助成情報

掲載日:2018 年 11月 25日  

対象条件 任意団体・地域住民組織など 
必須実績
実施期間

2019 年 7 月 ~ 2020 年 10 月末までの 16 か月間

応募・申請期間

2019 年 1 月 31 日 (木)

住総研「実践助成」 -2019 年度

  • まちづくり
  • 科学技術・学術
  • 範囲:100万円以上
  • 対象経費:諸謝金
  • 対象経費:旅費
  • 対象経費:車両・設備費
  • 対象経費:その他

このページのコンテンツは、一般財団法人 住総研 が実施する助成情報です。

概要・趣旨

住関連分野における研究の発展や実践者の育成および支援の観点から、将来の「住生活の向上」に役立つ内容で、学術的に質が高く、社会的要請の強い又は先見性や発展性が期待できる「実践研究活動」に対して助成します。

助成の対象となるもの

「住生活の向上に寄与する住関連分野の実践活動」とし、学術的な研究を伴う試行中または運営中の実践活動に対して助成します。
助成対象は、「重点テーマに係わる研究」「自由なテーマでの研究」のいずれでも可とします。

【実践活動とは】
例えば、住宅建築計画、住環境関連などの分野およびまちづくり活動、施設等での住まい方の試み等で、下記の基準を満たし、その実践活動が他の類似の活動にも「応用」・「水平展開」できる活動を指します。なお、学術的な研究とは、方法論として体系化され整理されている活動とします。

  1. 学術的に質の高い研究成果
  2. 公益性を有し、社会的要請が高い課題への取組み
  3. 先見性に富み、将来の発展性が期待できる課題への取組み
  4. 社会的な実用性の向上に貢献する事が期待できる取組み
  5. 将来の成長が期待できる若手研究者による取組み

重点テーマ
シェアが描く住まいの未来

【キーワードの参考例】
キーワードは、この限りではありません。

  • シェアリングエコノミー
  • 所有と利用
  • 用途の複合化
  • 空き家、空き地
  • コミュニティ
  • インフォーマル、フォーマル

自由テーマ
任意にテーマを設定

助成の応募・申請要件

  1. 当該研究のためのグループ ( 2 名以上で構成:以下当該委員会と表記) とし、個人の所属は問いませんが、団体名及び法人名での申請は出来ません。
  2. 英語での応募場合は、日本語サマリー ( A4 版 1 枚とする) を提出してください。
過去の助成財団情報など http://www.jusoken.or.jp/josei/study_list2016.html
募集要項詳細 http://www.jusoken.or.jp/josei/pdf/2019/zissenbosyuyoko2019.pdf

申請の方法

応募(電子申請)ページから、ログイン ID とパスワードを登録後、申請画面に従って入力してご応募ください。申請書を送信後、「申請登録通知」(申請書受理通知) メールが自動送信されます。

※ 申請は、研究助成、実践助成どちらか一方の応募とし、1 グループにつき 1 件までとします。

※ 24 時間を過ぎても「申請登録通知」メールが届かない場合は、申請書が当財団宛に送られていませんので、研究・実践助成担当宛にお問い合わせの上、必ずご確認ください。

その他のデータ・期間等

助成件数

実践助成及び研究助成あわせて 23 件程度

助成内容・額

1 件当り 100 万円を上限とします

実施期間

2019 年 7 月 ~ 2020 年 10 月末までの 16 か月間

応募・申請期間

2019 年 1 月 31 日 (木)

締切注意
  • 申請は Web のみです。
  • Web申請は、締切日の 24:00 までに送信してください。

助成実施団体詳細

団体名 一般財団法人 住総研
担当者名 研究・実践助成担当
所在地 〒103-0027 東京都中央区日本橋 3 丁目 12 番 2 号 朝日ビルヂング 2 階
電話 03-3275-3078
FAX 03-3275-3079
メール kenkyu@jusoken.or.jp
Web サイト http://www.jusoken.or.jp/index.html

この助成に対するレビューを書く

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、レビューを送信してください。

上へ