カテゴリー:寄付金の募集一覧

Most Fresh

寄附募集掲載:1 週間以内

子どもが安心して話せる大人を増やそう「子どもの話を聴く技術」動画教材づくり

by 認定 NPO 法人 ムラのミライ

  • こども・子育て

掲載:2022 年 1月 20日  

話を聴く技術を、子ども支援に生かしたい

子どもたちの SOS をキャッチできない日本の今日本では、2020年度、自ら命を絶った児童や生徒が初めて400人を超え、小中学生の不登校は19万人以上と、いずれも過去最多となりました。コロナ禍で、学校と家庭以外で話せる場所が減っている現在だからこそ、子どもたちと日常的に話をし、悩んでいる時にはそのSOSに気づき寄り添うことができる大人の重要性がこれまで以上に高まっています。話を聴く技術を、子ども支援に生かしたいそこでムラのミライは、これまで言語化されてこなかった支援のノウハウを事実質問で掘り起こし、「子どもとの話し方」に特化したメタファシリテーション動画教材を作成したいと考えています。教材は、

この「寄附募集」情報を開く

寄附・賛助会員募集

あなたの支援が未来を支える“グローカル人材”を育みます

by 認定NPO 法人 グローカル人材開発センター

  • 青少年
  • 社会教育
  • まちづくり

掲載:2021 年 12月 16日  

ご寄附(賛助会員費含む)は「寄附金控除」の対象になります。

OECD 加盟国中、人材育成に投じるお金が会社も個人も最下位に近い日本。教室だけで完結しない学びや社会とのより多様な接点を欲する全ての学生を長期的に後押ししたい。あなたの支援がお金のために学びを諦めなくていい社会を創る。◆認定 NPO 法人グローカル人材開発センターとは◆「 GLOCAL = GLOBAL + LOCAL 」グローバルな視点で世界基準の意識を持ちながら、軸足を置くローカルの目指すべき社会の未来を自ら考える、世界を見据えながら地域経済・社会の持続的な発展に情熱を注ぎ、活躍する「グローカル」な人材を育んでいきたい。グローカル人材開発センターは、そのような想いに共感する京都の大学、経

この「寄附・賛助会員募集」情報を開く

特設寄付募集

【新型コロナ禍】寄付つきフェアトレード商品セットを販売します!

by 認定 NPO 法人 アクセス - 共生社会をめざす地球市民の会

  • 国際協力交流

掲載:2020 年 5月 8日  

【支援活動!】「ぬかるみにはまっている」生産者を寄付で応援、商品を購入することで新たな仕事を作り、今までのように「車を走らす」ことのできるよう応援したい!

《ぬかるみにはまった車を一緒に引き上げるプロジェクト》 フェアトレード事業部では、新型コロナウィルスによるロックダウンで仕事を失い、日々の生活に打撃を受けているフィリピンの生産者を応援するため、「寄付つきフェアトレード商品セット」を企画しました。 仕事をして、収入を得て、自信を身につけ、さらに仕事を頑張る…これまでそのように走ってきた生産者たちは、ロックダウンにより今身動きが取れず、生活が非常に苦しい…そんな「ぬかるみにはまっている」生産者を寄付で応援、商品を購入することで新たな仕事を作り、今までのように「車を走らす」ことのできるよう応援したいと思っています。 生産者への寄付を乗せた価格設定で

この「特設寄付募集」情報を開く

特設寄付募集

【新型コロナ禍】「しんどさ」を抱える人の生活を支える

by バザールカフェ

  • 福祉
  • 人権・平和
  • 国際協力交流
  • 雇用・労働

掲載:2020 年 4月 28日  

【支援活動・存続応援!】休業中も変わりなく「多様性と共生の場」を提供するためにご寄付をよろしくお願いします。

~バザールカフェとは~バザールカフェはすべての人に開かれたカフェです。しんどくても、しんどくなくても、どんな立場や状況にあっても。コーヒー 1 杯で誰でもそこにいることができるために。泣く人もいれば、怒る人も、静かに考える人も、ひっくり返るくらいに笑う人もいます。人の感情を直に感じ、励まし合い、一緒に戸惑い葛藤しながら歩んできました。  カフェの運営や庭づくりを通して、滞日外国人や体力的な問題など、様々な事情で就労の機会を得にくい人たちに、働く場を提供すること、同時に社会で起こっている課題や、情報提供、活動団体間のネットワーク創りの場としても機能することを目的としています。カフェ営業の他に、月

この「特設寄付募集」情報を開く

寄付・協賛募集

「京都国際子ども映画祭」への寄付・協賛募集

by 特定非営利活動法人キンダーフィルムフェストきょうと

  • こども・子育て

掲載:2019 年 6月 29日  動画あり

子どもたちが大人と一緒に作り上げる「子ども映画祭」にご支援をお願いします。

キンダーフィルムフェスト・きょうでは、現在、小学2年生から高校生まで26名の子どもスタッフと、20名の大人スタッフ、そして20名の吹き替えチームで、今年夏の映画祭に向けて活動しています。いろんな年代の友達と映画を作ったり、映画を見たり、映画について学んだりすることで、子どもたちは家や学校では見ることのできない景色を見て、知ることのない世界を知ります。映画祭をゼロから自分たちの手で作り上げていくこと。これもまた、あらゆる子どもたちの創造力を高める機会となっています。今の時代、学校でもなく、塾でもなく、家庭でもない場所で子どもたちが「自分の居場所」を感じられることはとても貴重で、なんとしてもそうい

