この助成事業の受付は終了しました

助成情報

この助成事業の受付は終了しました

掲載日:2016 年 8月 11日  

対象条件 NPO法人 任意団体・地域住民組織など その他の非営利法人 
必須実績
実施期間

平成 29 年 4 月 1 日(土)から平成 30 年 3 月 31 日(土)まで

応募・申請期間

2016 年 9 月 1 日(木)~ 9 月 30 日(金)

平成 29 年度 日本万国博覧会記念基金助成事業

  • 国際協力交流
  • 市民活動全般
  • 範囲:100万円以上

このページのコンテンツは、公益財団法人 関西・大阪 21 世紀協会 が実施する助成情報です。

概要・趣旨

 日本万国博覧会記念基金事業(以下「基金事業」という。)は、1970 年(昭和 45 年)に開催された日本万国博覧会(以下「万博」という。)の成功を記念し、万博の収益金の一部を基金として管理し、その運用益を万博の成功を記念するにふさわしい国際相互理解の促進に資する活動や文化的活動に対して、昭和 46 年から累計で約 4,400 件、約 190 億円の助成金を交付しています。

助成の対象となるもの

万博の成功を記念するにふさわしく、かつ公益的な、次の活動を対象としています。

  1. 国際相互理解の促進に資する活動
    • 国際文化交流、国際親善に寄与する活動 ※平成 29 年度重点テーマ
    • 学術、教育、社会福祉、医療及び保健衛生に関する国際的な活動
    • 自然の保護その他人間環境の保全に関する国際的な活動
  2. 文化的活動
    • 日本の伝統文化の伝承及び振興活動 ※平成 29 年度重点テーマ
    • 芸術及び地域文化に関する活動

平成 29 年度は、留学生に関連した文化交流や親善事業などの「国際文化交流、国際親善に寄与する活動」と、文楽等の伝統芸能に関する事業などの「日本の伝統文化の伝承及び振興活動」を重点テーマとして積極的に支援します。
また、熊本地震被災地の伝統行事の維持継続する活動や熊本地震被災地で開催される芸術・文化活動についても、積極的に支援します。

対象事業の条件は以下の通りです。

  1. 万博の成功を記念するにふさわしい公益的な事業であること
  2. 助成金なくしては事業が成し得ない事業であること
  3. 事業の計画及び方法が適切であり、かつ助成効果が期待できる事業であること
  4. 助成の効果が特定の者のみに寄与すると認められない事業であること
  5. 日本との関係が認められる事業であること
  6. 第三者が実施する事業の資金提供者に事業者がなるとみなされない事業であること
  7. 事業者が当該助成金により取得した財産を単に第三者に寄附するとみなされない事業であること(助成の効果があると協会が判断する場合を除く)
  8. 事業者の経常運営(学校校舎の建設又は敷地の購入、大学の講座又は教育コースの開設等)とみなされない事業であること
  9. 申請額が総事業予算の 5 %以下の当該助成の効果が期待できないとみなされない事業であること
  10. 記念碑の設置等事業者の設立を記念するものとみなされない事業であること
  11. 単に調査研究を目的としたものとみなされない事業であること
  12. 宗教活動又は政治活動を目的としたものであるとみなされない事業であること
  13. 基金を設立するためのものであるとみなされない事業であること
  14. 個人が実施する事業であるとみなされない事業であること
  15. 施設の建設又は整備事業にあっては、取得財産が個人の所有物になるとみなされない事業であること
  • 国際相互理解の促進に資する活動」と「文化的活動」とは、国際性の有無によって区分しています。

助成の応募・申請要件

団体の場合

事業を遂行するに足る能力を有する、国及び地方公共団体を除く公益的な事業を実施する団体とします。
(営利法人自体からの申請は受付けしませんので、ご注意ください。なお、営利法人であっても、事業のため実行委員会などを組織されて申請される場合は対象となります。)

