継続ボランティア募集情報

掲載日:2017 年 1月 17日  

あなたの持っているものづくりの知恵や経験を、ボランティア活動に活かしませんか?

  • 初心者歓迎
種別 継続ボランティア 
参加頻度 定期 
参加時間帯 午前 午後 
実施期間・日 原則 毎月第 2、第4 木曜日と土曜日
タイプ 事務作業・軽作業
特徴 初心者歓迎 平日の日中参加 
技能カテゴリ 技能を問わない 事務 
必要な技能 会計、経理や事務 PC 関連能力 
募集対象
活動エリア 京都市 下京区 

自助具製作ボランティア募集

  • 福祉
  • 保健・医療

このページのコンテンツは、 京 自助具館 が募集している継続ボランティア情報 です。

概要

 高齢者や身体の自由に制限のある方たちの生活を補助する福祉用具のことを自助具といいます。
 京 自助具館では、「自助具」の製作や開発に取り組んでいます。
 一人一人に合わせた使いやすい自助具を作製することはもちろん、素材の色やデザインなど、出来る限り、ご本人さんの要望に合わせて自助具を製作しています。

普段の活動以外では、ボランティアまつり、自助具フォーラム等の催しへ積極的に参加しています。
また、小中高学校への出張授業なども積極的におこなっています。
工具を使うことが初めての方にも先輩メンバーが丁寧に指導します。

アピールポイント

  • 個人では所有が難しい工具や材料がそろっています。 在庫の材料を自分用に必要分だけ購入することもできます。工具も休憩時間などに、個人的な製作に使用することができます。
  • 活動日は月に 4 回ですが、個人の都合に合わせて出席していただければよいので、2 回程度でも、半日だけでも来ていただければ嬉しいです。

募集対象

手先が不器用な方でも大丈夫です。
グループ活動の運営には IT も経理も文章力も必要です。
「自助具」をもっと世の中に広めたいという気持ちの方ならどなたでも大歓迎です。

活動内容

  • 自助具を製作すること。
  • 一人でも多くの方に利用していただくためにも「自助具」の存在を PR し、理解を広めていくこと。

体験談

キーボードカバーを製作したときに、後日使用者の方から「以前は届いたメールに返信するのがやっとだったが、カバーを使うようになって、自分の方からメールを出すようになった。日常生活が積極的になってきた。」という声をいただきました。
大変やりがいや充実感を感じる出来事でした。

参加条件

  • 67 歳以下の方
  • PC の基本操作が出来る方

活動場所

「ひと・まち交流館 京都」1 階 福祉用具展示コーナー

活動住所 京都市下京区西木屋町通上ノ口上る梅湊町 83-1
マップ
京都市下京区西木屋町通上ノ口上る梅湊町 83-1

活動日

原則 毎月第 2、第4 木曜日と土曜日

活動時間

10 時~ 16 時

応募方法

下記連絡先まで

  • お名前
  • 連絡先電話番号
  • 住所(居住区)
  • 年齢(年代)
  • 職業(退職されている方は前職)
  • 京 自助具館に興味を持たれたきっかけ

をご連絡ください。

メールで申し込む
費用の負担
  • 会費:1,200 円 / 年
  • ボランティア保険:300 円(任意)
募集締切

随時募集

連絡先などの詳細

受入担当宛先 京 自助具館〈近藤 千津子〉まで
受入担当宛電話番号 070-2662-3115
受入担当宛メールアドレス kyoto.jijyogu@gmail.com
受入担当宛メールリンク

受入担当にメールする

連絡宛先 京 自助具館〈近藤 千津子〉まで
連絡電話番号 070-2662-3115
連絡担当メールアドレス kyoto.jijyogu@gmail.com
連絡担当宛メールリンク

連絡担当にメールする

団体詳細

団体名 京 自助具館
団体紹介

高齢者や身体の自由に制限のある方たちの生活を補助する福祉用具のことを自助具といいます。
病気や怪我で身体機能が弱くなると、日常生活の動作がしにくくなりますが、 自助具を使って解消できることがあります。「こういうモノがあったら」を製品にし、利用していただいています。
ボランティアまつり、自助具フォーラム等の催しへも積極的に参加しています。
また、小中高学校への出張授業なども積極的におこなっています。

代表者 近藤 千津子
所在地 〒600-8127 京都府京都市下京区西木屋町通上ノ口上る梅湊町 83-1 ひと・まち交流館 京都 2 階 京都市市民活動総合センターメールボックス NO.60
電話 070-266-23115
メール kyoto.jijyogu@gmail.com
上へ