NPO スポットライト

NPO スポットライト (第 35 回)

“生きづらさ”を絆にかえて

※ ぴあの会 写真右より 景井 由佳子さん(代表)、大山 由紀子さん(副代表)さんにスポットライトをあてその活動を紹介する記事です。

掲載:2023 年 1月 27日  

人は誰しも生きていれば、ネガティブな気持ちになることがあると思います。しかし一人で抱え込むことで、自分では抱えきれなくなり、それが“生きづらさ”や“弱さ”へと変わってしまうことがあります。その苦しさで日々の生活に影響が出ている人がいることを皆さんはご存じですか? 
それを、人々のつながりによって、前向きに変えることができないかということから作られた、同じような大変さを抱える人同士

NPOスポットライト (第 35 回)を読む

NPO スポットライト (第 34 回)

京都市内に残る希少なカタクリの自生地を守る

※ 西山自然保護ネットワーク 中河 洋介さん(共同代表・左)、中川 光博さん(幹事・右)さんにスポットライトをあてその活動を紹介する記事です。

掲載:2022 年 12月 23日  

片栗粉と言えば、料理やお菓子作りには欠かせない材料のひとつ。かつてはユリ科の植物カタクリの鱗茎から採ったデンプンを指す名称でしたが、デンプンの原料がジャガイモに代った現在でも、片栗粉の名前はそのまま使われています。
このカタクリ、東北や北陸など、寒冷な地域では普通に見ることのできる花ですが、西日本では少なく、現在は奈良大阪にまたがる葛城山、京都では小塩山(おしおやま)の山頂付近の

NPOスポットライト (第 34 回)を読む

NPO スポットライト (第 33 回)

一期一会の縁を大切に。一歩ずつ活動していく。

※ NPO 法人 フェア・プラス 河西 実さんにスポットライトをあてその活動を紹介する記事です。

掲載:2022 年 11月 25日  

 「アバカ」という植物をご存知ですか?
 アバカは、マニラ麻とも呼ばれている外見がバナナの木に似た多年生植物です。3 年ほどで 3 ~ 5m に生育するフィリピン原産の植物で、その繊維は柔軟かつ強靭で水にも強く、重さは麻の半分以下ととても軽い素材です。日本では、「糸芭蕉」とも呼ばれています。
 フィリピンのマリオナ村では、そんなアバカをマクラメ (紐や糸を手で編み、結

NPOスポットライト (第 33 回)を読む

NPO スポットライト (第 32 回)

あたたかい声で生活を支える

※ 特定非営利活動法人ロバの会 にスポットライトをあてその活動を紹介する記事です。

掲載:2022 年 11月 14日  

視覚障がい者の方々への支援活動の一つに「音訳」というものがあります。
視覚障がい者の方々が情報を得る手段として「点字」が有名ですが、実はその点字の識字率は視覚障がい者の1割程度という報告もあるのだそうです。
これは、後天的に病気や事故で視覚障がいとなった方が多いということも要因の一つかもしれません。
そのため、耳から情報を取得できるようなサポートも、点字と

NPOスポットライト (第 32 回)を読む

NPO スポットライト (第 31 回)

声よ ふたたび

※ 京都喉友会 さんにスポットライトをあてその活動を紹介する記事です。

掲載:2022 年 10月 28日  

 医療技術が進んだことで、がんを治療しながら働く人や、再発することなく5年以上生存される人が増えています。そのためには「がんとともに生きる」ための社会づくりが必要です。
「がんとともに生きる」というキャッチフレーズからは、医療や保険商品などをイメージしがちですが、実は市民活動分野においても様々な団体が早い時期からこの課題に取り組んできたことをご存じでしょうか。
 今号

NPOスポットライト (第 31 回)を読む

NPO スポットライト (第 30 回)

ウクライナへ車いすを贈る 京都車いす点検ボランティア「スイマルク」

※ 京都車いす点検ボランティア スイマルク 谷口 博さんにスポットライトをあてその活動を紹介する記事です。

掲載:2022 年 8月 26日  

スイマルクって何語?

“マルク”と言えば、ユーロ導入前のドイツの通貨。“ビスマルク”はドイツを統一したプロイセンの首相。さてはドイツ語かと思って調べてもどこにも出てこない。いったい何語?聞いてみてわかった「出てこないはず」。なんと、車いす(クルマイス)の逆さ読みだった!

