助成情報

掲載日:2022 年 6月 10日  

対象条件 NPO法人 任意団体・地域住民組織など その他の非営利法人 
必須実績 特になし 
実施期間

2022 年 10 月から 2023 年 9 月までの 1 年間、または、 2024 年 9 月までの 2 年間

応募・申請期間

2022 年 7 月 14 日(木)まで

自然保護助成基金 第 33 期「プロ・ナトゥーラ・ファンド助成“特定テーマ1 絶滅が危惧される植物 (種あるいは群生地) の保全に関する研究”」-2022 年度

  • 環境保全
  • 範囲:10万円〜99万円

このページのコンテンツは、公益財団法人 自然保護助成基金 が実施する助成情報です。

概要・趣旨

プロ・ナトゥーラ・ファンド助成では、自然保護のための、フィールドワークに基づいた基礎的な研究や、地域に根ざした自然保護活動、そして当財団が年度ごとに定める特定のテーマに取り組むプロジェクトに対して助成を行います。

地球上の様々な動物(我々人類を含む)の暮らしを支えている植物の多様性を保全することは、地球上の生態系のバランスを保ち、生物多様性を維持・保全していくために大変重要です。
そこで、特定テーマ1 は「絶滅が危惧される植物(種あるいは群生地)の保全に関する研究」とし植物多様性の保全に寄与する研究に助成を行います。植物に対する助成は当財団の創設者のお一人である故岡本和子様のご遺志であり、昨年に引き続き特定テーマ対象とすることに致しました。

このページでは特定テーマ1 絶滅が危惧される植物 (種あるいは群生地) の保全に関する研究プログラムについて紹介しています。
他にも下記助成プログラムが同時期に募集されています。

国内研究助成
国内活動助成【地域 NPO 活動枠】
海外助成
特定テーマ助成 2 プラスチックが生物多様性に与える影響についての調査・研究

助成の対象となるもの

対象となる植物について
環境省レッドリスト掲載種数表において、「植物等」に分類されている維管束植物、蘚苔類(コケ類)、藻類、地衣類、菌類トが対象となります。レッドリストにて絶滅危惧種・準絶滅危惧種に指定されていなくても、個体数の著しい減少が認められている種や、情報が少なく基礎調査が必要な種についても対象となります。

助成対象テーマ例

  1. 植物の繁殖生態、生活史に関する基礎的な調査・研究
  2. これまで蓄積されてきた植物の生活史に関するデータの取りまとめ
  3. 植物と共生関係にある菌類(菌根菌等)が植物にもたらす影響についての研究
  4. 植物と訪花昆虫の相互関係に関する研究
  5. 物の生育と土壌、水、気候等の環境に関する研究
  6. 高山や島嶼地域など特殊な環境下に生育する植物に関する研究
  • 申請プロジェクトが特定テーマ助成に該当するか不明な 場合はお問合せください。
  • 同一のテーマで複数の助成金を使って実施するプロジェクトには助成いたしません。他の助成金への申請は特に禁止しておりませんが、重複して採択された場合には必ず財団にご相談ください。

助成の対象とならないもの

キノコなどの真菌類のみを研究対象としたものは助成対象外となります。

対象とならないテーマ例

  • 高山植物をシカの食害から守るための防鹿柵の設置
  • 外来植物に関する基礎的な調査・研究
  • 海外の植物を対象とした研究

対象とならない経費

  • ●研究グループメンバーの人件費、日当(所属機関の旅費規程において、日当を含む定額の旅費が定められている場合でも、助成金からは実費しか支出することはできません)
  • ●グループ組織の運営管理に必要な一般管理費(事務所の賃料など)
  • ●大学や研究機関の間接経費

助成の応募・申請要件

  1. 研究を行うための 3 人以上のグループであること。(責任者・副責任者・会計責任者をそれぞれ置くこと)
    • 大学や研究機関等に所属する研究者からなる研究グループ
    • 大学等に所属する学生グループ
    • 各地の市民グループ
    • 公益財団/社団法人、一般財団/社団法人、NPO 法人
    • 国内・海外の自然保護団体に属しているメンバーのグループ など
  2. 自然保護のための調査・研究を企画、遂行できること。
    • 研究者はもちろん、一般の方、学生の申請も歓迎いたします。
    • 年齢制限はありません。
  3. 募集要項詳細 https://www.pronaturajapan.com/foundation/pdf/PNF33/2022WEBアップロード(募集要項)/第33期PNF募集要項.pdf

申請の方法

  1. 申請書を入手
  2. 申請書を下記のダウンロード先から「特定テーマ1 絶滅が危惧される植物 (種あるいは群生地) の保全に関する研究」欄の申請書をダウンロードしてください。

  3. 申請書の提出
  4. 申請書に必要事項を記入し、office@pronaturajapan.com に PDF ファイルでお送りください。
    ※ 申請書の提出は、メールのみ受け付けます

応募・申請書のダウンロード 申請書記載例(特定テーマ助成1 「絶滅が危惧される植物(種あるいは群生地)の保全に関する研究」)のダウンロード

※ 応募書類をご提出の際には特に下記の点にご留意願います。

  • 郵送による申請は受け付けません。
  • Word ファイル・支出計画書は PDF 形式に変換してください。
  • ファイルの容量が 2MB を超えるものに関しては、ファイル送信サービス を利用し送付してください。

その他のデータ・期間等

助成内容・額

1 件当たりの助成金は上限 100 万円。

※助成金は、1 年間プロジェクトの場合、前期 (10 月)・後期 (4 月) に分割して振込みます。

実施期間

2022 年 10 月から 2023 年 9 月までの 1 年間、または、 2024 年 9 月までの 2 年間

  • 1 年間のプロジェクトの場合は、 2023 年 3 月 31 日までに、調査・研究の中間報告書を提出していただきます。2 年間のプロジェクトの場合は、 2023 年 9 月 30 日までに提出していただきます。
応募・申請期間

2022 年 7 月 14 日(木)まで

締切注意
  • メール申請は、締切日の 23:59 までに送信してください。

助成実施団体詳細

団体名 公益財団法人 自然保護助成基金
担当者名 プロ・ナトゥーラ・ファンド助成担当係
所在地 〒150-0046 東京都渋谷区松濤 1-25-8 松涛アネックス 2F
電話 03-5454-1789
FAX 03-5454-2838
メール office@pronaturajapan.com
Web サイト https://www.pronaturajapan.com/index.html

新しい助成金情報ポータルサイトオープンのお知らせ

コロナほっとかないポータル 〜新型コロナ禍を乗り切るための助成・融資情報サイト〜

「コロナほっとかないポータル」においても助成金情報を掲載しています。 コロナほっとかないポータル 〜新型コロナ禍を乗り切るための助成・融資情報サイト〜 もご覧ください。

上へ