助成情報

掲載日:2021 年 6月 7日  

対象条件 NPO法人 その他の非営利法人 
必須実績 3年以上の実績必要 
実施期間

■組織診断からはじめる A コース

  • 2022 年 1 月 1 日から 8 月 31 日までの 8 ヶ月間

■組織基盤強化からはじめる B コース

  • 2022 年 1 月 1 日から 12 月 31 日までの 1 年間
応募・申請期間

2021 年 7 月 16 日(金)~ 2021 年 7 月 30 日(金)

「Panasonic NPO / NGO サポートファンド for SDGs “国内助成”」-2021 年度

  • 人権・平和
  • 国際協力交流
  • 範囲:100万円以上

このページのコンテンツは、パナソニック株式会社 が実施する助成情報です。

概要・趣旨

パナソニックは創業以来、常に「人」を中心に、その「くらし」を見つめ、"A Better Life, A Better World”の実現に向けて、事業活動とともに企業市民活動を通じて社会課題の解決や、より良いくらしの創造と世界中の人々の幸せ、社会の発展に貢献すべく取り組んでまいりました。
 一方、国際社会共通の持続可能な開発目標である「SDGs(Sustainable Development Goals)」には、目標 1 に「貧困の解消」が掲げられており、さらに新型コロナウイルスの影響を受け、新興国・途上国における絶対的貧困はもちろんのこと、先進国においても相対的貧困がより深刻化しつつあるなど、その解決に向けた取り組みが急務となっています。松下幸之助創業者も、企業の社会的使命として「生産者の使命は、この社会から『貧困』をなくしていくこと」と語っています。
 そこで本ファンドでは、社会において重要な役割を果たす NPO / NGO が持続発展的に社会変革に取り組めるよう、SDGsの大きな目標である「貧困の解消」に向けて取り組む NPO/NGO を対象に、「海外助成」「国内助成」の 2 つのプログラムで、組織課題を明らかにする組織診断や、具体的な組織課題の解決、組織運営を改善するための組織基盤強化の取り組みに助成します。
 また、現在の新型コロナウイルスによる影響下では、世界中で『貧困』という課題が人々に大きな影響を及ぼしています。このような今後も起こりうる緊急事態時においても、本ファンドでの組織基盤強化の取り組みを通じて、各団体が活動を持続発展的に継続できる組織基盤を強化することにより、今後の市民活動の持続発展、社会課題の解決促進、社会変革に貢献し、誰もが歓びを分かち合い、活き活きとくらす共生社会を目指してまいります。
 組織の自立的な成長と自己変革に挑戦する NPO / NGO の皆様からの応募をお待ちしています。

  • 新型コロナウイルス感染症の拡大により、人々の健康が脅かされ、貧困のより一層の拡大が進むなど、社会的なリスクがますます増大しています。ご応募いただく NPO / NGO の皆様の事業にも様々な影響が予想されますが、「誰一人取り残さない」社会の実現に向けて、さらに組織基盤強化が重要になってくることと思います。

助成の対象となるもの

助成の対象となる事業は、NPO の組織診断または組織基盤強化事業とし、第三者 (※) の多様で客観的な視点を取り入れた取り組みを応援します。地域の貧困解消力を高める組織診断または組織基盤強化事業を期待します。以下のどちらか相応しいコースを選んでご応募ください。

※第三者とは、NPO の運営支援について経験を有する NPO 支援組織やネットワーク組織、NPO の組織運営の専門家や実践者等のコンサルタントを言い、応募団体が独自に選定します。

組織診断からはじめる A コース
助成 1 年目は組織診断によって組織の優先課題とその解決の方向性を明らかにして、組織基盤強化計画を立案するための取り組みを対象とします (8 ヶ月)。
助成 2 年目以降は組織基盤強化計画に基づき、組織課題の解決や組織運営を改善するための取り組みを対象とします (最大 2 年まで)。

