「NPO や市民活動団体等で活動するあなた」向け情報一覧

「もっとイイ社会をつくりたい!」と奮闘するあなたに役立ててほしい情報です。

Most Fresh
補助掲載:1 週間以内

京都府「地域力再生プロジェクト支援事業交付金“雪害対策緊急枠”」

by 京都府

  • 災害救助・救援
  • 地域安全
  • その他

掲載:2018 年 2月 19日  

応募・申請期間

2018 年 3 月 12 日 (月)

 京都府北部地域を中心に発生したこの度の大雪を踏まえ、NPO や自治会等の民間団体が、共助によりコミュニティや日常生活の維持を図るために取り組まれる「除雪作業」等の雪害対策活動を、地域力再生プロジェクト支援事業交付金で支援いたします。

この補助情報を開く
コンテスト掲載:1 週間以内

安藤スポーツ・食文化振興財団 第 17 回「トム・ソーヤースクール企画コンテスト」

by 公益財団法人 安藤スポーツ・食文化振興財団

  • こども・子育て
  • 青少年
  • 環境保全

掲載:2018 年 2月 18日  

応募・申請期間

2018 年 2 月 1 日 (木) ~ 5 月 17 日 (木)

 当財団では、「トム・ソーヤースクール企画コンテスト」を主催し、自然体験活動にとって大切な「企画力」の向上を図るために、全国からユニークで創造性に富んだ自然体験活動の企画案を募集して、選考の上、50 団体に実施支援金を贈呈しています。さらに、支援 50 団体から提出された実施報告書を審査し、学校部門には文部科学大臣賞と優秀賞を、一般部門には安藤百福賞と優秀賞を授与し表彰しています。以下の要領にした

このコンテスト情報を開く
助成掲載:1 週間以内

サントリー文化財団「地域文化活動の実践者と研究者によるグループ研究助成」 -2018 年度

by 公益財団法人 サントリー文化財団

  • 観光・文化・芸術
  • 科学技術・学術

掲載:2018 年 2月 16日  

応募・申請期間

2018 年 4 月 10 日 (火)

 地域文化活動に関する研究の振興と、これを通じて日本の地域文化活動の発展に寄与することを目的とし、地域文化活動を行っている人 (実践者) と研究者による共同研究に対して助成します。 なお、地域文化活動とは、芸術や伝統文化だけではなく、歴史や文化を核にしたまちづくりや地域住民を巻き込んだ文化的なイベントなども含めるものとします。

この助成情報を開く
助成掲載:1 週間以内

「公益信託アドラ国際援助基金」 -2018 年度

by みずほ信託銀行株式会社

  • こども・子育て
  • 保健・医療
  • 人権・平和
  • 国際協力交流
  • 災害救助・救援

掲載:2018 年 2月 16日  

応募・申請期間

2018 年 3 月 30 日 (金)

開発途上国において援助団体等が行う国民の生活水準の向上に資するための事業に対する資金助成を行い、開発途上国の安定と発展に寄与する。ADRA とは“ADVENTIST DEVELOPMENT AND RELIEF AGENCY”の略称で、セブンスデーアドベンチスト教団を支持母体とする博愛的で人種、宗教、政治の区別のない活動を行う国際援助機構です。

この助成情報を開く
助成掲載:1 週間以内

近畿建設協会「地域づくり・街づくり支援事業」 -2018 年度

by 一般社団法人 近畿建設協会

  • まちづくり

掲載:2018 年 2月 16日  

応募・申請期間

2018 年 3 月 9 日 (金)

 本格的な少子高齢化を迎える中で、いきいきとした社会を構築するために、社会資本整備はますます重要となっています。このため一般社団法人近畿建設協会では、公益事業の一環として、豊かさを実感できる活力ある地域社会を目指し、地域の活性化・環境保全・安全・安心に配慮した「地域づくり・街づくり」活動を支援しております。 平成 29 年度における支援対象事業の募集を次の手順により行います。奮ってご応募いただきま

この助成情報を開く
助成掲載:1 週間以内

国土緑化推進機構「緑の募金事業 都道府県緑推推薦事業 “子どもたちの未来の森づくり事業”」 -2018 年度

by 公益社団法人 国土緑化推進機構

  • こども・子育て
  • まちづくり
  • 環境保全

掲載:2018 年 2月 16日  

応募・申請期間
  1. 都道府県緑推における受付期間 (事業実施箇所の都道府県緑推)
     2018 年 3 月 31 日 (土)
  2. 都道府県緑推から国土緑化推進機構への推薦最終日
     2018 年 4 月 15 日 (日)

 森林は国土の保全、水源の涵養、木材の生産などの働きを有しており、私たちにかけがえのない恵みを与えているが、近年は、地球温暖化防止とともに青少年の環境教育や心身の健康作りの場として注目されている。 一方、我が国の森林は社会経済の変化の中で、荒廃が危惧されているところであり、未来の子どもたちに豊かな国土を引き継ぐために、小・中学生の「森の学び」を支援するとともに、森林環境教育のフィールドとしての地域

この助成情報を開く
助成掲載:1 週間以内

国土緑化推進機構「緑の募金事業 特定公募事業 “ 国民参加による災害に強い森林づくり事業 ”」 -2018 年度

by 公益社団法人 国土緑化推進機構

  • まちづくり
  • 環境保全
  • 災害復興・支援

掲載:2018 年 2月 16日  

応募・申請期間

2018 年 3 月 31 日 (土)

国民参加による災害に強い森林づくりタイプ森林ボランティア団体等が、単独又は他のボランティア団体や自治体等と連携して企画・実施する被災森林の復旧や災害の予防に資する森林づくり活動を推進し、もって健全な森林の育成に資する。山村住民と都市住民の協働による森林整備と山村活性化タイプ地域の森林整備等の担い手であるべき山村住民が減少する中で、都市に居住し、森林ボランティア活動に積極的に関わろうとする者で構成す

この助成情報を開く
助成掲載:1 週間以内

国土緑化推進機構「緑の募金事業 一般公募事業」 -2018 年度

by 公益社団法人 国土緑化推進機構

  • 環境保全

掲載:2018 年 2月 16日  

応募・申請期間

2018 年 3 月 31 日 (土)

 国土の保全、水源のかん養、木材生産など、森林の持つ多面的機能の発揮の有意性が認識される中、近年の地球温暖化防止や、生物多様性の保全、青少年の環境教育の場や心身の健康づくりなど、これまで以上に森林の働きが注目され、緑化の推進、森林整備活動に森林ボランティアとして積極的に関わろうとする人たちが増加しています。 緑の募金では、こうした活動を支援し、国民参加の森林づくりを実践し、もって健全な森林の育成に

