この助成事業の受付は終了しました

助成情報

この助成事業の受付は終了しました

掲載日:2018 年 6月 28日  

対象条件 NPO法人 個人 任意団体・地域住民組織など その他の非営利法人 
必須実績 特になし 
実施期間

2019 年 5 月 1 日 (水) ~ 2021 年 4 月 30 日 (金) (2 年間)

応募・申請期間
  • 公募期間:2018 年 6 月 4 日 (月) ~ 2018 年 8 月 3 日 (金)
  • 企画書受付:2018 年 7 月 23 日 (月) 日本時間 10:00 ~ 2018 年 8 月 3 日 (金) 日本時間 15:00

トヨタ財団「研究助成プログラム」-2018 年度

  • 環境保全
  • 人権・平和
  • 観光・文化・芸術
  • 災害復興・支援
  • 科学技術・学術
  • その他

このページのコンテンツは、公益財団法人 トヨタ財団 が実施する助成情報です。

概要・趣旨

トヨタ財団研究助成プログラムは「社会の新たな価値の創出をめざして」というテーマを掲げています。日本および世界において、これからの社会が対応を迫られる困難な課題に私たちはどのように向き合えばよいのか、その基本的な考え方や方法論を原理的に探究し、社会の新たな価値の創出をめざす、意欲的な研究者を応援することが、本プログラムのねらいです。

 歴史的変動の時代に生きる私たちは、多様かつ複雑な課題に直面しています。これらの課題のなかでも、地球規模の課題、世代を超える課題、まだ顕在化していない将来の課題などには、既成の価値や細分化・断片化された専門的な知では、その答えや手掛かりを求めることは困難です。世界を俯瞰し、数十年先、またはその先の未来を見通す広い視野を持ち、これまでの考え方や社会のあり方を問い直し、私たちがめざすべき価値とは何か、それはどのように創出されるのかということを明らかにすることが必要です。既成の価値を踏まえ、かつその体系の外に立ち、人びとに共有されうる新たな視座を築き上げることが、広大な世界やまだ見ぬ未来への展望を拓くための道標を立てることになります。

 本プログラムは、このような理解をもって社会の新たな価値の創出をめざす、意欲的な研究者による研究プロジェクトに助成を行います。研究の分野や方法については限定しません。助成を受けるプロジェクトには、若い感性による自由な発想から研究を進め、その成果を効果的に発信し、地域や社会に活発な議論の輪を広げながら、新たな価値の創出に近づいてゆくことを期待しています。

助成の対象となるもの

本プログラムは、プロジェクト形式の研究を助成の対象とします。対象となるプロジェクトには、計画的に研究を進め、所定の助成期間の内に、設定した目標に到達することが求められます。試行錯誤を重ねながらも、確かな成果が得られ、さらに、波及的な効果が生み出されることを期待しています。

助成の対象として、以下のような研究を実施するプロジェクトを想定しています。

  • 資源・環境の制約下における持続可能な発展のための社会・経済システムの設計およびその基礎となる幸福の指標の作成。また、将来の世代に対する資源・エネルギーおよび豊かな環境の継承を考慮する世代間倫理の確立。
  • 自然災害・人的災害による被害の負担の適正な分配・共有を進めるための基本的な考え方の提案。また、将来的な災害のリスクの軽減・分散を図るための方法論の開発。
  • 社会的不平等・格差の解消、地域間不均衡の是正を実現する分配的正義の構想の立案。また、社会的弱者の権利を擁護し、生活を支えるコミュニティの機能再生に向けた基本的な視座の構築。
  • 文化や背景の異なる人びとが共生する新たなコミュニティのあり方の提案およびこれらの人びとを結びつける普遍概念としての人権・平等・公正の追求。また、紛争の解決・予防、平和構築を促進するための新たな合意形成の方法論の提示。
  • 文化・歴史の保全、次世代への継承を図るための新たな考え方や方法論の提示。また、将来的な社会の課題を考える手掛かりとするための文化・歴史の再評価。
  • 以上の例のほかにも、研究の分野や方法を限定せず、野心的な目標を設定し、社会 の新たな価値の創出に果敢に挑戦するプロジェクトの応募を歓迎します。

助成の応募・申請要件

上記の趣旨に即し、社会の新たな価値の創出に向けた貢献が期待されるプロジェクトに助成を行います。

・ 原則として 3 名以上のプロジェクト・チームによる共同研究のプロジェクトを助成の対象とします。課題の新規性などのために 3 名以上によるプロジェクトの実施が困難な場合には、2 名以下によるプロジェクトも対象とします (3 名以上での応募が困難な場合、企画書の所定欄にその理由を具体的に記入してください)。

  • プロジェクト・チームの代表者については、年齢が 45 歳以下 (助成開始時) であることを要件とします。
  • 代表者および参加者の国籍・居住地による制限はありません。
  • 大学・研究機関、NPO / NGO 等、所属の種別・有無も問いません。
  • 役職等による制約もありません (大学院生、大学生などを代表者とするプロジェクトも対象とします)。
  • 助成の対象としての要件を満たさないプロジェクトの応募は受け付けられませんので、ご注意ください。
募集要項詳細 https://www.toyotafound.or.jp/research/2018/data/rgp2018japaneseproposalguideline.pdf

申請の方法

公募期間に当財団ウェブサイト上の 研究助成プログラムページより応募エントリーを行ってください。エントリー完了後、応募者専用ページより応募書類をダウンロードすることができます。

応募の手続きの流れは以下の通りです。

  • 当財団ウェブサイトにて応募エントリー
  •   ↓
  • エントリー受付通知メールを受信した後、応募者専用ページにログイン
  •   ↓
  • 「基本情報登録フォーム」をダウンロード、必要事項を入力後、送信 (アップロード)
  •   ↓
  • 「企画書」をダウンロード、必要事項を入力後、送信 (アップロード)

※ 応募書類をご提出の際には特に下記の点にご留意願います。

  • PDF 形式に変換して送信してください(PDF 変換できない場合、MS ワード形式でもかまいません)。
  • 郵送等によるご応募は受け付けられません。

その他のデータ・期間等

助成内容・額

総額:6,000 万円

800 万円/件 (2 名以下のプロジェクト・チームの場合:150 万円/件)

※ 助成の対象となるプロジェクトの選考では、応募金額および助成金支出計画の妥当性についても審査が行われます。選考の結果、助成の対象となる場合にも、実際の助成金額は応募金額より減額され、支出計画の修正が必要となることがあります。

実施期間

2019 年 5 月 1 日 (水) ~ 2021 年 4 月 30 日 (金) (2 年間)

応募・申請期間

  • 公募期間:2018 年 6 月 4 日 (月) ~ 2018 年 8 月 3 日 (金)
  • 企画書受付:2018 年 7 月 23 日 (月) 日本時間 10:00 ~ 2018 年 8 月 3 日 (金) 日本時間 15:00

この助成事業の応募・申請はすでに終了しました。

締切注意
  • 申請は Web のみです。

助成実施団体詳細

団体名 公益財団法人 トヨタ財団
担当者名 研究助成プログラム
所在地 〒163-0437 東京都新宿区西新宿 2 丁目 1 番 1 号 新宿三井ビル 37 階 私書箱 236 号
電話 03-3344-1701
FAX 03-3342-6911
Web サイト http://www.toyotafound.or.jp/

この助成に対するレビューを書く

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、レビューを送信してください。

上へ