社会課題を発掘し、基礎研究の段階から社会・未来を見据え、取組みにおける協働を図りながら、新しい知を経済的・社会的価値に転換していくこと。】に向けた科学技術コミュニケーション活動を支援します。ここでいう共創とは、国内外の様々なステークホルダーによる対話・協働をいいます。活動の中核にいる人材のビジョンと

この助成情報を開く
助成

有限会社池田屋「子ども思いの森 生きるちからファンド」 -2017 年度

by 有限会社池田屋

  • こども・子育て

掲載:2017 年 2月 24日  

応募・申請期間

2017 年 4 月 23 日 (日)

未来を担う子どもたちが、今、身に付けるべき力とは何か。学校の勉強ができる、スポーツができる、それも確かに大切です。しかし、本当に大切なのは、子どもたちが自分の目で見て、感じて、判断し、自分たちの手で未来を切り拓くことができる「生きる力」ではないでしょうか。『子ども思いの森 生きるちからファンド』は、子どもたちの未来を真剣に考え、子どもたちの「生きる力」を育む様々な活動を展開している各種団体への支援

この助成情報を開く
寄付ラボ (第 51 回) - 寄稿

寄付者の名前公開 ―寄付者は子どもたちにとってのロールモデルー

※ この記事は、日本フィランソロピー協会の高橋 陽子さんによる寄稿記事です。

掲載:2017 年 2月 24日  

20 数年前、アメリカ・ロサンゼルスのホームレス支援の団体を視察したことがあります。 建物の前に立って驚きました。看板に大きく「カーク・ダグラス ハウス」(英語で) と書かれているのです。ハリウッドの名優が寄付して建てたものです。日本だと、さしずめ「杉良太郎ハウス」と言うところでしょうか。日本でもいつかこんなことができれば、と思ったことを思い出します。寄付で思いつくのは、日本の美徳とされる“ 陰徳……

この寄付ラボ (第 51 回) を開く
助成

国土緑化推進機構「緑と水の森林ファンド」 -2017 年度

by 公益社団法人 国土緑化推進機構

  • 社会教育
  • 環境保全

掲載:2017 年 2月 23日  

応募・申請期間

2017 年 2 月 15 日(水) ~ 3 月 31 日(金)

 社会環境の変化に伴い、国民の森林・みどりに対する関心はますます高まっており、具体的な「国民参加の森林づくり運動」を一層推進することが課題となっています。 平成 24 年 12 月「国際森林デー」の制定、平成 25 年 11 月「国連持続可能な開発のための教育 10 年(ESD)」世界会議等の意義を念頭に、森林の重要性に対する理解の推進を図るとともに、森の幼稚園など新たな森林の利用や森林環境教育の

この助成情報を開く
助成

区画整理促進機構「街なか再生助成金」 -2017 年度

by 区画整理促進機構

  • まちづくり

掲載:2017 年 2月 22日  

応募・申請期間

2017 年 3 月 31 日 (金)

当機構が街なかにおける市街地整備や街なかの再生に資する取り組みを行う民間団体を資金面で助成し、その事業等の活動を支援することで、賑わいのあるまちづくりを促進することを目的としています。

この助成情報を開く
補助

環境省「地域活性化に向けた協働取組の加速化事業」 -2017 年度

by 環境省

  • 環境保全

掲載:2017 年 2月 20日  

応募・申請期間

2017 年 3 月 31 日 (金)

地域における課題解決や地域活性化のためには、異なる主体が適切な役割分担をしつつ対等な立場において相互に協力して行う協働取組が重要になります。「環境教育等による環境保全の取組の促進に関する法律」(以下、「法」という。)に基づく協働取組を推進するために、具体的取組や法に基づく協定の締結などの事業を実施し、さらに、参考となる先導的な事例を形成し、そのノウハウを全国的に普及・共有することが重要です。本事業

この補助情報を開く
助成

「公益信託アドラ国際援助基金」 -2017 年度

by みずほ信託銀行株式会社

  • こども・子育て
  • 保健・医療
  • 人権・平和
  • 国際協力交流
  • 災害救助・救援

掲載:2017 年 2月 20日  

応募・申請期間

2017 年 3 月 31 日 (金)

