この補助事業の受付は終了しました

補助情報

この補助事業の受付は終了しました

掲載日:2022 年 4月 12日  

対象条件 NPO法人 任意団体・地域住民組織など その他の非営利法人 
必須実績 特になし 
実施期間

補助金交付決定日 (7 月上旬を予定) から 2023 年 3 月 31 日 (金)

応募・申請期間

2022 年 5 月 6 日 (金)

伏見区役所「伏見区区民活動支援事業」-2022 年度

  • こども・子育て
  • 青少年
  • 福祉
  • まちづくり
  • 市民活動全般
  • 経済活動の活性化
  • 範囲:10万円〜99万円
  • 対象経費:諸謝金
  • 対象経費:旅費
  • 対象経費:その他

このページのコンテンツは、伏見区役所 が実施する補助情報です。

概要・趣旨

 伏見区、区民の皆さんが、自分たちの地域を暮らしやすい魅力あふれるまちにしていくため、区内でまちづくり活動を実施される団体・グループに活動経費の一部を支援する「伏見区区民活動支援事業」の募集を行います。

補助の対象となるもの

 補助金交付決定日 (7 月上旬を予定) から 2023 年 3 月 31 日までに伏見区内で実施する事業で、下記の伏見区基本計画の 3 つの基本目標のいずれかに該当するものです。
【伏見区基本目標 2025 (案) ※ の 3 つの基本目標】

  1. あらゆる危機にしなやかに強く対応できる安心安全で、誰一人取り残さない共生のまち
  2. 伏見ならではのまちづくり文化や伝統を大切にしながら、次の担い手を育むまち
  3. 2025 年の「大阪・関西万博」などを好機にした持続可能で新たな活力を創造するまち
  • ※ 伏見区基本計画 2025
    2011 年に策定した第 2 期の「伏見区基本計画」を受け継ぎ、2021 年度から 2025 年までの概ね 5 年間の伏見区のまちづくりの指針となる計画です。

一般枠
 補助金交付額は、必要事業経費の 1/2 以内で上限は 30 万円です。
 また、事業完了前に補助金交付額の 1/2 を上限にお支払いすることも可能です。
 京都府等が交付する補助金 (助成金等) を併用することで、自己負担を軽減できる場合がありますので、他機関からの交付決定を受けた場合や申請を予定されている団体は、必ず収支予算書に記載してください。

重点支援枠

  • 重点支援枠については、申請に際して関係部署との事前ヒアリングが別途必要です。

対象となる事業 (次の要件すべてに該当すること)

  • 重点課題の解決を主たる目的とする事業
  • ①~③については、学区レベルなど広い地域への効果が見込まれる事業とし、学区を単位とする、地域に根差した団体 (※) が参画又は協力することが必要です。
  • ※ 学区単位で組織している自治連合会、民生児童委員協議会、保健協議会、社会福祉協議会、自主防災会等

  • 2022 年度重点課題 (各課題 5 件程度)

    1. 子どもの貧困対策 等
      • 取組例:子ども食堂、子どもの居場所づくり等
    2. 健康長寿
      • 取組例:ロコモ予防セミナー、健康ウォーキング、体操教室等
    3. 地域防災
      • 取組例:避難所運営図上演習、自治連合会・自主防災会と PTA 合同の講演会等
    4. 若者活躍
      若者 (本事業では 30 歳以下とします) 自身が実際に活動する、実践することを含む事業。
       ※例えば、若者が講座の受講者となるだけの事業は対象外

      • 取組例:子どもが地域について学び、課題解決に向けた企画やイベントを実施、地域文化等を継承する担い手を体系的に育てて育成、若者自身が担い手として主体的に地域等で活躍 等
    5. 地域経済活性化
       伏見の地域資源を活用した経済活動に資する事業で、事業の広がりが期待できるもの。
       ※一事業者のみにとどまる取組は対象外

      • 取組例:寒天や酒粕、地野菜などを使った特産品

小規模枠
 補助金交付額は、必要事業経費の 3/4 以内で上限は 10 万円です。ただし、必要事業経費 (上限 10 万円) の範囲内で、採択事業に参画するボランティアスタッフの労力を金額に換算することで、自己負担を軽減できます (労力換算制度) 。また、事業完了前に補助金交付額の 2 分の 1 を上限にお支払いすることも可能です。
 なお、他の補助金・助成金との併用はできません。