今回お話をうかがったのは、そんなちょっとお洒落な名前の団体「

NPOスポットライト (第 30 回)を読む

NPO スポットライト (第 29 回)

100 年、200 年続く安心・安全な「里山」づくりを

※ 吉田山の里山を再生する会 にスポットライトをあてその活動を紹介する記事です。

掲載:2022 年 7月 31日  

 京都市左京区にある「吉田山」。吉田山は、古くから別名として「神楽岡 (かぐらおか)」、神が集う岡として親しまれている聖地でもあったことから、859 年に京の都の鎮守神として吉田神社が勧請し創建されています。また、古文献には、美しい自然豊かな風景と、人々が集まり楽しむ様子が描かれているそうです。

 現在は京都市の特別緑地保全地区のひとつとなっており、吉田山の山頂付近の吉田山公園

NPOスポットライト (第 29 回)を読む

NPO スポットライト (第 28 回)

場面緘黙の子どもを持つ親たちの試行錯誤

※ 場面緘黙親の会 辻田 和彰さんにスポットライトをあてその活動を紹介する記事です。

掲載:2022 年 6月 30日  

場面緘黙という言葉はご存じでしょうか? 漢字を見てもどう読めばわからない方も多いのではないでしょうか。
場面緘黙(ばめんかんもく)とは、家庭では普通に話すことができるのに、幼稚園・保育園や学校などの社会的な状況で声を出したり話したりすることができない症状が続く状態を言います。*注 1

今回は、場面緘黙の子ども

NPOスポットライト (第 28 回)を読む

NPO スポットライト (第 27 回)

障がいのある子どもたちの豊かな生活の広がりを求めて

※ 休日余暇支援活動じゃりんこ 江藤 照恵さんにスポットライトをあてその活動を紹介する記事です。

掲載:2022 年 5月 27日  

障がいのある方が学校や仕事以外の時間(余暇)をどう過ごされているかご存知でしょうか。
多くの方は一人で外出することが難しかったり、気軽に参加できる活動が限られることから、家で過ごす時間が長くなってしまい、余暇の過ごし方について悩みを持たれているその家族も少なくありません。

こうした課題意識から、障がいのある子を持つ親が集い子どもたちにより充実した余暇を過ごすことで、

NPOスポットライト (第 27 回)を読む

NPO スポットライト (第 26 回)

子へ孫へ 水車回るや 五月晴

※ 水車復元プロジェクト 齊藤 武さんにスポットライトをあてその活動を紹介する記事です。

掲載:2022 年 4月 29日  

樋を外すと、堰き止められていた水は水路へと勢いよく流れだした。待っていたかのように水路の水をかいて回る水車の心棒から張り出した“なで棒”と呼ばれる木が、杵を持ち上げては臼に落とすという動作を規則正しく繰り返す。「ガタンッ・・・ガタンッ」。数十年間、ひっそりと佇んでいた水車小屋が再び眠りから目覚めた瞬間だ。

今回の NPO スポットライトは比叡山の山すそ、左京区上高野の住宅地の中

NPOスポットライト (第 26 回)を読む

NPO スポットライト (第 25 回)

ファッションを通して多世代が自然に関われる場をつくる

※ KASANEO 小宮山葵紗さん(左)、橋本望さんさんにスポットライトをあてその活動を紹介する記事です。

掲載:2022 年 3月 25日  

地域社会が抱える様々な課題解決のために、「多世代が交流し、互いに支えあえる地域づくり」を進めようと、多くの地域で、多様な取組みがなされています。

そのような中、とてもユニークな手法で多世代交流を進めている団体が、今回紹介する「KASANEO」さんです。「KASANEO」は、京都文教大学地域連携学生プロジェクトとして、京都文教大学の学生を中心に他大学の学生や地域の

NPOスポットライト (第 25 回)を読む

NPO スポットライト (第 24 回)

電話を通して、子どもたちの心の中に安心できる場所を

※ NPO 法人 チャイルドライン京都 根本 賢一さんにスポットライトをあてその活動を紹介する記事です。

掲載:2022 年 2月 25日  

 「チャイルドライン」という18歳までの子どものためのフリーダイヤルがあることをご存じですか。
 この電話は、子どもの話を最後まで聴いて、時には一緒に考えてくれる、そんなボランティアのもとへ繋がります。ボランティアは電話を通して子どもたちの話を聴き、気持ちを受け止めたり、子どもと一緒に考えたりすることで、子どもたちが前を向くための手助けをします。
 この電話、「チャイ

NPOスポットライト (第 24 回)を読む

NPO スポットライト (第 23 回)

「遊び」を通した成長とその価値を伝えるために

※ きょうのあそびば 貞本 建太さんにスポットライトをあてその活動を紹介する記事です。

掲載:2022 年 1月 28日  

 1 月 10 日 (月・祝)、大宮交通公園では、たくさんの親子連れが訪れ、元気に走り回る子どもたちの姿が見られました。

 そのなかに、「1 日プレーパーク体験」という看板がありました。子どもたちが自然と集まり、自分たちで「遊び」を見つけ、自由に楽しんでいるようです。

 プレーパークとは、「冒険遊び場」とも呼ばれ、「子どもたちが遊びをつくる」場といわれています。年

NPOスポットライト (第 23 回)を読む
上へ