開発途上国において援助団体等が行う国民の生活水準の向上に資するための事業に対する資金助成を行い、開発途上国の安定と発展に寄与する。ADRAとは“ADVENTIST DEVELOPMENT AND RELIEF AGENCY”の略称で、セブンスデーアドベンチスト教団を支持母体とする博愛的で人種、宗教、政治の区別のない活動を行う国際援助機構です。

この助成情報を開く
助成

「公益信託 タカラ・ハーモニストファンド」 -2017 年度

by みずほ信託銀行株式会社

  • 環境保全

掲載:2017 年 2月 17日  

応募・申請期間

2017 年 3 月 31 日

以下の 1.~3. の内容に関する実践的な活動・研究に対して、助成を行います。日本国内の森林、木竹等の緑を保護、育成するための活動または研究。日本国内の海、湖沼、河川等の水辺の良好な自然環境を整備するための活動または研究。日本国内の緑と水に恵まれた良好な自然環境の保全および創出に資するための活動または研究。

この助成情報を開く
助成

国土緑化推進機構「緑の募金事業 都道府県緑推推薦事業“ふるさとの森林再生事業”」 -2017 年度

by 国土緑化推進機構

  • まちづくり
  • 環境保全

掲載:2017 年 2月 16日  

応募・申請期間
  1. 都道府県緑推における受付期間 (事業実施箇所の都道府県緑推)
    2017 年 2 月 15 日~ 3 月 31 日
  2. 都道府県緑推から国土緑化推進機構への推薦最終日
    2017 年 4 月 15 日

森林の荒廃が危惧されている中で、未来に豊かな国土を引き継ぎ、更に東日本大震災を契機に高まったふるさとの絆を醸成するため、ふるさとのシンボルとなる森林の造成等に資する。

この助成情報を開く
助成

国土緑化推進機構「緑の募金事業 特定公募事業“国民参加による災害に強い森林づくり事業”」 -2017 年度

by 国土緑化推進機構

  • まちづくり
  • 環境保全
  • 災害復興・支援

掲載:2017 年 2月 16日  

応募・申請期間

2017 年 2 月 15 日~ 3 月 31 日

国民参加による災害に強い森林づくりタイプ森林ボランティア団体等が、単独又は他のボランティア団体や自治体等と連携して企画・実施する被災森林の復旧や災害の予防に資する森林づくり活動を推進し、もって健全な森林の育成に資する。山村住民と都市住民の協働による森林整備と山村活性化タイプ地域の森林整備等の担い手であるべき山村住民が減少する中で、都市に居住し、森林ボランティア活動に積極的に関わろうとする者で構成す

この助成情報を開く
助成

国土緑化推進機構「緑の募金事業 一般公募事業」 -2017 年度

by 公益社団法人 国土緑化推進機構

  • 環境保全

掲載:2017 年 2月 16日  

応募・申請期間

2017 年 2 月 15 日~ 3 月 31 日

 国土の保全、水源のかん養、木材生産など、森林の持つ多面的機能の発揮の有意性が認識される中、近年の地球温暖化防止や、生物多様性の保全、青少年の環境教育の場や心身の健康づくりなど、これまで以上に森林の働きが注目され、緑化の推進、森林整備活動に森林ボランティアとして積極的に関わろうとする人たちが増加しています。 緑の募金では、こうした活動を支援し、国民参加の森林づくりを実践し、もって健全な森林の育成に

この助成情報を開く
助成

「全労済地域貢献助成事業」 -2017 年度

by 全労災

  • こども・子育て
  • 福祉
  • まちづくり
  • 環境保全

掲載:2017 年 2月 14日  

応募・申請期間

2017 年 3 月 22 日(水) ~ 4 月 5 日(水)

 全労済は、豊かで安心できる社会が形成され持続するために、「防災・減災」「環境保全」「子どもの健全育成」の活動を重点分野と位置づけ、たすけあいの輪を広げ、積極的に地域社会へ貢献する活動を展開しています。 その一環として、「人と人とがささえあい、安心して暮らせる未来へ」をテーマに、地域の人々がたすけあって自然災害に備えいのちを守る活動、環境を守る活動および子どもの健やかな育ちを支える活動を支援します

