カテゴリー:「分野 福祉」一覧

Most Fresh

補助掲載:1 週間以内

「京都市子どもの居場所づくり支援事業補助金」

by 京都市 子ども若者はぐくみ局 子ども若者未来部 子ども家庭支援課

  • こども・子育て
  • 福祉

掲載:2017 年 5月 25日  

応募・申請期間

平成 29 年 5 月 25 日(木)~ 6 月 30 日(金)

京都市では,貧困等による困難を抱える子どもたちが,放課後等における食事や学習などを通して,大人や地域とつながることで,安心して過ごせる居場所づくりを進めることにより,子どもたちの孤立を防止し,健康や生活習慣の向上を図ることを目的に,「子どもの居場所づくり」に新たに取り組まれる団体等に対し,初期費用の一部を補助します。子ども食堂や,学習支援,生活支援等に新たに取り組みたいと考えられている場合は,是非

この補助情報を開く

助成掲載:1 週間以内

朝日新聞厚生文化事業団「ともにつくる認知症カフェ開設応援助成」

by 社会福祉法人 朝日新聞厚生文化事業団

  • 福祉

掲載:2017 年 5月 20日  

応募・申請期間

2017 年 6 月 12 日 (月)

認知症カフェの開設を応援します全国に増えてきている「認知症カフェ」。各地に多くのカフェが誕生し、認知症の人を地域で支えていくための拠点となることを願い、新しくカフェを立ち上げる団体・グループを応援するための助成金です。認知症になっても住み慣れた地域で暮らすために・・・超高齢社会の現在、認知症のご本人が、できるだけ住み慣れたまちで力を発揮して暮らしていけるよう、認知症の人を地域で支えていくことが求め

この助成情報を開く

助成

清水基金「海外研修事業」

by 社会福祉法人 清水基金

  • 福祉
  • 国際協力交流

掲載:2017 年 5月 17日  

応募・申請期間

2017 年 6 月 1 日 (木) ~ 2017 年 7 月 31 日 (月)

民間社会福祉法人・NPO 法人において、障害児 ・者の処遇等に従事している者を海外に派遣して専門分野の研修を通じわが国社会福祉のサービスの向上を目的とする事業です。

この助成情報を開く

助成

損保ジャパン日本興亜福祉財団「社会福祉事業 在宅で高齢者を介護する家族の交流および研修資金助成<研修会資金助成> 」-2017 年度

by 公益財団法人 損保ジャパン日本興亜福祉財団

  • 福祉

掲載:2017 年 5月 13日  

応募・申請期間

5 月 15 日(月)~ 7 月 5 日(水)

公益財団法人損保ジャパン日本興亜福祉財団では、在宅で高齢者を介護する家族等の介護のレベルアップなどに寄与し豊かな高齢社会の発展の一助となることを目的に、認知症等の高齢者を在宅で介護する家族等を対象とした研修会(講習会・勉強会・介護教室・シンポジウム等を含む)に関わる開催費用の助成を実施します。この「研修会資金助成」は 2016 年度より開始した助成で、今回が第 2 回目となります。

この助成情報を開く

助成

ユニベール財団「特定活動助成 自然災害支援プログラム」

by 公益財団法人ユニベール財団

  • 福祉
  • 災害復興・支援

掲載:2017 年 5月 13日  

応募・申請期間

4 月 20 日(木)~ 7 月 31 日(月)

当財団では、「少子高齢社会・人口減少社会における社会福祉に関わる市民活動」に対して助成を行います。ただし、特殊事情がある場合は、活動領域や地域などを限定して公募することがあります。東日本大震災をはじめ熊本地震など、国内各地で自然災害が発生していることをうけ、本年は、「自然災害支援プログラム」を実施致します。とりわけ、被災者の話しに耳を傾け、自立を見守る「こころのケアのための傾聴ボランティア」として

この助成情報を開く

助成

松翁会 第 32 回「社会福祉助成事業」 -2017 年度

by 一般財団法人 松翁会

  • 福祉

掲載:2017 年 5月 13日  

応募・申請期間

5 月 1日(月)~ 7 月 31 日(月)