この助成情報を開く
助成掲載:1 週間以内

国土緑化推進機構「緑と水の森林ファンド」 -2018 年度

by 公益社団法人 国土緑化推進機構

  • 社会教育
  • 環境保全

掲載:2018 年 2月 15日  

応募・申請期間

2018 年 3 月 31 日 (土)

 社会環境の変化に伴い、国民の森林・みどりに対する関心はますます高まっており、具体的な「国民参加の森林づくり運動」を一層推進することが課題となっています。 平成 24 年 12 月「国際森林デー」の制定、平成 25 年 11 月「国連持続可能な開発のための教育 10 年(ESD)」世界会議等の意義を念頭に、森林の重要性に対する理解の推進を図るとともに、森の幼稚園など新たな森林の利用や森林環境教育の

この助成情報を開く
講座掲載:1 週間以内

NPO 法人の事業年度終了後の手続き

by 京都市市民活動総合センター

  • 市民活動支援

掲載:2018 年 2月 13日  

年度末から総会・事業報告書の提出まで、必要な手続きを総復習。

分類 知る・学ぶ 
対象 社会人対象 
参加方法 事前申し込み推奨 
開催場所・日 ひと・まち交流館 京都 2018 年 3 月 17 日 (土)
費用 無料
割引特典
この講座情報を開く
助成

ポーラ伝統文化振興財団「日本の伝統文化の維持・向上への助成」

by 公益財団法人 ポーラ伝統文化振興財団

  • 観光・文化・芸術

掲載:2018 年 2月 12日  

応募・申請期間

2018 年 3 月 31 日 (土)

日本には先人が残したすばらしい文化遺産が数多くあります。日本人の英知と感性から生れた世界に誇る伝統文化は、一度失ったら再び取り戻すことが困難なもので、 大切に受け継がれていかなければなりません。本事業は、助成を通じて、日本の伝統文化の維持・向上にささやかながら貢献しようとするものです。

この助成情報を開く
補助

復興庁 第 1 回「“心の復興”事業」- 2018 年度

by 復興庁

  • 災害復興・支援

掲載:2018 年 2月 12日  

応募・申請期間

2018 年 3 月 2 日 (金)

 東日本大震災に伴う避難生活の長期化や、災害公営住宅等への移転など、被災者を取り巻く生活環境が変化する中で、被災者が安定的な日常生活を営むことができるように、被災者の円滑な住宅・生活再建の支援、心身のケア、生きがいづくりによる「心の復興」や、コミュニティ形成の促進等の各地域の復興の進展に伴う課題に対応した支援活動の実施に必要な施策を総合的に支援することを目的とします。

この補助情報を開く
助成

文化庁「文化芸術による子供の育成事業 “芸術家の派遣事業” 」-2018 年度

by 文化庁

  • こども・子育て
  • 社会教育
  • 観光・文化・芸術

掲載:2018 年 2月 12日  

応募・申請期間

2018 年 2 月 2 日 (金) ~ 2018 年 2 月 26 日 (月)

「文化芸術による子供の育成事業 (芸術家の派遣事業) 」は、小学校・中学校等に個人又は少人数の芸術家 (以下「芸術家等」という。) を派遣し、講話、実技披露、実技指導 (以下「講話等」という。) を実施することにより,子供たちの豊かな創造力・想像力や、思考力、コミュニケーション能力などを養うとともに、将来の芸術家や観客層を育成し、優れた文化芸術の創造につなげることを目的としています。

この助成情報を開く
助成

企業メセナ協議会「 2021 芸術・文化による社会創造ファンド -2021 Arts Fund- 」

by 公益社団法人 企業メセナ協議会

  • 観光・文化・芸術

掲載:2018 年 2月 10日  

応募・申請期間

年 4 回 (1 月 20 日、4 月 20 日、7 月 20 日、10 月 20 日)

2020 年、日本はスポーツの祭典によって世界からの注目を集めます。それと同時に、日本各地の多彩な文化にも人々の関心が寄せられ、地域独自の文化の魅力を発信し、新たな芸術活動や国際的な文化交流をはかる機会ともなります。企業メセナ協議会では、2020 年を一つの節目と捉え、その先の未来を創造する芸術・文化の振興に向けて、「 2021 芸術・文化による社会創造ファンド」(略称:2021 Arts Fun

この助成情報を開く
助成

企業メセナ協議会「助成認定制度」

by 公益社団法人 企業メセナ協議会

  • 観光・文化・芸術

掲載:2018 年 2月 10日  

応募・申請期間

年 4 回 (1 月 20 日、4 月 20 日、7 月 20 日、10 月 20 日)

企業メセナ協議会は 1990 年の設立以来、芸術文化振興のための基盤整備に努め、創造的で活力にあふれた社会、多様性を尊重する豊かな社会の実現を目指し、さまざまな公益目的事業を展開しています。当協議会では 1994 年より、芸術・文化活動等への民間寄付を税制面から促進すべく「助成認定制度」を運営しています。「助成認定制度」は、当協議会への寄付金を芸術・文化活動への助成金として交付する仕組みです。ぜひ

この助成情報を開く
寄付ラボ (第 67 回) - 寄稿

イギリスの寄付文化と資金調達

※ この記事は、NPO 法人 京都地球温暖化防止府民会議の竹花 由紀子さんによる寄稿記事です。

掲載:2018 年 2月 9日  

2016 年から 1 年間、イギリスに滞在する機会を得ました。現地に暮らし始めて驚いたのが、小学校での寄付イベントの多さです。 まず 9 月に新学期が始まってすぐ、難民の子どもたちを支援するため、国際 NGO セーブ・ザ・チルドレンへの寄付を集める「ハーベスト・アピール」が行われました。学級ごとに目標額が定められ、子どもたちは 20 ペンス*注 1ずつ節約し、寄付に回すよう呼びかけられます。 そし……

この寄付ラボ (第 67 回) を開く
補助

厚生労働省「地域の健康増進活動支援事業」-2018 年度

by 厚生労働省

  • 福祉
  • 保健・医療

掲載:2018 年 2月 7日  

応募・申請期間

2018 年 2 月 28 日 (水)