この助成情報を開く
助成

モバイル・コミュニケーション・ファンド 第 15 回「ドコモ市民活動団体助成事業」 -2017 年度

by NPO 法人 モバイル・コミュニケーション・ファンド

  • こども・子育て
  • 福祉

掲載:2017 年 2月 13日  

応募・申請期間

2017 年 3 月 31 日(金)

 NPO 法人 モバイル・コミュニケーション・ファンド(MCF)は、NTT ドコモ創立 10 周年記念事業の一環として、NTT ドコモグループとしての社会貢献活動を全国規模で実施し、21 世紀の情報化社会における情報通信・移動通信技術の発展とともに豊かで健全な社会の実現に寄与することを目的に、2002 年 7 月に設立された特定非営利活動法人です。 この助成事業は、将来の社会を担う子どもたちの健全

この助成情報を開く
助成

アジア・コミュニティ・トラスト「“アジア留学生等支援基金”助成事業 アジア留学生インターン受入れ助成プログラム」 -2017 年度

by 公益信託 アジア・コミュニティ・トラスト

  • 国際協力交流

掲載:2017 年 2月 11日  

応募・申請期間

2017 年 6 月 9 日(金)

 公益信託アジア・コミュニティ・トラスト(ACT)は、アジア諸国の民間の自助努力に対して民間レベルで協力するために、1979 年に設立された日本で最初のコミュニティ型の公益信託です。ACT は、個人、団体、企業等によって設定された特別基金を基礎に、アジア各国の現地 NGO や教育機関などの事業を支援しています。 2012 年 1 月に設定された「アジア留学生等支援基金」(以下、「本基金」とする)は

この助成情報を開く
寄付ラボ (第 50 回) - 寄稿

寄付に伴う中間費用の必要性

※ この記事は、社会福祉法人中央共同募金会の阿部 陽一郎さんによる寄稿記事です。

掲載:2017 年 2月 10日  

本年創設 70 周年を迎える共同募金は都道府県を区域としてそれぞれ共同募金会があり、当会は連合会です。お陰様で 70 年間に 9400 億円を超える寄付が全国で寄せられ、地域福祉の事業に助成を行ってきている。 2015 年度には全国で 5 万件を超える活動に約 160 億円の助成が行われました。 さて、今回頂戴したテーマは、寄付を集める際、そこから事務経費等の中間費用を確保することの意義や必要性と……

この寄付ラボ (第 50 回) を開く
助成

高原環境財団「緑化を伴うヒートアイランド対策に関する助成事業」

by 公益財団法人 高原環境財団

  • 環境保全

掲載:2017 年 2月 9日  

応募・申請期間

2017 年 2 月 20 日(月) から 2017 年 5 月 19 日(金)まで

自然環境(緑・水・大気)の破壊が急速に進んでいる現代、環境の悪化防止と再生を目指して緑化を推進することにより、ヒートアイランド対策の一環となることを目的とする。

この助成情報を開く
助成

高原環境財団「子供たちの環境学習活動に対する助成事業」

by 公益財団法人 高原環境財団

  • こども・子育て
  • 環境保全

掲載:2017 年 2月 9日  

応募・申請期間

2017 年 2 月 20 日(月) から 2017 年 5 月 19 日(金)まで

緑化や自然体験などの環境学習活動の実践を通じて、自然環境の保全と改善について地域の子供たちの意識向上を図ることを目的とする。

この助成情報を開く
コンテスト

安藤スポーツ・食文化振興財団 第 16 回「トム・ソーヤースクール企画コンテスト」

by 公益財団法人 安藤スポーツ・食文化振興財団

  • こども・子育て
  • 青少年
  • 環境保全

掲載:2017 年 2月 9日  

応募・申請期間

2017 年 2 月 1 日(水) ~ 2017 年 5 月 17 日(水)

