この助成事業の受付は終了しました

助成情報

この助成事業の受付は終了しました

掲載日:2021 年 6月 18日  

対象条件 NPO法人 任意団体・地域住民組織など その他の非営利法人 
必須実績 特になし 
実施期間

2021 年 10 月 1 日 ~ 2022 年 9 月 30 日

応募・申請期間

2021 年 7 月 31 日 (土)

「YS 市庭コミュニティー財団 助成事業」-2021 年度

  • 市民活動全般

このページのコンテンツは、一般財団法人 YS市庭コミュニティー財団 が実施する助成情報です。

概要・趣旨

助成事業について
当財団の助成事業は、地域に根付いたコミュニティーが活性化するように、活性化されたコミュニティーにより新たな日々の暮らしの価値観が生まれることを願って実施するものです。
私達は社会環境等に惑わされて自分を見失うことがありますが、お互いの意思の疎通を円滑にすることによって相対的な意思の合意形成を心がけることを強く認識したいと考えます。人は何らかのコミュニティーに包まれていることを理解して、コミュニティーの中で自分の可能性をより高めていくことも考える必要があります。
コミュニティー活動を通じて、日々生活する人々が活気に満ち、地域の再生、暮らし、文化の発展、技術の革新等に寄与する NPO 活動等を応援したいと考えます。

応募要項の主旨

日々の暮らしにおいて私たちは皆、何らかの集団、コミュニティーに属しております。
そのコミュニティーでよりよい生活を過ごせるようにお互いの意思疎通を円滑にし、相対的な意思の合意形成を心がけることに皆、留意している筈です。
昨年度、様々な課題に取り組む全国の NPO 等に関わる皆様方の NPO 活動を俯瞰すると、コロナ禍で事業を満足に実施することが出来ないまま、縮小や延期、中止に追い込まれた例が数多く見受けられました。
そのような困難な状況でも IT 機材を活用してオンラインで NPO 活動を継続する団体も数多く見受けられたことは、NPO 冬の時代における数少ない収穫であったと言えます。しかしながら今後の新型コロナウイルス感染拡大状況の推移如何では、全国の NPO 等が更なる活動不全に陥る可能性もあり、弊財団としても大変な危機感を抱いています。
こういった状況を受け、

  1. コロナ禍の影響を受けている地域、コミュニティーだからこそ見えてきたであろう今後の展望や施策に基づく事業の展開
  2. 地域コミュニティーの再生、修復を促し、日常的な生活を取り戻す道筋を示す活動

以上のような、新たな暮らしのビジョンを展開するための NPO 団体等の活動推進の取り組みが重要なポイントになってくると考えております。

助成の対象となるもの

助成対象の分野は、地域と暮らし・環境・文化・芸術・スポーツなど広く含むこととし、活動内容は、下記に共鳴するコミュニティーづくりを行う NPO 法人、団体等によるコミュニティー活動とします。

  1. コミュニティー振興及びまちづくりに関する事業
  2. 社会教育及び文化・スポーツに関する事業
  3. その他、この法人の目的を達成するために必要な事業

1)コミュニティー事業

  • コミュニティー振興及びまちづくりに関する事業
  • 社会教育及び文化・スポーツに関する事業

2)防災講座・職場体験セミナー等の開催助成

  • 防災食講座
  • 防災シミュレーション体験講座
  • お料理体験等の各種体験講座等

3)体験学習(職場体験等)

■活動内容について

  • 助成活動の焦点を講演会・セミナー・イベント・学級講座等の三密行動「密閉・密集・密着」を伴う活動は、デジタル・システム活用、分散型活動等へ切り替えることも配慮してください。
  • コロナ禍の生活を改善しつつ、日々人々が活気に満ち、地域再生、自然体験、暮らし・文化芸術の発展、運動機会の創出、社会的孤立の解消、読書・子どもの学び応援などといった、多様な価値観を理解する社会形成等に寄与し、社会の一隅を照らす NPO 活動を応援したいと考えます。
  • コロナ禍 2 ~ 3 年後に焦点を合わせたコミュニティー資源の発掘、育成維持、復活等の活動も応援します。
  • 三密行動「密閉・密集・密着」を伴う活動を極力避けた先駆的な活動を優先します。

助成の応募・申請要件

この助成事業は、下記の要件を満たす団体を対象とします。ただし、

  1. コミュニティー活動をする団体
  2. 営利を目的としない団体
  3. 日本国内外を対象に活動する日本国内の団体
  4. 設立や運営に企業が主体的に関わっていない団体
  5. 団体の法人格の有無や種類は問わないが NPO 法人等を当面優先する。

継続助成団体について、前年の助成の目的を達しつつあり、さらなる助成により発展が期待される活動に対して、選考委員会が審査し助成を行います。

また、継続助成の対象団体は以下の通りです。

  1. 継続 2 年目助成は、前年度助成を受けた団体
  2. 継続 3 年目助成は、2 年継続助成を受けた団体
  3. 前年度の助成の目的を達しつつあり、さらなる助成により発展がより期待される活動については、翌年度以降も、選考委員会の審査を行ったうえで、継続して助成を行います。

以下は応募・申請の対象外です。

  • 団体の目的や活動の内容が、政治・宗教などに偏っているもの
過去の助成先 http://ys-ichiba.org/assisting2.html
募集要項詳細 http://ys-ichiba.org/YSass_file/boshuu/YS2021OuboYouko.pdf

申請の方法

応募書類とそのコピー 2 部の計 3 部を下記までご郵送下さい。(郵送のみ、持参不可)
応募要項・応募用紙は、当財団ウェブサイトよりダウンロードできます。

応募・申請書のダウンロード

※ 応募書類をご提出の際には特に下記の点にご留意願います。

  • ご送付いただいた応募書類は複写して使用しますので、ホチキス止め、両面コピ ー、2 つ折りはしないでください。
  • お送りいただいた書類は返却致しませんので、コピーをとっていただくなどご注意下さい。

その他のデータ・期間等

助成内容

活動助成金は 2021 年 10 月上旬までに (事業開始時) 助成金の半額支払い、原則として、事業の中間時以降、残りの半額をお支払いいたします。

助成件数

20〜30 件程度

実施期間

2021 年 10 月 1 日 ~ 2022 年 9 月 30 日

応募・申請期間

2021 年 7 月 31 日 (土)

この助成事業の応募・申請はすでに終了しました。

締切注意
  • 締め切り日当日の消印があれば有効です。

助成実施団体詳細

団体名 一般財団法人 YS市庭コミュニティー財団
担当者名 事務局
所在地 〒107-0051 東京都港区元赤坂1-2-7 赤坂 K タワー19 太陽グラントソントン税理士法人内
電話 03-3325-7254
FAX 03-3325-7254
Web サイト http://ys-ichiba.org/index.html

新しい助成金情報ポータルサイトオープンのお知らせ

コロナほっとかないポータル 〜新型コロナ禍を乗り切るための助成・融資情報サイト〜

「コロナほっとかないポータル」においても助成金情報を掲載しています。 コロナほっとかないポータル 〜新型コロナ禍を乗り切るための助成・融資情報サイト〜 もご覧ください。

上へ