当会は社会福祉に関する諸活動に対して援助を行い、もってわが国社会福祉の向上に寄与することを目的とし、社会福祉に関する事業に対して助成を行います。

この助成情報を開く

助成

「第 17 回 ファイザープログラム ~心とからだのヘルスケアに関する市民活動・市民研究支援」

by ファイザー株式会社

  • 福祉

掲載:2017 年 5月 13日  

応募・申請期間

6 月 5 日(月)~ 6 月 16 日(金)

 このプログラムは、「心とからだのヘルスケア」の領域で活躍する市民団体による、「健やかなコミュニティ」づくりへの試みを支援することを目的としています。 ここで「ヘルスケア」とは、保健・医療・福祉・生活のみならず、就労等の社会参加活動も含めて一体として捉え、一人ひとりの多様な生き方を支え、心豊かな社会を実現する取り組みを意味しています。また、「コミュニティ」とは、特定の地域社会はもちろんのこと、共通

この助成情報を開く

助成

みずほ福祉助成財団「社会福祉助成金」 -2017 年度

by 公益財団法人 みずほ福祉助成財団

  • 福祉

掲載:2017 年 5月 8日  

応募・申請期間

2017 年 6 月 30 日 (金)

当財団は、社会福祉の向上に寄与することを願って、社会福祉に関する諸活動に対して助成を行います。主として、障害児者の福祉向上を目的とする事業や研究を対象に助成致します。

この助成情報を開く

助成

「ドナルド・マクドナルド・ハウス財団 助成事業」 -2017 年度

by 公益財団法人 ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパン

  • こども・子育て
  • 福祉
  • 保健・医療

掲載:2017 年 5月 8日  

応募・申請期間

2017 年 5 月 31 日 (水)

難病児及びその家族を支援する福祉、医療分野におけるボランティア団体への助成

この助成情報を開く

融資

近畿労働金庫「障害者市民活動支援融資制度”ゆめのたね”」

by 近畿労働金庫

  • 福祉
  • まちづくり

掲載:2017 年 5月 5日  

応募・申請期間

この制度は、NPO 法人ゆめ風基金と近畿ろうきんが提携して創った新しいカタチの融資制度で、NPO 法人ならびに社会福祉法人の事業を資金面からサポートします。阪神・淡路大震災を機に、ゆめ風基金へ全国から寄せられた資金の一部を近畿ろうきんに預入れることで、提携融資制度を創りました。両者の協働によって包括的な保証のしくみを作ることで、事業歴の短い団体にも広くご利用していただける制度となっています。ご融資

この融資情報を開く

助成

清水基金「NPO 法人助成事業」

by 社会福祉法人 清水基金

  • 福祉

掲載:2017 年 5月 4日  

応募・申請期間

2017 年 6 月 30 日 (金)

障害児・者の施設を運営し、社会的自立支援・地域移行を図る NPO 法人に対し、各種の助成を行うことにより、障害児・者福祉の増進に寄与することを目的とする。

この助成情報を開く

助成

「太陽生命厚生財団 助成事業」 -2017 年度

by 公益財団法人 太陽生命厚生財団

  • 福祉
  • 保健・医療

掲載:2017 年 4月 30日  

応募・申請期間

2017 年 6 月 30 日 (金)

 太陽生命厚生財団は、昭和 59 年に太陽生命の創業 90 周年を記念して設立され、平成 21 年 12 月に公益財団法人へ移行いたしました。 これからも、「公益法人」として認定を受けた法人として、設立時の趣意である「わが国の社会福祉の向上に寄与する」ために、社会福祉に関する事業や研究に対して助成事業を行ってまいります。 平成 29 年度も、財団設立の趣旨・目的である社会福祉の向上に寄与するために

この助成情報を開く

助成

「地域支え合い活動 助成プログラム」

by 明治安田生命保険相互会社 / (一社) 全国老人給食協力会

  • 福祉

掲載:2017 年 4月 30日  

応募・申請期間

2017 年 6 月 30 日 (金)

 高齢化の進展に伴い、助け合い支え合える地域づくりがますます重要になっています。このプログラムは、高齢者が安心感をもって地域で自分らしく暮らし続けるしくみづくりを後押しするため、高齢者福祉の観点で市民が主体となって地域で展開している地域福祉活動を対象に、活動環境の整備や新しい取り組みの創出を支援します。 2016 年度は 11 団体を助成先に決定、過去 16 年間で全国 163 団体に助成を行いま