 公益財団法人 安藤スポーツ・食文化振興財団は、創設者 安藤百福の「食とスポーツは健康を支える両輪である」との理念のもと、青少年の健全育成と食文化の向上のための様々な活動に取り組んでいます。陸上競技活動の支援、食創会の主宰、インスタントラーメン発明記念館の運営のほか、1983 年の財団創設以来、自然体験活動の普及に取り組んでまいりました。 「トム・ソーヤースクール企画コンテスト」は、「自然体験活動

このコンテスト情報を開く
アワード

第一生命保険株式会社 第 69 回「保健文化賞」 -2017 年度

by 第一生命保険株式会社

  • 福祉
  • 保健・医療

掲載:2017 年 2月 9日  

応募・申請期間

2017 年 4 月 17 日(月)

戦後の衛生環境が悪化していた中、わが国の保健衛生の向上に取り組む団体・個人に感謝と敬意を捧げる賞として 1950 年に創設されました。厚生労働省などの後援を得て毎年実施しており、2016 年で 68 回を迎えた、当社において最も長い歴史をもつ社会貢献活動です。生活習慣病対策・高齢者や障がい者への福祉・海外での医療や疾病対策など、その時代におけるさまざまな課題に継続的に取り組んでこられた団体・個人を

このアワード情報を開く
助成

サントリー文化財団「地域文化活動の実践者と研究者によるグループ研究助成」 -2017 年度

by 公益財団法人 サントリー文化財団

  • 観光・文化・芸術
  • 科学技術・学術

掲載:2017 年 2月 9日  

応募・申請期間

2017 年 4 月 10 日(月)

地域文化活動に関する研究の振興と、これを通じて日本の地域文化活動の発展に寄与することを目的とし、地域文化活動を行っている人(実践者)と研究者による共同研究に対して助成します。なお、地域文化活動とは、芸術や伝統文化だけではなく、歴史や文化を核にしたまちづくりや地域住民を巻き込んだ文化的なイベントなども含めるものとします。

この助成情報を開く
助成

NHK 厚生文化事業団 第 29 回「わかば基金“東日本大震災復興支援部門”」

by 社会福祉法人 NHK 厚生文化事業団

  • 福祉
  • 災害復興・支援

掲載:2017 年 2月 9日  

応募・申請期間

2017 年 2 月 1 日(水) ~ 3 月 31 日(金)

「わかば基金」は、地域に根ざした福祉活動を展開しているグループが、活動の幅を広げるための支援をしています。福祉にとって厳しい時代だからこそ、「わかば基金」は地域に芽吹いた活動をもっと応援していきます。

この助成情報を開く
助成

NHK 厚生文化事業団 第 29 回「わかば基金“リサイクルパソコン部門”」

by 社会福祉法人 NHK 厚生文化事業団

  • 福祉
  • IT 情報化

掲載:2017 年 2月 9日  

応募・申請期間

2017 年 2 月 1 日(水) ~ 3 月 31 日(金)

「わかば基金」は、地域に根ざした福祉活動を展開しているグループが、活動の幅を広げるための支援をしています。福祉にとって厳しい時代だからこそ、「わかば基金」は地域に芽吹いた活動をもっと応援していきます。

この助成情報を開く
助成

NHK 厚生文化事業団 第 29 回「わかば基金“支援金部門”」

by 社会福祉法人 NHK 厚生文化事業団

  • 福祉

掲載:2017 年 2月 9日  

応募・申請期間

2017 年 2 月 1 日(水) ~ 3 月 31 日(金)

「わかば基金」は、地域に根ざした福祉活動を展開しているグループが、活動の幅を広げるための支援をしています。福祉にとって厳しい時代だからこそ、「わかば基金」は地域に芽吹いた活動をもっと応援していきます。

この助成情報を開く
助成

ポーラ伝統文化振興財団「日本の伝統文化の維持・向上への助成」

by 公益財団法人 ポーラ伝統文化振興財団

  • 観光・文化・芸術

掲載:2017 年 2月 9日  

応募・申請期間

2017 年 2 月 3 日から 2017 年 3 月 31 日まで

日本には先人が残したすばらしい文化遺産が数多くあります。日本人の英知と感性から生れた世界に誇る伝統文化は、一度失ったら再び取り戻すことが困難なもので、 大切に受け継がれていかなければなりません。本事業は、助成を通じて、日本の伝統文化の維持・向上にささやかながら貢献しようとするものです。

