このコンテスト事業の受付は終了しました

コンテスト情報

このコンテスト事業の受付は終了しました

掲載日:2018 年 7月 6日  

対象条件 NPO法人 個人 任意団体・地域住民組織など その他の非営利法人 
必須実績 特になし 
実施期間
応募・申請期間

2018 年 8 月 31 日 (金)

日本経済新聞社「第 2 回 日経ソーシャルビジネスコンテスト」-2018 年度

  • 経済活動の活性化
  • 範囲:10万円〜99万円
  • 範囲:100万円以上

このページのコンテンツは、日本経済新聞社 が実施するコンテスト情報です。

概要・趣旨

 環境 (Environment)、社会 (Social)、企業統治 (Governance) に配慮している企業を重視・選別して行う「ESG投資」が世界的に注目されている中で、日本企業も社会課題解決という観点を自社のビジネスに積極的に取り込むことが求められています。また、経営における「CSV (Creating Shared Value = 企業は社会と共有できる価値を創出すべき)」の考え方も広がりつつあり、国連が設定した「SDGs (Sustainable Development Goals = 持続可能な開発目標)」に取り組む企業も確実に増えています。
 今年度の応募テーマは「SDGs」です。
<SDGs:持続可能な 17 の開発目標>から、応募事業で達成を目指す項目を選択いただき (複数選択可)、必要項目を記載のうえご応募ください。なお、達成を目指すうえで特別協賛企業の商品・サービスを活用することもできます。
 

コンテストの対象となるもの

募集対象 
以下いずれかに該当するものを対象とします。

  • 今までに活動実績があり 2018 年度以降も事業の継続を予定しているソーシャルビジネス。
  • 新規に取り組もうとしているソーシャルビジネスのアイデア。

対象事業
次の 3 つの要件を満たしている事業を対象とします。

  1. 社会性  社会的課題の解決を事業のミッションとしたアイデア
  2. 事業性  ビジネス的手法を用いて継続的に事業活動を進めることができそうなアイデア
  3. 革新性  新しい事業モデルやソーシャルインパクトを創出することができるアイデア

コンテストの応募・申請要件

社会的課題解決を目的とする事業に取り組む個人または法人 (学生、社会人、株式会社、一般社団法人、NPO 法人など)。

募集要項詳細 http://social.nikkei.co.jp/sbc_cmn/dl/sbc_outline2018_3.docx

申請の方法

  1. 応募書類
    • 以下の「応募ページ」から、必要事項を記入のうえ、応募ください。
    • 「応募項目ダウンロード」ボタンから、応募項目に関する書類をダウンロードすることができます。
  2. 参考資料 (任意)
    • 任意で参考資料の提出が可能です。※ PDF 形式のみ、7MB 以内
    • Googleアカウントをお持ちの方:応募ページからアップロードしてください。
    • Googleアカウントをお持ちでない方:応募ページから必要事項を送信後、nsbc@nex.nikkei.co.jp へ添付ファイルとしてメール送信ください。
応募ページのダウンロード 応募項目のダウンロード

その他のデータ・期間等

コンテスト内容

事業化もしくは事業の発展に向けた支援として、以下を授与します。

日経ソーシャルビジネスコンテスト

  • 大賞 (1点):賞盾、賞金 100 万円
  • 優秀賞 (最大 2点):賞盾、賞金 50 万円
応募・申請期間

2018 年 8 月 31 日 (金)

このコンテスト事業の応募・申請はすでに終了しました。

締切注意

コンテスト実施団体詳細

団体名 日本経済新聞社
担当者名 日経ソーシャルビジネスコンテスト 事務局 (株式会社 横田アソシエイツ内)
所在地 〒103-0022  東京都中央区日本橋室町 1-11-2 二葉ビル 2 階 B 室
メール nsbc@nex.nikkei.co.jp
Web サイト http://social.nikkei.co.jp/index.html

この助成に対するレビューを書く

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、レビューを送信してください。

上へ