 健康づくり活動に取り組む民間団体の、健康づくりの牽引役となる人材の育成やボランティアを活用する主体的かつ自由な発想に基づく取組のうち、全国統一的に展開する全国規模の事業 (以下「全国事業」という。)、地域の特色や特性に 沿った取組を実施する事業 (以下「地域事業」という。) のそれぞれについて、国が財政的支援を行うものとする。目的 健康づくりにおいて、地域に根ざした信頼や社会規範、ネットワークと

この補助情報を開く
補助

文部科学省「政府開発援助ユネスコ活動費補助金 (持続可能な開発目標 (SDGs) 達成に貢献するユネスコ活動の普及・発展のための交流・協力事業)」 -2018 年度

by 文部科学省

  • 市民活動全般
  • その他

掲載:2018 年 2月 7日  

応募・申請期間

2018 年 3 月 2 日 (金)

このたび、文部科学省 (日本ユネスコ国内委員会) では、「ユネスコ活動に関する法律」第四条第一項、第二項及び「ユネスコ活動に関する法律施行令」第二条、第三条の規定に基づき、公募を実施し、持続可能な開発目標 (SDGs) の達成に貢献する民間のユネスコ活動の振興に資する事業を行う団体に対して、当該事業を実施するために必要とする経費への「政府開発援助ユネスコ活動費補助金」(持続可能な開発目標 (SDG

この補助情報を開く
助成

「東京動物園協会野生生物保全基金 助成対象活動募集」 -2018 年度

by 公益財団法人 東京動物園協会

  • 環境保全

掲載:2018 年 2月 3日  

応募・申請期間

2018 年 2 月 28 日 (水)

 生息地の減少や生態系の変化等、環境問題の深刻化に伴い、数多くの野生生物が危機的な状況に直面しています。私たちは、地球上の生物が多様性を保ちながらお互いにつながり、支え合っていることをあらためて認識し、生物保全への努力を続けていく必要があります。 協会は、設立趣旨のひとつである「人と動物の共存への貢献」を一層進めるために「東京動物園協会野生生物保全基金」を設置し、動物園・水族館の発展振興に資すると

この助成情報を開く
アワード

第一生命保険株式会社 第 70 回「保健文化賞」 -2018 年度

by 第一生命保険株式会社

  • 福祉
  • 保健・医療

掲載:2018 年 2月 3日  

応募・申請期間

2018 年 4 月 16 日 (月)

戦後の衛生環境が悪化していた中、わが国の保健衛生の向上に取り組む団体・個人に感謝と敬意を捧げる賞として 1950 年に創設されました。厚生労働省などの後援を得て毎年実施しており、2016 年で 68 回を迎えた、当社において最も長い歴史をもつ社会貢献活動です。生活習慣病対策・高齢者や障がい者への福祉・海外での医療や疾病対策など、その時代におけるさまざまな課題に継続的に取り組んでこられた団体・個人を

このアワード情報を開く
助成

区画整理促進機構「街なか再生助成金」 -2018 年度

by 公益財団法人 区画整理促進機構

  • まちづくり

掲載:2018 年 2月 3日  

応募・申請期間

2018 年 3 月 31 日 (土)

当機構が街なかにおける市街地整備や街なかの再生に資する取り組みを行う民間団体を資金面で助成し、その事業等の活動を支援することで、賑わいのあるまちづくりを促進することを目的としています。

この助成情報を開く
助成

「公益信託 タカラ・ハーモニストファンド」 -2018 年度

by みずほ信託銀行株式会社

  • 環境保全

掲載:2018 年 2月 3日  

応募・申請期間

2018 年 4 月 6 日 (金)

以下の 1.~3. の内容に関する実践的な活動・研究に対して、助成を行います。日本国内の森林・草原、木竹等の緑を保護、育成するための活動または研究。日本国内の海、湖沼、河川等の水辺の良好な自然環境を整備するための活動または研究。日本国内の緑と水に恵まれた良好な自然環境の保全および創出に資するための活動または研究。

この助成情報を開く
アワード

「ユネスコ / 日本 ESD 賞の国内公募」 -2018 年度

by 日本ユネスコ国内委員会

  • 社会教育
  • 環境保全

掲載:2018 年 2月 1日  

応募・申請期間

2018 年 3 月 5 日 (月)

 この賞は、ESD に関するグローバル・アクション・プログラム(GAP)の枠組みの中で、ESD 活動に取り組んでいる団体、学校又は個人について、ESD に関する特筆すべきプロジェクトに着目して表彰するものです。 ユネスコの第 195 回執行委員会(2014 年)で創設が承認されたもので、ESD に関するユネスコ世界会議 閣僚級会合及び全体のとりまとめ会合(2014 年 11 月 10-12 日 愛

このアワード情報を開く
助成

NHK 厚生文化事業団 第 30 回「わかば基金“リサイクルパソコン部門”」

by 社会福祉法人 NHK 厚生文化事業団

  • 福祉
  • IT 情報化

掲載:2018 年 1月 30日  

応募・申請期間

2018 年 3 月 30 日 (金)

「わかば基金」は、地域に根ざした福祉活動を展開しているグループが、活動の幅を広げるための支援をしています。福祉にとって厳しい時代だからこそ、「わかば基金」は地域に芽吹いた活動をもっと応援していきます。

この助成情報を開く
助成

NHK 厚生文化事業団 第 30 回「わかば基金“災害復興支援部門”」

by 社会福祉法人 NHK 厚生文化事業団

  • 福祉
  • 災害復興・支援

掲載:2018 年 1月 30日  

応募・申請期間

2018 年 3 月 30 日 (金)

「わかば基金」は、地域に根ざした福祉活動を展開しているグループが、活動の幅を広げるための支援をしています。福祉にとって厳しい時代だからこそ、「わかば基金」は地域に芽吹いた活動をもっと応援していきます。

この助成情報を開く
助成

NHK 厚生文化事業団 第 30 回「わかば基金“支援金部門”」

by 社会福祉法人 NHK 厚生文化事業団

  • 福祉

掲載:2018 年 1月 30日  

応募・申請期間

2018 年 3 月 30 日 (金)

「わかば基金」は、地域に根ざした福祉活動を展開しているグループが、活動の幅を広げるための支援をしています。福祉にとって厳しい時代だからこそ、「わかば基金」は地域に芽吹いた活動をもっと応援していきます。

この助成情報を開く
助成

「大阪帝塚山ロータリークラブ社会奉仕基金助成金」 -2018 年度

by 大阪帝塚山ロータリークラブ

  • 市民活動全般

掲載:2018 年 1月 29日  

応募・申請期間

2018 年 4 月 30 日 (月)