この助成情報を開く
助成

「大阪帝塚山ロータリークラブ社会奉仕基金助成金」 -2017 年度

by 大阪手塚山ロータリークラブ

  • 市民活動全般

掲載:2017 年 2月 2日  

応募・申請期間

2017 年 1 月 27 日~ 2017 年 4 月 30 日

■大阪帝塚山ロータリークラブ社会奉仕基金について2011 年 7 月に大阪阿倍野ロータリークラブ、大阪住之江ロータリークラブ、大阪住吉ロータリークラブの 3 つのロータリークラブが合併して大阪帝塚山ロータリークラブが成立しました。大阪帝塚山ロータリークラブ会員は、日々、ロータリークラブを通じて社会奉仕活動を行っています。その奉仕活動の一環として、旧大阪阿倍野ロータリークラブ会員が拠出した資金で基金

この助成情報を開く
寄付ラボ (第 49 回) - 寄稿

感謝や応援の気持ちを寄付に表わす

※ この記事は、株式会社人事部の水谷 智子さんによる寄稿記事です。

掲載:2017 年 1月 27日  

これまで個人で寄付をしたことのない私ですが、この度、 2016 年 12 月 11 日に開催された市縁堂の実行委員会として市民活動をされている団体と市民をつなげる寄付のイベントづくりに参加をさせていただきました。その上で、どうすれば社会的な課題解決を担う市民活動団体への寄付をするということがもっと身近になるのか?について考えてみます。 今回、市縁堂イベントに参加させていただき、私が知らないだけで、……

この寄付ラボ (第 49 回) を開く
助成

「連合・愛のカンパ“地域助成”」 -2017 年度

by 日本労働組合総連合会 京都府連合会

  • こども・子育て
  • 福祉
  • 保健・医療
  • まちづくり
  • 環境保全
  • 人権・平和
  • 国際協力交流
  • 災害救助・救援

掲載:2017 年 1月 15日  

応募・申請期間

2017 年 1 月 1 日~ 3 月 31 日まで

 「連合・愛のカンパ」は、「自由、平等、公正で平和な世界の実現」に向けた社会貢献活動として取り組むもので、NGO・NPO 団体などの事業・プログラムへの支援、および自然災害などによる被災者に対する救援・支援を目的としています。 毎年およそ 1 億円を超えるカンパ金が寄せられる「連合・愛のカンパ」を各団体・組織へと寄贈することで、ハンディキャップを持つ人たち、戦争・紛争による難民、大規模災害の被災者

この助成情報を開く
助成

「連合・愛のカンパ“中央助成”」 -2017 年度

by 日本労働組合総連合会

  • こども・子育て
  • 福祉
  • 保健・医療
  • まちづくり
  • 環境保全
  • 人権・平和
  • 国際協力交流
  • 災害救助・救援

掲載:2017 年 1月 15日  

応募・申請期間

2017 年 1 月 1 日~ 3 月 31 日まで

 「連合・愛のカンパ」は、「自由、平等、公正で平和な世界の実現」に向けた社会貢献活動として取り組むもので、NGO・NPO 団体などの事業・プログラムへの支援、および自然災害などによる被災者に対する救援・支援を目的としています。 毎年およそ 1 億円を超えるカンパ金が寄せられる「連合・愛のカンパ」を各団体・組織へと寄贈することで、ハンディキャップを持つ人たち、戦争・紛争による難民、大規模災害の被災者

この助成情報を開く
寄付ラボ (第 48 回) - 寄稿

誰かを支えるから、社会を変える手立てとしての「 寄付 」に

※ この記事は、一般社団法人こどものホスピスプロジェクト「TSURUMIこどもホスピス」の水谷 綾さんによる寄稿記事です。

掲載:2017 年 1月 13日  

「TSURUMIこどもホスピス (TCH)」は、16 年春、鶴見緑地にオープンした日本初のコミュニティ型の子どもホスピスで、「 命を脅かされる病気 (LTC)」 の子どもを中心に、難病の子どもたちの成長を支援する活動を行っています。ホスピスと言っても、成人向けのホスピスとは違い、治療や医療的な緩和ケアを目的とした医療機関ではありません。病状をきめ細かく把握した看護スタッフが見守る安心・安全な環境で……

