この助成事業の受付は終了しました

助成情報

この助成事業の受付は終了しました

掲載日:2016 年 8月 11日  

対象条件 NPO法人 任意団体・地域住民組織など その他の非営利法人 
必須実績 2年以上の実績必要 
実施期間

2017 年 4 月より 2018 年 3 月までの 1 年間

応募・申請期間

2016 年 9 月 30 日(金)

2017 年度アーユス NGO 組織強化支援

  • 国際協力交流
  • 範囲:100万円以上

このページのコンテンツは、特定非営利活動法人 アーユス仏教国際協力ネットワーク が実施する助成情報です。

概要・趣旨

 アーユス仏教国際協力ネットワーク(以下、アーユスという)が目指す、すべてのいのちが尊重され生かし活かされあう平和で持続可能な社会の実現は、近視眼的な国益の確保・拡大を図る国家や、拡大する競争市場での利益を追い求める民間企業ではなく、市民によるイニシアティブが尊重され、より一層強化されなければ達成できないと考えます。当会は、社会の中で特に困難を強いられている人たちに寄り添うことを基本に、その困難の原因を世界の構造的な問題にあると考え、解決への道の一つとして国際協力 NGO (以下、NGO という)の役割を重要視しています。
 本事業では、NGO の国内事業所で働く人材に係る人件費の一部を支援することを通して、NGO が自立した経済基盤を築き、組織として円滑に活動するための運営管理や事業遂行の知識、技術、ノウハウを身につけて、持続可能な組織運営を達成するとともに、活動のさらなる充実や質的な向上につなげてもらうことをめざしています。

助成の対象となるもの

対象となる人材は以下の通りです。

  • 各団体の日本国内にある本部事務所で、会員拡大、自己収入の増加、プロジェクト強化などの役割を担うフルタイムの有給専従スタッフ 1 名を特定し、そのポストで支援期間中、仕事を継続することを原則とします。なお、政策提言及びそのための調査研究に関連した業務に直接従事するスタッフが望ましいです。
  • 国籍は問いませんが、支援対象期間を超える期間、日本での活動に能力を発揮できる方。
  • 国際平和について、個人的にも強い志向と深い考えを持つ方。
  • 2017 年 4 月 1 日以降、専従スタッフとして勤務できる方(新規募集で採用される方も可能ですが、既に専従・非専従スタッフ、あるいはインターン等として当該団体での活動実績がある方が望ましいです)。

助成の応募・申請要件

団体の場合

日本に本部を置く国際協力 NGO (市民団体)で、下記の①もしくは②の条件に該当する団体(常設の事務所機能を有するネットワークやキャンペーン等の組織体も含まれる)。いずれも、開発途上国をはじめとした国々や地域を対象とした開発・人権・環境等に係る政策提言及びそのための調査研究を行っている団体が対象となります。

  1. ①市民社会/市民活動の視点に基づいた政策提言及びそのための調査研究が主な事業目的であり、過去 2 年間の平均年間収入が概ね 500 万円から 1 億円までの団体
  2. ②国際的な開発・人権・環境等に係る事業を主な目的としつつも、①の視点に基づいた政策提言及びそのための調査研究を行う専門部署もしくは専門スタッフを有するか、あるいは政策提言・調査研究について独立した事業として取り組む、過去 2 年間の平均年間収入が概ね 2000 万円から 5 億円までの団体

併せて、下記の条件に適合した団体であることが望ましいと考えています。

  1. 公的資金への依存を減らし、自己財源の確保や多様な外部資金の獲得を図るなど、積極的に組織強化に取り組んでいる、もしくは取り組もうと考えている団体
  2. 一定の分野や地域に対する政策提言及びそのための調査研究について、具体的かつ現実的な達成目標を設定し、社会的な弱者の視点に立った活動を展開している団体
  3. 上記の活動について、当事者の声や客観的なデータに基づく情報が広く発信され、より多くの市民が問題を共有し、自発的な参加を促すような活動を行っている団体
  4. 現在の持続不可能な開発のあり方や南北問題を構造的に捉え、人々の民主的な参加と自立を基盤に人権と平和を尊重し、武力・暴力によらない問題解決の可能性を追求している団体
  5. アーユスの活動理念、並びに本事業の趣旨・目的を理解し、アーユスと連携して活動する意志を強く持っている団体
  6. 上記の条件に加え、②の団体に関しては、支援開始から 3 年後には政策提言及びそのための調査研究に係る費用をある程度自己資金で確保することが可能になり、支援終了後も専門の有給専従スタッフが置かれるなど、政策提言部門の更なる体制強化が期待できる団体

以下の団体は応募・申請の対象外です。

  • 過去にアーユスから NGO 組織強化支援(人材支援)を受けたことがある団体
過去の助成団体情報など http://ngo-ayus.jp/activity/ngo_support/
募集要項詳細 http://ngo-ayus.jp/wp/wp-content/themes/ayus_theme/img/2016/07/17ngo_support_guidline.pdf

申請の方法

次項の提出書類をアーユス事務局に郵送及び電子メールに添付した形でご提出ください。

  1. 一次選考
    • 支援申請書(所定用紙、フォーマットが同じであれば、コンピューターで作成し直してもかまいません)
    • 2016 年 6 月までに期末を迎える年度の活動報告書、会報、会計報告書(もしくはこれらに替わるもの)
    • 2016 年 1 月以降に始まる年度の活動報告書と予算書
  2. 二次選考
    • 一次選考を通過した団体に対しては、今後 3 年間の詳細な組織強化企画、会則、役員名簿、給与規定あるいはそれに相当するもの、支援対象者の履歴書などの書類の提出が追加で求められます。
応募・申請書のダウンロード

※ 応募書類をご提出の際には特に下記の点にご留意願います。

  • 提出された書類等は、原則として返却しません。

その他のデータ・期間等

助成内容・額

当事業は NGO の組織強化を目的としているので、その効果として自己負担能力が向上するものと推定し、支援限度額は毎年傾斜して減額します。具体的に、初年度 180 万円、次年度 150 万円、最終年度 120 万円をそれぞれの限度とします。

実施期間

2017 年 4 月より 2018 年 3 月までの 1 年間

  • 同一 NGO に対しては、最長 3 年間( 2 度の年度更新)を限度に継続支援しますが、更新時に書面や面談などを通じた審査をおこないます。
応募・申請期間

2016 年 9 月 30 日(金)

この助成事業の応募・申請はすでに終了しました。

この助成事業の応募・申請はすでに2年以上の実績必要。

郵送での締切注意
  • 締切日00:00:00 必着のこと。
メールや Web での締切注意
  • 締切 00:00:00 までに送信のこと。

助成実施団体詳細

団体名 特定非営利活動法人 アーユス仏教国際協力ネットワーク
担当者名 「 NGO 組織強化支援事業」係
所在地 〒135-0024 東京都江東区清澄 3-4-22
電話 03-3820-5831
FAX 03-3820-5832
メール tokyo@ngo-ayus.jp
Web サイト http://ngo-ayus.jp/

この助成に対するレビューを書く

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、レビューを送信してください。

上へ