この助成事業の受付は終了しました

助成情報

この助成事業の受付は終了しました

掲載日:2016 年 8月 14日  

対象条件 個人 
必須実績 特になし 
実施期間
応募・申請期間

応募(申請書交付)締切:2016 年 10 月 6 日(木)
申請書類提出締切:2016 年 10 月 20 日(木)

2017 年度 現代演劇・舞踊対象公募プログラム ヴィジティング・フェロー

  • 観光・文化・芸術

このページのコンテンツは、公益財団法人 セゾン文化財団 が実施する助成情報です。

概要・趣旨

 本リサーチ・プログラムは、現代演劇・舞踊の海外ネットワークの拡大、相互理解の促進を目的に、日本の現代演劇、舞踊の状況や背景、魅力などの研究を支援するプログラムです。重要な役割を担うことが期待される海外の芸アーティスト、アーツ・マネジャーに、森下スタジオを拠点とする滞在機会を提供します。自薦、他薦は問いません。

助成の対象となるもの

  1. アーティストのためのリサーチ・レジデンシー
    日本の文化や芸術をテーマにした創作や、日本との継続的な協働事業を構想するアーティストを対象に、日本でのリサーチ、将来のパートナーとの出会いや対話の機会を提供。現代演劇や舞踊分野で活動する芸術家の創作プロセスを重視し、アイデアを実験するために森下スタジオを利用することや、希望に応じてショーイングやワーク・イン・プログレスを発表することも可能
  2. アーツ・マネジャーのためのリサーチ・レジデンシー
    将来、日本との継続的な交流事業を構想するアーツ・マネジャーを対象に、日本の現代演劇や舞踊をリサーチする機会、ネットワーク拡大のために芸術家や関係者との出会いや対話の機会を提供

森下スタジオについて
森下スタジオは、演劇・舞踊の分野を対象にした、稽古をはじめとする活動のための専用施設で、助成が決定した個人、団体、事業へのみ有償貸与しています。
 本館( A {中= 33 坪}、B {中= 33 坪}、C {大= 72 坪}の 3 つのスタジオ)と新館( S スタジオ{小= 23 坪}、ゲストルーム、ラウンジ)が隣接しています。各スタジオにはスタッフルーム、ロッカールーム、倉庫などを付帯し、シャワールームや会議室なども完備。

  1. 森下スタジオ利用時間:
    • 〈準備・片づけを含む〉午前 10 時~午後 10 時
    • 〈ゲストルーム利用最終日〉正午までに退室
  2. 休館日:
    • 2017 年 4 月 1 日~ 4 月 7 日、12 月 29 日~ 2018 年 1 月 3 日および臨時休館日
  3. 維持費:
    • スタジオ:8,000 円( C )、2,500 円( A,B,S )/ 1 日につき
    • ゲストルーム:2,500 円×使用日数(泊数ではありません)/ 1 人につき

    ※ただし、コピー、FAX、電話、一部機材の使用には別途料金が発生します
    ※使用日 1 か月前を過ぎたキャンセルについては使用料が発生します

  4. 注意事項
    • スタジオ使用に際して使用責任者を設置すること
    • スタジオおよびゲストルーム使用規則を厳守すること
  5. 森下スタジオの空き期間について
    • 使用者がない空き期間については過去の助成対象者、所定の条件を満たした個人/団体に貸出します。2017 年度分は、3 月上旬以降、随時当財団ウェブサイト内、〈森下スタジオ〉のページ、および twitter、Facebook で開示します

助成の応募・申請要件

下記の条件を満たしている海外のアーティスト(劇作家、演出家、振付家などの個人)または、海外のアーツ・マネージャー(制作者、プロデューサー、プログラム・ディレクター、プレゼンター、キュレーターなどの個人)