この助成情報を開く

助成

読売光と愛の事業団「生き生きチャレンジ 2017 福祉作業所助成事業」

by 社会福祉法人 読売光と愛の事業団

  • 福祉

掲載:2017 年 4月 30日  

応募・申請期間

2017 年 6 月 16 日 (金)

読売光と愛の事業団は、障害者のみなさんが生き生きと楽しく働けるよう、福祉作業所の事業に資金助成します

この助成情報を開く

助成

丸紅基金 第 43 回「社会福祉助成金」 -2017 年度

by 社会福祉法人 丸紅基金

  • 福祉

掲載:2017 年 4月 24日  

応募・申請期間

2017 年 5 月 31 日(水)

丸紅基金は、我が国の社会福祉に関する民間助成団体として、1974(昭和 49)年 9 月、丸紅株式会社の出捐により設立されました。翌 1975 年、全国の福祉施設が必要とする設備、機器、車両、建屋の他、各種団体が行う調査・研究活動等の資金援助として、合計 1 億円の助成を実施、以後毎年 1 億円の助成を継続し、2015 年度までの助成実績は、累計 2,361 件、総額 41 億円となっています。

この助成情報を開く

助成

在宅医療助成 勇美記念財団「介護保険以外のインフォーマル介護サービス者の実態について」 -2017 年度 (前期)

by 公益財団法人 在宅医療助成 勇美記念財団

  • 福祉

掲載:2017 年 4月 23日  

応募・申請期間

2017 年 5 月 31 日 (水)

ボランティア活動をしているグループや、市民活動している人々の、公的な介護保険以外の介護サービスのぎったい調査することを目的としております。

この助成情報を開く

助成

ノーマライゼーション住宅財団 第 29 回「福祉住宅・福祉小規模集合住宅 バリアフリー建築助成」 -2017 年度

by 公益財団法人 ノーマライゼーション住宅財団

  • 福祉

掲載:2017 年 3月 31日  

応募・申請期間

2017 年 5 月 1 日~ 2017 年 11 月 30 日

「すべての人が共に暮らし共に生きることがノーマル(正常)である」というノーマライゼーション理念に基づき、高齢者や障がい者にとっても安全・安心して快適に暮らせる住生活環境の整備・向上のため、助成金により福祉住宅の建築を支援いたします。

この助成情報を開く

助成

日本生命財団(ニッセイ財団)「高齢社会助成 実践的研究助成“若手実践的課題研究助成”」 -2017 年度

by 公益財団法人 日本生命財団(ニッセイ財団)

  • 福祉
  • 保健・医療

掲載:2017 年 3月 16日  

応募・申請期間

2017 年 6 月 15 日(木)

高齢社会助成の趣旨超高齢・人口減少社会を活力あふれる社会へ ご高承のとおり、国民の生活水準の向上、医療体制の整備、医療技術の進歩、健康増進などにより、平均寿命は世界のトップクラスの水準となり、世界のどの国も経験したことのない超高齢社会を迎えています。 また、少子化に伴う人口減少と、75 歳以上高齢者の急増による人口構造の不安定化、加えて長引く経済的停滞は深刻な社会保障財源の窮迫を招来しています。 

この助成情報を開く

助成

日本生命財団(ニッセイ財団)「高齢社会助成 実践的研究助成“実践的課題研究助成”」 -2017 年度

by 公益財団法人 日本生命財団(ニッセイ財団)

  • 福祉
  • 保健・医療

掲載:2017 年 3月 16日  

応募・申請期間

2017 年 6 月 15 日(木)

高齢社会助成の趣旨超高齢・人口減少社会を活力あふれる社会へ ご高承のとおり、国民の生活水準の向上、医療体制の整備、医療技術の進歩、健康増進などにより、平均寿命は世界のトップクラスの水準となり、世界のどの国も経験したことのない超高齢社会を迎えています。 また、少子化に伴う人口減少と、75 歳以上高齢者の急増による人口構造の不安定化、加えて長引く経済的停滞は深刻な社会保障財源の窮迫を招来しています。 

この助成情報を開く

助成

日本生命財団(ニッセイ財団)「高齢社会助成 地域福祉チャレンジ活動助成」 -2017 年度

by 公益財団法人 日本生命財団(ニッセイ財団)

