この助成事業の受付は終了しました

助成情報

この助成事業の受付は終了しました

掲載日:2018 年 6月 7日  

対象条件 NPO法人 任意団体・地域住民組織など その他の非営利法人 
必須実績
実施期間
応募・申請期間

2018 年 6 月 29 日 (金)

「B&G 海洋クラブ登録団体募集」-2018 年度

  • スポーツ
  • 環境保全
  • 地域安全
  • 範囲:100万円以上
  • 対象経費:車両・設備費

このページのコンテンツは、公益財団法人 ブルーシー・アンド・グリーンランド財団 が実施する助成情報です。

概要・趣旨

■海洋クラブってなに?
「B&G 海洋クラブ」は、マリンスポーツ実践活動や水辺の安全教室、海や川、湖で環境学習、環境保全などの水に親しむ活動を通して、青少年の心と身体を鍛え、海に対する理解を深め、地域の活性化など社会に貢献できる組織づくりをボートレースの収益金を活用して、B&G 財団が支援する制度です。2018 年 3 月現在 284 クラブが活動を行っています。

■海洋クラブ登録制度の概要

  • B&G 財団の趣旨に賛同し、水辺の安全教育活動などを推進してください。
  • マリンスポーツ活動や舟艇を使わない水辺の活動を実施する団体を対象に、審査の上、登録クラブには、上限 200 万円の活動器材を 3 か年無償貸与します。
    ※活動人数、活動内容、活動計画、実績等に応じて、200 万円以下、50 万円以下の 2 種類の上限設定があります。
  • 年間 300 人以上の計画書等を含む申請書一式を提出してください。
  • 登録後、毎月活動人数の報告や活動実績報告書などを提出してください。
  • メディア等を活用し、活動を広報してください。
  • 3 か年の活動実績により、貸与した器材を無償譲渡します。

■テーマは「Change」、「Challenge」
マリンスポーツや水辺の環境学習、水生観察など水辺での自然体験活動を実施する団体を支援します。
水辺に親しむ子供たちを B&G と一緒に育てていきましょう!

助成の対象となるもの

  1. カヌーや SUP 、ヨットなどの舟艇器材を活用した活動
  2. 水生生物の観察、水質の保全、漂流ゴミ調査など水の環境に関する活動
  3. 舟艇器材を使わない水辺でのレクリエーションを行う活動
  4. ビーチクリーン活動などのように自治体や地域と連携した親水活動など

助成の応募・申請要件

  1. 青少年や地域住民に対して水辺に親しむ活動に定期的に取り組む団体。
    • 水辺学習活動や、水辺エリアの活性化を目指す自治体・NPO・学校・PTA・漁業団体・ボランティア団体など。
    • 原則、年間 10 日以上活動している団体であることとします。

クラブ登録要件

  1. クラブの組織
     クラブの組織は、次の条件を満たすことが必要です。

    • 代表者
      • 人数:1 名
      • 内容:クラブの趣旨に賛同し、クラブの運営や指導に携わる方々の代表者。成人であること。
    • 指導者・運営スタッフ
      • 人数:5 名以上
      • 内容:マリンスポーツや水生観察などを指導しながら、水辺で安全な活動を行うことができる指導者・運営スタッフ。
    • 事務担当者
      • 人数:1 名以上
      • 内容:財団との連絡窓口となり、クラブの活動詳細に精通し、財団からの案内の確認や報告を行える方。
      • 1. 2. 3. は兼務可。
      • 対象参加者は、クラブ会員対象または不特定多数対象またはその両方を対象としてもよい。
  2. クラブの活動拠点
    • 水辺の活動環境
      • 海や川、湖などの定期的に活動ができる自然フィールドを確保できる。
      • 活動は、水上でなくても、ビーチや河川、湖畔など水際の場所も含みます。
    • 活動器材の保管場所
      • 無償貸与される活動器材を安全な状態で保管できる場所が確保できる。
      • 保管場所の建物にクラブ名の看板表示ができる。
  3. クラブの活動内容
     毎年夏になると悲しい水の事故が後を絶ちません。そのため、財団では安全に楽しく水辺活動を行っていただくため、当財団では「水辺の安全教育」を積極的に実施しており、クラブ登録後には、次の 7 つを実施してください。