  1. 日本以外の国籍を有し、海外に活動の拠点を置いている
  2. 日本語または英語で意思疎通がとれる
  3. 2017 年 4 月 8 日(来日)から 2018 年 3 月 31 日(離日)までの間で滞在を希望
  4. 来日期間中に、一般を対象とした自国のアート状況および自身の仕事に関するパブリックトークを、森下スタジオで実施する意思がある
  5. 離日後一年以内に、何らかの方法で日本での滞在成果を発表する
過去の助成団体情報など http://shimin.hitomachi-kyoto.genki365.net/gnkk14/pub/redirect_alert.php?url=http://www.saison.or.jp/search_past/search_past_01.html
募集要項詳細 http://www.saison.or.jp/application/2017guidelines.pdf

申請の方法

  1. 申請書申込み(応募)
    次項、必要事項を番号順に記載して財団事務局へお申込み下さい。
    申請書は原則 e-mail に添付して、受付から 5 日以内に交付します。
    受付期間:2016 年 8 月 1 日(月)~ 10 月 6 日(木)【必着】
    提出方法:e-mail、Fax、郵送、持参のいずれか
  2. 申請面談
    申請内容を詳しく伺うため、財団事務局にて面接を行います。
    申請書提出前にお越しください。
    対象は、初申請/新規事業で申請/または、3 年以上面談を受けていない方。なお遠隔地にお住まいの方は面談に代わり、不明な点があった場合に e-mail または電話にて必要事項を確認させていただきます
    受付期間:8 月 1 日(月)~ 10 月 19 日(水)までの平日(月)~(金)の、10:00 ~ 17:00(面接開始時間)
  3. 申請書提出
    申請書に添付資料を同封して、財団事務局へ提出下さい。
    受付期間:2016 年 8 月 1 日(月)~ 10 月 20 日(木)【必着】
    提出方法:郵送または持参
    ※e-mail での提出不可、申請書は原本のみ受け付けます
    ※持参される場合は 10:00 - 17:00 の間で、来訪日時をご連絡ください。

申込み必要事項
下記のアドレスまでお送りください。
件名「申請書申し込み」
本文:1. ~ 9. を記載(ファイル添付不可)
※印刷した申し込み書を持参する場合は来訪日時をご連絡ください。(当日交付)

  1. 申請を希望する公募プログラム名〈①ジュニア②シニア③サバティカル④課題⑤スタート⑥国際⑦ヴィジティング〉
  2. 申請者名(団体/事業を代表する個人または団体名)
  3. 住所
  4. 電話番号(日中連絡がつくもの)
  5. e-mail アドレス(添付ファイルが受け取れるアドレス)
  6. 申請面談希望日と時間帯(必ず第 3 希望まで)
    〈平日(土日、祝日を除く) 10:00 から 17:00 の間でご指定ください〉
    〈遠方の方、ヴィジティング・フェロー申請は記載不要〉
  7. 申請担当者氏名と連絡先
    ※製作者など、当財団との連絡窓口および報告書作成を行う方
  8. 申請者の主な活動歴( 700 字以内)
  9. 申請を希望する事業・企画の概要
    ※企画内容などを具体的に記載( 700 字以内)

※ 応募書類をご提出の際には特に下記の点にご留意願います。

  • 詳細は募集要項をご確認ください。
  • この事業の申請には、推薦書が必要です。

その他のデータ・期間等

助成内容・額

以下の支援を行います。

  • 滞在施設として、森下スタジオのゲストルームを無償貸与(希望者へはスタジオを貸与)
  • 滞在中、リサーチのためのサポート
応募・申請期間

応募(申請書交付)締切:2016 年 10 月 6 日(木)
申請書類提出締切:2016 年 10 月 20 日(木)

この助成事業の応募・申請はすでに終了しました。

郵送での締切注意
  • 締切日必着のこと。

助成実施団体詳細

団体名 公益財団法人 セゾン文化財団
所在地 〒104-0031 東京都中央区京橋 3-12-7 京橋山本ビル 4 階
電話 03-3535-5566

※ 月~金(祝日除く)/ 10:00 ~ 18:00

FAX 03-3535-5565
メール apply17@saison.or.jp
Web サイト http://www/saison.or.jp/

この助成に対するレビューを書く

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、レビューを送信してください。

上へ