補助の対象とならないもの

  • 学区まつりや学区民体育祭など地域で既に恒例事業
  • 伏見区外で実施する事業
  • これまでに 2 回、当事業の補助金交付を受けたことのある事業
  • 政治・宗教・営利 (活動) を目的とした事業
  • 公の秩序又は善良の風俗に反する事業
  • 京都市暴力団排除条例第 2 条第 4 号に規定する暴力団員等及び暴力団密接関係者が実施する事業

補助の応募・申請要件

伏見区内で支援対象となるまちづくり活動を実施し、活動終了時まで責任をもって遂行できる団体・グループ。

  • ただし、申請できるのは、1 団体・1 グループ当たり、1 事業のみです。
募集要項詳細 https://www.city.kyoto.lg.jp/fushimi/cmsfiles/contents/0000296/296369/bosyuu.pdf

申請の方法

 申請書等に必要事項を御記入いただき,お電話で御予約のうえ,活動区域の区役所・支所のまちづくり推進担当の窓口に 5 月 6 日 (金) 17:00 までに提出してください。
 まちづくりアドバイザーへの申請相談も随時開催しています (事前予約が必要)。
【提出書類】
様式 1. ~ 6. は、区役所・支所・出張所で配布しています。また、下記からダウンロードも可能です。
※様式 4. ~ 6. は、該当する場合のみ。

  1. 交付申請書
  2. 事業計画書
  3. 収支予算書
  4. 労力換算額算定書
  5. 事前着手届
  6. 申立書 (備品購入)
  7. 団体等の規約
  8. 団体等の役員名簿
  9. 団体の概要やパンフレット等:必要に応じて提出
    A4 の白黒コピーで対応可能で 10 ページ以上のもの (冊子類は不可)
応募・申請書のダウンロード

その他のデータ・期間等

補助内容・額
  1. 一般枠
    上限 30 万円 (必要事業経費の 1/2 以内)
  2. 重点支援枠
    上限 15 万円 (必要事業経費の 3/4 以内)
  3. 小規模枠
    上限 10 万円 (必要事業経費の 3/4 以内)
  • 一般枠では、府の補助制度等を併用すれば、自己負担を軽減できる場合があります。
  • 重点支援枠では今年度から課題を 2 テーマ追加しました。自己負担を軽減できる制度もあります。なお、他の補助金・助成金との併用はできません。
  • 小規模枠は規模が小さくても魅力的な活動を支援します。自己負担を軽減できる制度もあります。なお、他の補助金・助成金との併用はできません。
実施期間

補助金交付決定日 (7 月上旬を予定) から 2023 年 3 月 31 日 (金)

  • 交付決定日以前に着手する場合は、事前着手届の提出が必要です。
応募・申請期間

2022 年 5 月 6 日 (金)

この補助事業の応募・申請はすでに終了しました。

締切注意

補助実施団体詳細

団体名 伏見区役所
担当者名 地域力推進室 まちづくり推進担当
所在地 〒612-8511 京都市伏見区鷹匠町 39 番地の 2
電話 075-611-1144
FAX 075-611-0634
Web サイト https://www.city.kyoto.lg.jp/fushimi/soshiki/22-17-2-0-0.html
その他の連絡先等
  • 深草支所
    担当:地域力推進室まちづくり推進担当
    〒612-0861
    京都市伏見区深草向畑町 93 番地の 1 
    TEL:075-642-3203
  • 醍醐支所
    担当:地域力推進室まちづくり推進担当
    〒601-1366
    京都市伏見区醍醐大構町 28 番地
    TEL:075-571-6135

新しい助成金情報ポータルサイトオープンのお知らせ

コロナほっとかないポータル 〜新型コロナ禍を乗り切るための助成・融資情報サイト〜

「コロナほっとかないポータル」においても助成金情報を掲載しています。 コロナほっとかないポータル 〜新型コロナ禍を乗り切るための助成・融資情報サイト〜 もご覧ください。

上へ