  • 法人格の有無は問いません。
  • 国及び地方公共団体が実質的に実施をしているとみなされる事業は、助成の対象から外れる場合があります。

以下の団体は応募・申請の対象外です。

  • 個人及び営利法人
過去の助成団体情報など https://www.osaka21.or.jp/jecfund/fund_contents/bosyu/dl_file/h29/bosyuyoko_h29.pdf
募集要項詳細 https://www.osaka21.or.jp/jecfund/fund_contents/bosyu/dl_file/h29/bosyuyoko_h29.pdf

申請の方法

  1. 書式サイズ
    申請書の書式は A4 版に整えてください。
  2. 助成金交付申請書等の提出部数
    助成金交付申請書及びその添付書類を紙で 1 部
    ※助成金交付申請書( Word )と予算表・収入内訳・支出内訳( Excel )の電子データ( CD 等)を同封してください。
    ※電子データはメールでお送りいただいても結構です。その際は件名を「万博助成金申請書データ」にして、文中に申請団体を必ず記載してお送りください。

書留郵便で提出してください。
なお、宅配便等の発送日が確認できる方法でも結構です。

応募・申請書のダウンロード

※ 応募書類をご提出の際には特に下記の点にご留意願います。

  • 当協会では、受領書の発行を行っておりませんので、持参方法による提出はご遠慮願います。

その他のデータ・期間等

助成内容・額

総額:約 9200 万円(国内事業・国外事業の助成総額)

  1. 国際相互理解の促進に資する活動
     助成金額は、100 万円から最高 1,000 万円の範囲内で助成対象事業費の合計に対し 1/2 以内の額とします。従って、事業者は、助成対象事業費の 1/2 以上を、自己資金又はその他の資金で賄う必要があります。
     さらに、事業形態により次のとおり助成金の上限額を定めています。次の事業形態の中からいずれか一形態の事業しか選択することができません。交付される金額は、審査の結果によって上限額を下回ることがあります。

    • 公演・展示 400 万円
    • 国際会議 300 万円
    • 図書購入 200 万円
    • 図書刊行、フィルム、テレビ番組、ホームページの制作等 300 万円
    • 招へい、派遣 300 万円
    • 日本語教育用機材の購入 500 万円
    • 日本語教育用機材以外の機材の購入 800 万円
    • 施設の建設または整備 1,000 万円
    • 国際博覧会への出展 1,000 万円
  2. 文化的活動
     助成対象事業費の合計に対し 1/2 以内の額か、助成対象事業費に応じて定額のどちらかを選択できます。
     助成対象事業費の合計に対し 1/2 以内の額を選択した場合は、事業形態にかかわらず 100 万円から 400 万円までの範囲内で助成対象事業費の合計に対し 1/2 以内の額とします。
     助成対象事業費に応じて定額を選択した場合は、50 万円から 100 万円までの範囲内で定額交付とします。(助成対象事業費の合計が 50 万円以上あることが条件で、10 万円未満は切り捨てて交付します。)
  • 事業完了後に助成対象事業費が減少した場合は、助成金は減額となる場合があります。また、助成金が 10 万円未満となる場合は、交付を行いません。
実施期間

平成 29 年 4 月 1 日(土)から平成 30 年 3 月 31 日(土)まで

応募・申請期間

2016 年 9 月 1 日(木)~ 9 月 30 日(金)

この助成事業の応募・申請はすでに終了しました。

締切注意
  • 締め切り日当日の消印があれば有効です。

助成実施団体詳細

団体名 公益財団法人 関西・大阪 21 世紀協会
担当者名 万博記念基金事業部
所在地 〒530-6691 大阪市北区中之島 6-2-27 中之島センタービル 29 階
電話 06-7507-2003
メール jec-fund@osaka21.or.jp
Web サイト http://www.osaka21.or.jp/

この助成に対するレビューを書く

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、レビューを送信してください。

上へ