NPO スポットライト

NPO スポットライト (第 13 回)

コロナ禍と市民活動 ~ 京都から世界平和を願って ~

※ 日本国際連合協会京都本部 にスポットライトをあてその活動を紹介する記事です。

掲載:2021 年 2月 26日  

今年 (2021 年) 1 月、しみセンに、ある市民団体から SOS のメールが届きました。コロナ禍で存続の危機に陥っているというのです。
お話をお聞きして驚いたことに、その団体は 70 年以上の歴史があり、活動の規模もかなり大きなものでした。企業からの寄付やイベントの開催で運営を行って来ましたが、コロナ禍でイベントの中止が相次ぎ、事業による収入が途絶えてしまったとのこと。法人格

NPOスポットライト (第 13 回)を読む

NPO スポットライト (第 12 回)

「援助」に「家族」の学びをプラスして

※ 家族支援と対人援助ちばっち 千葉 晃央さんにスポットライトをあてその活動を紹介する記事です。

掲載:2021 年 1月 29日  

社会福祉士や精神保健福祉士、公認心理士などの対人援助の専門資格を持って働いている方がいらっしゃいますが、対人援助職者の方々が家族にまつわる勉強の機会は少ないのだそうです。
日本では、家族を 1 単位とした支援の枠組みが少ないですが、支援を行う方の背後には家族があります。

新型コロナウイルス感染拡大による自粛要請で家にいる時間が長くなったことで家族内の問題が深刻化し、

NPOスポットライト (第 12 回)を読む

NPO スポットライト (第 11 回)

地域と高校・大学が協働、鞍馬山の豊かな森を次世代につなぐ

※ 鞍馬 明日に向かって 豊嶋 亜紀さんにスポットライトをあてその活動を紹介する記事です。

掲載:2020 年 12月 25日  

天狗が棲むと伝わり、悠久の時を刻んできた鞍馬の山。時代祭の夜に京都三大奇祭の一つに挙げられる「鞍馬の火祭」が行われるほか、国内外から大勢の観光客を集める、京都を代表する観光地でもあります。

しかし、2018 年 9 月に京都を直撃した台風 21 号は、鞍馬山の森に甚大な被害を及ぼしました。京都市街と地元をつなぐ重要な交通インフラである叡山電車もいまだに復旧ならず、運行

NPOスポットライト (第 11 回)を読む

NPO スポットライト (第 10 回)

暮らしの中で、女性に寄り添い続ける

※ NPO 法人暮らしのコツ研究所 にスポットライトをあてその活動を紹介する記事です。

掲載:2020 年 11月 27日  

政府や地方自治体の相談窓口に寄せられた DV の相談件数は、コロナ禍で 1.4 倍~ 1.6 倍に増えています。外出自粛で在宅時間が長くなる中、生活不安やストレスなども重なり、家庭内で問題が起こりやすくなっているのです。
政府もこの事態を重く受け止め、「男女間暴力対策課」を新設したり、DV 被害者が電話で相談しやすくするため、覚えやすい 4 桁の全国共通短縮ダイヤル「#8008(

NPOスポットライト (第 10 回)を読む

NPO スポットライト (第 9 回)

美しい竹林を未来へ

※ 籔の傍 にスポットライトをあてその活動を紹介する記事です。

掲載:2020 年 10月 31日  

阪急東向日駅から歩くこと25分。
住宅地の先にぽっかりと見えてくる竹林が、今回スポットライトを当てる「籔の傍(やぶのそば)」の活動の拠点です。

乙訓地区は、平安時代より竹細工やタケノコなど、竹の産地として知られてきました。けれども近年、国産の竹の需要が減り、竹林は放置されるようになりました。
手入れをされず増えすぎた竹は、雑木林に侵入してほか

NPOスポットライト (第 9 回)を読む

NPO スポットライト (第 8 回)

コロナ禍のなかで広がっていく「つながり」

※ いわくら農園倶楽部 にスポットライトをあてその活動を紹介する記事です。

掲載:2020 年 9月 25日  

 2025 年に日本は「認知症 700 万人時代」を迎えます。鍵を握るといわれているのが、「認知症とともに生きる」社会や地域の在り方。各地で認知症の方や家族、地域の方が集う「オレンジカフェ」や「オレンジサロン」(※1) が開催されています。しかし、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、このような活動は感染リスクが高いとして、中止が相次ぎました。メディアでは「感染するリスク」に報道が偏りがちです

NPOスポットライト (第 8 回)を読む

NPO スポットライト (第 7 回)

