このスタディツアーは終了しました

スタディツアー情報

このスタディツアーは終了しました

掲載日:2017 年 1月 10日  動画あり

心揺さぶられる旅で、新しい自分に出会う

イベントタイプ ワークキャンプ・スタディツアー 
分類 知る・学ぶ 体験する 
対象 一般 社会人対象 高校生対象 大学生・専門学校生対象 
参加方法 事前申し込み必須 
開催場所・日 フィリピン マニラ州パヤタス地区、トンド地区 ケソン州アラバット島ペレーズ パンパンガ州ピナツボ火山被災地  2017 年 2 月 27 日(月) ~ 3 月 10 日(金)
費用 有料
割引特典
託児・遊興スペース

フィリピン・スタディーツアー

  • 人権・平和
  • 国際協力交流

このページのコンテンツは、認定 NPO 法人アクセス -共生社会をめざす地球市民の会 が開催するスタディツアー情報です。

魅力・特徴

どうせ海外に行くなら、その国の人々とじっくり交流し、その国が抱える社会問題を理解したい。
そんな人にぴったりなのが、スタディツアーです。
新たな価値観に触れ、あなたなりの「国際貢献」についてじっくり考えることができます!

アクセスのフィリピン・スタディツアーの特徴

  • ★一人では危険な、都市スラム訪問
  • ★農村暮らしの一端を体験
  • ★参加者の 9 割が学生さん
  • ★帰国後もボランティアできる環境
  • ★ NGO 活動経験の長いスタッフが通訳・同行

イベントの内容

子どもたちや住民の方々との交流時間が、た~~っぷり!
「見て、聞いて、感じる」だけでなく、「深く考え語れる」点が人です。

フィリピンと「貧困」を多面的にを学ぶ、12日間

  • ○被災地に学ぶ・・・ピナツボ火山噴火被災地でホームステイ
  • ○都市貧困を学ぶ・・・ゴミ捨て場周辺スラムを訪問
  • ○農村の暮らしを学ぶ・・・子どもたちとたっぷり交流
  • ○戦争と貧困・・・戦争体験者の証言、戦跡訪問

ツアー中は、日本から4人のスタッフが同行、皆さんをサポートします。

【同行】
呼びかけ団体であるアクセスの日本人職員が、1日目のマニラ空港到着時から最終日のマニラ空港出発時まで同行します。
関西空港からフィリピン航空をご利用の方については、アクセスのボランティアスタッフが関西空港出発から到着まで同行します。
関空以外の空港をご利用の方については、個別に現地での合流方法を相談させていただきます。

【通訳】
交流、視察、見学などの際にはアクセスの職員・インターン・ボランティアスタッフなどによる日本語通訳がつきます(フリータイム中を除く)。
英語が全く出来ない方でも、安心してご参加いただけます。

  • 訪問地区と日程(スケジュール)の詳細は、告知サイトでご確認ください。
  • 定員 16 名ですが、最少催行人数は 5 名です。お申し込みが 5 名に満たない場合はツアーが開催されませんので、ご了承ください。

イベント対象

どうせ海外に行くなら、その国の人々とじっくり交流し、その国が抱える社会問題を理解したい。
そんな人にぴったりなのが、スタディツアーです。

  • 「一歩踏み出したい」
  • 「価値観が変わるような経験がしたい」
  • 「自分にできる国際貢献を考えたい」

そんな思いをお持ちの方は、ぜひスタディツアーへの参加を考えてみてください。

本やインターネットだけでは絶対にわからない、リアルな現実を体感することができるはずです。

過去の参加者の声

私は観光ではなく、「知る、勉強する」というスタディーツアーを通して沢山のことを知って自分の成長に繋げたくて参加しました。
行く前はフィリピンに対する勝手なイメージで不安に思っていたけど、行かないと分からないフィリピンの良さを五感で体感することができました。
12 日間の濃密な内容のツアーを一緒に過ごした仲間は一生の宝物になりました。( 19 歳女性)

スタディツアーに参加して、一歩踏み出すキッカケをもらいました。ツアーを通じて、今、自分の周りの環境や状況が当たり前ではないこと。また、自分がしたいことは何か?本気で考える機会がありました。ツアーは、留学そして海外インターンシップへ挑戦するキッカケになりました。( 23 歳男性)

ツアーに参加するまでは不安でした。でも、参加メンバーやスタッフに支えられ、貧困を様々な視点から考えられたこと、そして自分の目で見て、感じ、考えるという貴重な経験が出来たことに心から感謝しています。自分の考えを仲間と共有し、意見交換することで新たな考えが自分の中で作られてゆく、その過程がとても楽しく勉強になりました。
(大学生/女性)

開催日程について

このスタディツアーの日程はすでに終了しました。

  • 2017 年 2 月 27 日(月) ~ 3 月 10 日(金)

費用について

費用

有料

2017 年 1 月 12 日(木)までにお申し込みいただくと、参加費が 3000 円引きになります!

申し込みについて

申し込み方法

スタディーツアー説明会(予約不要)に参加いただくか、事務所にお問い合わせください。
詳しい旅行条件を記載した書面と申込書を旅行会社マイチケットよりお送りします。内容を確認の上、お申し込みください。

  • 説明会は、ツアー参加への必須条件ではありません。遠方の方には、Skype や電話でご説明することもできます。
  • 説明会の日程・場所及び内容に関しては、http://www.page.sannet.ne.jp/acce/tour_orientation.html でご確認ください。
申し込みの締め切り

2017 年 1 月 19 日(木)

  • 2017 年 1 月 12 日までにお申し込みいただくと、3000 円引きになります。

このスタディツアーの申し込みはすでに終了しました。


開催日 2017 年 2 月 27 日(月) ~ 3 月 10 日(金)
定員 16 名
開催エリア フィリピン マニラ州パヤタス地区、トンド地区 ケソン州アラバット島ペレーズ パンパンガ州ピナツボ火山被災地 

連絡先詳細

担当者宛先 認定 NPO 法人アクセス -共生社会をめざす地球市民の会 野田 沙良宛
連絡電話番号

075-643-7232

  • 火曜日~土曜日 9:30~18:30 まで
連絡 FAX 番号

075-643-7232

  • 火曜日~土曜日 9:30~18:30 まで
連絡メールアドレス

acce@sannet.ne.jp

この情報の Web ページ http://www.page.sannet.ne.jp/acce/study_youkou_spring2017.html

団体詳細

団体名 認定 NPO 法人アクセス -共生社会をめざす地球市民の会
団体紹介

アクセスは、フィリピンと日本で貧困問題に取り組む、京都生まれの、国際協力NGOです。
「10 人に 3 人が、小学校を卒業できない」と言われるフィリピンで、「子どもに教育、女性に仕事」を提供する活動を続けています。

日本とアジアの市民の相互交流や支援をすすめ、アジアにおける市民のネットワークを広げていくことを通じて、貧困のない、基本的人権の尊重された平和なアジアをつくることが目的です。

フィリピンの貧しい人々も日本で暮らす人々も、ともに地球市民として「貧困を始めとする私たちが抱える社会的な課題を、1 人 1 人が主体となって解決し、より良い社会を作っていく」ことをめざしています。

代表者 新開 純也
所在地 〒612-0029 京都府京都市伏見区深草西浦町 4 丁目 78 番地 村井第一ビル 2 階 7 号室
電話 075-643-7232
FAX 075-643-7232
メール acce@sannet.ne.jp
Web サイト http://www.page.sannet.ne.jp/acce
Facebook https://www.facebook.com/accessPhilippinesJapan/
上へ