この寄付ラボ (第 48 回) を開く
助成

あしたの日本を創る協会「地域活動団体への助成“生活学校助成”」

by 公益財団法人 あしたの日本を創る協会

  • まちづくり

掲載:2017 年 1月 13日  

応募・申請期間

2017 年 3 月 31 日(金)

近所の一人暮らしのお年寄りや子どもたちの見守り、ごみの収集や資源リサイクル活動など、身近な地域や暮らしの課題について、実践活動を通じて解決に取り組む地域活動団体を対象に、「生活学校」の趣旨に賛同し参加を希望する団体の募集を行い、当協会から活動経費の助成を行います。生活学校とは、身近な地域や暮らしの問題を、学び、調べ、企業や行政と話し合い、ほかのグループとも協力しながら、実践活動のなかで解決し、生活

この助成情報を開く
助成

日本財団 第 2 回「海と日本 PROJECT サポートプログラム」

by 公益財団法人 日本財団

  • 環境保全

掲載:2017 年 1月 11日  

応募・申請期間

2017 年 3 月 1 日(水) 11:00 ~ 3 月 10 日(金)

日本は、四方を海に囲まれた国。私たちの社会や文化は、海に囲まれた環境の中で形づくられてきており、食べ物や生活道具、名前や地名、文学、歌、暦、歳時、祭りなどさまざまなものが海と結びついています。また、国民の祝日としても「海の日」がある世界でも唯一の国、それが日本です。内陸・沿岸問わず、“地域”もさまざまな形で海とつながっています。あなたの地域では、海とのつながりを活かすことができているでしょうか?一

この助成情報を開く
助成

ヨネックススポーツ振興財団「青少年スポーツ振興に関する助成金(後期)」 -2017 年度

by 公益財団法人 ヨネックススポーツ振興財団

  • 青少年
  • スポーツ

掲載:2017 年 1月 6日  

応募・申請期間

2017 年 6 月 30 日

青少年スポーツの振興に関する諸般の事業の推進を図り、心身ともに健全な青少年を育成し、もって明るく豊かで活力に満ちた社会の実現に寄与することを目的とします。

この助成情報を開く
寄付ラボ (第 47 回) - コラム

「ほしい未来にエールを贈る~市縁堂 2016 から見えた“エール”の贈り方~」

※ この記事は、京都市市民活動総合センターの土坂 のり子さんによるコラム記事です。

掲載:2016 年 12月 23日  

京都には、たくさんの「ほっとけない」問題があり、困っている人や状況を「ほっとかない」と、活動してきた NPO があります。その中には、全国でもいち早く問題に取り組んできたパイオニア団体や、独創性あふれる取組みで全国から注目されている団体があります。「市縁堂2016*注 1」では、そんな注目団体*注 2に出演していただきました。 「子どもの貧困対策」を全国規模にしてきた団体や、祇園祭りのごみ削減に取……

この寄付ラボ (第 47 回) を開く
市民活動総合センターのお知らせ

スモールオフィスの来年度入居を募集します

from 京都市市民活動総合センター

掲載:2016 年 12月 23日  

京都市市民活動総合センターでは、さまざまな社会的課題の解決に向けて自主的に活動をする団体の皆さんをサポートするため、その拠点として「スモールオフィス」を提供しています。 スモールオフィスについては市民活動総合センターのWeb ページ (http://shimin.hitomachi-kyoto.jp/small.html) をご覧ください。 入居についてのご相談や施設の見学は随時承りますのでお気軽……

この市民活動総合センターのお知らせを開く
市民活動総合センターのお知らせ

ロッカー・メールボックスの平成 29 年度利用団体を募集します

from 京都市市民活動総合センター

掲載:2016 年 12月 23日  

公益的な活動を行う団体のためのロッカー・メールボックスの利用団体を募集します。 ※ 現在ご利用中の団体も 4 月からのご利用にはお申込が必要です。 ロッカー 会議資料や印刷用紙等活動に必要なものを保管できます。サイズは大・中・小があります。 利用期間:平成 29 年 4 月から平成 30 年 3 月末まで。(1 年更新・毎年審査あり) 使用料:下記をご覧ください (年額・一括納入) 大サイズ 9,……

