助成情報

掲載日:2019 年 10月 2日  

対象条件 NPO法人 任意団体・地域住民組織など その他の非営利法人 
必須実績
実施期間

2020 年 5 月 1 日 ~ 2022 年 4 月 30 日まで (2 年間)
もしくは 2020 年 5 月 1 日 ~ 2023 年 4 月 30 日まで(3 年間)

応募・申請期間

2019 年 11 月 30 日 (土)

トヨタ財団「外国人材の受け入れと日本社会」

  • 国際協力交流
  • 対象経費:その他

このページのコンテンツは、公益財団法人 トヨタ財団 が実施する助成情報です。

概要・趣旨

 外国人受け入れは「受け入れるかどうか」から「どのように受け入れるか」、その具体的施策を検討し、実践していく方向に急速に舵が切られました。在留外国人が約 273 万人、うち就労者が約 146 万人という状況のもと、さらに主として介護や建設等の特定分野における労働力を補う観点から、日本政府は今後 5 年で約 34 万人を受け入れる方針を打ち出し、それに付随する喫緊の諸課題への対応策を提示し始めています。

助成の対象となるもの

<基本テーマ>
「外国人材の受け入れと日本社会」

下記の各課題に取り組むプロジェクトに対して助成します。
これらは相互に関連が深いため、複数の課題にまたがったプロジェクトも積極的に助成を検討します。

  1. 外国人材が能力を最大限発揮できる環境作り
  2. 外国人材の情報へのアクセスにおける格差の是正
  3. ケア・サポート体制を担う人材と既存資源の見直し
  4. 高度人材の流入促進
  5. 日本企業の海外事業活動における知見・経験からの学びと教訓
  • 各課題は相互に関連が深いため、複数の課題にまたがったプロジェクトの応募も歓迎します

助成の応募・申請要件

団体の場合
  1. 設定した課題に対して、必要かつ適切な広がりをもつ分野・領域横断的なチームを形成すること。
  2. 応募者の年齢・所属・国籍は問いませんが、代表者の主たる居住地が日本であること、及び代表者と連絡責任者については日本語で日常的なコミュニケーションがとれること。応募書類の受付は日本語のみとなります。
  3. 適切な対象に向けた政策提言や公開シンポジウムの実施等による成果発信を計画に組み込み、助成期間内に達成すること。
  4. 助成期間中は財団と連絡を密に取り、財団が主/共催するシンポジウム等に参加すること。
募集要項詳細 http://www.toyotafound.or.jp/special/data/2019_Migration_Guidelines.pdf

申請の方法

トヨタ財団ウェブサイトより応募エントリーを行ってください。応募エントリーが完了すると、専用サイトより企画書をダウンロードすることができます。必要な情報を記入の上、企画書をアップロードしてください。

その他のデータ・期間等

助成内容・額

総額:4,000 万円

1 件あたりの助成金額:500 万円 ~ 1,000 万円程度

助成対象プロジェクトに直接的にかかわらない費用 (間接経費)、プロジェクトの運営において中心となる組織・団体の一般管理費 (オーバーヘッド) も計上可能です。ただし、必要な費用のみを積算して予算計画を立てるようにしてください。予算の妥当性は選考の非常に重要な要素となります。

実施期間

2020 年 5 月 1 日 ~ 2022 年 4 月 30 日まで (2 年間)
もしくは 2020 年 5 月 1 日 ~ 2023 年 4 月 30 日まで(3 年間)

応募・申請期間

2019 年 11 月 30 日 (土)

締切注意
  • 申請は Web のみです。
  • Web申請は、締切日の 23:59 までに送信してください。

助成実施団体詳細

団体名 公益財団法人 トヨタ財団
担当者名 利根、甲野
所在地 〒163-0437 東京都新宿区西新宿 2-1-1 新宿三井ビル 37 階
電話 03-3344-1701
FAX 03-3342-6911
メール migration@toyotafound.or.jp
Web サイト http://www.toyotafound.or.jp/

この助成に対するレビューを書く

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、レビューを送信してください。

上へ