■大阪帝塚山ロータリークラブ社会奉仕基金について2011 年 7 月に大阪阿倍野ロータリークラブ、大阪住之江ロータリークラブ、大阪住吉ロータリークラブの 3 つのロータリークラブが合併して大阪帝塚山ロータリークラブが成立しました。大阪帝塚山ロータリークラブ会員は、日々、ロータリークラブを通じて社会奉仕活動を行っています。その奉仕活動の一環として、旧大阪阿倍野ロータリークラブ会員が拠出した資金で基金

この助成情報を開く
助成

「京都府立大学地域貢献型特別研究 (府大 ACTR)」 -2018 年度

by 京都府立大学

  • まちづくり
  • 観光・文化・芸術
  • 経済活動の活性化
  • 科学技術・学術
  • その他

掲載:2018 年 1月 28日  

応募・申請期間

2018 年 2 月 20 日 (火)

 京都府立大学では、京都府内の地域振興や産業・文化の発展等に貢献することを目的として、地域貢献型特別研究 (ACTR) に取り組んでいます。より一層、地域課題に則した研究を実施するため、研究成果の公表を前提として、以下のとおり研究テーマの募集を行います。 つきましては、府内の各地域で抱える諸課題について、本学教員と一緒に研究を進めたいとお考えの方は、下記により御応募ください。※ACTR は、Aca

この助成情報を開く
寄付ラボ (第 66 回) - 寄稿

本の整理で寄付

※ この記事は、公益社団法人京都犯罪被害者支援センターの冨名腰 由美子さんによる寄稿記事です。

掲載:2018 年 1月 26日  

京都犯罪被害者支援センターは、平成 10 年設立の犯罪被害者支援団体で公安委員会の指定を受けた犯罪被害者等早期援助団体として警察からの被害者情報をもらい相談や支援をしている。全国にこのような団体は 48 あり、全国被害者支援ネットワークとともに被害者の求める支援が、どこでもいつでも受けられることを目指し活動している。 民間団体である犯罪被害者支援団体は、どこも財政と人材の面で苦労している。安定した……

この寄付ラボ (第 66 回) を開く
アワード

読売新聞社 第 12 回「読売あをによし賞」

by 読売新聞社

  • 観光・文化・芸術

掲載:2018 年 1月 26日  

応募・申請期間

2018 年 2 月 28 日 (水)

読売あをによし賞は、かけがえのない文化遺産を最前線で守り伝える団体・個人の取り組みを顕彰するため、2006 年に創設されました。11 月~翌年 2 月に公募し、中西進・国際日本文化研究センター名誉教授をはじめとする専門家による委員会で本賞、奨励賞、特別賞を決定します。こうした顕彰活動を通じ、文化遺産保護、継承に対する国民世論の高まりを期待する狙いがあります。

このアワード情報を開く
コンテスト

セイノーホールディングス株式会社 第 3 回「日本全国!地方創生ビジネスプランコンテスト ” カンガルー ” 」

by セイノーホールディングス株式会社

  • まちづくり
  • 雇用・労働

掲載:2018 年 1月 19日  

応募・申請期間

2018 年 2 月 8 日 (木)

我々物流企業の発展は、常に地方の発展と共にあります。私たちの役割は“運ぶ (=つなぐ) ”こと。それぞれの地方で、活発にモノが生み出され、また、消費されるからこそ私たちの事業はそれらを“つなぐ”という価値を生むのです。これからも元気な地方でいてほしい。さらにはもっともっと地方には元気になってほしい。そんな思いから、今回、地方創生をテーマとしたビジネスプランを募集いたします。まずは、あなたの熱い思い

このコンテスト情報を開く
助成

「連合・愛のカンパ“地域助成”」 -2018 年度

by 日本労働組合総連合会

  • こども・子育て
  • 福祉
  • 保健・医療
  • まちづくり
  • 環境保全
  • 人権・平和
  • 国際協力交流
  • 災害救助・救援

掲載:2017 年 12月 26日  

応募・申請期間

2018 年 1 月 1 日 (月) ~ 3 月 31 日 (土)

 「連合・愛のカンパ」は、「自由、平等、公正で平和な世界の実現」に向けた社会貢献活動として取り組むもので、NGO・NPO 団体などの事業・プログラムへの支援、および自然災害などによる被災者に対する救援・支援を目的としています。 毎年およそ 1 億円を超えるカンパ金が寄せられる「連合・愛のカンパ」を各団体・組織へと寄贈することで、ハンディキャップを持つ人たち、戦争・紛争による難民、大規模災害の被災者

この助成情報を開く
助成

「連合・愛のカンパ“中央助成”」 -2018 年度

by 日本労働組合総連合会

  • こども・子育て
  • 福祉
  • 保健・医療
  • まちづくり
  • 環境保全
  • 人権・平和
  • 国際協力交流
  • 災害救助・救援

掲載:2017 年 12月 26日  

応募・申請期間

2018 年 1 月 1 日 (月) ~ 3 月 31 日 (土)

 「連合・愛のカンパ」は、「自由、平等、公正で平和な世界の実現」に向けた社会貢献活動として取り組むもので、NGO・NPO 団体などの事業・プログラムへの支援、および自然災害などによる被災者に対する救援・支援を目的としています。 毎年およそ 1 億円を超えるカンパ金が寄せられる「連合・愛のカンパ」を各団体・組織へと寄贈することで、ハンディキャップを持つ人たち、戦争・紛争による難民、大規模災害の被災者

この助成情報を開く
助成

日本財団「海と日本 PROJECT サポートプログラム」

by 公益財団法人 日本財団

  • 環境保全

掲載:2017 年 12月 26日  

応募・申請期間

第 1 回:2018 年 1 月 10 日 (水) 11:00 ~ 1 月 19 日 (金)
第 2 回:2018 年 3 月 1 日 (木) 11:00 ~ 3 月 9 日 (金)

日本は、四方を海に囲まれた国。私たちの社会や文化は、海に囲まれた環境の中で形づくられてきており、食べ物や生活道具、名前や地名、文学、歌、暦、歳時、祭りなどさまざまなものが海と結びついています。また、国民の祝日としても「海の日」がある世界でも唯一の国、それが日本です。内陸・沿岸問わず、“地域”もさまざまな形で海とつながっています。あなたの地域では、海とのつながりを活かすことができているでしょうか?一

