この助成事業の受付は終了しました

助成情報

この助成事業の受付は終了しました

掲載日:2022 年 6月 29日  

対象条件 NPO法人 任意団体・地域住民組織など その他の非営利法人 
必須実績 3年以上の実績必要 
実施期間

登録期間は 3 年間。

応募・申請期間

2022 年 8 月 1 日 (月)

読売光と愛の事業団「災害ボランティア登録団体募集」-2022 年度

  • 災害救助・救援
  • 災害復興・支援
  • 範囲:10万円〜99万円

このページのコンテンツは、社会福祉法人 読売光と愛の事業団 が実施する助成情報です。

概要・趣旨

読売光と愛の事業団は、国内で大規模自然災害が発生した直後に被災地に入り、復旧や被災者の救出・支援活動を展開する災害ボランティア団体に初動のための資金援助をします。
事前に複数のボランティア団体を選抜、登録した上で、当該団体から被災地入りの連絡があった場合、ただちに支援金を送ります。

助成の対象となるもの

【想定している支援活動】

  • 幹線道路に比べて遅れがちな生活道路や私有地のがれきの撤去や復旧
  • 災害救助犬を使った被災者の救出活動
  • 被災直後で寝る場所のない被災者のための応急避難所やテントの設営、運営
  • 被災家屋の補修や土砂撤去・洗浄、貴重品類の探索や回収

助成の応募・申請要件

以下の条件を満たす団体

  1. 国内の災害救援活動に十分な経験と実績がある
  2. 被災地にボランティア活動拠点を設置・運営できる能力があるなど、災害救援活動に十分なノウハウと専門技術 (ex.重機、軽機等資器材の使用・調達・手配及び使用能力など) を持つ
  3. 地元自治体や他のボランティア団体との調整能力がある
2019 年度の登録団体 https://www.yomiuri-hikari.or.jp/report/post-307.html
募集要項詳細 https://www.yomiuri-hikari.or.jp/1373c72df496f838a1a4e8ab71d450e8.pdf

申請の方法

所定の申請書に記入のうえ、メールに添付して事業団に送信。さらに下記の書類を事業団に郵送する (メールに添付可能なものはメール送信でも可能)。
【提出書類】

  1. 団体の概要 (専門性) を示す書類 (設立趣意書や定款、パンフレットなど)
  2. 被災地における活動内容と実績を示す書類 (報告書や新聞記事など)
  3. 過去 3 年間の決算書 (コロナ禍で活動していない場合は、活動していた時の決算書)
  4. 過去の被災地活動で助成をうけた場合、その内容を記した書類 (助成先への報告書等)
  5. 被災地の活動において連携している団体名を示す書類 (報告書、HP 情報など)

※登録の更新を希望する団体は要相談。

応募・申請書のダウンロード

その他のデータ・期間等

助成内容・額

助成額は年上限 50 万円。
複数の災害に出動し、分割して受け取ることも可能。

■振込の時期
国内での大規模自然災害発生後、登録団体が被災地に出動したとの連絡を受けて、初期活動費を所定の口座に振り込む。

実施期間

登録期間は 3 年間。

  • 原則 3 年ごとに登録団体の入れ替えを行う。
  • 結果を 9 月上旬までに事業団のホームページで公表し、発表日から 3 年間を登録期間とします。
応募・申請期間

2022 年 8 月 1 日 (月)

この助成事業の応募・申請はすでに終了しました。

この助成事業の応募・申請はすでに3年以上の実績必要。

締切注意
  • 申請は、締切日 必着のこと。

助成実施団体詳細

団体名 社会福祉法人 読売光と愛の事業団
担当者名 災害ボランティア登録団体係
所在地 〒100-8055 東京都千代田区大手町 1-7-1 読売新聞東京本社
電話 03-3217-3473
FAX 03-3217-3474
メール hikari-ai@yomiuri.com
Web サイト https://www.yomiuri-hikari.or.jp/

新しい助成金情報ポータルサイトオープンのお知らせ

コロナほっとかないポータル 〜新型コロナ禍を乗り切るための助成・融資情報サイト〜

「コロナほっとかないポータル」においても助成金情報を掲載しています。 コロナほっとかないポータル 〜新型コロナ禍を乗り切るための助成・融資情報サイト〜 もご覧ください。

上へ