この助成事業の受付は終了しました

助成情報

この助成事業の受付は終了しました

掲載日:2016 年 6月 18日  

対象条件 NPO法人 任意団体・地域住民組織など その他の非営利法人 
必須実績 3年以上の実績必要 
実施期間

2017 年 1 月 1 日~ 2017 年 12 月 31 日までの 1 年間

応募・申請期間

2016 年 7 月 14 日(木)~ 7 月 29 日(金)

Panasonic NPO サポートファンド 2016 年 子ども分野助成事業

  • こども・子育て
  • 範囲:100万円以上
  • 対象経費:人件費
  • 対象経費:その他

このページのコンテンツは、特定非営利活動法人 市民社会創造ファンド が実施する助成情報です。

概要・趣旨

 「 A Better Life, A Better World 」の実現に向けてパナソニックは持続可能な社会を目指し、「より良いくらし、より良い世界」~「 A Better Life, A Better World 」 の実現に向けて取り組んでいます。
 企業市民活動においても「 A Better Life, A Better World 」を実現するべく、「環境・エネルギー」「次世代育成」を社会課題解決における重要なファクターと位置付け、NPO / NGO の皆さまとも積極的に協働しながら、グローバルに活動を展開しています。パナソニックは、NPO / NGO がより戦略的に社会課題の解決をはかるには、その組織基盤強化が重要であるとの認識のもと、2001 年に本ファンドを設立し、以来、環境や子どもたちの育成をテーマに活動する NPO / NGO に対し、累計で 280 件 3 億 5 千万円の助成をしてきました。
 2016 年募集事業の助成テーマは、「客観的な視点を取り入れた組織基盤の強化」です。国内で先進的な取り組みを行う NPO や、新興国・途上国で活動する NGO が、第三者の多様で客観的な視点を取り入れて、組織運営上の課題を解決する取り組みを応援します。
 社会から NPO / NGO に寄せられる期待が大きい今、パナソニックは組織基盤強化の取り組みを通じて市民活動の持続的発展、社会課題の解決促進、社会の変革に貢献してまいります。

助成の対象となるもの

第三者の多様で客観的な視点を取り入れた組織診断や組織基盤強化を応援します。助成の対象となる事業は、 以下の【 1 】組織診断のみの取組、【 1 】組織診断と【 2 】組織基盤強化の連続した取り組み、【 2 】組織基盤強化のみの取り組みの何れかとします。

【 1 】組織診断フェーズ
 ① 第三者による組織診断を実施し、組織全体を分析し、組織の優先課題とその背景や原因を明らかにする。
 ② 組織診断の結果を踏まえ、第三者の助言または指導を受けて、組織課題の解決の方向性を検討し、解決策を立案する。

【 2 】組織基盤強化フェーズ
 ③ 第三者の助言または指導を受けて、組織基盤強化計画(目標・手法・実施内容)を具体化する。
 ④ 第三者の助言または指導を受けて、適切な進捗管理のもと、組織基盤強化計画を実行し、終了後は評価を実施する。

  • 第三者とは、応募団体が選定する NPO/NGO 支援機関や、NPO/NGO 経営支援の専門家等を指します。

助成の応募・申請要件

団体の場合

子どもたちの健やかな育ちを応援する新しい社会づくりを目指し、先駆的な活動と組織の自己変革に挑戦する NPO/NGO で、以下の要件を満たすものとします。

  1. 民間の非営利組織であること(法人格の有無や種類を問わない)
  2. 団体設立から 3 年以上を経過していること
  3. 有給常勤スタッフが 1 名以上であること
  4. 日本国内に主たる事務所があること(活動地域は国内・国外を問わない)
  5. 政治、宗教活動を目的とせず、また、反社会的な勢力とは一切関わりがないこと
  • 財政規模 1000 万円以上の団体を想定していますが、必ずしも要件ではありません。
過去の助成先など http://www.panasonic.com/jp/corporate/sustainability/citizenship/pnsf/npo_summary.html
募集要項詳細 http://www.panasonic.com/jp/corporate/sustainability/citizenship/pdf/child_yoko.pdf

申請の方法

応募企画書作成の用紙・手引は、パナソニックのホームページからダウンロードしてご利用ください。以下よりリンクがつながっています。

郵送をご希望の場合は、①宛先、②氏名を明記し、「Panasonic NPO サポート ファンド(子ども分野)」とお書き添えの上、7 月 13 日(水)までに、下記の子ども分野協働事務局まで、FAX または電子メールにてご連絡ください。
「応募要項」と「応募企画書作成の手引」をお読みの上、所定の応募用紙に必要事項を記入した応募企画書(原本 1 部とコピー 1 部の計 2 部、クリップ留め)を同封して、7 月 29 日(金)【必着】までに、下記の協働事務局宛に、配達記録が残る郵便または宅配便にて、お送りください。

応募・申請書のダウンロード

その他のデータ・期間等

助成件数

5 ~ 6 件程度

助成内容・額

総額:750 万円

1 件あたりの助成金額は上限 200 万円とします。
但し、組織診断のみの場合は上限 100 万円とします。

  • 事務局助成金の使途は特に定めません。コンサルティング費用経費(事務局人件費を含む)、旅費・交通費、研修費など、組織診断や組織基盤強化の取り組みに必要な経費とします。詳細は、別紙「応募企画書作成の手引」をご参照ください。
  • 2016 年度の新規助成の助成総額は 750 万円、助成件数は 5 ~ 6 件程度を予定しています。また、別途要項によって、2014 年・ 2015 年に助成を受けた団体を対象に継続助成を行い、これを含めた 2016 年の助成総額は 1,500 万円を予定しています。
実施期間

2017 年 1 月 1 日~ 2017 年 12 月 31 日までの 1 年間

応募・申請期間

2016 年 7 月 14 日(木)~ 7 月 29 日(金)

この助成事業の応募・申請はすでに終了しました。

この助成事業の応募・申請はすでに3年以上の実績必要。

郵送での締切注意
  • 締切日00:00:00 必着のこと。

助成実施団体詳細

団体名 特定非営利活動法人 市民社会創造ファンド
担当者名 Panasonic NPO サポート ファンド 【子ども分野】 協働事務局 担当: 坂本・武藤
所在地 〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町 1-4-3 日本橋 MI ビル 1 階
電話 03‐5623‐5055

※ 月曜日から金曜日(10:00 ~ 17:00)

FAX 03‐5623‐5057
メール kodomo@civilfund.org
Web サイト http://panasonic.co.jp/index3.html

この助成に対するレビューを書く

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、レビューを送信してください。

上へ