この「寄付・協賛募集」情報を開く

寄付金募集

災害 NPO ネットを寄付で支援してください

by 災害時連携 NPO 等ネットワーク (災害 NPO ネット)

  • 市民活動支援
  • 災害救助・救援

掲載:2018 年 11月 16日  

私たちの「支える」を、みなさまからの「支える」で応援してください

近年、増加傾向にある台風や大雨による大規模な自然災害に対応するため、さまざまな地域組織や NPO、企業や行政等の連携による中長期的な被災地支援の仕組みづくりが求められています。同時に、日々、様々な社会課題に取組む NPO による専門的な支援や、復旧から復興へと移行していく中での中長期的な支援など、NPO ならではの支援活動が着実に成果を上げています。大規模な自然災害による被害が府内に発生した場合、京都府内で活動する市民団体を含む広義の NPO 等が有する高度な専門性や豊富な現場経験を活かし、被災地において個別具体的かつ中長期的な支援活動ができる連絡・派遣と加盟団体が相互に助け合う仕組みとして「

この「寄付金募集」情報を開く

寄付金募集

団体紹介パンフ・イベントチラシ印刷などを「きょうとプリント」で作る!

by 公益財団法人 京都地域創造基金

  • こども・子育て
  • 青少年
  • IT 情報化

掲載:2018 年 2月 4日  

京都の子どもたちのために募金できるよ!

それっていいね来月のイベントのチラシ作らなきゃ・・・だったらきょうとプリントがおススメよ!A4 が 100 枚 980 円~でカラーコピーより安いし印刷費の 2 % が京都のこどものために使われるしね

この「寄付金募集」情報を開く

寄付募集

おひさま基金~みんなでつくろう「おひさま発電所」~

by 認定 NPO 法人きょうとグリーンファンド

  • こども・子育て
  • 環境保全

掲載:2017 年 2月 6日  

省エネを進め、自然エネルギーを普及させる「おひさまプロジェクト」。キーワードは市民参加。みんなが少しずつ力を出し合って、未来を変えていきたい。

保育園・幼稚園に太陽光発電所があることで、自然に子ども達の環境意識や行動が変わっていきます。【おひさま発電所のある暮らし - あけぼの保育園のケースから】京都市にあるあけぼの保育園では 2002 年から「おひさま発電所」を設置しています。事業費はあけぼの保育園の資金や補助金の他、きょうとグリーンファンドの「おひさま基金」で賄われています。子ども達と一緒にエコロジーを考えるということは少し難しいことかもしれません。けれども園内におひさま発電所があることで「電気や、水などはみんな自然からの恵みなのだ」ということを子ども達なりに感じてくれているようです。■ 皆さんの声保育士:「あけぼの保育園のお部屋

この「寄付募集」情報を開く

寄付(外国紙幣)募集

ペソ・ドル紙幣を子どもたちの力に

by 認定特定非営利活動法人 アクセス-共生社会をめざす地球市民の会

  • 国際協力交流

掲載:2016 年 8月 15日  

自宅で眠っている紙幣、ご寄付ください!

アクセスは、フィリピンと日本で貧困問題に取り組む、京都生まれの、国際協力 NGO です。「10 人に 3 人が、小学校を卒業できない」と言われるフィリピンで、「子どもに教育、女性に仕事」を提供する活動を続けています。フィリピンの貧しい人々も日本で暮らす人々も、ともに地球市民として「貧困を始めとする私たちが抱える社会的な課題を、 1 人 1 人が主体となって解決し、より良い社会を作っていく」ことを目指しています。フィリピンのスラムや農村部で暮らす子どもたちや女性に、貧困から抜け出す力をつけることが、アクセスの仕事です。2009 年~ 2015 年の 7 年間で、農村のとある村の就学率を 100

この「寄付(外国紙幣)募集」情報を開く

寄付募集

あなたの寄付でフィリピンの子どもや女性の自立を応援してください

by 認定特定非営利活動法人 アクセス-共生社会をめざす地球市民の会

  • 国際協力交流

掲載:2016 年 8月 11日  

好きな時に、好きな金額で、フィリピンの子どもたちや女性に、貧困から抜け出すチカラを。

アクセスは、フィリピンと日本で貧困問題に取り組む、京都生まれの、国際協力 NGO です。「10 人に 3 人が、小学校を卒業できない」と言われるフィリピンで、「子どもに教育、女性に仕事」を提供する活動を続けています。フィリピンの貧しい人々も日本で暮らす人々も、ともに地球市民として「貧困を始めとする私たちが抱える社会的な課題を、 1 人 1 人が主体となって解決し、より良い社会を作っていく」ことを目指しています。フィリピンのスラムや農村部で暮らす子どもたちや女性に、貧困から抜け出す力をつけることが、アクセスの仕事です。2009 年~ 2015 年の 7 年間で、農村のとある村の就学率を 100

この「寄付募集」情報を開く
上へ