障がいのある方が地域で安心して暮らせるためのお手伝い

※ 特定非営利活動法人 なんてん にスポットライトをあてその活動を紹介する記事です。

掲載:2020 年 8月 28日  

今回ご紹介するのは、心の病のある人が地域で安心して暮らせるよう、西京区を中心に活動されている「NPO法人なんてん」さん。

1997年当時、心の病のある人への制度がなく、社会の障がいへの理解がないという状況の中、当事者の方や地域の関係団体が連携して立ち上がった団体です。

今回は、NPO法人なんてんの職員の皆さんに、団体や活動について伺いました。<

NPOスポットライト (第 7 回)を読む

NPO スポットライト (第 6 回)

デザインの力を使って地域社会の活動を応援する。わたしたちは、『やさしいデザイン』です。

※ 特定非営利活動法人やさしいデザイン 生駒 豪康さんにスポットライトをあてその活動を紹介する記事です。

掲載:2020 年 7月 31日  

今回お尋ねしたのは、デザインの力で地域社会の活動を応援していくことをテーマに掲げる「NPO 法人やさしいデザイン」(以下、やさしいデザイン)さんです。 やさしいデザインのオフィスは、様々なベンチャー企業や研究施設が集まる京都リサーチパーク(KRP)のスタジオ棟という建物の中にあります。訪問したのは7月半ば、梅雨の合間の曇り空、KRP は徒歩や自転車で行きかう人の姿が多くみられ、活気にあふれて

NPOスポットライト (第 6 回)を読む

NPO スポットライト (第 5 回)

「冤罪というのは、誰にでも起こりうるものなんだ」

※ えん罪救済センター にスポットライトをあてその活動を紹介する記事です。

掲載:2020 年 6月 26日  

無実であるのに犯罪者として扱われてしまう「冤罪(えんざい)」。罪もない人が「犯罪者」として扱われ、裁判や再審の末に「無罪」を勝ち取る姿を、ニュースでもたびたび目にします。長い年月を刑務所で過ごさざるを得なかった方々の時間の重みに想いをはせると、その理不尽さに憤りを感じることもありませ

NPOスポットライト (第 5 回)を読む

NPO スポットライト (第 4 回)

食といのちのつながりを、子どもたちに伝えたい

※ キッズファーム in 京都大原 にスポットライトをあてその活動を紹介する記事です。

掲載:2020 年 5月 29日  

「自然の豊かな所で子育てをしたい」「子どもたちにいのちの大切さを伝えたい」そんなふうに思っている保護者の方は多いのではないでしょうか。

でも、現代社会に暮らしていると、なかなか自然に触れる機会がないことも。

今回ご紹介するのは、「はたけから たべるまで まるごと たいけん !!」をモットーに、京都市左京区、大原・三千院近くで、親子で気軽に参加で

NPOスポットライト (第 4 回)を読む

NPO スポットライト (第 3 回)

認め合うことで生まれる共生の場

※ Bazaar Cafe にスポットライトをあてその活動を紹介する記事です。

掲載:2020 年 4月 24日  

道急ぐ人々の往来が絶えない烏丸今出川。そこから一筋小路に入ると、都市化が進む京都のからそこだけ時代が切り抜かれたかの様な、一際目を引く西洋建築の屋敷が現れます。門をくぐると、広い庭に木漏れ日が落ちる白いテラスがつい先ほどまで街の中にいたことを忘れさせてくれます。
今回は、京都にある一風変わったカフェ「バザールカフェ」さんをご紹介します。

NPOスポットライト (第 3 回)を読む

NPO スポットライト (第 2 回)

こども食堂を「みんな」の居場所に

※ 特定非営利活動法人 happiness にスポットライトをあてその活動を紹介する記事です。

掲載:2020 年 4月 24日  

紹介するのは NPO 法人 happiness さん。こどもたちの健全な成長とその環境の為に地域づくりを行うことを目的に活動されています。2016 年にボランティア団体ハピネスとして活動を開始以来、こどもを対象としたこども食堂や学習会の運営を行ってきました。2018 年からは継続的な活動を実現するためにカフェの運営も始め、2019 年 3 月には法人格を取得。今回は happiness の中

NPOスポットライト (第 2 回)を読む

NPO スポットライト (第 1 回)

ビールがつなぐ。ビールで輝く。~社会で共に歩む、自閉症の方とのクラフトビール造り~

※ 特定非営利活動法人 HEROES にスポットライトをあてその活動を紹介する記事です。

掲載:2020 年 4月 4日  

通常の事業所で働くことが困難な方のための就労や生産活動の機会の提供を行っている障害福祉サービス。
事業所ごとに仕事の内容は様々ですが、京都には「ビールの醸造・販売※」を障がいのある方と行っている NPO 法人があるんです。
福祉とビールという意外な組み合わせで障がいのある方の働く場をつくっている NPO 法人 HEROES 理事長の松尾 浩久(まつお ひろひさ)さんに

NPOスポットライト (第 1 回)を読む
上へ