この補助事業の受付は終了しました

補助情報

この補助事業の受付は終了しました

掲載日:2017 年 9月 3日  

対象条件 NPO法人 任意団体・地域住民組織など その他の非営利法人 
必須実績 特になし 
実施期間
応募・申請期間

2017 年 10 月 2 日 (月) ~ 10 月 31 日 (火)

京都府「ひきこもり状態にある者のための社会参加支援事業補助金」

  • 青少年
  • 社会教育
  • 福祉
  • 保健・医療
  • 雇用・労働
  • その他
  • 範囲:100万円以上
  • 対象経費:諸謝金
  • 対象経費:旅費
  • 対象経費:人件費
  • 対象経費:車両・設備費
  • 対象経費:その他

このページのコンテンツは、京都府 が実施する補助情報です。

概要・趣旨

京都府では、今年度から脱ひきこもり支援センターを設置し、ひきこもり状態にある方の支援に取り組んできているところです。この度、ひきこもり状態の方の社会参加を促すため、社会参加支援事業を行う民間団体に対して、補助金を交付することとしました。

補助の対象となるもの

ひきこもり状態の方の社会参加を支援する事業

  1. ひきこもり状態の方へ家族以外の方との交流を促すための事業
  2. ひきこもり状態の方の外出を支援するための事業
  3. ひきこもり状態の方と支援者等との交流会の開催
  4. ひきこもり状態の方へスポーツ、レクリエーション等への参加機会の提供
  5. ひきこもり状態の方へ絵画等の創作活動、発表の機会の提供
  6. ひきこもり状態の方が作品を販売するフリーマーケットの開催
  7. ひきこもり状態の方への一般教養の習得、パソコン操作技能を向上させる等の支援
  8. ひきこもり状態の方への就労・就学に資するグループ作業への参加機会の提供
  9. ひきこもり状態の方の社会参加を促すため、保護者等が経験をもとに、その手法を検討・実施する会 など
  • ひきこもり状態にある方が事業に参加することが必須となります。

補助の応募・申請要件

ひきこもりからの社会復帰支援を促進する事業を実施する団体等

  1. 2 人以上で構成され、会則、役員などが定められていること。
  2. 法人格の有無。営利団体、非営利団体の別を問わない。
募集要項詳細 http://www.pref.kyoto.jp/seisho/news/20170714.html

申請の方法

郵送もしくは持参で、募集期間内に申請窓口 (脱ひきこもり支援センター) まで提出してください。

応募・申請書のダウンロード

※ 応募書類をご提出の際には特に下記の点にご留意願います。

  • 交付申請書等については、このホームページからダウンロードいただくか、申請窓口 (脱ひきこもり支援センター) にご連絡の上、お取り寄せください。

その他のデータ・期間等

補助内容・額

補助率:3 分の 2 以内
補助上限:1 団体 100 万円

応募・申請期間

2017 年 10 月 2 日 (月) ~ 10 月 31 日 (火)

この補助事業の応募・申請はすでに終了しました。

締切注意
  • 申請は、締切日 必着のこと。

補助実施団体詳細

団体名 京都府
担当者名 脱ひきこもり支援センター
所在地 〒605-0862 京都市東山区清水四丁目 185-1 (京都府家庭支援総合センター内)
電話 075-531-6540
Web サイト http://www.pref.kyoto.jp/index.html

この助成に対するレビューを書く

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、レビューを送信してください。

上へ