補助情報

掲載日:2018 年 4月 15日  

対象条件 NPO法人 任意団体・地域住民組織など その他の非営利法人 
必須実績 1年以上の実績必要 
実施期間

2018 年 4 月 1 日~ 2019 年 3 月 31 日

応募・申請期間

2018 年 4 月 21 日 (土)

京都市「NPO 等民間団体の子ども・若者支援促進事業」-2018 年度

  • こども・子育て
  • 青少年
  • 福祉
  • 範囲:10万円〜99万円
  • 対象経費:諸謝金
  • 対象経費:旅費
  • 対象経費:その他

このページのコンテンツは、京都市 が実施する補助情報です。

概要・趣旨

 子ども・若者育成支援推進法第 19 条及び第 22 条に基づき京都市が設置した「子ども・若者支援地域協議会」の「子ども・若者指定支援機関」である公益財団法人京都市ユースサービス協会が,社会生活を円滑に営むうえでの困難を有する子ども・若者を支援する特定非営利活動法人その他の団体 (以下「NPO 等の民間団体」という。) の実施する社会的自立に資する事業について,次のとおり助成対象事業を募集します。

目的

  1. 子ども・若者指定支援機関と NPO 等の民間団体が一体となって支援を展開することで,ニート,ひきこもり等の社会生活を円滑に営むうえでの困難を有する子ども・若者 (以下「支援対象者」という。) の社会的自立を促進します。
  2. 支援対象者に対する NPO 等の民間団体の新規・充実事業の企画,実施を通じて,民間団体の活動を促進し,京都市域全体の支援環境の充実を図ります。

補助の対象となるもの

 支援対象者の社会参加及び社会的自立に向け,自信と能力を向上させるために効果的なピア交流事業,社会体験活動事業及び安心ジョブチャレンジ事業を対象事業とします。

  1. ピア交流事業 (居場所事業)
    • 支援対象者の状態
      • 特定の者との関係性は維持できているが,自身の存在価値を見失っている者
    • 支援の目標
      • 同じような経験をしている者又は経験した者との交流を通じて,自己肯定感を醸成する。
    • 事業イメージ
      • 自宅以外の安心できる場所で実施する各種活動において,同じような経験をしている者同士又は経験した者との交流により,自己肯定感が醸成され,能動的な行動変容が期待される事業
      • (例) 自由な会話やグループ作業等の交流
  2. 社会体験活動事業
    • 支援対象者の状態
      • ひきこもり状態は脱したが,コミュニケーション能力が不足している者,社会の中で自分の役割を見出せない者などで,社会に参加するためのきっかけや自信をつけようとする者
    • 支援の目標
      • ボランティアなどの社会体験活動等を通じて,社会に参加するための能力の向上や自信の回復を図る。
    • 事業イメージ
      • 周囲から感謝される経験を積むことができ,共同作業を通じて,生活習慣の改善やコミュニケーション能力の向上が期待される事業
      • (例) 地域清掃,公園等における花壇・植物の手入れ,商店街・自治会のイベントへの協力等
  3. 安心ジョブチャレンジ事業 (初期型ジョブトレーニング)
    • 支援対象者の状態
      • ひきこもり状態を脱し,働く意欲は芽生えたが,働くことに自信が持てず,就労の前段階として就労経験を積もうとする者
    • 支援の目標
      • 就労経験を通じて,就労への具体的なイメージを確立し,就労を目指すための具体的活動のためのきっかけを獲得する。
    • 事業イメージ
      • NPO 等の民間団体が簡易な仕事を創設又は事業者から仕事の提供を受け,支援対象者が一定期間就労を経験し,僅かでも奨励金を得ることで,就労への意欲の向上や社会スキルの獲得が期待される事業
      • (例) ビルの清掃,パソコンのデータ入力

補助の対象とならないもの

公共団体又は公益団体等から助成金等を受けている又は受け入れる予定の事業

補助の応募・申請要件

団体の場合

 特定非営利活動法人,ボランティア団体その他の営利を目的としない団体 (法人格の有無は問わない) で,次の全てに該当する団体。

  1. 本事業の趣旨を理解した団体であること。
  2. 京都市域に活動拠点があり,ニート,ひきこもり支援等,若者の社会参加・社会的自立を目的とした活動実績が 1 年以上あること。
  3. 法令等を遵守していること。
  4. 宗教活動又は政治活動を目的としていないこと。
  5. 定款又は規約を有し,責任者が明確で,団体として独立した経理を行っていること。
  6. 公序良俗に反する活動を行う団体でないこと。
  7. 暴力団又は暴力団員の統制下にある団体でないこと。
募集要項詳細 http://ys-kyoto.org/sodan/files/2018/03/H30-01-boshuyoryo.pdf

申請の方法

提出書類を応募先まで郵送又は持参ください。持参の受付時間は,水曜日を除く平日及び日曜日・祝日の「午前 10 時から午後 5 時まで」です。

応募・申請書のダウンロード

※ 応募書類をご提出の際には特に下記の点にご留意願います。

  • 応募用紙は返却しません。
  • 応募期間を過ぎてからの郵送又は持参された書類は受け付けできませんので,あらかじめ御了承ください。

その他のデータ・期間等

補助内容・額

1 団体につき上限 50 万円としますが,事業種別ごとの上限額は,次のとおりです。

  • ピア交流事業:40 万円
  • 社会体験活動事業:40 万円
  • 安心ジョブチャレンジ事業:50 万円
実施期間

2018 年 4 月 1 日~ 2019 年 3 月 31 日

応募・申請期間

2018 年 4 月 21 日 (土)

この補助事業の応募・申請はすでに1年以上の実績必要。

締切注意
  • 申請は、締切日 必着のこと。

補助実施団体詳細

団体名 京都市
Web サイト http://ys-kyoto.org/
その他の連絡先等

【事務局】
公益財団法人 京都市ユースサービス協会
担当:子ども・若者支援室
〒604-8147
京都市中京区東洞院通六角下る御射山町 262 番地
電話:075-708-5430 (水曜日は休み)


この助成に対するレビューを書く

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、レビューを送信してください。

上へ