この補助事業の受付は終了しました

補助情報

この補助事業の受付は終了しました

掲載日:2017 年 10月 10日  

対象条件 NPO法人 任意団体・地域住民組織など その他の非営利法人 
必須実績
実施期間

2018 年 4 月 1 日から 2019 年 3 月 29 日

応募・申請期間

2017 年 11 月 6 日 (月)

文化庁「次代の文化を創造する新進芸術家育成事業 (伝統芸能等分野)」 -2018 年度

  • 観光・文化・芸術
  • 範囲:100万円以上
  • 対象経費:諸謝金
  • 対象経費:旅費
  • 対象経費:人件費
  • 対象経費:その他

このページのコンテンツは、文化庁 が実施する補助情報です。

概要・趣旨

 本事業は、新進芸術家等に、基礎や技術を磨くために必要な公演や展覧会などの実践的な研修機会を提供するとともに、創造・創作の源泉となる視野、見聞を広め、幅広い知識を得るためのワークショップ、セミナーの実施を通して、次代を担い、世界に通用する創造性豊かな新進芸術家等の育成を目的とするものです。

補助の対象となるもの

対象分野
伝統芸能等(伝統芸能、伝統工芸、文化財保存技術)
募集する事業企画
 本事業では、我が国の芸術界の将来を担う創造性豊かな新進芸術家等を育成することを目的とする以下の
1. ~ 3. の区分に係る事業の企画を募集します。
 なお、年間に同一の趣旨で行われる事業については、1 事業ずつ企画提案するのではなく、それらの計画を取りまとめ、1 事業(年間計画)として企画提案してください。また、自己負担金を除いた事業規模が概ね 100 万円以上の事業を対象とします。

  1. 新進芸術家の育成
    • 我が国の次代の芸術界を担う創造性豊かな新進芸術家を育成することを目的とする日本国内で行われる事業
  2. 人材確保
    • 伝統芸能等の人材確保を目的とする学生や未経験者を対象とした体験入門研修、講習会、ワークショップなど、伝統芸能等への理解・関心・興味の向上を図り、裾野の人材確保に資する事業
  3. 研修
    • 伝統芸能、伝統工芸技術に携わり、若しくは文化財保存修理、文化財の修理・表現に欠くことのできない用具・原材料の生産等に従事した実績があり、かつ、実演家若しくは技術者として将来性があると認められた者が主体的に行う研修に対し指導・助言等を行う事業

補助の対象とならないもの

芸術家や芸術団体等を海外に派遣又は海外で実施するプログラム

補助の応募・申請要件

定款・寄附行為・規約において、文化の振興、伝統文化の保存又は舞台芸術・美術に係る公演・展示等の実施を主たる目的とする我が国の法人、又は法人格を有しないが以下の 1. ~ 7. をすべて満たしている団体とします。

  1. 主たる構成員が芸術家又は芸術団体である、又は伝統文化の保持者団体、伝統文化の保存を目的とした団体であること
  2. 団体設立後、3 年以上の伝統文化の保存等の活動実績を有すること
  3. 定款、寄附行為に類する規約等を有し、次の 4. ~ 6. が明記されていること
  4. 団体の意思を決定し、執行する組織が確立されていること
  5. 自ら経理し、監査する等会計組織を有すること
  6. 企業会計原則に基づく財務諸表等を作成し、公開していること
  7. 団体活動の本拠としての事務所を有すること
  8. 上記、3.、4. 及び 6. に関する情報の公開が行われているなど、団体運営の適切性や透明性が確保されていること

以下は応募・申請の対象外です。

  • 定款・寄附行為・規約等において特定地域の文化の振興を主たる目的とした法人(例:○○市文化振興財団)は、本事業に企画提案することはできません。また、公立文化施設の設置者・管理者(指定管理者含む)は、その設置又は管理する施設において実施する事業を含む企画を提案することはできません。
採択実績 http://www.bunka.go.jp/seisaku/geijutsubunka/shinshin/ikusei/
募集要項詳細 http://www.bunka.go.jp/shinsei_boshu/kobo/pdf/1396672_01.pdf

申請の方法

提出方法は<特定記録郵便>による郵送のみとします。(持参不可)

応募・申請書のダウンロード

※ 応募書類をご提出の際には特に下記の点にご留意願います。

  • 封筒の表に『平成 30 年度次代の文化を創造する新進芸術家育成事業応募書類在中』と朱書きしてください。

その他のデータ・期間等

補助内容・額

100 万円以上

実施期間

2018 年 4 月 1 日から 2019 年 3 月 29 日

応募・申請期間

2017 年 11 月 6 日 (月)

この補助事業の応募・申請はすでに終了しました。

締切注意
  • 申請は、締切日 必着のこと。

補助実施団体詳細

団体名 文化庁
担当者名 文化財部伝統文化課 総務係
所在地 〒100-8959 東京都千代田区霞が関 3-2-2 旧文部省庁舎 6 階
電話 03-5253-4111

※ 9 :30 ~ 18:15

Web サイト http://www.bunka.go.jp/

この助成に対するレビューを書く

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、レビューを送信してください。

上へ