この助成事業の受付は終了しました

助成情報

この助成事業の受付は終了しました

掲載日:2016 年 9月 25日  

対象条件 NPO法人 任意団体・地域住民組織など その他の非営利法人 
必須実績
実施期間

2017 年 4 月 1 日~ 2019 年 3 月 31 日

応募・申請期間

2016 年 10 月 31 日(月)まで

Yahoo! 基金「東日本大震災復興支援“課題解決型”助成プログラム」 – 2016 年度

  • 災害復興・支援
  • 範囲:100万円以上
  • 対象経費:人件費
  • 対象経費:車両・設備費

このページのコンテンツは、Yahoo! 基金 が実施する助成情報です。

概要・趣旨

はじめに
課題解決には、解決するために活動することとあわせて、課題の存在自体を多くの人に知ってもらうことも必要であると Yahoo! 基金では考えます。
そこで、本年度の助成プログラムの最終結果が決まるまでのプロセスにおいて、課題を広く知ってもらい、解決を加速させるために「知らせる、つなげる」をテーマとした取り組みを Yahoo! JAPAN のサービスと連携して行っていきます。
「知らせる」とは、課題を知ってもらうこと、
「つなげる」とは、課題解決を行う団体の支援者を増やすことです。
具体的には、1 次選考を通過した団体を Yahoo! ネット募金のページを開設していただいた上で、特集で取り上げます。また、2 次審査会当日には、課題を知ってもらうためのイベントも開催します。
この取り組みに賛同し、自らも積極的、継続的に SNS 等を通じて情報発信をしていただける団体の応募をお待ちしています。
事業趣旨

  • 東日本大震災の発災から 5 年を超え、様々な変化が続いています。仮設住宅の閉鎖、公営住宅への転居、土地区画整理やかさ上げ工事の進展、避難指示の解除地域への転居など、目に見える明確な変化もあれば、住民の心身の健康面や意識や意欲の変化、孤立感等の目に見えづらいもの、避難生活や困窮状態などの変化のないもの等、多種多様な多面的な要素が並行して起きています。
  • 5 年を迎えた地域が抱える課題に対して、しっかりと向き合い、東日本大震災によって生じた課題を解決するための取組みを広範に公募します。

助成の対象となるもの

  1. 東日本大震災によって起因、又は関係した課題であることが何等かの形で定義しうるテーマに対して取組む事業
  2. 課題となるテーマに対して、事業を実施する地域において実際的に関与しているステークホルダーの積極的かつ多様な協力が得られる、或いはその見込みがあること
  3. 本助成事業の期間中に、課題の解決に至らずとも、地域課題の改善にむけて進展が見込める事業、或いは進展を定義できること
  4. 継続性、応用性、発展性を含め、この助成金を得ることで、東日本大震災の復興支援事業の進展に優れた影響をあたえること

助成の対象とならないもの

  1. 学術的研究・調査活動のみの事業
  2. 放射線量の計測にかかる調査事業
  3. 福島県内の子どもなどを対象として、低線量とされる地域への日帰り、週末・長期休み等の訪問活動(いわゆる保養活動)
  4. 対象者との継続的な関係性を前提としない単発のイベントや行事の開催のみの活動
  5. 土地・建物・大型機材等の取得・購入、助成金を敷金・礼金・引越費用への充当、施設等の改修のみの活動
  6. 仮設住宅等の個別住居部、共用部などの施設・設備の改修や修繕を行う活動
  7. 助成金を原資とした奨学金や寄付金の提供、基金の創設、助成金や補助金の支給、コンテスト等の褒賞金への充当、借入金の返済
  8. 東日本大震災の被災地域外への自然災害等の支援活動、緊急期の支援活動
  9. 特定の企業・団体または個人の利益につながる活動および助成または寄付を支払う活動
  10. 関連法令等が遵守されていない活動
  11. 政治的、宗教的であると Yahoo! 基金が判断した活動
  12. 反社会であると Yahoo! 基金が判断した活動

助成の応募・申請要件

団体の場合

以下の全ての要件を満たしてることが応募の条件となります

  1. 日本国内に活動拠点を持つ組織であること
  2. 東日本大震災にかかる復興支援事業を行ってきた実績があり、今後も継続して事業に取り組む組織的な意思と能力を有している組織でること
  3. 非営利を目的とした組織であること
    • 必ずしも法人格を有している必要はないが、組織並びに事業の管理責任者、会計責任者が明確かつ実質的な実施体制があること
  4. 団体の活動を発信するウェブページを有しており、助成を受けた事業の内容や成果について、SNS を通じて、積極的かつ継続的に発信ができること
  5. 「助成を受けた際の団体名称の公開」、「助成先団体としての情報公開」、「助成事業の取材」、「報告書の提出と成果の公表」に同意できる組織であること
    ※ 公表内容・範囲等を事前に確認のうえ、プライバシーを考慮します
  6. 政治・宗教活動を目的としない組織であること
  7. 反社会的勢力と一切関わりがない組織であること
募集要項詳細 http://yahoo.jp/FpbE3l

申請の方法

Yahoo! 基金のHPから申請書をダウンロードし、申請書類とともにメールにてご応募ください
書類は、ZIP 形式で圧縮ファイルにしてメールに添付するか、各種クラウドストレージサービスをご利用ください

メール件名:【課題解決型復興支援助成応募】○○○○(貴団体名称)
メールあて先:kikin-josei-master@mail.yahoo.co.jp

応募・申請書のダウンロード

その他のデータ・期間等

助成件数

2 団体

助成内容・額

上限:500 万円

  1. 助成金比率が 100% の事業も申請可能です
  2. 事業費に占める、以下の項目に関する比率を定めています
    • 人件費の割合は 5 割を限度とします
    • 建物の修繕・改装費は 150 万円を限度とします
  3. 改修にあたり申請できる費用は、設計費、工事施工費、材料費、器具備品や遊具などの購入費とします
    • 改修費には、申請団体内部の経費(人件費等)を含めることはできません
    • 改修を業者などに発注せず、団体関係者で行う場合にも、材料費や器具備品の購入費は対象となりますが、申請団体内部の経費(人件費等)を含めることはできません
    • 申請団体に関わる経費は、事業費のなかに含めてください
  4. ※ 申請事業は、概ね申請金額と同額から 1.5 倍程度の予算で実施される事業規模のものを企画・申請していただくと、申請事業における助成金のインパクトが見えやすい事業と言えます

実施期間

2017 年 4 月 1 日~ 2019 年 3 月 31 日

  • 助成金は、この期間に発生する経費にのみ充当することができます
応募・申請期間

2016 年 10 月 31 日(月)まで

この助成事業の応募・申請はすでに終了しました。

締切注意
  • メール申請は、締切日の までに送信してください。

助成実施団体詳細

団体名 Yahoo! 基金
メール kikin-josei-master@mail.yahoo.co.jp
Web サイト http://kikin.yahoo.co.jp/
その他の連絡先等

助成に関する不明点がございましたら、以下のフォームより問い合わせください
なお、その際には、助成プログラムの種類「課題解決型」と必ずご記入
https://form.ms.yahoo.co.jp/bin/kikin_josei_inquiry/feedback


この助成に対するレビューを書く

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、レビューを送信してください。

上へ