    • 水辺の安全教育プログラムの実施 (年 3 回以上)
      財団が推進している水辺の安全教育に関する活動に取り組んでください。
      ※ 水辺の安全教育プログラムの詳細は こちらよりご確認ください。
    • 「海の日」事業の実施
      「海の日」周辺で「海の日」にちなんだ「体験会」や「観察会」の実施をしてください。
    • クリーン活動の実施 (年 2 回以上)
      活動日の前後に、日頃活動している水面を定期的に清掃し、環境意識の向上と地域愛を育むことを目的にクリーン活動を実施してください。
    • その他各年度の重点事業などの実施・協力
      各年度における重点事業や推進事業の積極的に実施・協力をお願いいたします。
    • 活動人数の入力 (毎月 15 日まで)
      前月のクラブ活動人数を財団の専用システム「B&G コンパス」に入力してください。
    • 毎年度事業計画書等の提出
      毎年年度末に、当年度の活動報告書、決算書、次年度の活動計画書・予算書などを提出してください。
    • メディア広報 (新聞、SNS、財団 Web などで年間 5 回以上)
      メディアを通じて、海洋クラブの活動を積極的に情報発信してください。
募集要項詳細 https://www.bgf.or.jp/club/file/2018_clubtebiki.pdf

申請の方法

下記必要申請書類を提出下さい。

■申請書類一式

  • 海洋クラブ登録申請書兼誓約書
    申請書に押印が必要となります。
  • クラブ明細書
    クラブの詳細を記入し、水面、舟艇保管場所の利用に際し同意書や許可書が必要な場合、その写しを添付してください。
  • クラブ登録申請理由書
    具体的な申請理由と登録後の活動をアピールしてください。
  • 申請器材事業計画書
    登録後の実施計画と計画に必要な申請器材を記入してください。
  • 指導者名簿
    指導者の保有資格、指導歴などを名簿に記入してください。
  • 年間活動計画書
    クラブ全体の活動とマリンスポーツの活動を区分して、記入してください。年間 300 人以上の計画書を提出してください。
  • 年間活動実績報告書
    クラブ全体の活動とマリンスポーツの活動を区分して、記入してください。
  • 収支決算書/予算書
    直近の決算書と次年度の予算書を作成してください。
  • 代表者経歴書
    市販の履歴書を使用、写真を添付してください。
  • 活動に関する調査票
    調査項目の各質問にご回答ください。
  • 保有活動器材一覧
    申請時点で保有している活動器材を記入してください。
  • PR 事業報告書
    既存の活動でアピールしたい事業を選び、事業概要を記入してください。
  • 指定管理者仕様書等
    指定管理者からの申請の場合、提出してください。
  • 位置図
    Google map 等で使用水面、艇置場の位置を記入してください。
  • 写真
    使用水面全体、水際 (舟艇乗降場所) 状況、舟艇保管場所の写真を添付してください。
応募・申請書のダウンロード

その他のデータ・期間等

助成内容・額

下記金額内の活動器材を 3 か年無償貸与します。
その後、3 か年の活動実績により、貸与した器材を無償譲渡します。

  • A タイプ
    • 登録前の年間実績活動人数:600 人以上
    • 無償貸与器材金額:200 万円以下
    • 特に優れた団体は 200 万円以内、それ以外の団体は、200 万円から概ね 50% の支援とします。
  • B タイプ
    • 登録前の年間実績活動人数:300 人以上
    • 無償貸与器材金額:50 万円以下
  • 詳細は募集要項をご確認ください。
応募・申請期間

2018 年 6 月 29 日 (金)

この助成事業の応募・申請はすでに終了しました。

締切注意
  • 申請は、締切日 必着のこと。

助成実施団体詳細

団体名 公益財団法人 ブルーシー・アンド・グリーンランド財団
担当者名 事業部 海洋センター・クラブ課
所在地 〒105-0001 東京都港区虎ノ門3-4-10 虎ノ門35森ビル 9F
電話 03-6402-5314
メール center@bgf.or.jp
Web サイト https://www.bgf.or.jp/

この助成に対するレビューを書く

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、レビューを送信してください。

上へ