寄付金募集情報

掲載日:2020 年 1月 13日  

クリスマスに台風の直撃を受けたフィリピンの村の支援にご協力ください。

【緊急支援】フィリピン・マリナオ村の人々の生活再建のための義援金のお願い(追記あり)

  • 分野
  • 国際協力交流

このページのコンテンツは、NPO 法人 フェア・プラスが募る寄付金募集情報です。

目的

昨年クリスマス当日の 2019 年 12 月 25 日、
フィリピンを襲った超大型台風ウルスラが、
フェア・プラスがアバカプロジェクトで長年交流する
マリナオ村を直撃し、甚大な被害を受けました。

日本では、台風ウルスラがフィリピン中部を襲った被害状況について
ほとんど報道されていませんが、
フィリピン政府より
以下の通り最新の被害状況が発表されました。

死者:50 人
不明:5 人
けが:362 人

被害を受けた人:2,825,279 人
公共施設への避難者:71,675 人
親戚、友人宅への避難者:56,577 人

(2020 年 1 月 6 日現在)

今回の台風の最も被害が大きかったところは、
マリナオ村のあるパナイ島でした。

アバカ生産者が暮らす人口 1,000 人に満たない
小さなサンラモン集落でも、

全壊:34 軒
半壊:197 軒

という、大きな被害が出ています。

フェア・プラスでは、マリナオ村への支援を行います。
マリナオ村の人たちの生活再建のため、
みなさまのご支援、ご協力をお願い致します。

NPO 法人 フェア・プラス
事務局長 河西 実

概要

アバカとは、
フィリピン中部地方でよく生育する、
バナナのような葉を持つ植物です。

特にマリナオ村のアバカの繊維は透明感がある白さを持ち、
品のある艶が特長です。

農作物の収穫が少ないマリナオ村の人たちは、
アバカを大切に育て、
繊細で美しい「マクラメ編み」と呼ばれる技術を用い
アバカの繊維で日用品を編みながら生計を立てていました。

フェア・プラスでは、
長年にわたり、
マリナオ村とアバカ製品のフェア・トレードを行い
村の人々の暮らしをサポートしてきました。

台風により自宅も大きな被害が出た中で、
アバカ・マクラメ編み生産者の一人であるジェネリンさんは
電気が通じない真っ暗な部屋でロウソクをともし、
フェア・プラスがお願いしている
アバカ製品作りの作業を進めて下さっています。

一日も早く、
村の人々に安心した日常が戻るよう
皆さまのあたたかいご支援を
お願いいたします。

1 月 12 日追記

先週みなさんからご寄付頂きました義援金に基づき、
台風被災地のフィリピン・マリナオ村では、
お米、缶詰、ヌードル、スープなどの食料を購入し、
村の人たちの手で一つ一つ袋詰めにしました。

マリナオ村の人たちは十分な食糧が得られない状況にあります。
1 月 10 日、食糧が不足している村の人たちに、
この袋を配らせて頂きました。

配布の写真をブログに掲載しています。ご覧ください。

http://fairplus.doorblog.jp/archives/56301024.html

みなさんのご支援に感謝いたします。

村の人たちは、これから台風で被災した家の修復に取り組みます。
まだまだみなさんからのご支援を必要としています。
お友達にもマリナオ村の台風被災の状況をお伝え頂き、
ご一緒にご支援をよろしくお願い致します。

方法

ご賛同頂ける方は、義援金を以下の口座へ振り込みをお願い致します。

【ゆうちょう銀行の場合】
振込用紙に「マリナオ村義援金」と記入下さい。

【京都信用金庫の場合】
恐縮ですが、義援金の振り込みを行った旨、info@fairplus.org へメール、
または Tel 075-744-0646、 Fax 075-744-0945 へご連絡下さい。

ゆうちょ銀行 京都店
口座名義 トクヒ) フェア・プラス
科目 普通
口座番号 00950-6-302314
京都信用金庫 稲荷支店
口座名義 トクヒ) フェア・プラス
科目 普通
口座番号 0348225

お礼や報告などの方法

ご寄付頂きました義援金の総額とフィリピンでの使用目的、
およびご寄付頂きました方のお名前を、
後日 HP 上に掲載させて頂きます。

※お名前を掲載不可の方は、合わせてその旨ご連絡下さい。


連絡先/詳細等

担当者宛先 NPO 法人 フェア・プラス 河西 実宛
連絡電話番号

075-744-0646

連絡 FAX 番号

075-744-0945

連絡メールアドレス

info@fairplus.org

団体詳細

団体名 NPO 法人 フェア・プラス
団体紹介

フェア・プラスは、障害のある人たちや途上国の貧しい人たちの自立促進のため、関係する個人・団体が思いを共有するとともに、事業を協働することにより経済的な循環を実現していくことが不可欠と考え、2012 年 6 月に設立されました。

フェア・プラスは、これを推進するために、分野の壁を乗り越えて幅広い市民団体が連携し、またセクターを越えて行政、企業、大学との連携を図り、活動しています。

また、デザイナーなどの専門家の協力を得て、当事者の人たちが、各々の強みを生かして、市場で認められる製品作りを行い、働きがいのある仕事を作り出すことに取り組んでいます。

代表者 新開 純也
所在地 〒600-8492 京都府京都市下京区四条通新町東入ル月鉾町 52 イヌイ四条ビル Flag 四条
電話 075-744-0646
FAX 075-744-0945
メール info@fairplus.org
Web サイト http://fairplus.org/
Facebook https://www.facebook.com/npo.fairplus
上へ