この助成情報を開く
助成

日本財団「包括的な里親支援機関 ”フォスタリング機関” の新設にかかる助成」-2018 年度

by 日本財団

  • こども・子育て
  • 青少年
  • 福祉

掲載:2017 年 12月 26日  

応募・申請期間

2018 年 3 月 1 日 (木) ~ 2018 年 3 月 30 日 (金)

包括的な里親支援機関「フォスタリング機関」の新設にかかる助成です。フォスタリング機関とは、フォスタリング業務を包括的に行う機関のことです。フォスタリング業務とは、里親のリクルート、登録から子どもの委託、措置解除に至るまでの一連の過程及び委託後の里親養育の一連の包括的な業務を指します。

この助成情報を開く
寄付ラボ (第 65 回) - コラム

市縁堂における寄付文化醸成

※ この記事は、京都市市民活動総合センターの西 保彦さんによるコラム記事です。

掲載:2017 年 12月 22日  

第 5 回「市縁堂」が平成 29 年 12 月 17 日に開催されました。毎年、市民活動総合センターが NPO や市民活動団体の活動紹介を広く市民に向けて公開するイベントです。「市縁堂」とは造語であり、「市民が、ご縁のもとに、一堂につどう会」の 3 文字を合わせて作られています。 この「市縁堂」が初めて開催されたのが平成 25 年。その頃は団体自体の広報力を高めることを意図として、活動を広く市民に……

この寄付ラボ (第 65 回) を開く
市民活動総合センターのお知らせ

ロッカー・メールボックスの平成 30 年度利用団体を募集します

from 京都市市民活動総合センター

掲載:2017 年 12月 17日  

公益的な活動を行う団体のためのロッカー・メールボックスの利用団体を募集します。 ※ 現在ご利用中の団体も 4 月からのご利用にはお申込が必要です。 ロッカー 会議資料や印刷用紙等活動に必要なものを保管できます。サイズは大・中・小があります。 利用期間:平成 30 年 4 月1日から平成 31 年 3 月末まで。(1 年更新・毎年審査あり) 使用料:下記をご覧ください (年額・一括納入) 大サイズ ……

この市民活動総合センターのお知らせを開く
助成

「日本メイスン財団 助成事業」

by 一般財団法人 日本メイスン財団

  • こども・子育て
  • 福祉

掲載:2017 年 12月 9日  

応募・申請期間

随時

日本メイスン財団は、フリーメイスンの精神のもと、各種の慈善救済事業を行い、同様の目的を持つ団体の事業を助成し、また天災、戦争等の被災者・被害者および孤児寡婦を救済することを目的としています。財団が行うこうした支援は、日本国内はもとより、世界各地の社会福祉・救援活動にまで広がっています。

この助成情報を開く
寄付ラボ (第 64 回) - 寄稿

何気なくできる寄付の仕組み

※ この記事は、株式会社ワコールの美馬 有子さんによる寄稿記事です。

掲載:2017 年 12月 8日  

ワコールと TABLE FOR TWO(以下、TFT)との出会いは 2011 年、隔月で開催される本社の給食委員会の場である社員が TFT を紹介したことがきっかけでした。「世界の食の不均衡の解消」という趣旨のもと、働く私たち自身の健康を考えるだけでなく、食料不足に苦しむ発展途上国のこどもの援助を行う TFT の活動に賛同したこともそうですが、社員食堂という既存の仕組みを活用できる寄付プログラムで……

この寄付ラボ (第 64 回) を開く
助成

砂防フロンティア整備推進機構 砂防ボランティア基金「助成事業」 -2018 年

by 一般財団法人 砂防フロンティア整備推進機構

  • 災害復興・支援

掲載:2017 年 12月 3日  

応募・申請期間

2018 年 3 月 31 日 (土)
ただし災害時緊急活動に対する助成事業に関しては随時受付

 時下益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。 一般財団法人砂防フロンティア整備推進機構では、関係者の皆様のご支援のもとに非営利活動事業の一環として、当「基金」の管理・運営に当たっております。ここに下記のとおり平成 30 年度助成事業の応募要領を案内致します。 砂防ボランティア関係者の皆様に広く活用を図っていただきたく、応募申請にあたりましては、関係者に配布いただくなど、特段のご理解、ご支援をお願い

この助成情報を開く
補助

京都市「NPO 法人への寄附促進に向けた広報活動支援補助事業」 -2017 年度

by 京都市

  • 市民活動全般

掲載:2017 年 12月 1日  

応募・申請期間

6 月 1 日(木)~ 2018 年 2 月 28 日(水)

 京都市では,寄附を財源とした活動を展開しようとする NPO 法人の広報活動を支援し,情報発信を促すため, NPO 法人が京都市の提供する版下を掲載してリーフレット等を作成した場合,その作成経費を補助する『 NPO 法人への寄附促進に向けた広報活動支援補助事業』を平成 24 年度から実施しています。 この度,平成29年度の補助対象 NPO 法人を募集します。

この補助情報を開く
融資

京都地域創造基金「きょうと NPO 支援連携融資制度」

by 公益財団法人 京都地域創造基金

  • 市民活動全般

掲載:2017 年 12月 1日  

応募・申請期間

京都府内で活動する NPO 法人の活動資金を支援するために、当財団は、京都府・京都市及び京都信用金庫、京都北都信用金庫、京都銀行、京都中央信用金庫との協働により、「きょうと NPO 支援連携融資制度」(300 万円まで無利子/それ以上 500 万円まで利子半額助成)を実施しています。法人設立後の運転資金や事業拡大などで資金が必要な NPO 法人の方は当財団までご相談ください。※ 本制度は、2009

この融資情報を開く
助成

ノエビアグリーン財団「助成事業」 -2017 年度

by 公益財団法人 ノエビアグリーン財団

  • こども・子育て

掲載:2017 年 12月 1日  

応募・申請期間

2018 年 2 月 28 日 (水)

児童、青少年の健全な育成や、スポーツの発展、普及に寄与するものです。

この助成情報を開く
助成

全日本冠婚葬祭互助協会 第 19 回「社会貢献基金助成」

by 一般社団法人 全日本冠婚葬祭互助協会

  • こども・子育て
  • 福祉
  • 環境保全
  • 観光・文化・芸術

掲載:2017 年 11月 27日  

応募・申請期間

2017 年 11 月 20 日 (月) ~ 2018 年 2 月 28 日 (水)

この基金は、地域の種々の災害の救済、社会福祉事業、環境保全事業、冠婚葬祭継承など社会貢献活動を行う各種団体等への助成、並びに社会貢献に資する調査・研究を目的とした事業に対する助成を行い、以て日本の生活文化と地域社会の発展に寄与することを目的としています。