この市民活動総合センターのお知らせを開く
助成

砂防フロンティア整備推進機構 砂防ボランティア基金「助成事業」 -2017 年

by 一般財団法人 砂防フロンティア整備推進機構

  • 災害復興・支援

掲載:2016 年 12月 10日  

応募・申請期間

2017 年 3 月 31 日 (金)
ただし災害時緊急活動に対する助成事業に関しては随時受付

 時下益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。 一般財団法人砂防フロンティア整備推進機構では、関係者の皆様のご支援のもとに非営利活動事業の一環として、当「基金」の管理・運営に当たっております。ここに下記のとおり平成 29 年度助成事業の応募要領を案内致します。 砂防ボランティア関係者の皆様に広く活用を図っていただきたく、応募申請にあたりましては、関係者に配布いただくなど、特段のご理解、ご支援をお願い

この助成情報を開く
寄付ラボ (第 46 回) - 寄稿

寄付方法に応じた活動 PR の大切さ

※ この記事は、認定 NPO 法人アンビシャスの湯浅 あやのさんによる寄稿記事です。

掲載:2016 年 12月 9日  

私たち認定 NPO 法人アンビシャスは、1999 年の活動当初より犬のしつけ・訓練に意識の高い飼い主が会員となり、自分の飼い犬とともにドッグセラピー活動を続けてきました。 「犬」をキーワードに活動を続けており、子どもたちに命の大切さを伝える「いのちの授業」、「ペットと防災」などの活動をしています。 活動当初は、ドッグセラピー活動の回数も少なく、資金的にもなんとかやりくりできていましたが、 今では年……

この寄付ラボ (第 46 回) を開く
寄付ラボ (第 45 回) - 寄稿 [ 特集 ]

ブラジル 連帯意識で作った国

※ この記事は、西田 誠 マルシオさんによる寄稿記事です。

掲載:2016 年 11月 25日  

ブラジルでは、現在、寄付はとても一般的なことと認識されている。その背景には、これまでの歴史が大きく関係している。 1900 年代前半のブラジルには、コーヒー豆の栽培で財を成した富裕層がおり、社会的・経済的に政府よりも力を持っていた。コーヒー豆の輸出入に必要な港はもちろん、博物館やオペラハウスといった文化的施設も、こうした富裕層の寄付により建てられてきた。病院や学校は、教会の寄付によって建てられ、病……

この寄付ラボ (第 45 回) [ 特集 ] を開く
補助

京都市 文化市民局「人権啓発活動補助金」

by 京都市 文化市民局

  • 人権・平和

掲載:2016 年 11月 24日  

応募・申請期間

啓発活動実施日の 14 日前まで(ただし、申請までに必ず事前に御相談ください。なお、応募の状況により締め切ることがありますので、お早めに御相談ください。)

 京都市では、人権が大切にされるまちづくりを推進するため、京都市内の市民団体や NPO 法人等が自主的に実施する、人権に関する講演会やシンポジウム、イベント等の啓発活動に対し、補助金を交付することにより支援する制度を設けています。是非、御利用ください。

この補助情報を開く
助成

「大竹財団助成金」

by 一般財団法人 大竹財団

  • 市民活動全般

掲載:2016 年 11月 24日  

応募・申請期間

通年。年間を通じて申請を受け付けています。
なお、ご申請から可否の決定に至るまでには通常 1 ヶ月ほどのご猶予をいただいております。事業の開始時期を考慮し、余裕をもってご申請ください。
※ なお、事業開始時期が直前に迫っている事業(1 カ月未満)や既に始まっている事業は助成対象外ですのでご注意ください。ゴールデンウィークや年末年始などの時期は1 カ月よりもさらに余裕をもってご申請ください。

