この助成事業の受付は終了しました

助成情報

この助成事業の受付は終了しました

掲載日:2017 年 10月 7日  

対象条件 NPO法人 個人 任意団体・地域住民組織など その他の非営利法人 
必須実績 1年以上の実績必要 
実施期間
応募・申請期間

2017 年 11 月 1 日(水)~ 11 月 11 日(土)

日本芸術文化振興会「芸術文化振興基金“舞台芸術等の創造普及活動”」

  • 観光・文化・芸術
  • 対象経費:諸謝金
  • 対象経費:旅費
  • 対象経費:人件費
  • 対象経費:車両・設備費
  • 対象経費:その他

このページのコンテンツは、独立行政法人 日本芸術文化振興会 が実施する助成情報です。

概要・趣旨

「芸術文化振興基金」は、すべての国民が芸術文化に親しみ 、自らの手で新しい文化を創造するための環境の醸成とその基盤の強化を図ることを目的に、政府からの出資金、民間からの出えん金を原資とした運用益により、文化芸術活動に対して助成を行っています。

助成の対象となるもの

「現代舞台芸術創造普及活動(音楽・舞踊・演劇)」

  • 音楽分野 ・・・ オーケストラ、オペラ、室内楽、合唱等の公演
  • 舞踊分野 ・・・ バレエ、現代舞踊、民族舞踊等の公演
  • 演劇分野 ・・・ 現代演劇、児童演劇、人形劇、ミュージカル等の公演

「伝統芸能の公開活動」
 助成の対象となる者が自ら主催して我が国において行う雅楽、声明、能楽、文楽、歌舞伎、
 組踊、邦楽、邦舞、落語、講談、浪曲、漫才、奇術、太神楽等の普及公開活動を対象とします。
「美術の創造普及活動」
 助成の対象となる者が自ら主催して我が国において行う絵画、彫刻、工芸、書、デザイン、
 建築、写真、漫画等の美術に関する展示(作品の制作は含まれません。)を対象とします。
「多分野共同等芸術創造活動」

  • 異なる分野の芸術団体等が共同して行う公演・展示等活動
  • 特定の芸術分野に分類することが困難な公演・展示等活動
  • 芸術家及び芸術家のグループが行う新しい芸術分野を切り開くような独創性に富んだ新作等の公演・展示等活動

助成の対象とならないもの

  • 政治的又は宗教的な宣伝意図を有する活動
  • 慈善事業への寄付を目的として行われる活動
  • あらかじめ企画・制作されたものを購入する公演(買取公演、招へい公演等)
  • 文化庁の補助金や委託費等が支出される活動
  • 特定の企業名等を活動名に付す、いわゆる「名称冠公演」
    (ネーミングライツにより施設名に企業名が入る場合を除きます。)
  • コンクール・コンテストを主たる目的とする活動
  • 教育研究を主たる目的とする活動
  • ワークショップ・講演会・シンポジウム

助成の応募・申請要件

  1. 一般社団法人、一般財団法人、公益社団法人、公益財団法人
  2. 特定非営利活動法人(NPO 法人)
  3. 上記の法人格を有する団体であって、原則として一定数以上の対象分野の実演家を擁する団体又は劇場施設を有する団体
  4. 法人格を有しない団体(任意団体)の場合は、次の要件をすべて充たしていること
    • 主たる構成員が実演家又は芸術団体であること
    • 定款に類する規約等を有し、次の 3 ~ 5 について明記されていること
    • 団体の意思を決定し、執行する組織が確立されていること
    • 自ら経理し、監査する等会計組織を有すること
    • 団体活動の本拠としての事務所を有すること
    • 平成 29 年 11 月 1日現在、団体設立後、 1 年以上の芸術活動実績を有すること
  5. 責任を持って活動を遂行する能力と意欲を有すること
  • 「伝統芸能の公開活動」に応募する場合は 3 の要件は不要です。
  • 「伝統芸能の公開活動」、「多分野共同等芸術創造活動」は個人での応募も可能です。
募集要項詳細 http://www.ntj.jac.go.jp/assets/files/kikin/boshuu/h30/kikin/recruit_kikin_H30.pdf

申請の方法

以下の提出書類に必要事項を記入し、簡易書留にて郵送してください。

  • 総表 ( 1 部)
  • 個表 (活動毎に 1 部)
  • 活動の収支予算 (活動毎に 1 部)
  • 団体概要 ( 1 部)
  • 個人略歴(代表者) ( 1 部)
  • 個人略歴(団体の芸術上中核者)( 1 部)
  • 個人略歴(活動の芸術上中核者)(活動毎に 1 部)
    団体の芸術上中核者と、応募する活動の芸術上中核者が異なる場合のみ提出
  • 規約等 ( 1 部)
  • 会場資料 (活動毎に 1 部)
    美術の創造普及活動」又は「多分野共同等芸術創造活動」で応募する場合は必ず提出
  • 公演・展示実績資料 (一式)
  • 参考資料
  • 作品ファイル
  • 推薦書
応募・申請書のダウンロード

※ 応募書類をご提出の際には特に下記の点にご留意願います。

  • 「美術の創造普及活動」に応募する場合は、宛先を「地域文化助成課」にしてください。
  • 記入例については、募集要項をご確認ください。
  • 全ての書類は A4 判(片面印刷・黒一色)に統一して提出してください。
  • この事業の申請には、推薦書が必要です。

その他のデータ・期間等

助成内容・額

 助成金の額は、助成対象経費の 2 分の 1 以内、かつ、自己負担金と同額以下の額とします。
 なお、助成金の額は予算の範囲内で算定されますので、要望額の全額が認められるとは限りません。

  • 応募できる活動数については、一つの活動区分につき 1 団体 2 活動までとします。
応募・申請期間

2017 年 11 月 1 日(水)~ 11 月 11 日(土)

この助成事業の応募・申請はすでに終了しました。

この助成事業の応募・申請はすでに1年以上の実績必要。

締切注意
  • 締め切り日当日の消印があれば有効です。

助成実施団体詳細

団体名 独立行政法人 日本芸術文化振興会
担当者名 基金部 芸術活動助成課
所在地 〒102-8656 東京都千代田区隼町4-1
FAX 03-3265-7474
メール geijutsu-nt@ntj.jac.go.jp
Web サイト http://www.ntj.jac.go.jp/
その他の連絡先等

独立行政法人 日本芸術文化振興会 基金部 地域文化助成課
メールアドレス:chiiki-nt@ntj.jac.go.jp

【電話番号】
音楽 03-3265-6338、6213
舞踊 03-3265-6192、6305
演劇 03-3265-6178、6365
伝統芸能 03-3265-6394
美 術 03-3265-6407、7042
多 分野 03-3265-6305
【お問い合わせ時間】
10 : 00 ~ 18 : 00(土・日・祝日を除きます。)


この助成に対するレビューを書く

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、レビューを送信してください。

上へ