このシンポジウムは終了しました

シンポジウム情報

このシンポジウムは終了しました

掲載日:2017 年 2月 17日  

コミュニケーションや幸福学のなどの観点から多角的に子どもの貧困支援ボランティアについて学びます。

タイプ 講演会・フォーラム 
分類 知る・学ぶ 考える 
対象 社会人対象 
参加方法
開催場所・日 AP 大阪駅梅田 1 丁目 2017 年 2 月 27 日(月)
費用 無料
割引特典
託児・遊興スペース

子どもの貧困支援ボランティアを通じた人間力の強化 @ 関西

  • こども・子育て
  • 青少年
  • 福祉
  • 市民活動支援

このページのコンテンツは、公益社団法人 日本フィランソロピー協会 が開催するシンポジウム情報です。

内容

昨今「子どもの貧困」をはじめ、子どもに関する様々な社会課題が溢れています。
そんな中で、「子どもに関する課題解決のために何ができるか?」 を考えておられる企業の方々に多くお会いします。ただ、子どもたちの実態、コミュニケーションの取り方はじめ留意点などが不明で、一歩踏み出すことへの躊躇も、同時に耳にいたします。

子どもに関する課題への検討を深め、社員参加の機会を促すとともに、子どもたちの希望ある未来を実現するために、多くの皆様とともに考え、行動してまいりたいと思っております。
当協会では、普通の大人が子どもに寄り添い、手を差し伸べ、見守ることが重要と考え、ボランティアとして携わることに関心を有する方々に向けたシンポジウムを開催いたします。

シンポジウム内容

  • ■ 講演Ⅰ 子どもの貧困支援ボランティアと異文化コミュニケーション
    田中 康之 氏(株式会社リンクアンドモチベーション フェロー)
  • ■ 事例発表 実際に子ども支援に取り組んだ経験から
    子ども支援に携わった企業の方々にご登壇いただく予定です。
  • ■ 講演Ⅱ 子どもの貧困支援ボランティアと幸福
    前野 隆司 氏(慶應義塾大学大学院 システムデザイン・マネジメント研究科 教授
  • 助成:独立行政法人福祉医療機構

魅力・特徴

子ども貧困の実態の先にある支援について、私たちがどのように行動していくべきであるか、講義と発表を通して学んでいきます。
田中 康之 氏(株式会社リンクアンドモチベーション フェロー)、前野 隆司 氏(慶應義塾大学大学院 システムデザイン・マネジメント研究科 教授)を講師に、異文化をもつ子どもとのコミュニケーションについてやボランティアを通じた幸福について講義いたします。

参加対象

子どもの貧困支援やボランティアに関心のある社会人、学生の方など。

また、次のような方はぜひご参加ください。

  • 企業で CSR や人事などをご担当の方
  • 子ども支援団体にお勤めの方
  • 行政機関職員の方

開催日程について

このシンポジウムの日程はすでに終了しました。

  • AP 大阪駅梅田 1 丁目 2017 年 2 月 27 日(月)

費用について

費用

無料

申し込みについて

申し込み方法

参加フォームにて、事前にお申し込みください。
お二人以上で参加される場合も、必ずお一人ずつお申込みください。

申し込み用 Web フォーム
申し込みの締め切り

2月27日(月)

  • 先着順により期限より早めに終了する場合がございます。

このシンポジウムの申し込みはすでに終了しました。


AP 大阪駅梅田 1 丁目

開催日 2017 年 2 月 27 日(月)
開催時間 14:30 〜 17:00 まで
定員 50 名
開催住所 大阪市北区梅田 1-12-12 東京建物梅田ビル地下 1階・2階 (旧渡辺リクルートビル)
マップ
大阪市北区梅田 1-12-12 東京建物梅田ビル地下 1階・2階 (旧渡辺リクルートビル)

地図部分をタップすると Google Map アプリで大きく表示されます。

アクセス
  • JR「大阪駅」中央南口より徒歩約 2 分
  • JR東西線「北新地駅」東改札口より徒歩約 3 分
  • 地下鉄御堂筋線「梅田駅」南改札より徒歩約 2 分
  • 地下鉄四つ橋線「西梅田駅」北改札より徒歩約 3 分

連絡先詳細

担当者宛先 公益社団法人 日本フィランソロピー協会 佐藤 健太宛
連絡電話番号

035-205-7580

  • 03-5205-7585
連絡メールアドレス

sato@philanthropy.or.jp

申し込みメールリンク

申込みへ進む

この情報の Web ページ http://www.philanthropy.or.jp/poverty/20170227/

団体詳細

団体名 公益社団法人 日本フィランソロピー協会
団体紹介

「子どもの貧困」にある子どもに対して、様々な支援セクターやボランティアが一丸となって連携して支援に携わり、将来的に貧困を脱し自立した生活ができるようになることを目的に、支援団体や地域のニーズも踏まえ、様々なセクターの連携の在り方を検討しつつ、子どもの支援に携わるボランティアに向けて、子どもとの接し方や、社会的素養を身に着ける訓育ができるようなトレーニングを実施する。

代表者 高橋 陽子
所在地 〒100-0004 東京都千代田区大手町二丁目 2 番 1 号 新大手町ビル 244 区
電話 035-205-7580
FAX 035-205-7585
Web サイト http://www.philanthropy.or.jp/
上へ