助成情報

掲載日:2019 年 9月 13日  

対象条件 NPO法人 個人 任意団体・地域住民組織など その他の非営利法人 
必須実績 特になし 
実施期間

2020年 1 月~12 月 (1 年間)

応募・申請期間

2019 年 9 月 30 日 (月)

国際協力 NGO センター (JANIC)「JANIC グローバル共生ファンド」-2020 年度

  • 人権・平和
  • 国際協力交流
  • 対象経費:人件費
  • 対象経費:その他

このページのコンテンツは、認定 NPO 法人 国際協力 NGO センター (JANIC) が実施する助成情報です。

概要・趣旨

この度、JANIC は、オープン・ソサエティ財団 (Open Society Foundations:OSF) の助成を受け、日本国内の人権・民主主義の課題に取り組む団体・個人向け助成プログラムを開始することになりました。OSF は、1993 年に投資家・慈善家ジョージ・ソロス氏により設立された国際的な助成団体であり、世界各国で、社会正義、人権、民主主義、教育、公衆衛生、メディアの独立等の課題に取り組む市民社会向けの助成事業を行っています。
国際協力 NGO センター (JANIC) は、1987 年の設立以来、国際協力 NGO のネットワーク団体として、NGO への支援事業や政策提言等を行ってきました。しかし、近年、途上国、先進国問わず、国境を越えて社会課題は深刻化しており、国内外で課題を分けて取り組む意味合いも薄くなりつつあります。
また、日本は経済的には先進国といえますが、女性・LGBT の権利、人種差別・外国人差別、表現のの自由等を始めとする様々な人権課題が存在しています。その一方で、歴史的な経緯もあり、日本で人権や民主主義の課題に関する政策提言 (アドボカシー) 活動に取り組む市民社会セクターの基盤・影響力は、欧米はもとより、韓国や台湾等のアジア諸国と比べても脆弱といわれています。
JANIC は、SDGs、特にゴール 16 (Peace and Justice) の達成に向けて様々な活動を行ってきましたが、SDGs の根底にあるのは人権の尊重です。日本の市民社会組織がこの助成事業を通じて国内の人権課題に取り組むことにより、その課題解決能力と日本国内でのプレゼンスを高めると共に、グローバル共生の観点から、 日本社会が国際的な社会課題により関心を持つことを期待します。

助成の対象となるもの

助成優先テーマ

  • 女性の権利
  • LGBT の権利
  • 先住民・少数民族 (人種・言語・文化等)
  • 移民・難民の権利
  • 「ビジネスと人権」
  • 表現の自由と市民社会スペース問題
  • 人権等に関するキャパシティ・ビルディング (能力開発)

※普段、見逃されがちな、脆弱な立場にある人びとの人権問題についても、日本社会への重要性に鑑み、助成されることもありえます。
※アドボカシー活動を積極的に支援しますが、現場での直接支援活動や、ジャーナリスト活動・アート等も上記のテーマに合致し、日本の人権状況の改善に資するものであれば、助成の対象となりえます。

助成の応募・申請要件

日本社会の人権・民主主義の促進を目指し、「誰一人取り残さない」を基本原則とする SDGs、特に
ゴール 16 (Peace and Justice) の達成に資する活動を行う、以下の要件を満たす団体・個人とし
ます。

  1. 日本で人権等の取り組みをしている民間組織 (法人格の有無や種類は問わない)・個人
  2. 日本国内に主たる事務所・活動拠点があること
  3. 特定の政党を支持又は反対すること、又は特定の宗教の教義を広めることを目的とするものでないこと
  4. 反社会的な勢力とは一切関わりがないこと
  1. 申請事業の活動地が日本であり、日本の市民社会への働きかけ・インパクトのある事業であること (但し、一部の活動地域が東アジア地域 (中国、韓国、北朝鮮、台湾、香港) であっても、日本社会へのインパクトが見込めるならば申請可能)
  2. インクルーシブ・カフェ (中間報告的イベント) を JANIC と連携しつつ企画・主催し、多様な市民と対話することを通じて、助成事業をさらにブラッシュアップさせ、事業や課題の認知を社会に広げること
  3. 「JANIC グローバル共生フォーラム」(2020 年 12 月開催予定) に参画し、成果発表すること
  4. 中間および活動終了後の所定期間内に活動報告書・会計報告書を提出すること
  5. 助成期間内の JANIC 企画の広報やキャンペーン等への協力ができ、JANIC 主催のイベントへの積極的参加を通して、グローバル共生社会の実現に向けて、共に歩んでいただけること
  6. 助成終了後に実施される状況調査に協力すること
  7. 企業形態の組織の場合、社会的課題を解決し、その利益を新たな公益増大に再投資すること
募集要項詳細 https://www.janic.org/wp-content/uploads/2019/08/application_guideline_kyoseifund2020_0912.pdf

申請の方法

下記 1 ~ 3 の手順を全てお願いします。

  1. 応募書類の郵送:簡易書留郵送、他追跡ができる送付方法 (持参不可)
    ※A4 サイズの用紙へ両面印刷ください。書類はホチキス等で留めないようお願いいたします。
  2. 申請書のメール送付:Word ファイル
    →メールアドレス:kyouseifund@janic.org
    ※申請書のみ送付お願いいたします。
  3. 応募フォーム入力:下記サイトにご記入ください。
    応募フォーム入力はこちら(定款・規約、事業報告書、決算書の URL も記載いただきます)
応募・申請書のダウンロード

その他のデータ・期間等

助成内容・額

総額:4000 万円

1 案件の助成上限:400 万円

実施期間

2020年 1 月~12 月 (1 年間)

  • 助成事業が中途で終了した場合、または、助成事業の目的が大きく変更していると判断した場合は助 成を打ち切るか、助成金の返還を求めることがあります。
応募・申請期間

2019 年 9 月 30 日 (月)

締切注意
  • 申請は、締切日 必着のこと。

助成実施団体詳細

団体名 認定 NPO 法人 国際協力 NGO センター (JANIC)
担当者名 JANIC グローバル共生ファンド担当
所在地 〒169-0051 東京都新宿区西早稲田 2-3-18 アバコビル 5F
電話 03-5292-2911

※ 10:00 ~ 17:00

メール kyouseifund@janic.org

この助成に対するレビューを書く

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、レビューを送信してください。

上へ