大竹財団は、「地球に平和を」を理念に、戦争の原因となる人口問題、食糧問題や人類の存続を脅かす環境、エネルギー問題などの調査研究、国内外の個人、およびNGO、NPO との情報交換や活動支援をおこなっている公益法人です。大竹財団では、主旨、活動目的を共にし、社会問題解決に取り組む個人、NGO、NPO に助成金を給付しています。助成金を必要とされる方は、当財団の主旨や活動目的等をご理解いただいた上で、下

この助成情報を開く
融資

京都地域創造基金「きょうと NPO 支援連携融資制度」

by 公益財団法人 京都地域創造基金

  • 市民活動全般

掲載:2016 年 11月 22日  

応募・申請期間

京都府内で活動する NPO 法人の活動資金を支援するために、当財団は、京都府・京都市及び京都信用金庫、京都北都信用金庫、京都銀行、京都中央信用金庫との協働により、「きょうと NPO 支援連携融資制度」(300 万円まで無利子/それ以上 500 万円まで利子半額助成)を実施しています。法人設立後の運転資金や事業拡大などで資金が必要な NPO 法人の方は当財団までご相談ください。※ 本制度は、2009

この融資情報を開く
助成

京都新聞社会福祉事業団「助成金」

by 公益財団法人 京都新聞社会福祉事業団

  • 福祉

掲載:2016 年 11月 22日  

応募・申請期間

申請は、同一主催者または実態が同じ団体は、年度内 2 回(上半期 4 月~ 9 月、下半期 10 月~ 3 月の各 1 回、事業の内容が同じ場合は、年度内 1 回)とします

各種団体が行なう大会等の催しについて、京都新聞社会福祉事業団の助成金の希望申請を行う場合、次の基準を設けています

この助成情報を開く
助成

ラッシュジャパン「LUSH FunD」

by 株式会社 ラッシュジャパン

  • こども・子育て
  • 災害復興・支援

掲載:2016 年 11月 11日  

応募・申請期間

3 か月に 1 回、3 月末、6 月末、9 月末、12 月末

ラッシュジャパンでは、2007 年 9 月より、小規模かつさまざまな社会課題に対して直接的に活動している草の根団体を支援してまいりました。そして、2011 年 3 月 11 日に発生した東日本大震災の被害状況に鑑みて、3 月 13 日以降、被災地で活動を行っている団体への支援を継続的に行っております。2012 年 11 月 20 日からは、クレイソープ『Fun』の販売 1 個につき 20 円を、福

この助成情報を開く
融資

日本政策金融公庫「ソーシャルビジネス支援資金」

by 株式会社 日本政策金融公庫

掲載:2016 年 11月 11日  

応募・申請期間

随時

「ソーシャルビジネス支援資金(企業活力強化貸付)」のご融資を通じて、社会的課題の解決を目的とする事業を営むみなさまのお手伝いをさせていただいております。

この融資情報を開く
助成

京都地域創造基金「事業指定助成プログラム」

by 公益財団法人 京都地域創造基金

掲載:2016 年 11月 11日  

応募・申請期間

2016 年 2 月~随時

 公益財団法人京都地域創造基金(以下、当財団)は、社会の「ほっとけない」課題の解決に真摯に取り組む市民活動を支える社会をつくるために、さまざまな助成・寄付プログラムを企画・運営しています。中でも事業指定プログラムは、広く社会に寄付を促し、寄付文化を創り出す仕組みです。プログラム・コース概要事業指定助成プログラムに申請し選考により「随時エントリーコース」に採択された事業について、2016 年 2 月

この助成情報を開く
寄付ラボ (第 44 回) - 寄稿

悲喜交々の寄付集め

※ この記事は、京都 JOCSの宇山 進さんによる寄稿記事です。

掲載:2016 年 11月 11日  

日本キリスト教海外医療協力会 (JOCS) は、現在約 4 千人の会員の会費と、会員および一般の方々からの寄付金によって活動していますが、会員も寄付金も減少傾向にあります。活動費が減ることは、人の命を救う働きを縮小することにつながります。それを少しでもくい止めようという気持ちを持って、京都 JOCS の私たちは活動しています。 毎年一回、プロの演奏者によるチャリティーコンサートを開催し、その純益を……

この寄付ラボ (第 44 回) を開く
上へ