この助成情報を開く
寄付ラボ (第 63 回) - 寄稿

NPO を社会に知って、応援してもらうために ~日常的にチャリティーができる仕組みづくり~

※ この記事は、JAMMIN 合同会社の高橋 佳吾さんによる寄稿記事です。

掲載:2017 年 11月 24日  

私たち JAMMIN(ジャミン)は、様々な社会課題をテーマにした1週間限定販売のデザインの T シャツを、毎週月曜に公開しています。その全ての商品がチャリティー付き(100 〜 700 円)で、寄付額も常に公開しています。 「胡散臭い」「何に使われるか分からない」という声に応えるために、NPO へ取材したインタビュー記事も毎週公開しています。このチャリティーを通して、色んな NPO について知って……

この寄付ラボ (第 63 回) を開く
講座

連続講座 NPO の広報・発信のためのツール活用講座

by 京都市市民活動総合センター

  • 市民活動支援

掲載:2017 年 11月 19日  

定員に達しましたので受付を終了させていただきました。

分類 知る・学ぶ 
対象 社会人対象 シニア対象 大学生・専門学校生対象 
参加方法 事前申し込み必須 
開催場所・日 京都市市民活動総合センター ミーティングルーム 2018 年 1 月 26 日 (金)、2 月 2 日 (金)、 2 月 23 日 (金)
費用 無料
割引特典
この講座情報を開く
助成

杉浦記念財団 第 7 回「杉浦地域医療振興助成 “活動”」

by 公益財団法人 杉浦記念財団

  • 福祉
  • 保健・医療

掲載:2017 年 11月 13日  

応募・申請期間

2018 年 1 月 1 日 (月) ~ 2018 年 2 月 28 日 (水)

我が国では、人類未曾有の超高齢社会を迎えて、「地域包括ケア」の実現とともに「健康寿命の延伸」が課題となっています。そこで、本財団では、医師、薬剤師、看護師等の医療従事者及び介護福祉従事者等の多職種が連携して、「地域包括ケア」「健康寿命の延伸」を実現しようとする活動を助成します。

この助成情報を開く
助成

杉浦記念財団 第 7 回 「杉浦地域医療振興助成 “研究” 」

by 公益財団法人 杉浦記念財団

  • 福祉
  • 保健・医療

掲載:2017 年 11月 12日  

応募・申請期間

2017 年 1 月 1 日 (月) ~ 2017 年 2 月 28 日 (水)

我が国では、人類未曾有の超高齢社会を迎えて、「地域包括ケア」の実現とともに「健康寿命の延伸」が課題となっています。そこで、本財団では、医師、薬剤師、看護師等の医療従事者及び介護福祉従事者等の多職種が連携して、「地域包括ケア」「健康寿命の延伸」を実現しようとする研究を助成します。

この助成情報を開く
寄付ラボ (第 62 回) - 寄稿

資源を活かす「利用者民主主義」の実践

※ この記事は、NPO 法人きょうと NPO センターの山口 洋典さんによる寄稿記事です。

掲載:2017 年 11月 10日  

 デンマークに暮らして半年あまり、多くの寄付文化に触れてきました。10 月末、ガン協会*注 1による全国キャンペーン「Knæk Cancer」*注 2が各地で行われており、オーデンセ大学附属病院の敷地内に建てられたカウンセリングセンターでのオープンハウスと、ロスキレ大聖堂の広場で開催された野外イベントに足を運びました。年間 45,000 人のボランティアが携わるガン協会は公的資金に依存せず寄付によ……

この寄付ラボ (第 62 回) を開く
助成

お金をまわそう基金 第 2 回「助成」

by 公益財団法人 お金をまわそう基金

  • こども・子育て
  • まちづくり
  • スポーツ
  • 観光・文化・芸術
  • 経済活動の活性化
  • その他

掲載:2017 年 11月 9日  

応募・申請期間

2018 年 4 月 30 日 (月) (予定)

日本での寄付の文化をどんどん広めていけたら、どんなに素晴らしいことでしょう。それが、お金をまわそう基金の設立目的と挑戦です。世の中には素晴らしい理念のもと活動に勤しむ団体があります。その行動の先には豊かな世の中がイメージできます。そういった、団体等の活動を広く世に知ってもらい、そして広く個人・法人が支援できる仕組みを創りたい。そのような想いから、「お金をまわそう基金」が設立されました。

この助成情報を開く
市民活動総合センターのお知らせ

スモールオフィスの 7 月入居を募集します

from 京都市市民活動総合センター

掲載:2017 年 11月 5日  

京都市市民活動総合センターでは、さまざまな社会的課題の解決に向けて自主的に活動をする団体の皆さんをサポートするため、その拠点として「スモールオフィス」を提供しています。 応募のチャンスは年 4 回(4 月、7 月、10 月、1 月の各月末日)です。現在、2018 年 4 月末の応募締切での入居希望団体を募集中です。2018 年 4 月末の締切で 2018 年 7 月からの入居となります。 スモール……

この市民活動総合センターのお知らせを開く
助成

あしたの日本を創る協会「地域活動団体への助成“生活学校助成”」

by 公益財団法人 あしたの日本を創る協会

  • まちづくり

掲載:2017 年 10月 30日  

応募・申請期間

2018 年 3 月 30 日 (金)

近所の一人暮らしのお年寄りや子どもたちの見守り、ごみの収集や資源リサイクル活動など、身近な地域や暮らしの課題について、実践活動を通じて解決に取り組む地域活動団体を対象に、「生活学校」の趣旨に賛同し参加を希望する団体の募集を行い、当協会から活動経費の助成を行います。生活学校とは、身近な地域や暮らしの問題を、学び、調べ、話し合い、ほかのグループとも協力しながら、実践活動のなかで解決し、生活や地域や社会

この助成情報を開く
補助

京都市「京都市木質ペレットストーブ購入補助金」-2018 年度

by 京都市

  • まちづくり
  • 環境保全
  • その他

掲載:2017 年 10月 28日  

応募・申請期間

2018 年 2 月 28 日 (水)

この要綱は,木質ペレットストーブの普及を促進し,間伐材等を活用した木質資源のエネルギー化を推進し,本市の健全な森林整備につなげ,環境モデル都市である本市が目指す低炭素社会を実現するため,木質ペレットストーブを購入する者に対し,その経費の一部を補助することに関し,京都市補助金等の交付等に関する条例 (以下「条例」という。) 及び京都市補助金等の交付等に関する条例施行規則に定めるもののほか,必要な事項

