この助成事業の受付は終了しました

助成情報

この助成事業の受付は終了しました

掲載日:2020 年 5月 12日  

対象条件 NPO法人 任意団体・地域住民組織など その他の非営利法人 
必須実績 1年以上の実績必要 
実施期間

休校措置開始日から最大 9 か月間

応募・申請期間

2020 年 5 月 18 日 (月)

パブリックリソース財団「”子ども支援団体等緊急支援基金” 緊急助成プログラム」

  • こども・子育て
  • 福祉
  • その他
  • 範囲:100万円以上
  • 対象経費:旅費
  • 対象経費:人件費
  • 対象経費:車両・設備費
  • 対象経費:その他

このページのコンテンツは、公益財団法人 パブリックリソース財団 が実施する助成情報です。

概要・趣旨

 本基金は大和証券グループとオンライン寄付サイト Give One (ギブワン) を通じて寄付をした多数の個人寄付者のご支援によって、スタートしたものです。
 新型コロナウイルス感染症の蔓延防止対策の影響や経済活動の停滞に伴う影響が、子どもや生活困窮者など弱い立場の人々を支援している団体に及んでいます。
 学習支援団体、学童、子ども食堂、フードバンクなど、学習支援のオンライン化、虐待防止、ひとり親家庭への食料支援の充実、休校中の子どもたちのケアなどに取り組む団体の支援が必要です。
 また、多くの子ども支援団体等はイベントや研修提供の機会を失い、資金不足に直面しています。本年度の委託事業の見通しが不透明なために今後の事業継続が危ぶまれる団体もあります。
 本プログラムでは、こうした子ども支援団体等の経営危機に対して、緊急的な資金支援を行うことを目指しています。

助成の対象となるもの

  1. 子ども支援団体が、コロナウイルス感染症流行への対応として、新たな子どもケアなど事業拡充をする際に必要な資金を支援します。
      助成支援対象事業の例

    • オンライン学習支援のための整備
    • 休校中の子どもたちのためのケア、アウトリーチ、居場所の確保
    • 子ども食堂やフードバンク等を通じた宅食や生活用品等の物資配付
    • 虐待再発防止プログラムの提供
    • DV 被害者等のシェルターの拡充
    • 子どもたちへのオンラインプログラムの開催準備、開催
    • 困窮家庭、虐待の恐れのある子ども達・若者のオンライン相談のための整備
    • 学童・保育の継続ないし拡充・休園中の施設維持
    • マスクやアルコール等の予防衛生物資の購入 等
  2. 子ども支援団体が、ファンドレイジングの機会減少等による資金不足によって、今後のサービス提供の継続が困難になっている場合に緊急支援します。
      助成支援対象事業の例

    • ファンドレイジングイベントの自粛による寄付金や会費の減少
    • 講座や研修などの事業自粛に伴う収入減少
    • 行政等からの委託事業の見通し不透明による財源不足 等
  • 国内における事業に限定します

助成の応募・申請要件

  • ◇ NPO 法人、一般社団法人、社会福祉法人、公益法人などの非営利組織 (任意団体も可)
  • 過去 1 年以上子どもと家族に対するケアに取り組んでいる活動実績のある団体 (子育て支援、フリースクール、学習支援、居場所づくり、学童、子ども食堂 など) で、コロナウイルス感染症の流行に対応して事業を継続、拡充しようとする団体

以下は応募・申請の対象外です。

  • 国、地方自治体、宗教法人
  • 個人
  • 営利を目的とした株式会社・有限会社
  • 趣旨や活動が政治・宗教・思想・営利などの目的に偏る団体
募集要項詳細 https://f57bd571-dc5e-4590-a963-e61e2d6fb208.filesusr.com/ugd/9a4a58_58725cc7e0b840bc811e6d8652483c46.pdf

申請の方法

  特設サイトに従って「オンライン申請フォーム」より必要事項を入力するとともに、必須書類を同フォームに添付しご提出ください。
 期限までに同応募サイトにアクセスし、申請を完了させてください。

【添付書類】

  1. 定款 《必須》
    • PDF または画像ファイル形式
    • 任意団体等で該当する書類がない場合には、運営規程等の定款に相当する資料 (形式は問いません)
  2. 直近年度の事業報告書・決算書類 《必須》
    • PDF または画像ファイル形式
    • 2019 年度の書類が確定していない場合には、2018 年度のもので構いません。また、任意団体等で該当する書類がない場合には、事業報告書と決算書類に相当する資料 (形式は問いません) を必ずご提出ください。
  3. その他説明資料 《任意》
    • PDF または画像ファイル形
    • 必要に応じて説明資料を添付いただくことができます。この場合、説明資料は A4 版 (片面) 3 ページ以内にまとめてください。3 ページを超える場合は、審査会にて使用する説明資料を事務局にて精査します。必要なことは極力応募用紙にご記入ください。
  4. 予算支出内訳 《必須》
    • Excel ファイル形式
    • エクセルテンプレートを特設サイトよりダウンロードし、作成の後、Excel ファイル形式のままでご提出ください。
応募・申請書のダウンロード

※ 応募書類をご提出の際には特に下記の点にご留意願います。

  • 申請内容の入力途中で保存することができますが、必ず期日までに申請内容を完了していただく必要があります。
  • 期日を過ぎてしまうと、理由のいかんに関わらず、一切申請は受付できませんので、時間に余裕をもってご応募頂きますようお願いします。
  • 郵送や電子メールでの応募は受付対象外となります。必ず上記、応募サイトから必要事項を入力の上、ご応募ください。
  • 応募に関してのお問い合わせは、原則メールのみの受付となります。件名に「質問 (団体名)」とご明記の上、下記までお送りください。

その他のデータ・期間等

助成件数

10 団体程度 (全国)

助成内容・額

● 1 件あたり上限:原則として 100 万円
● 助成金の使途:申請する事業活動に伴う事業費、人件費、事業遂行にあたってかかるその他の経費
 例:

  • 事業や組織のオンライン対応のための経費
  • 物品、食材等購入費
  • 交通費、ガソリン代、会場費
  • 人件費 等
  • 公的資金が充てられる費用は対象外です。
  • 本プログラムでは、緊急性を考慮し、活動対象地域において休校措置開始後に発生した支出に関し、申請事業に関わる費用であれば、本申請事業開始前に発生した支出についても計上を認めます。
実施期間

休校措置開始日から最大 9 か月間

応募・申請期間

2020 年 5 月 18 日 (月)

この助成事業の応募・申請はすでに終了しました。

この助成事業の応募・申請はすでに1年以上の実績必要。

締切注意
  • 申請は Web のみです。
  • Web申請は、締切日の 23:59 までに送信してください。

助成実施団体詳細

団体名 公益財団法人 パブリックリソース財団
担当者名 「子ども支援団体緊急支援基金」 事務局 (担当:黒木、五十嵐)
メール kodomo.emg@public.or.jp
Web サイト http://www.public.or.jp/

この助成に対するレビューを書く

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、レビューを送信してください。

上へ