助成情報

掲載日:2017 年 3月 16日  

対象条件 個人 
必須実績
実施期間

2017 年 10 月より 2 年間

応募・申請期間

2017 年 6 月 15 日(木)

日本生命財団(ニッセイ財団)「高齢社会助成 実践的研究助成“実践的課題研究助成”」 -2017 年度

  • 福祉
  • 保健・医療
  • 範囲:100万円以上
  • 対象経費:諸謝金
  • 対象経費:旅費
  • 対象経費:その他

このページのコンテンツは、公益財団法人 日本生命財団(ニッセイ財団) が実施する助成情報です。

概要・趣旨

高齢社会助成の趣旨

超高齢・人口減少社会を活力あふれる社会へ

 ご高承のとおり、国民の生活水準の向上、医療体制の整備、医療技術の進歩、健康増進などにより、平均寿命は世界のトップクラスの水準となり、世界のどの国も経験したことのない超高齢社会を迎えています。
 また、少子化に伴う人口減少と、75 歳以上高齢者の急増による人口構造の不安定化、加えて長引く経済的停滞は深刻な社会保障財源の窮迫を招来しています。
 さらには地域社会や、従来の家族形態が変容し、まさに「単身生活者時代」ともいえる状況にあり、家族や地域の人々がお互いを支え合う力は脆弱になっています。
 このように複雑で困難な社会状況の中で迎える「人生 90 年時代」を活力あふれる社会にするためには、自助・互助・共助・公助が一体となって人々を支え合う社会の構築が喫緊の課題であります。
 この課題の解決に資するために活動、研究に対して助成を行います。

実践的課題研究助成の趣旨
 本財団は 2001 年より、研究者と実践家が協働して現場の実践をベースにして、実践に役立つ成果をあげるための実践的研究への助成を行っています。

助成の対象となるもの

以下の 3 つの分野の中のテーマに対する課題を明確にした実践的課題研究への助成を行います。

第 1 分野:「いつまでも地域で高齢者が安心した生活が送れるまちづくり(地域包括ケアシステム)の推進」
在宅サービス(医療、ケア、住宅等を含む)の推進、高齢者を支える介護・看護・医療連携システムの開発、実践等をテーマとします。

第 2 分野:「高齢者の生きがい・自己実現・就業支援」
人生 90 年時代のライフサイクル構築への取組、高齢者ボランティアの養成等をテーマとします。

第 3 分野:「認知症の人が地域で安心した生活ができるまちづくり」 (本財団恒久分野)
本財団で長く取り組んでいる分野であり、認知症ケアへ向けて医療と介護の連携、認知症の人の権利擁護の推進等をテーマとします。

「実践的」とは次の要件を全て満たしている研究です。

  • 研究者と実践家(社会福祉士、介護福祉士、看護師、理学療法士、保健師、臨床心理士等現場の職員)が協働して取り組むこと。
    よって研究組織に研究者と実践家が共に参画していること。
  • 実践活動をベースに、サービス開発やシステム・制度設計の提案、提言、マニュアルの作成、試行のフォローアップに取り組むこと。
  • 研究手法が具体的に明示されていること。
    実践のデータを収集し、仮説を策定し、質的・量的な分析を通じて仮説を検証し、実践を通じて評価する実証研究の手法、または実践を考案し、それを試行、検証、修正を通じて理論化していくアクションリサーチの手法
  • 研究結果が提案性・提言性に富み、開発された手法や提案・提言が実行性に優れ、成果の対象フィールドへの還元や他地域への波及が期待されること。
  • 文献調査等の予備的研究が終了していること。

※ アドバイザー制度
原則として本財団選考委員をアドバイザーとして、連携いただくこととなります。

助成の対象とならないもの

  • 営利を目的とする研究、営利につながる可能性の大きい研究
  • 他の機関から委託を受けている研究(予定を含む)
  • 海外調査、海外出張を主な内容とする研究
  • 技術開発・教材開発中心の研究

助成の応募・申請要件

研究者※ 助手も対象者としますまたは実践家

代表研究者の国籍・所属や資格は原則として問いません。但し以下に該当する人は代表研究者にはなれません。

  • 海外居住者
  • 営利の追求を目的とする機関(企業)に所属する者
  • 過去に本財団の高齢社会実践的研究助成を受けた者

代表研究者は、当該研究組織を代表し、その中心となって研究のとりまとめを行ない、研究助成金の管理及び報告事務等を含めて、研究計画の遂行に責任を持ちうる人とします。

過去の助成団体情報など http://www.nihonseimei-zaidan.or.jp/kourei/04_jisseki.html
募集要項詳細 http://www.nihonseimei-zaidan.or.jp/kourei/pdf/29jissen_youkou.pdf

申請の方法

本財団所定の申請書に記入押印し、作成した申請書の原本 1 部(片面印刷)にコピー 2 部(両面印刷)を添付して下記の本財団宛お送りください。
申請書は、
○本財団ホームページよりダウンロードください。
URL:http://www.nihonseimei-zaidan.or.jp
○郵送による請求の場合は、本財団事務局へ送料 250 円切手を同封して請求ください。

応募・申請書のダウンロード

※ 応募書類をご提出の際には特に下記の点にご留意願います。

  • 申請書は日本語で記入ください。
  • 記載紙面の追加、規格外の紙面の使用、資料の添付は選考対象外となります。
  • 記入漏れ、印洩れは選考対象外となります。
  • 申請書コピーは必ず両面コピーで(1 ページ目の裏が 2 ページとなるように)作成願います。
  • 申請書は原本、コピーとも左上部ホッチキス止めとしてください。
  • 申請書は受付後、受領はがきを送付いたします。
  • ご提出いただいた申請書は返却いたしません。

その他のデータ・期間等

助成件数

2 ~ 3 件

助成内容・額

1 件最大 400 万(1 年最大 200 万)

実施期間

2017 年 10 月より 2 年間

応募・申請期間

2017 年 6 月 15 日(木)

郵送での締切日後の猶予
  • 締め切り日当日の消印があれば有効です。

助成実施団体詳細

団体名 公益財団法人 日本生命財団(ニッセイ財団)
担当者名 高齢社会助成 事務局
所在地 〒541-0042 大阪市中央区今橋 3-1-7 日本生命今橋ビル 4F
電話 06-6204-4013
FAX 06-6204-0120
Web サイト http://www.nihonseimei-zaidan.or.jp/

この助成に対するレビューを書く

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、レビューを送信してください。

上へ