この補助情報を開く
寄付ラボ (第 61 回) - 寄稿

必要な人にどうぞと言えるのが福祉国家

※ この記事は、NPO 法人きょうと NPO センターの山口 洋典さんによる寄稿記事です。

掲載:2017 年 10月 27日  

2017 年 5 月 5 日、南デンマークのボーゲンセにある「ノーフュンス・ホイスコーレ」にお伺いしました*注 1。成人教育の現場に触れることで、福祉国家と言われるデンマークをより深く知ることができると考えたためです*注 2。2017 年度、私は立命館大学の学外研究制度で 1 年間、オールボー大学の客員研究員として、デンマークに滞在しています。その事前調査で訪れた 2016 年の夏にも、この学校に……

この寄付ラボ (第 61 回) を開く
寄付ラボ (第 60 回) - 寄稿

娘の成長とヘアドネーション

※ この記事は、フリーコーディネーターの小林 明音さんによる寄稿記事です。

掲載:2017 年 10月 13日  

9 歳の娘が髪を伸ばし始めたのは、5歳の頃だったか。ディズニーアニメの主人公に憧れ、「地面につくまで伸ばす」と宣言したのは覚えている。当時、七五三や卒園式など、和装する機会もあったので、親としても伸ばしてくれたほうが都合がよいと、見守っていた。 伸ばし始めて数年経ち、いつの間にか毛先はお尻に届く長さになっていた。 さすがにいろいろ大変だなぁと感じていたので、何度か「切ったら?」と言ってはみたものの……

この寄付ラボ (第 60 回) を開く
助成

ヨネックススポーツ振興財団「青少年スポーツ振興に関する助成金 (後期) 」 -2018 年度

by 公益財団法人 ヨネックススポーツ振興財団

  • 青少年
  • スポーツ

掲載:2017 年 10月 11日  

応募・申請期間

2018 年 6 月 20 日 (水)

青少年スポーツの振興に関する諸般の事業の推進を図り、心身ともに健全な青少年を育成し、もって明るく豊かで活力に満ちた社会の実現に寄与することを目的とします。

この助成情報を開く
融資

近畿労働金庫「障害者市民活動支援融資制度”ゆめのたね”」

by 近畿労働金庫

  • 福祉
  • まちづくり

掲載:2017 年 9月 27日  

応募・申請期間

この制度は、NPO 法人ゆめ風基金と近畿ろうきんが提携して創った新しいカタチの融資制度で、NPO 法人ならびに社会福祉法人の事業を資金面からサポートします。阪神・淡路大震災を機に、ゆめ風基金へ全国から寄せられた資金の一部を近畿ろうきんに預入れることで、提携融資制度を創りました。両者の協働によって包括的な保証のしくみを作ることで、事業歴の短い団体にも広くご利用していただける制度となっています。ご融資

この融資情報を開く
助成

「パタゴニア環境助成金プログラム」 -2017 年度

by パタゴニア

  • 環境保全

掲載:2017 年 9月 27日  

応募・申請期間

パタゴニア日本支社では年 3 回申請の締め切りを設けています。

  1. 毎年 4 月 30 日 (毎年 7 月以降に実施されるプロジェクト)
  2. 毎年 8 月 31 日 (毎年 10 月以降に実施されるプロジェクト)
  3. 毎年 12 月 31 日 (毎年 2 月以降に実施されるプロジェクト)

パタゴニアは、具体的な環境保護活動にのみ助成を行います。私たちが支援するグループは、問題の根本的な原因を見極め、働きかけ、そして長期的な視点で問題解決のアプローチを行なっているグループです。真の問題解決は力強い草の根活動を通じてのみ実現しうると信じており、私たちの助成金は市民のサポートによる強い基盤を創りだしているグループにフォーカスしています。私たちは、直接行動する課題を持った、草の根で活動する

この助成情報を開く
寄付ラボ (第 59 回) - 寄稿

市民からの継続的支援が成果へのエネルギー~祇園祭ごみゼロ大作戦〜

※ この記事は、一般社団法人祇園祭ごみゼロ大作戦の内田 香奈さんによる寄稿記事です。

掲載:2017 年 9月 22日  

日本三大祭の一つでもある京都の祇園祭では、前祭の宵々山、宵山(7 月 15 日と 16 日)が最も人出が多く、例年 50 万人を超えています。多くの露店が軒を並べ、大変にぎわうお祭ですが、長い間、問題となっていたのは、およそ 60 トンとも言われたごみでした。 そのごみを「ゼロにしたい!」との思いで、2014 年に始まったのが「祇園祭ごみゼロ大作戦」です。この取組みでは、露店で提供される飲食の一部……

この寄付ラボ (第 59 回) を開く
助成

「エキスパート福祉支援協会 助成」-2017 年度

by 特定非営利活動法人 エキスパート福祉支援協会

  • こども・子育て
  • 青少年
  • 福祉
  • 環境保全
  • 災害復興・支援

掲載:2017 年 9月 20日  

応募・申請期間

2017 年 4 月 1 日(土)~ 2018 年 2 月 28 日(水)

 当協会は、エキスパートアライアンス株式会社の社会貢献活動の実践のため団体として発足し、主に児童養護施設等を18歳で卒業する児童に対し、育英資金や進学資金を提供する事業を行ってきました。 2014年9月より事業目的を改定し、より広く社会貢献活動を行うため「児童養護、社会福祉、人道支援、環境保護支援の活動」に拡大し、助成金を必要としている団体に対し支援を行う活動を行うこととなりました。  当協会の社

この助成情報を開く
助成

国際交流基金「文化芸術交流“海外派遣助成”」-2018 年度

by 独立行政法人 国際交流基金

  • 観光・文化・芸術
  • 国際協力交流

掲載:2017 年 9月 18日  

応募・申請期間

第 1 回応募:2017 年 12 月 1 日 (金)
第 2 回応募:2018 年 6 月 1 日 (金)

日本の芸術や文化の海外への紹介や文化芸術分野における国際的な貢献を目的として、海外において舞台公演、講演、デモンストレーション、ワークショップ等の文化芸術事業を実施するため、海外に渡航する芸術家や日本文化諸分野の専門家等に対し、経費の一部を助成します。