  • 福祉
  • 保健・医療

掲載:2017 年 3月 16日  

応募・申請期間

2017 年 5 月 31 日(水)

高齢社会助成の趣旨超高齢・人口減少社会を活力あふれる社会へ ご高承のとおり、国民の生活水準の向上、医療体制の整備、医療技術の進歩、健康増進などにより、平均寿命は世界のトップクラスの水準となり、世界のどの国も経験したことのない超高齢社会を迎えています。 また、少子化に伴う人口減少と、75 歳以上高齢者の急増による人口構造の不安定化、加えて長引く経済的停滞は深刻な社会保障財源の窮迫を招来しています。 

この助成情報を開く

アワード

毎日新聞社会事業団 第 47 回「毎日社会福祉顕彰」 -2017 年度

by 毎日新聞社会事業団

  • 福祉
  • 科学技術・学術

掲載:2017 年 3月 10日  

応募・申請期間

2017 年 5 月 31 日 (水)

この顕彰は 1971(昭和 46)年、毎日新聞社会事業団の創立 60 周年を記念して設定し、毎年実施しているものです。全国の社会福祉関係者および団体のなかから、とくに優れた功績をあげ、社会福祉の発展向上に貢献している個人あるいは団体を顕彰し、新しい福祉国家の形成と進展に寄与するねらいです。

このアワード情報を開く

助成

みずほ教育福祉財団 第 15 回「配食用小型電気自動車寄贈事業」 -2017 年度

by 公益財団法人 みずほ教育福祉財団

  • 福祉

掲載:2017 年 3月 8日  

応募・申請期間

2017 年 6 月 9 日(金)

 高齢化社会を迎え、地域の住民による主体的な福祉活動の重要性が、一段と高まっています。とりわけ、高齢者を対象とした配食サービスは、声掛けを通じた友愛活動を兼ねていることから、極めて意義深いものがあります。 みずほ教育福祉財団では、高齢者を対象とした福祉活動を支援するため、みずほフィナンシャル・グループ役職員方の募金を主な財源として、高齢者向けに配食サービスを行っている民間団体に対し、配食用小型電気

この助成情報を開く

助成

みずほ教育福祉財団 第 34 回「老後を豊かにするボランティア活動資金助成事業」 -2017 年度

by 公益財団法人 みずほ教育福祉財団

  • 福祉
  • まちづくり

掲載:2017 年 3月 8日  

応募・申請期間

2017 年 5 月 31 日(水)

 高齢化社会を迎え、高齢者が住み慣れた街で安心して生活するための、地域住民・ボランティアによる主体的かつ活発な福祉活動に対するニーズが、一段と高まっています。 本助成事業は、地域に根差したボランティアグループで、高齢者を主な対象とする活動およびスタッフの中核が高齢者である活動の支援を目的として、継続的に使用される用具・機器類の取得資金を助成します。

この助成情報を開く

助成

京都新聞社会福祉事業団「助成金」

by 公益財団法人 京都新聞社会福祉事業団

  • 福祉

掲載:2016 年 11月 22日  

応募・申請期間

申請は、同一主催者または実態が同じ団体は、年度内 2 回(上半期 4 月~ 9 月、下半期 10 月~ 3 月の各 1 回、事業の内容が同じ場合は、年度内 1 回)とします

各種団体が行なう大会等の催しについて、京都新聞社会福祉事業団の助成金の希望申請を行う場合、次の基準を設けています

この助成情報を開く

助成

日本メイスン財団「助成金」- 2016 年度

by 一般財団法人 日本メイスン財団

  • こども・子育て
  • 福祉

掲載:2016 年 9月 8日  

応募・申請期間
  • 一般募集
    平成 28 年 9 月 30 日(金)まで
  • 特別募集
    緊急に助成の必要がある場合は随時受付けます。

日本メイスン財団は、フリーメイスンの精神のもと、各種の慈善救済事業を行い、同様の目的を持つ団体の事業を助成し、また天災、戦争等の被災者・被害者および孤児寡婦を救済することを目的としています。財団が行うこうした支援は、日本国内はもとより、世界各地の社会福祉・救援活動にまで広がっています。

この助成情報を開く
上へ