組織基盤強化からはじめる B コース
組織の優先課題が明らかで、その解決の方向性に沿って立案した組織基盤強化計画に基づき、具体の組織課題の解決や組織運営を改善するための取り組みを対象とします (最大 2 年まで)。

助成の応募・申請要件

国内の貧困の解消または貧困と関連のある問題の解消に向けて、組織診断や組織基盤強化を通して地域または社会全体の貧困解消力を高めたい NPO のうち、以下の要件を満たす団体を対象とします。

  1. 国内に主たる活動と事務所を有する民間非営利組織であること
  2. 団体設立から 3 年以上が経過し、有給常勤スタッフが 1 名以上であること
  3. 政治・宗教活動を目的とせず反社会的な勢力とは一切関わりがないこと
  • 貧困と関連のある問題とは、貧困が直接の原因とはならないものの、社会的不利・困難さのために貧困に陥りやすい人たちが抱えている問題を言います。
  • 法人格の有無や種類は問いません。一般社団法人または一般財団法人の場合は「非営利型」のみ対象とします。
  • 財政規模 1,000 万円以上、自主事業率 20 %以上の団体を想定しますが要件ではありません。外部の資金提供者などの意向に極端に左右されることがなく、市民の主体的な意志に基づいて活動が行われている団体を重視します。
募集要項詳細 https://www.panasonic.com/jp/corporate/sustainability/citizenship/pnsf/npo_summary/2021_recruit/2021_kokunai_yokou.pdf

申請の方法

■応募用紙・手引は、パナソニックのウェブサイトからダウンロードしてご利用ください。

  • ダウンロードできない場合は、①団体名、②氏名を明記し、「パナソニック 応募用紙 入手希望」とお書き添えの上、2021 年 7 月 16 日 (金) までに協働事務局まで、電子メールにてご連絡ください。

■応募企画書の送付
応募企画書 (原本 2 部) を入れた封筒に「パナソニック 応募企画書在中」とお書き添えの上、配達記録が残る郵便または宅配便にて、下記の協働事務局宛にお送りください。

応募・申請書のダウンロード

その他のデータ・期間等

助成内容・額

■組織診断からはじめる A コース

  • 1 年目 1 件あたり上限 100 万円
  • 2 年目・3 年目 1 件あたり上限 200 万円 (毎年)

■組織基盤強化からはじめる B コース

  • 1 年目・2 年目 1 件あたり上限 200 万円 (毎年)
実施期間

■組織診断からはじめる A コース

  • 2022 年 1 月 1 日から 8 月 31 日までの 8 ヶ月間

■組織基盤強化からはじめる B コース

  • 2022 年 1 月 1 日から 12 月 31 日までの 1 年間
応募・申請期間

2021 年 7 月 16 日(金)~ 2021 年 7 月 30 日(金)

この助成事業の応募・申請はすでに3年以上の実績必要。

締切注意
  • 申請は、締切日 必着のこと。

助成実施団体詳細

団体名 パナソニック株式会社
担当者名 CSR・社会文化部
その他の連絡先等

応募書類の送付・ご相談・お問合せ先
特定非営利活動法人市民社会創造ファンド

「Panasonic NPO/NGO サポートファンド for SDGs 」国内助成・協働事務局 (担当 坂本・霜田)
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町 1-4-3 日本橋MIビル 1 階
Email:support-f@civilfund.org
Tel:03-5623-5055
FAX:03-5623-5057
対応時間:月曜日から金曜日までの 10 時 ~ 17 時

  • 新型コロナウイルスの感染拡大の抑制のため、在宅勤務とさせていただく場合があります。
    お問い合わせはメールでお寄せください。

新しい助成金情報ポータルサイトオープンのお知らせ

コロナほっとかないポータル 〜新型コロナ禍を乗り切るための助成・融資情報サイト〜

「コロナほっとかないポータル」においても助成金情報を掲載しています。 コロナほっとかないポータル 〜新型コロナ禍を乗り切るための助成・融資情報サイト〜 もご覧ください。

上へ