この助成情報を開く
補助

国際交流基金「アジア・市民交流助成プログラム」 -2018 年度

by 独立行政法人 国際交流基金

  • 国際協力交流

掲載:2017 年 9月 18日  

応募・申請期間

第 1 回募集:2017 年 12 月 1 日 (金)
第 2 回募集:2018 年 6 月 1 日 (金)

日本と ASEAN 諸国を中心とするアジアとの交流の裾野を広げ、相互理解や友好親善を促進するために、市民レベル・地域レベルの交流事業を企画、運営、実施する日本国内の団体を対象に、経費の一部を助成します。

この補助情報を開く
補助

国際交流基金「アジア・文化創造協働助成プログラム」 -2018 年度

by 独立行政法人 国際交流基金

  • 国際協力交流

掲載:2017 年 9月 18日  

応募・申請期間

第 1 回募集:2017 年 12 月 1 日 (金)
第 2 回募集:2018 年 6 月 1 日 (金)

日本と ASEAN 諸国を中心としたアジアの人々のアイデンティティと多様性を尊重しあい、ともにアジアの新たな文化を創造していくことを目指し、さまざまな分野の専門家・専門機関が取り組む協働事業を支援します。

この補助情報を開く
助成

「京都オムロン地域協力基金 一般助成」 -2017 年度

by 公益財団法人 京都オムロン地域協力基金

  • こども・子育て
  • 青少年
  • 福祉
  • 環境保全
  • 市民活動全般
  • 男女共同参画

掲載:2017 年 9月 14日  

応募・申請期間

2016 年 4 月 1 日~ 2017 年 3 月 31 日 (通年・都度受付)

当基金では、京都府内において、地域福祉の向上や青少年の健全育成、男女共同参画の推進、環境保全等に関する社会貢献活動をされている団体や個人に対して、イベントを開催される際の費用支援として、少額助成を行っています。また、環境保全活動のために必要な機材・備品の購入費用や、社会的課題 (ドメスティックバイオレンス (DV)、シングルマザーの育児の悩み等) の解決に向けて、経済的に困窮されている女性の方々が

この助成情報を開く
寄付ラボ (第 58 回) - 寄稿

4 半世紀 チャリティオークションに関わって

※ この記事は、ニッコーを支えるチャリティ・オークション実行委員会の大豊 世紀さんによる寄稿記事です。

掲載:2017 年 9月 8日  

早いもので四半世紀を超える付き合いになっている。日本国際民間協力会 (NICCO)*注 1とのかかわりである。  活動の資金に供するため、美術作品チャリティオークション*注 2に出品して欲しいとのことで小野理事長自ら自宅を訪問されたのが始まりでした。 当時、各新聞社等が同様の企画を催していましたので特別な目新しさも感じる事もなく、依頼があってもお断りすることの方が多いのが実情でした。ただ、理事長自……

この寄付ラボ (第 58 回) を開く
助成

日本郵便株式会社「年賀寄附金配分」-2018 年度

by 日本郵便株式会社

  • 青少年
  • 福祉
  • 環境保全
  • 人権・平和
  • 観光・文化・芸術
  • 国際協力交流
  • 災害救助・救援
  • 災害復興・支援
  • 地域安全

掲載:2017 年 9月 3日  

応募・申請期間

2017 年 9 月 11 日 (月) ~ 11 月 10 日 (金)

日本郵便株式会社 (東京都千代田区、代表取締役社長 横山 邦男) は、2018 年度年賀寄附金配分団体の公募を 2017 (平成 29 ) 年 9 月 11 日 (月)から開始します。寄附金付年賀葉書による年賀寄附金助成は、1949 (昭和24) 年に始まり、今年で 69 年目を迎え、この歴史を重ねる中で、日本固有の寄附文化に発展してきました。寄附金付年賀葉書は、戦後の社会経済の復興という時代背景

この助成情報を開く
寄付ラボ (第 57 回) - 寄稿

ブログ更新だけで年 10 万円の寄付が生まれる、一石三鳥のしくみ。

※ この記事は、azuki designの林田 全弘さんによる寄稿記事です。

掲載:2017 年 8月 25日  

ブログを更新するだけで、年間 10 万円の寄付が生まれました… と聞いたら「そんな夢のような話はないでしょ!」とか、「話を盛りすぎ!」などと言われそうです。でも、本当なんです。 私はグラフィックデザイナーとして主に NPO の広報物を制作しています。 NPO が取り扱うテーマは、まだ世に広まっていなかったり、問題構造が複雑だったりして、理解や共感を広めるのはとても難しいことが多々あります。そんな時……

この寄付ラボ (第 57 回) を開く
寄付ラボ (第 56 回) - 寄稿

NPO 支援として旅行業者ができること~チャリティーバスツアーの可能性~

※ この記事は、アルファトラベル株式会社の森野 茂さんによる寄稿記事です。

掲載:2017 年 8月 11日  

私自身、寄付といえば阪神・淡路大震災や東日本大震災等の大きな災害でしか経験がありませんでした。しかし、2016 年から京都市市民活動総合センターの運営委員会として関わらせていただき、身近にある日々の生活の中でも様々な問題と向き合う NPO の方々と出会うことにより、「旅行業者として貢献出来ることはないか」と考えるようになっていきました。 そんな中、2016 年の 12 月に開催された市縁堂*注 1……

この寄付ラボ (第 56 回) を開く
助成

ポーラ美術振興財団「美術に関する国際交流助成」 -2018 年度

by 公益財団法人 ポーラ美術振興財団

  • 観光・文化・芸術

掲載:2017 年 8月 8日  

応募・申請期間

2017 年 10 月 2 日 (月) ~ 2017 年 11 月 10 日 (金)

美術に関する国際的な活動を援助、助成し、文化交流の活性化に寄与しようとするものです。

この助成情報を開く
助成

損保ジャパン日本興亜福祉財団「住民参加型福祉活動資金助成」-2017 年度

by 公益財団法人 損保ジャパン日本興亜福祉財団

  • 市民活動全般

掲載:2017 年 8月 2日  

応募・申請期間

2017 年 9 月 1 日 (金) ~ 10 月 20 日 (金)

 公益財団法人損保ジャパン日本興亜福祉財団では、福祉及び文化の向上に資することを目的に、 主として障害児・者、高齢者などを対象として活動する NPO の支援、社会福祉の学術文献表彰、 学術研究・文化活動の助成などを実施しています。 「住民参加型福祉活動資金助成」では、地域における高齢者・障害者・子ども等に関する複合的な生活課題に、地域住民が主体となって、包括的な支援を行なう活動に必要な資金を助成し

この助成情報を開く
上へ